農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 園芸用品 > 「らくらくシート押さえピン」で防草シート張りを効率的に!組み立て不要のピンを使った時短術

「らくらくシート押さえピン」で防草シート張りを効率的に!組み立て不要のピンを使った時短術


防草シート設置作業の効率を格段にアップする「らくらくシート押さえピン」。最初からピンと押さえ板がセットしてあるので、組み立て不要。持ち運びや保管も便利です。実際に農家の畑の法面で防草シートの設置作業を行ってみました!
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Feedly

防草シートを設置する森田さん

撮影:安達紗希子
防草シートは、畑や庭に生えてくる雑草対策の一つとして活用されています。法面(のりめん)など広大な面積にひたすらピンを打ち込む作業は、単調で途方もない手間がかかります。「らくらくシート押さえピン」は防草シートの設置作業を格段に楽にしてくれます。

組み立て不要の「らくらくシート押さえピン」を使えば、めんどうな作業もラクラク!

らくらくシート押さえピン
撮影:安達紗希子
第一ビニール株式会社の「らくらくシート押さえピン」は、防草シート設置作業の問題点を解決します。

シートを押さえるピンやくぎの種類はいくつかありますが、単体ではシートが破れやすくなるため押さえ板を併用するのが一般的です。押さえ板をピンにセットするのは簡単な作業ですが、広範囲に防草シートを設置する場合にはピンを数百、数千本と使うこともあり、大きな労力と時間が必要になります。「らくらくシート押さえピン」を利用すると、防草シート設置の効率が格段に向上します。

組み立て不要だから、短時間で防草シートを張れる!

らくらくシート押さえピン
撮影:安達紗希子
「らくらくシート押さえピン」は、防草シートを押さえるためのUピンと押さえ板を組み合わせた商品。押さえ板とくぎの組み立てをなくし、袋を開けるとすぐに作業にとりかかれます。

「らくらくシート押さえピン」の特徴
・最初からUピンに押さえ板をセットしてあるので、組み立て作業不要!
・無駄な作業が発生しないので、効率よくシートを張れる!
・押さえ板がたたんだ状態でセットされているのでかさばらず、持ち運び簡単!

さらに、Uピンは剣先タイプで挿しこみやすく、直径約60mmの押さえ板がしっかりシートを押さえます。

作業時間が1/2に!

「らくらくシート押さえピン」商品情報


農家の防草対策に密着!「らくらくシート押さえピン」の使用感は?

押さえピンを打つ様子
撮影:安達紗希子
「らくらくシート押さえピン」は、もともと用水路の法面の防草シート設置のために開発されたもの。広い場所でも効率的に防草シートを張れると支持されてきました。

畑の法面に防草シートを敷く

千葉県流山市で江戸時代から300年以上続いている森田農園 園主・森田昌さんにご協力いただき、防草シートの設置の様子を取材しました。森田農園では露地80a、ハウス7aで年間約80種類の野菜を生産しています。

防草シートを置いた法面
撮影:安達紗希子
防草シートを設置するのは森田農園が新しく借りた畑の法面です。法面に雑草が生えていると、畑の方にも広がってしまうので、早めに防草シートで防いでおく必要があります。これまで森田さんが防草シートを設置するときに使っていたのは、U字型のピンと丸型の押さえ板。その一つひとつを組み合わせる作業が必要でした。

シートをしっかり固定するために多数のピンが必要

ピンを打つ森田さん
撮影:安達紗希子
雑草が生えてこないようにするためには、防草シートと地面の間に隙間ができないようにしっかりと固定する必要があります。防草シートは風雨にさらされるので、2本でしっかりと固定できるU字型のピンが向いています。
今回の設置場所の法面の土は柔らかかったため、防草シートをしっかりと固定するには通常よりも間隔を狭めて打つ必要がありました。幅1.5mにつき3本のピンを刺し、それを1m間隔で打ち込んでいきます。

ピンと押さえ板がセットになっているから手間いらず!

らくらくシート押さえピン
撮影:安達紗希子
ピンを1本ずつ押さえ板とセットするには、大変な労力がいりますが、「らくらくシート押さえピン」ではその作業が不要となります。
さらに、ピンと押さえ板がセットになっているので、作業効率を上げるほかにもメリットがあると森田さんは言います。
森田昌さん
森田昌さん
あらかじめピンと押さえ板がセットになっているのは便利です。折りたためるので持ち運ぶときや保管するときにかさばらないのもいいですね。


「らくらくシート押さえピン」は押さえ板のパッド面積が大きいので、防草シートを固定させるために必要な保持力が高いという特徴もあります。

環境に適した長さのピンを使用するのが重要

3種類の長さのピン
写真提供:第一ビニール株式会社
「らくらくシート押さえピン」には、15・20・30cmの3種類があります。今回の設置場所の法面の土壌は柔らかく風の影響も受けるため、30cmのものが適していました。
森田昌さん
森田昌さん
法面では雨で土が流れてシートが剥がれてしまうので、長いピンでしっかりと固定したいですね。

「らくらくシート押さえピン」商品情報


1本タイプの「楽釘」もおすすめ!

楽釘
撮影:安達紗希子
普段、防草シートを1本のくぎタイプで固定している人には、「楽釘」もおすすめです。くぎと押さえ板がセット済みで、打ち込みも楽にできます。楽釘は、15・20cmの2種類があります。硬い地面でも打ち込みがしやすく、作業性が良いことが特徴です。土壌の硬さや風雨の影響を受けるかどうかなど、それぞれの環境に適した押さえ具があります。

「楽釘」商品情報


「らくらくシート押さえピン」の商品展開|ボリュームディスカウントにも注目

らくらくシート押さえピン
撮影:安達紗希子
「らくらくシート押さえピン」は、長さが3種類、数量は10本入りと50本入りのほか、大手通販サイトでは300本入りの取扱いもあります。必要な場所や、使用する数量に合わせて選ぶことができ、数量が多いほどお得な価格設定になります。大量に使用する農家にとって、うれしいラインナップです。

■らくらくシート押さえピンの用途別おすすめ商品はこちら
条件15cm20cm30cm
畑(露地)風の影響を受けやすい
畑(ハウス)風の影響を受けにくい
法面かたい土
法面やわらかい土

防草対策の手間がグッと減る!組み立て不要の「らくらくシート押さえピン」を活用しよう

防草シートを張った法面
撮影:安達紗希子
良い作物を作るために防草対策は不可欠ですが、できるだけ手間を減らし効率的に行いたいものです。「らくらくシート押さえピン」を使えば、Uピンと押さえ板の組み立てが不要でシートの設置作業が格段に効率アップするほか、外すときには片付けの時間も短縮します。また、持ち運びや保管のしやすさにもメリットがあります。今年の防草対策には「らくらくシート押さえピン」を試してみませんか?

商品情報はこちらから

らくらくシート押さえピン
撮影:安達紗希子
「らくらくシート押さえピン」は全国のホームセンターのほか、通販サイトなどでも購入可能です。関連商品などの詳細は下記からご覧ください。

「らくらくシート押さえピン」商品情報


お問い合わせ

販売者:第一ビニール株式会社

第一ビニールロゴ

Webからのお問い合わせ

お問い合わせ


取材協力

森田昌さん
撮影:安達紗希子

森田農園・森田昌さん

千葉県流山市の農家。森田農園園主。年間約80品目ほどの野菜を生産。マルシェに出店して対面販売を積極的に行っています。最近はマルシェで販売する焼き芋や焼きぐりも大人気。
森田農園:https://www.morita.farm/

森田さんの就農体験談はこちら​


 Sponsored by 第一ビニール株式会社

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
この記事の筆者:
AGRI PICK AD

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 園芸用品 > 「らくらくシート押さえピン」で防草シート張りを効率的に!組み立て不要のピンを使った時短術