【8月31日、9月1日開催】青山ファーマーズマーケット10周年記念イベント「APPETITE」

NPO法人ファーマーズマーケットアソシエーションは、開催10周年となる一年の総まとめとして、2019年8月31日(土)、9月1日(日)に、これまでのファーマーズマーケットの体験が詰まった記念イベント「APPETITE 」(アペタイト)を開催します。日本の夏にふさわしい屋台フードの提案や自然の恵みをガラスびんに詰め込んだ食品・飲料を一堂に集めたマーケット、全てのドリンクを飲み比べできるテイスティングなど、魅力的な内容となっていますよ!


マーケットの様子

提供:メディアサーフコミュニケーションズ株式会社
NPO法人ファーマーズマーケットアソシエーション(東京都目黒区)は、開催10周年となる一年の総まとめとして、2019年8月31日(土)、9月1日(日)に、これまでのファーマーズマーケットの体験が詰まった記念イベント「APPETITE 」(アペタイト)を開催します。

青山ファーマーズマーケットとは

マーケットで買い物をする人たち
提供:メディアサーフコミュニケーションズ株式会社
青山ファーマーズマーケットは2009年に約30店舗規模でスタートし、10年後の今は毎週末100店舗前後が出店する大きなムーブメントとして成長してきました。そしてこのたび、同マーケットが次の10年を見据えるためのウェブマガジン「APPETITE-Food Experience Press-」を立ち上げました。

このウェブマガジンのローンチを祝して、ちょうど10年目から11年目の節目となる8月31日と9月1日の2日間で、10周年記念イベントを開催します。なお8月31日(土)は、ファーマーズマーケットが夜まで開催時間を延長する「ナイトマーケット」に合わせて、夜8:00までの開催となります。

ウェブマガジン「APPETITE-Food Experience Press-」

APPETITEトップ画面
提供:メディアサーフコミュニケーションズ株式会社
「APPETITE-Food Experience Press-」は、東京から「food&culture」について世界に発信していくオンラインマガジン。青山ファーマーズマーケットを取り巻く国際的なコミュニティーと農家、料理人、職人達のストーリーにインスパイアされ「農」と「食」にまつわる経験(=Food Experience)を伝えたいという想いから、オンラインマガジンの発行をすることに。取り上げるテーマは「Culture」「Farm」「Drink」「Recipes」の4つ。10周年記念イベントに合わせた公開に向けて準備中です。

「APPETITE」3つのスペシャルコンテンツ

飲み比べをする人たち
提供:メディアサーフコミュニケーションズ株式会社

1. Food Experience

この10年間でつながりを築き上げてきた農家、料理人、フードカートの方々と連携。「農」と「食」にまつわるより良い「おいしい・楽しい・面白い」体験ができます。その体験を、青山ファーマーズマーケットでは「Food Experience」と定義して今後の10年の大きなテーマにしていきたいとのこと。本イベントでは、日本の夏にふさわしい屋台フードの進化版の提案などを予定しています。

参加予定シェフ

森枝 幹 氏 (UB1 TABLE)
厚東 創 氏 (Hajime Koto)
加田俊介氏(La Reve)
藤川真至 氏 (CHEESE STAND)

2. Farm to Bottle

複数のボトル
提供:メディアサーフコミュニケーションズ株式会社
日本酒、ワイン、クラフトビール、クラフトジン、ジュース、お茶、コーヒー等の飲料、さらにはソースやジャムなど。自然の恵みをガラスびんに詰め込んだ食品・飲料を一堂に集めたマーケットを2日間限定で開催します。

出店予定者(順不同)

【ワイン】
タケダワイナリー、ノンナアンドシディ、ヴィナイオータ、winy.tokyo、Fattoria AL FIORE / Kunoh Wines by Yuki Nakano、トレジャーフロムネイチャー、パシフィック洋行

【日本酒】
吉田酒造店、WAKAZE、酒屋八兵衛、宮坂醸造、平和酒造、木戸泉酒造、いまでや

【ビール】
ブラッセルズ、bread beer bar、平和クラフト

【コーヒー/ティー/ジュース類】
ONIBUS COFFEE、The Local、STOCKHOLM ROAST、KOMBUCHA SHIP、FRUITBAT LEMONADE、ますいさんちの茶「益井園」、GINGER & COMPANY

【その他】
TOKYO BINZUME CLUB、FARM CANNING、THE BLUE TRUCK、しげくに屋55ベーカリー、瀬戸内小豆島長期熟成生ハム、CHEESE STAND

テイスティング料金

新しい時代を感じさせるさまざまな飲み物を、会場内でジャンルを問わず制限なく提供することで、一人ひとりが自分の「Appetite(=好み)」を発見できるように、全てのドリンクを飲み【Farm to Bottle” Drink Tasting Ticket】

・グラス付き3,500円(税込)
・グラス無し3,000円(税込)※マイグラス持参

チケットページ:https://appetite.peatix.com/

Glass Bottle Market

今回の「Farm to Bottle」企画の中では、「Life With Bottles」をテーマに日本のガラスびんを140種ほど集めた「Glass Bottle Market」もオープンします。これまでファーマーズマーケットは、再利用可能な循環型資源の1つとしてガラスびんに着目してきました。諸事情により新鮮な状態で販売できなくなった農作物を加工品の原料として世の中に提供する時、そこには必ずガラスびんの存在が必要と考えているためです。

自然の恵みを濃縮させたり発酵させたりする容器の1つとして、マーケットの農家や料理人の方々からも要望の高いガラスびん。「どのような容器があるのか多くの種類を見てみたい」というニーズにも応えて、この「Glass Bottle Market」を会場内で展開します。

 3. NAKED – waste less market (日曜のみ)

青山ファーマーズマーケットが今後の10年間を見据えてスタートさせたプロジェクトの1つ。ビニール袋等の消費を軽減することを目的に、新鮮な野菜や果物、加工品、パンなどを、なるべくビニール袋や個包装を使わずに、ありのままに勢いよく並べるマーケットの形を模索する取り組みです。個包装せずに「量り売り」スタイルを基本とし、持ち帰りにはマイバッグやガラスびんを使用します。

出店予定者(順不同)

農園ヘブン、Totoya、の〜ぷら/No Plastic Japan、The B、パパラギ、TOKYO JUICE

夏限定!ナイトマーケットとは

夜のマーケット
提供:メディアサーフコミュニケーションズ株式会社
ファーマーズマーケット10年目から11年目を迎える記念企画。夜8:00までのナイトマーケット企画がスタート!

8月31日(土)は10周年記念イベント「Appetite」、そして9月7日(土)には記念すべきファーマーズマーケット11年目の第一回目が開催。「RAW TOKYO」はもちろん、クラフトジンの飲み比べイベント「JUNIPER TOKYO」を屋内ラウンジにて初開催します。

開催概要

マーケットで物を売る人
提供:メディアサーフコミュニケーションズ株式会社

開催日時

2019年8月31日(土)13:00~20:00
2019年9月1日(日)12:00~17:00

会場

国際連合大学 中庭(東京都渋谷区神宮前5-53-70)

主催

NPO Farmer’s Market Association

共催

Media Surf Communications Inc.

協賛

日本ガラスびん協会

ウェブサイト

http://farmersmarkets.jp/appetite/

この記事に関連するタグ

関連する記事

マーケットの様子
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。