アイリスオーヤマ|福島県浪江町で田植えを実施!東北農業の課題解決と人材育成に貢献!!

アイリスオーヤマ株式会社は、東日本大震災で甚大な被害を受けた東北農業の営農再開を目指す取組みの一つとして、2021年5月15日(土)に従業員による田植えを実施しました。同社は、東北農業の復興支援を目的に精米事業に参入しています。


福島県浪江町にて田植えを実施

出典:アイリスオーヤマ株式会社(田植え作業の様子|左はアイリスオーヤマの大山晃弘代社長)
アイリスオーヤマ株式会社は、東日本大震災で甚大な被害を受けた東北農業の営農再開を目指す取組みの一つとして、2021年5月15日(土)に従業員による田植えを実施しました。

東北農業の復興支援を目的に精米事業に参入!

2011年3月に発生した東日本大震災で、甚大な被害を受けた東北農業の課題は多くあります。
特に原子力災害により、深刻な被害を受けた福島県浜通り地域においては、農地のインフラ整備の遅れや担い手の不足、風評被害などによる米の販路縮小などの課題があります。

アイリスオーヤマ株式会社は、東日本大震災で甚大な被害を受けた東北農業の復興支援を目的に、精米事業に参入しています。

被災地域の課題解決と人材育成に貢献する

玄米を買い取り、パックごはんとして販売

ごはん
出典:写真AC
福島県沿岸部(南相馬市、浪江町、双葉町)では、株式会社舞台ファームが、営農再開ビジョンのフラッグシップとして稲の作付けに取り組んでおり、アイリスオーヤマグループはそこで生産された玄米を買い取り、パックごはんとして販売しています。

農作業に触れることで、被災地域の課題解決と人材育成に貢献

被災地域の課題解決と人材育成に貢献
出典:アイリスオーヤマ株式会社(田植え作業の様子)
東北農業における多くの課題があるなかで、アイリスオーヤマグループは、東日本大震災10年を迎えた今年以降も、玄米の買取りを継続していきます。
従業員が農地に出向いて農作業に触れることで、被災地域の課題解決と、人材育成に貢献しています。

アイリスオーヤマ「震災10年とアイリスのあゆみ」
宮城県仙台市青葉区に本社をおく、生活用品の企画、製造、販売会社。
東日本大震災の発生から10年、アイリスオーヤマのこれまでのあゆみと復興支援について。
https://www.irisohyama.co.jp/company/10years-of-history/

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。

育て方・病害虫を一発検索