置くだけでおしゃれな花壇ブロック【10選】作り方(DIY)のコツも

置くだけでおしゃれに見せてくれる「花壇ブロック」は、ガーデニング好きに持ってこいのアイテム。カインズなどホームセンターで売られている安いアイテムだけではなく、さまざまな種類が販売されています。レンガ調の花壇仕切りブロックやカーブがついたもの、岩のようなデザインのコンクリートブロックなど、花壇の隅に置くだけで庭が一気に華やぐのです。作り方(DIY)も合わせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。


庭と花壇ブロック

出典:写真AC
「業者さんに頼むほどの予算はかけたくない、でも自分でレンガを組む自信がない…」「DIYをしたことがない」そんな人には、レンガをいくつか組み合わせたような見た目の花壇ブロックがおすすめ!地面に「置くだけ」で花壇を作ることができるから、モルタルや接着剤は必ずしも必要ではありません。早速、どんな商品があるのか見ていきましょう!

ガーデニングをもっと楽しく!おすすめの花壇ブロック10選

レンガ調の花壇ブロック

1. 1個当たりが安い!置くだけ簡単レンガ調

ITEM
イージーウォール ストレート
レンガを積み上げた風のコンクリートブロックです。別売りの「アール」「コーナー」タイプと結合ができます。組み合わせ次第で、円形や四角い花壇を作ることが可能です。

・内容:4個セット
・サイズ:幅450×厚み36×高さ150mm

2. 円形・カーブでおしゃれに!

ITEM
イージーウォール アール
1のストレートタイプと組み合わせたり、このタイプだけを使って円形のミニ花壇にしたり。ベランダや小さなお庭にもおすすめです。

・内容:4個セット
・サイズ:幅370×厚み450×高さ150mm

3. 面倒な作業無しのお得なセット

ITEM
らくらくれんが花壇セット 100型
穴あきレンガ24個を、セットの目地板12枚で組み立てます。モルタルを積む必要のない、アンティークレンガセットです。色のタイプは豊富な8種類。

・サイズ:基本の形100×40×高さ20cm(組み替えが可能です)、レンガ20×10×6cm

女性でも花壇作りができ、大変良かったです。
いろいろアレンジして 子供と楽しく花壇作りができました。
またリピートしたいです。


4. 軽くて扱いやすいレンガ調ブロック!

ITEM
北欧城壁 ランパート ストレート
レンガブロックが5個連結したタイプ。立てるように並べるだけで、エレガントな花壇が完成します。

材質:コンクリート
サイズ:幅300×奥行60×高さ150mm

5. これひとつで完結!ブロックプランター

ITEM
洋風ブロックプランター 正方形
プランタータイプの花壇ブロックです。高さがあるのでさまになりますし、複数重ねることでおしゃれにアレンジすることも。ほかのブロックと組み合わせるのもおすすめです。

・2個セット
・サイズ:幅235×奥行き235×高さ150mm

自然な風合いの花壇ブロック


6. ナチュラルな風合いで庭を洋風に

ITEM
レイズドベッドセット ミックスホワイト
セットのブロックを組み合わせて、中に土を入れるだけ!幅114cm、奥行51cm、21cmの花壇ができます。お庭を広く見せるホワイト系です。

・完成サイズ:幅1140×奥行510×高さ210mm

7. ストレートやカーブと組み合わせる

ITEM
パイ風 花壇ブロック
お菓子のパイみたい!見た目重視なら超おすすめの、おしゃれな花壇ブロックです。カーブ、ストレートタイプと組み合わせて、円形や長方形の花壇を作ることができます。

・内容:4個セット
・サイズ:幅(100×100)×奥行40×高さ150mm

庭のタイルが何ヶ所か取れてたので、綺麗にしたいと思いレンガを探してました。すごくオシャレで満足してます!


8. パステルカラーの手塗り風

ITEM
ガーデンウォール Y-S
手塗りの壁がモチーフのデコレーションミニブロックは、パステルトーンのレトロな風合い。優しい雰囲気の花壇を作りたいならこれ!

・内容:4個セット
・サイズ:幅360×奥行45×高さ150mm

DIYにおすすめの花壇ブロック

9. 扱いやすいキューブ状レンガ

ITEM
エスブリック ハーフミニ
キューブ状の可愛らしい雰囲気で、ベランダや箱庭ガーデン、小さな花壇などで扱いやすいサイズです。オブジェのようにしても楽しめます。

・内容:同色64個セット
・サイズ:約60×50×50mm
・カラー:レッド、ブラウン、ベージュ

10. モルタルでのDIYに挑戦するなら

ITEM
ガーデニングコーナーブロック
ちょっとしたコーナーの植え込みに活躍する、ガーデニング用ブロックです。大きめ8個、ハーフ5個のセット。色の組み合わせがおしゃれ!固定する場合は、市販のコンクリート用接着剤、モルタルを使います。

レイズベッドセットで周りから簡単に境界が作れます。しぶいレンガ模様が気に入っています。


置くだけでおしゃれ!ブロック花壇を作るときのポイント

庭の花壇
出典:PIXTA

材料不足に注意

ありがちなのが、作っている最中の材料不足です。花壇を作る場所が決まったら、ブロック(レンガ)は何段積むのか、どのくらい数があればいいのか、イメージをしっかり持って買いに行きましょう。

セット売りの花壇ブロックを活用

Amazonや楽天市場でセット売りされている花壇ブロックは、作れる花壇の広さが予め明記されている場合が多いです。庭の敷地範囲を測ったり、イメージしたりしながら、セット売りを利用するのもおすすめです。

日照条件を確認

花壇を作っても、日当たりが悪いと育つ植物の種類も大きく限られてきます。家の中でも日当たりが良い場所を選び、どんな植物を育てたいのかまでイメージしておくと良いでしょう。

多種多様な花壇ブロックを組み合わせる

通常のブロックなら境界線に、高さがあれば土留めの役割も果たしてくれます。直線・円形・角形、洋風・和風など、種類は様々。完成形を思い描きながら、理想の庭作りにチャレンジしてみてください。

DIYに挑戦!モルタルとレンガを使った花壇の作り方

モルタルとレンガ
出典:PIXTA
お花を植えるエリアを決めて、レンガブロックを並べるだけでも花壇は作れます。でも、やっぱりブロック1段だけだと、花壇が浅すぎるかも…?そんなときは、モルタルを使ったレンガ積みに挑戦してみましょう!難しいイメージを抱きがちですが、以下の手順で想像よりも簡単にできますよ。


材料

・お好みのレンガ
・厚手のビニール手袋
・モルタル:水と混ぜる簡単なものでOK
・バケツ:モルタルと水を混ぜる
・コテ:モルタルを平らにならす
・水平器:基礎やモルタルが平らかを測る
・スポンジ:はみ出たモルタルを取り除く

レンガの積み方

1. 砕石を敷いて基礎を作る

まずはレンガを積む位置を決めます。レンガを並べる位置に沿って線状に地面を掘り、足で踏み固めてください。その上に基礎ブロック、もしくは、砕石を敷き、平らにならします。

2. モルタルを置いて平らにならす

基礎の上にモルタルを置き、平らにならしましょう。

3. 1段目のレンガを積む

花壇レンガ
出典:写真AC
水平を確認しながら、モルタルの上に花壇ブロックを並べていきます。水平の確認には水平器が便利です。

4. さらにモルタルを置き、2段目のレンガを積んでいく

1段目が終わったら、今度は2段目です。モルタルをこんもりとした山状に置き、1段目と互い違いになるように、ひとつずつレンガを積んでいきます。はみ出たモルタルはコテですくい、縦の目地に押し込みましょう。

5. 見た目を整える

水っぽさがなくなって乾いてきたら、クリームのようにはみ出ているモルタルをかき取り、表面を平たく整えます。最後に濡れたスポンジで、しっかりと全体に残ったモルタルをふき取って完成です。

DIYするときにあると便利なアイテム

丈夫な手袋でしっかり保護

ITEM
ATOM 背抜き手袋 エアテクターX
・サイズ:M、L、LL
・素材:手袋(綿・ナイロン・ポリウレタン)すべり止め(天然ゴム)

水と混ぜるだけでモルタルができる

ITEM
ドライモルタル
・内容量:4kg
・カラー:グレー

モルタルが格段に置きやすくなる

ITEM
嘉彦 柳刃コテ
・サイズ:約120mm

平らかどうかを確かめる時に

ITEM
シンワ測定 ブルーレベル 水平器
基礎やモルタルの水平を測る時に便利。

・サイズ:高さ300、厚さ58mm

花壇ブロックなら設置・分解が自由自在

ブロックを「置くだけ」の簡易的な花壇なら、いらなくなったときにすぐ分解できて、お庭のレイアウトが自由自在です。モルタルを利用した本格的なDIYに挑戦すれば、段になっているがっしりとした花壇が作れますが、容易に分解はできないのがデメリット。自分に合ったほうを選びましょう。

紹介されたアイテム

イージーウォール ストレート
イージーウォール アール
らくらくれんが花壇セット 100型
北欧城壁 ランパート ストレート
洋風ブロックプランター 正方形
レイズドベッドセット ミックスホワイト
パイ風 花壇ブロック
ガーデンウォール Y-S
エスブリック ハーフミニ
ガーデニングコーナーブロック
ATOM 背抜き手袋 エアテクターX
ドライモルタル
嘉彦 柳刃コテ
シンワ測定 ブルーレベル 水平器

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
MitsuyaNao
MitsuyaNao

埼玉県の山奥で、約1反のブルーベリー畑を管理しています。ハイブッシュとラビットアイを約20品種栽培中。野菜、花、ハーブなども育てています。AGRI PICKでは、家庭菜園や園芸の初心者に向けた記事を中心に担当。他メディアでも多数執筆中。

育て方・病害虫を一発検索