エアーコンプレッサーの使い方|基本をおさえて作業をスムーズに!

エアーコンプレッサーの正しい使い方を、ホームセンターに長く務めた筆者が基礎から詳しく解説します。長持ちさせるメンテナンスのポイントも。エアーコンプレッサーを使いこなせば、車のタイヤ交換や塗装などの作業が楽に行えますよ。


エアーコンプレッサー

出典:Pixabay
エアーコンプレッサーは圧縮空気を作り出す電動工具。先端部分に取り付けたエアーツールに圧縮空気を送り込むと、パワフルかつスピーディーに作業ができます。作業をスムーズに、そして安全に行うために、使い方の基本をおさえましょう!

エアーコンプレッサーはどんな用途に使われる?

スプレーガンで壁を塗装する男性
出典:Pixabay
エアーコンプレッサーはさまざまな場面で利用されています。
代表的なのがタイヤ交換。エアーインパクトレンチでスピーディーに行えます。また、スプレーガンがあれば、広範囲の塗装が一度に行え、作業効率が格段にアップします。釘打ちも、エアーの力を利用すれば一瞬。

エアーコンプレッサーは農業現場でも大活躍します。エアーガンを使えば、複雑な構造の農機具も手の届かない場所まで手軽に清掃できるほか、凹凸があるジャガイモなどの農作物に付着している余分な土やゴミなどを簡単に取り除くことができます。

エアーコンプレッサーの用途や選び方を詳しく知りたいならこちらをチェック!

エアーコンプレッサーの構造を理解しよう!

エアーコンプレッサーの主な部位の名称は以下の通りとなります。
エアーコンプレッサー
出典:写真AC
・圧力計:タンク内の圧力計と吐出口の圧力計の2種類があります。空気圧は吐出口側の圧力計で確認します。
・圧力調整バルブ:空気の排出量を調整する際に使用します。
・空気タンク:圧縮された空気をためておくタンクです。
・ドレンコック:空気が圧縮された際に発生したタンク内の水分を排出します。

エアーコンプレッサーの使い方をチェック!

コンプレッサー
出典:写真AC
エアーコンプレッサーの正しい使い方を理解しておくと、安全に利用できるうえに、長持ちさせることもできます。

Step1. 電源コードをコンセントに差す

電源コードは直接コンセントに差し込みます。
注意すべき点は延長コードを利用しないことです。長い延長コードを使用するほど電圧が低下してしまい、エアーコンプレッサーが本来の性能を発揮しにくくなるうえ、モーターに流れる電流が大きくなり、モーターが焼き付いてしまう場合があります。

コンセントから離れた場所で使用する場合は、エアーホースをつないで対応しましょう。

Step2. 空気圧を圧力計(レギュレーター)でチェック

エアーコンプレッサーの圧力計
出典:写真AC
エアーコンプレッサーのスイッチを入れると空気タンクに徐々に空気がたまりはじめます。空気圧は圧力計(レギュレーター)の目盛りでチェックしましょう。タンク内の空気圧が最大使用圧力に達した時点で一旦停止します。

Step3. エアーホースとエアーツールを取り付ける

エアー工具をホースにつなぐ
出典:PIXTA
タンク内に空気がたまったら、エアーホースを取り付けます。バルブを回して圧力計の目盛りが「0」になったらエアーホースを取り付けましょう。エアーホースの先にエアーツールを取り付け、バルブを開けて空気が排出されるようにしておけば、準備完了です。

なお、使用中に空気の排出量が多いと圧力が低下する場合がありますが、圧力が下がり過ぎると自動的にスイッチが入り、空気がたまり始めます。

エアーコンプレッサーのメンテナンスは確実に!

エアーホース
出典:写真AC
エアーコンプレッサーを使い終わった後は、以下の流れで作業を進めましょう。

バルブを閉じてエアーホースを取り外す

スイッチを切った後は、エアーホースを安全に取り外すために、空気を排出するバルブを閉じます。空気吐出口側の圧力計目盛りが「0」になったらエアーホースを外しましょう。

ドレンコックを開き、タンク内の水分を排出する

エアーコンプレッサーのドレンコック
出典:写真AC
次にドレンコックを開きます。コックをひねるとタンク内にたまった水分が排出されます。ドレンをためたままにしておくと、タンクが腐食したり、本体内の各部品に悪影響を及ぼしたりして、故障の原因につながる場合があります。エアーコンプレッサーを長持ちさせるためにも、忘れずに行いましょう。

オイル交換でエアーコンプレッサーが長持ち!

エアーコンプレッサーの種類によっては、機器を潤滑、冷却するためにコンプレッサーオイルを使用するものがあります。使っているうちにオイルに汚れがたまりやすくなるほか、オイルの劣化により性能を発揮しにくくなる場合があります。

定期的にエアーコンプレッサーを使用している場合は、6カ月に1回の割合でオイル交換を行いましょう。オイルの排出口はオイルの注入口の近くにある場合が多いです。レンチなどを使って排出口のボルトを外し、オイルを全て抜いた後、ボルトを締めてから新しいオイルを入れます。
ITEM
エーゼット コンプレッサーオイル
コンプレッサー専用のオイルです。本体を長持ちさせるためにも定期的に交換しましょう。

・容量:1L
・粘度:ISO VG68

他の商品だと、じょうごが必要だと思ってコチラを選びました。もくろみ通り、他に漏らすこと無く入れることが出来たので、良かったです。オイル交換後もコンプレッサの音が若干小さくなった気がして満足してます。


エアーが汚れ始めたらフィルター交換を!

エアフィルターは、圧縮空気に含まれるゴミや水分を除去して、きれいなエアーを送り出すほか、本体内の機器を保護する役割があります。エアーにオイル分や水分、細かなゴミが混じり、汚れを感じたときがエアーフィルターを交換するタイミングです。

なお、エアーフィルターはシリンダーに取り付けるものやレギュレーターと一体化しているものがあります。交換する前に、本体のエアーフィルターの位置を確認しておきましょう。

動画でチェック!エアーコンプレッサーはこう使う

実際にエアーコンプレッサーを使う前に、動画でチェックしておきましょう。

使用方法を理解してエアーコンプレッサーを使いこなそう!

エアーコンプレッサーを実際に使用してみると、強力なパワーに圧倒されてしまうことがありますが、そのパワーを適切に使いこなせば作業をスピーディーに行えます。使い方を理解して、安全かつ効率的な作業を目指したいですね。

この記事に関連するタグ

関連する記事

スプレーガンで壁を塗装する男性
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

うみのそら
うみのそら

趣味は家庭菜園とDIY。野菜・果物は年間を通じて約30品種を栽培。自宅の簡単な補修は自分自身で行います。ホームセンター勤務の経験も活かしながら、分かりやすい記事の執筆を心がけていきます。