東京農業アカデミー第1期生インタビュー|「人生の後半を都市農業に」武本 信雄さん

東京農業の担い手を育てるために、東京都が設立した「東京農業アカデミー」。年齢もさまざまで個性豊かな第1期生にインタビューしてきました。
今回はIT企業のサラリーマンだった武本信雄さん。武本さんが農業を志したきっかけとは?研修で驚いたことは?いろいろ聞かせていただきました!


武本信雄さん

撮影:AGRI PICK編集部
東京の農業の担い手を育成するため、2020年に誕生した東京農業アカデミー。第1期生として学ぶ武本信雄さんに、東京で就農を目指す理由、研修の印象、将来のビジョンなどを伺いました。

ほかの受講生のインタビューはこちら

40歳になったときに出会った本がきっかけ

ナスを見る武本さん
撮影:AGRI PICK編集部
東京農業アカデミーに入学する前、武本さんはIT企業で自治体向けシステムの販売をしていました。40歳の誕生日を迎えたころから、残りの人生に思いを巡らせるようになったそうです。
武本信雄さん
武本信雄さん
実際に40歳になってみると、まだこの先の人生が長いなと思って。そのころ、久松達央さんの『小さくて強い農業をつくる』という本を読んで、農業に関心を抱くようになりました。

入学する1年前は、大阪に単身赴任をしていた武本さん。大阪で週末農業講座に参加して学ぶうちに、地方には農地はあるけれど、マーケットに出すまでが大変だと考えるようになりました。そして、自身の家があり、消費地の近い東京で農業に携わることを目指します。

東京都のウェブサイトで東京農業アカデミーの開校を知り、参加を決意。何年も前から50歳になったら新しいことを始めると話していたことや子どもが自立していたこともあり、家族の理解を得ることができました。
武本信雄さん
武本信雄さん
新規就農者が利用できる国の補助金には年齢制限があり、私は対象外なので、自分で農地を見つけることが就農への近道だと考えていたのですが、東京農業アカデミーなら農地のあっせんまで後押ししてくれるのではないかと考えました。

国が就農直後の経営確立を支援する資金を交付してくれる「農業次世代人材投資資金」は50歳未満、農業経営を開始するために必要な資金を借りられる「青年等就農資金」は45歳未満など、補助金には年齢制限があることがあります。東京農業アカデミーの応募資格における年齢制限は18歳以上というもので、上限は設けられていません。

東京農業アカデミーの研修を受講して感じたこと

鍬を持つ武本さん
撮影:AGRI PICK編集部

圃場では毎日学ぶことがある

研修に参加する前、武本さんは毎日の研修って何をやるのだろう?と思っていました。しかし、実際に圃場に行くと毎日学ぶことがたくさんあり、農業は奥が深いことがよくわかったそうです。また、収穫したての作物がすごくおいしいことや、見た目が悪くても味が変わらないこと、品種によっての味の違いなどを知りました。
武本信雄さん
武本信雄さん
東京農業アカデミーで実際に習得したことは、お客様に説明するときに参考になると思っています。

きれいな農作物をつくることは大変

研修中に印象的だった出来事を聞くと、武本さんはトウモロコシの被害について話してくれました。
武本信雄さん
武本信雄さん
動物が侵入しないようにネットを張っていたにもかかわらず、獣害に遭いました。また、害虫のアワノメイガもつきました。店頭で売られているようなきれいなトウモロコシを作るのは大変なのだと感じました。

自然の中で行うのが農業。いろいろなことが起きる研修の中で、指導員の先生はどんな質問にも適切に回答を示してくれる頼れる存在です。東京農業アカデミーには安心して学べる環境が整っています。

就農後の将来のビジョンは?

トラックの前に立つ武本さん
撮影:AGRI PICK編集部

地域の人においしい野菜を

研修終了後は自宅の近くでまとまった農地を取得して、採れたてがおいしいトウモロコシや枝豆を栽培していきたいという武本さん。その想いは、おいしい野菜を食べてもらうことで地域貢献したいと考えているから。
武本信雄さん
武本信雄さん
農業は地域の人たちと関わらないとやっていけないと思っています。軌道に乗ったら農福連携や食育など、いろいろなかたちの地域貢献を考えていきます。

東京農業アカデミーでは、東京都内に広い農場があり、充実した設備や機械が使えて、毎日畑仕事をしながら学ぶことができます。同期の研修生は5人。「世代の違う同期とも仲良くやっていますよ」と話す武本さんは、笑顔でその充実ぶりを楽しそうに伝えてくれました。

東京農業アカデミー八王子研修農場
概要:就農希望者を都市農業の担い手として育成することを目的として東京都が開設した研修農場
対象:18歳以上で都内で就農を目指す人(毎年5名程度を受入れ)
研修農場:八王子市大谷町(約20,000㎡)
研修期間:2年間(年間約220日)
問い合わせ:東京農業アカデミー八王子研修農場 042-686-1077、東京都産業労働局農林水産部農業振興課 03-5320-4814(直通)

ほかの受講生のインタビューはこちら

\令和3年度の研修生募集、開始しました!/
座学と実践的な実習を通じて、大消費地である東京ならではのプロ農家を目指しませんか?
11/15・11/19・11/28現地説明会あり!
令和3年4月から2年間の研修生を募集します。
▼詳しくはこちら
東京農業アカデミー八王子研修農場(東京都農林水産振興財団)

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
神山 朋香
神山 朋香

大学卒業後、地方公務員として消費者教育や労働福祉の普及事業に従事した後、AGRI PICK編集部に。AGRI PICKでは、新規就農に役立つ情報などを執筆しています。

育て方・病害虫を一発検索