農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > ガーデニング・園芸 > ペラルゴニウムの育て方|多肉植物研究家が栽培の注意点や「トリステ」「ミラビレ」など人気種の特徴を解説

ペラルゴニウムの育て方|多肉植物研究家が栽培の注意点や「トリステ」「ミラビレ」など人気種の特徴を解説

枯れ木のような樹形が人気のコーデックス・ペラルゴニウム。冬生育型の多肉植物で、秋ごろに生育を始め、春には葉を落として休眠します。本記事では、そんな塊根・塊茎ペラルゴニウムの栽培管理や人気種についてご紹介します。


アッペンディクラツム
ペラルゴニウムは南アフリカを主な原産地とするフウロソウ科の植物です。一部の種は膨らんだ塊茎や塊根を持ち、羽状の葉からふさふさと長い毛を生やすものや、珊瑚(さんご)のように枝分かれするものなど、とても個性的な種がそろっています。本記事では、多肉植物研究家のShabomaniac!さん監修の元、ペラルゴニウムの育て方や人気種についてご紹介します。

ペラルゴニウムについて教えてくれたのは?

Shabomaniac!さん

Shabomaniac!
写真提供:Shabomaniac!
少期から40年にわたり世界中のサボテンと多肉植物を栽培している園芸家。栽培が難しい種のは種や育成、新種の輸入にも早くから取り組む。実体験に基づく栽培方法や、自身が所有・栽培する植物の写真、自生地巡りの紀行をブログとInstagramで発信。長年の栽培経験に基づく豊富な知識で愛好家たちからの信頼も厚い。

Blog:http://shabomaniac.blog13.fc2.com
Instagram:https://www.instagram.com/shabomaniac/
著書:『珍奇植物 ビザールプランツと生きる』(日本文芸社)『多肉植物サボテン語辞典』(主婦の友社)

ぺラルゴニウムの特徴

ペラルゴニウム・カロリ-ヘンリキ
写真提供:Shabomaniac!/カロリ-ヘンリキの蕾
ペラルゴニウム属(別名:テンジクアオイ属)は園芸でなじみ深いゼラニウムを含むフウロソウ科の植物です。もともとはフウロソウ属(学名:Geranium)に分類されていましたが、そのうち多肉質のものなどがペラルゴニウム属に分離されました。紛らわしいですがゼラニウムという学名のついた植物(フウロソウ属)とよくガーデニングに利用されているゼラニウム(ペラルゴニウム属)は別種です。日本ではペラルゴニウム属の原種を掛け合わせて作出された花物の園芸種を総称してゼラニウムと呼んでいます。

ペラルゴニウムは南アフリカ西側の冬に雨が降る砂漠地帯に多く分布し、大半の種が冬生育型のため夏場は休眠して葉を落とします。現在は属全体で250〜270種程度の原種が知られており、そのうち多肉植物に含まれるものは100種程度で、幹が肥大するものや地中にごつごつとした不整形の塊根を形成するものなどがコーデックス愛好家に好まれています。ちなみに属名のPelargoniumはラテン語でコウノトリという意味があり、果実の形がコウノトリの嘴(くちばし)に似ていることがその名の由来です。

ペラルゴニウムの自生地

アフリカ大陸から地中海地方東部、アラビア半島、西アジア、インド、オセアニア、大西洋の島々まで広く分布しますが、大半の種は南アフリカに自生しています。

ペラルゴニウムの花

ペラルゴニウム・カロリ-ヘンリキ
写真提供:Shabomaniac!/カロリ-ヘンリキの花
ゼラニウムの原種だけあって総じて美しい花を咲かせます。色は赤やピンク、オレンジ、白、クリーム色、紫などで、上2枚の花弁の中心に濃い色の斑紋が入る種が大半です。夏天竺葵(ナツテンジクアオイ)とも呼ばれるように春から初夏にかけて開花する一季咲きで、小ぶりで目立たないものもあれば、複数枚の花弁が重なり合い、縁が波打つ華やかなものもあります。

ペラルゴニウムの入手方法・価格

多肉植物の愛好家が求める塊根ペラルゴニウムは、多肉植物専門店かネット通販、ネットオークションで購入できます。価格は1万円台のものもあれば、高いものだと10万円以上するものもあります。花物のゼラニウムは花屋さんやホームセンターでも取り扱われており、安ければ数百円で入手可能です。

ぺラルゴニウムの基本情報

ペラルゴニウム・ヒルツム
写真提供:Shabomaniac!/ヒルツムの花
分類フウロソウ科ペラルゴニウム属
原産地南アフリカなど

生育型

冬型

耐寒性

やや強い

耐暑性

やや弱い ※種類による

生長速度

遅い

ペラルゴニウムの人気種

ここからはペラルゴニウム属の人気種を紹介していきます。それぞれの栽培難易度は、星の数(☆~☆☆☆☆☆)で表示していますので、育てる際の参考にしてください。星の数が少ないほど育てやすい品種になります。

アルテルナンス(Pelargonium alternans)

 
この投稿をInstagramで見る
 

やややや(@snp_plants)がシェアした投稿


栽培難易度☆☆☆
盆栽のような風格ある姿が人気のアルテルナンスは、黒い褐色の幹が枝分かれしながら灌木状(かんぼくじょう)に育ち、高さ40cmほどまで達します。葉は2〜6cm程度の羽状複葉で、小葉が細裂した繊細な形です。秋と春に開花のピークを迎える花は直径1.5cm前後で、色は白から薄いピンクが多く、花弁に赤紫の斑紋が入ります。実生でもよく育ち、挿し木も可能です。丈が高く伸びて徒長しやすいため、生育期はよく日に当てて水やりを控えめにすると締まった株姿になります。

アッペンディクラツム(Pelargonium appendiculatum)

ペラルゴニウム・アッペンディクラツム
写真提供:Shamaniac!
栽培難易度☆☆☆
ペラルゴニウムの中でもとりわけ美しい塊茎植物。カロリ-ヘンリキと似ていますがやや大型で、地中にあるどっしりとした芋から毛羽だったシルバーグリーンの細かい葉をわさわさと展開します。種小名のappendiculatumには「大きな茎」という意味があり、名前の通り塊茎は30cmにまで達します。栽培は比較的容易で流通量も多いので入手はしやすいでしょう。花は白やクリーム色です。

カルノーサム(Pelargonium carnosum)

ぺラルゴニウム・カルノーサム
写真提供:Shabomaniac!
栽培難易度☆☆☆
ナミビア南部から東ケープが原産で、重量感のある枯れ木のような塊茎から羽に似たやや肉質の葉を生やすペラルゴニウムです。茎は灰緑色で太く、高さ70cmほどまで伸び、まばらに枝分かれして低木状に育ちます。若い枝は白っぽい毛で覆われていますが、生長とともに滑らかになります。栽培下では枝がだらしなく伸びやすく、温室でも徒長することがあるので、できるだけ屋外で直射日光に当てて育てるのがおすすめです。ほかの種と比べると生長が早いので、種子から育てても十分に鑑賞サイズまで育てられます。花は白や薄いピンク、緑がかった黄色であまり目立ちません。

カロリ-ヘンリキ(Pelargonium caroli-henrici)

ペラルゴニウム・カロリ-ヘンリキ
写真提供:Shabomaniac!
栽培難易度☆☆☆
西ケープ州北西部から北ケープ州南西部が原産。比較的新しく記載された種で、分布が限られるため個体数が少なく、原種のペラルゴニウムの中では希少です。種小名のcaroli-henriciは植物学者のKarl Heinz Rechingerの名前から取られています。長さ3〜4cmの細裂した葉は白く長い毛に覆われ、整ったロゼットを形成する姿はとてもきれいです。地下には直径5cmくらいの円筒状の塊根があります。

コチレドニス(Pelargonium cotyledonis)

 
この投稿をInstagramで見る
 

General.🐉(@general.1119)がシェアした投稿


栽培難易度☆☆☆
南大西洋のセントヘレナ島の固有種で、個体数が少なく絶滅の危機に瀕しているペラルゴニウムです。岩だらけの砂漠や崖で生育しており、年間降水量が150〜380mmしかないため、土や水がなくても数カ月間は体力を維持することが可能です。直径5cm程度の細めの幹からまばらに枝をつけ、高さ30cmまで生長します。円形もしくはハート型の葉は皮革質で表面に網状の葉脈が溝のように刻まれ、緩やかなロゼットを形成します。花はほかのペラルゴニウムと異なり、斑紋がなく真っ白です。

ヒストリックス(Pelargonium hystrix)

ペラルゴニウム・ヒストリックス
写真提供:Shabomaniac!
栽培難易度☆☆☆
小さいながら幹立ちする種で、細かな突起に覆われた小さな金棒のような幹に細かく裂けた繊細な葉をつけます。生育期の終わりにつける花も大変美しく人気がありますが、栽培はややデリケートで、夏を越えても目覚めてこないことがあります。

ロバツム(Pelargonium lobatum)

栽培難易度☆☆☆
西ケープ州の西部と南部に広く分布する塊根性のペラルゴニウムです。茎は大きく不規則な形で、茶色の樹皮に覆われています。種小名のlobatumにはラテン語で「深く切れ込んだ」という意味があり、直径30cmにもなる大きな葉の縁には名前の通り深い切れ込みが入ります。花は長い花茎の先端にまとまって咲き、直径2cm程度と小さめです。色はクリーム色をベースとして花びらの中心に黒紫の斑紋が入り、斑紋が大きなものになるとほぼ黒一色になる個体もあります。夜になるとクローブに似た甘い香りを発するのも特徴です。

ミラビレ(Pelargonium mirabile)

栽培難易度☆☆☆
ナミビアのナミブ砂漠南部が原産。自生地は日中の気温が40℃近くまで上昇し、年間降水量が50mm程度の非常に乾燥した地域です。光沢のある暗褐色の幹が珊瑚のように枝分かれする姿はこの属の中でも特にユニークで高い鑑賞価値があります。樹高はあまり高くならず、30cmを超えることは滅多にありません。円形の葉には縁にギザギザとした鋸歯(きょし)があり、表面に細かい毛が密生していることから銀色っぽく見えます。花は白、淡いピンク、藤色などで、葉が落ちて休眠に入る直前が開花期です。生長がとても遅いので、枝ぶりのよい野生株が輸入されていますが、自生地では個体数が減少しており、今後は採取を控えることが望ましい植物です。

トリステ(Pelargonium triste)

トリステ
出典:PIXTA
栽培難易度☆☆☆
西ケープ州西部の砂地や斜面に自生し、最近人気を集めている塊根ぺラルゴニウム。葉は全体が毛で覆われていて優しい印象を与え、不整形で木片のようなワイルドな塊根との対比がおもしろい種です。花はロバツムに似て夜に甘い香りを漂わせ、クリーム色から薄いピンク、赤紫の斑点があるものなどがあります。生長が遅く、種から育てると非常に時間がかかります。

グランディフロルム(Pelargonium grandiflorum)

ペラルゴニウム・グランディフロルム
出典:Flickr(Photo by Dorota (Dorothy))/写真はグランディフロルムを元に作出された園芸種(花物)
栽培難易度☆☆☆
南アフリカのケープ地方が原産のグランディフロルムは、ペラルゴニウムの原種の中ではコーデックスとしてではなく花物として扱われており、ほとんどのゼラニウムがこの種を親として改良されています。赤や紫、ピンク、白の美しい花が魅力です。

シドイデス(Pelargonium sidoides)

シドイデス
出典:PIXTA
栽培難易度☆☆☆
上品な深紫の花を咲かせるシドイデス。初春から初夏にかけてもっともよく開花します。葉は美しいシルバーグリーンで、花のない時期も楽しめる植物です。ガーデニングでの利用が中心ですが、カロリ-ヘンリキなどと同様に肥大する根を持っています。

ペラルゴニウムの育て方

 
この投稿をInstagramで見る
 

General.🐉(@general.1119)がシェアした投稿


水やり

ペラルゴニウムは9〜3月ごろが生育期にあたります。秋になって葉が出始めたら水やりを開始し、葉がしおれ始めたら徐々に水を減らしましょう。4月ごろからは休眠に入るので断水して土を乾いた状態に保ちます。

日当たり・置き場所

生育期の冬は日当たりのよい場所で管理します。気温は氷点下を下回らなければ大丈夫ですが、できれば5℃は保ちたいところです。戸外で越冬する場合は霜に当てないよう注意してください。夏は直射日光の当たらない明るい日陰に置くか、50%程度遮光し、風通しがよく涼しいところで管理しましょう。

用土・肥料

水はけのいい多肉植物用の培養土を使用します。肥料は元肥として緩効性肥料を用土に混ぜておき、生育期の春と秋は液体肥料を適量与えます。生長が早い方ではないので施肥し過ぎないよう注意してください。

ペラルゴニウムの植え付け・植え替え

 
この投稿をInstagramで見る
 

iwamo(@t_iwam)がシェアした投稿


クリズミフォリウム
植え付け・植え替えは生育期初めの9月ごろに行います。ペラルゴニウムは代謝が低いので頻繁に植え替える必要はありません。2〜3年に一度、鉢内が根でいっぱいになったら一回り大きな鉢に植え替えましょう。塊根は本来は地中にあるものなので、鑑賞するために土より上に出す場合も半分から1/3程度は土に埋めておいた方が多少生長が早くなります。

ペラルゴニウムの剪定・切り戻し

 
この投稿をInstagramで見る
 

やややや(@snp_plants)がシェアした投稿


アッペンディクラツム
トリステなど枝が短く詰まった樹形のものは剪定は不要です。アルテルナンスなど枝が伸びるものは適宜剪定して形を整えましょう。枯れた葉はあえて残して風情を楽しむこともありますが、株元の風通しが悪くなり害虫がつきやすくなるので、初心者の方はすぐに取り除いた方が安心です。

ペラルゴニウムの殖やし方

アッペンディクラツムの種子
アルテルナンスなど枝を伸ばす種は生育期に枝挿しで増やすことができます。塊根を形成するものなど、大半の種は実生からの繁殖です。種子は春にまいても発芽しますが、秋にまいた方が成功しやすくなります。

ペラルゴニウムの病気・害虫

ペラルゴニウム・ロバツム
写真提供:Shabomaniac!/ロバツム
ペラルゴニウムは病害虫に強い方ですが、環境が適していないとカイガラムシが発生することがあります。風通しよく管理し、用土に農薬を混合しておくと予防になります。カイガラムシを発見したらすぐに歯ブラシなどでこすり落とし、農薬や殺虫剤を使ってしっかり駆除しておきましょう。

ペラルゴニウムに関するQ&A

ペラルゴニウム・ヒストリックス
写真提供:Shabomaniac!/ヒストリックス

蕾が枯れる

Shabomaniac!さん
Shabomaniac!さん
生育期の日射や水やりが足りないと蕾が枯れやすくなります。また、ペラルゴニウムは急な温度変化に弱い植物です。秋に休眠から目覚めても、たまに気温の高い日があると植物が休眠状態に戻ってしまい、蕾や葉が落ちたり枯れたりします。

輸入球を買うことで自然界にダメージはない?

Shabomaniac!さん
Shabomaniac!さん
自然環境に与えるダメージは当然あります。輸入球はせっかく入手しても栽培下で枯れてしまうことが多いので、時間をかけてでも種子から育てた方が環境に優しく、楽しみも広がると思いますよ。

ペラルゴニウムを育ててみよう

ペラルゴニウム・アッペンディクラツム
写真提供:Shabomaniac!/アッペンディクラツム
ペラルゴニウムは基本的にゆっくりと生長する植物です。頻繁な植え替えや施肥が必要ない分そこまでの手間はかかりませんが、急激な温度変化によって葉を落とすことがあるので、季節の変わり目は特に慎重に見守ってあげましょう!

表示中の記事: 1/2ページ中

RELATED TAGS関連するタグ

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
kiko

出版社にて雑誌編集に3年間に携わった後、現在はWebライターとして活動中。多肉植物・観葉植物の魅力にはまり、鉢が増えていく日々。

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > ガーデニング・園芸 > ペラルゴニウムの育て方|多肉植物研究家が栽培の注意点や「トリステ」「ミラビレ」など人気種の特徴を解説