農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 特集 > [PR]夏から秋は台風が頻発!農作物への対策や防災への備えを万全に【台風特集】
台風特集バナー

台風特集

[PR]夏から秋は台風が頻発!農作物への対策や防災への備えを万全に【台風特集】

例年8〜9月にかけて頻発する台風への備えは万全ですか?農機や車両を浸水被害から守る車両用浸水防止シートや水に浸かってしまった苗に活力をあたえる液肥など、台風対策に役立つ資材や対策について紹介します。

浸水した畑

出典:写真AC
夏から秋にかけては台風が頻発するシーズン。
発生件数が多いと同時に、近年は非常に強い勢力を保ちながら日本列島に近づく台風が目立ち、農作物への影響も年々大きくなってきています。
記憶に新しい令和元年の台風第19号による農林水産関係の被害額は約3,500億円に上りました。

台風による農作物への被害を防ぎ、いざというときに役立つ情報をまとめました。

2021年台風発生状況と2022年台風発生予測

台風のイメージ
出典:写真AC
気象庁がまとめた台風の統計資料によると、2021年度の台風発生数は22でした。
7月には台風8号が観測史上初となる宮城県石巻市付近へ上陸。農作物への深刻な被害も報告されました。

■過去5年間の台風発生件数と上陸数
2017年2018年2019年2020年2021年
発生数2729292322
日本上陸数45503
参考:気象庁「台風の統計資料」
また、今年6月にウェザーニュースから発表された2022年度の台風傾向では、今シーズンに発生する台風は23前後と想定されています。
9月以降は、沖縄から本州付近へと接近する頻度が高くなり、激しい風雨による影響への懸念も。

毎年、夏から秋にかけて、農作物に甚大な被害をもたらす台風。
気象庁の台風情報で自分の地域への影響を確認して、事前にできる限り対策を講じましょう。

台風や大雨対策に!根傷みからの早期回復を助ける|ホストップ

アラフェスタとホストップ
写真提供:株式会社サカタのタネ
株式会社サカタのタネのホストップは、台風や長雨によるほ場の冠水などで発生した根傷みや生育不良の回復をサポートする亜リン酸高機能液体肥料です。
通常のリン酸に比べて分子が小さいので水や有機溶媒に溶けやすく、葉から素早く吸収されます。
希釈倍率は1,000倍。葉面散布、灌水施用、どちらでも高い効果を発揮します。

台風が頻発する夏から秋の予防対策にはALA-FeSTAを。窒素・リン酸・カリ、微量要素などがバランスよく配合された速効性の高いオールインワンの液肥です。光合成を促進して水や肥料の吸い上げ力を強化し、作物を健全に育てます。

株式会社サカタのタネ  ホームページ
〒224-0041 神奈川県横浜市都筑区仲町台2-7-1(本社)
ナビダイヤル : 0570-00-8716

※ 受付時間:9:00〜12:00、13:00〜16:00(土日祝日および当社休業日を除く)
ホストップについて詳しくはこちらへ
ホストップの購入はこちらから

ハリケーン被害を教訓に開発!農機や車両を浸水被害から守る|車両用浸水防止シート

車両用浸水防止シート
写真提供:蔵田工業株式会社
2012年に発生したハリケーンによる被害を教訓としてアメリカで開発され、特許取得および商標登録された車両用浸水防止シート。
台風発生時やゲリラ豪雨などによる浸水被害から、大切な農機や車両を守ります。
素材は、二重防水コーティングが施されたポリエチレン織布三層構造で、弾力性があり折りたたみ可能。
繰り返し使用できます。サイズはS、M、Lの3種類のほか、オーダーメイドも相談できます。
浸水による被害のみならず、降雪や降灰からの車両の保護、農機や車両の長期保管用のカバーとしてなど使いみちはさまざまです。

蔵田工業株式会社 ソリューション事業部 ホームページ
〒815-0082 福岡県福岡市南区大楠2-12-12
電話番号:092-531-4734
FAX:095-522-2031
蔵田工業株式会社 ソリューション事業部へのお問い合わせ

台風被害から作物を守る

農作物の病気・生育不良対策

台風の被害を最小限に抑え、農作物を病気や生育不良から守るために、ほ場や施設内でできる対策について説明します。


ビニールハウスと畑の台風対策

台風シーズンに入ってからでも間に合う、局所的なビニールハウスの補強方法や畑の台風対策。
台風の被害を最小限に抑える手段とは?

台風から野菜を守る!ネットや支柱の選び方

網目状のネットは、風の流れを変え風圧を軽減する効果があります。
支柱の差し方やネットの張り方を含めた防風ネットの設置方法、そして作業時にあると便利なアイテムを紹介します。

防災士に聞く!台風対策

土のうの作り方や結び方を学ぶ

台風、爆弾低気圧による畑の浸水・灌水被害をできるだけ食い止められるよう、正しい土のうの作り方を防災士が解説します。

おすすめの防災ラジオ

台風、洪水、土砂崩れなどの災害が起こり、情報収集したいときに停電になってしまった…。
そんなときに必需品となる防災ラジオの選び方やおすすめの製品を紹介。

災害用トイレの種類や選び方

台風などの大規模災害時には断水する可能性も高くなります。
時間が経つにつれ深刻な問題となってくるのがトイレ事情です。
被災経験のある防災士がすすめる災害用トイレの選び方やおすすめ商品はこちら。

いざというときのために備えておきたい防災用品

停電時の必需品|LED懐中電灯

台風や地震による突然の停電に備えて用意しておきたい懐中電灯。
最近は電灯としての役割だけでなく、スマートフォンを充電できたり、ラジオが聞けたりするものも。

ハウスの装置から家電まで|インバーター発電機

「災害時もちゃんと電源を確保したい」。
そんなときにおすすめなのがインバーター発電機です。
家庭のコンセントと同等の高品質な電気を作ることに特化した屋外用発電機6種類を比較・解説します。

スマートフォンや携帯電話の充電に|家庭用ソーラー発電機

災害時、命綱といっても過言ではないスマートフォン。

ポータブルソーラー発電機は、1台あるととても心強いアイテムです。
災害時に役立つ小型の物を中心にご紹介します。選び方のポイントも。

常備しておきたい非常食の選び方・おすすめの食品

おいしく食べられる非常食

台風など大規模な災害が起きると食品生産や流通がストップし、食料や飲料水が不足することもあります。
数日間救援物資が届かないことも想定して、しっかりと備えておくことが重要です。
非常食の選び方や災害時でもおいしく食べられるおすすめの食品をご紹介します。

非常食はセットで常備する

突然の災害に備えたい非常食。飲み物と食べ物、おやつなどセットになった「非常食セット」が便利です。

非常食になる野菜のすすめ

災害時に足りないと感じた食材1位は「野菜」との調査結果も。
非常食として、ご飯や乾パン・即席麺などの主食は備蓄していても、野菜を意識して準備しているという方は少ないのではないでしょうか。
非常食になる野菜を準備しておくと安心です。

いざというときに備える!万全の台風対策を

台風通過で倒伏した稲
出典:写真AC
気候変動の影響が年々激しさを増し、季節はずれの台風に見舞われることもめずらしくなくなってきました。
例年、8月から9月にかけては台風の発生回数も多くなり、農作物への被害も深刻になりがちです。
事前にできる対策を行うことで台風被害のリスクを軽減できます。また、防災用品をあらかじめ用意しておくなど、災害への備えをしっかりとしておくと安心です。

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 特集 > [PR]夏から秋は台風が頻発!農作物への対策や防災への備えを万全に【台風特集】