HiKOKI(旧日立工機)の電動工具を徹底解説!最新アイテムや激安中古情報も

品質の高さで定評のあるHiKOKI(旧日立工機)の電動工具。36Vバッテリー対応のハイパワーな電動工具を始め、おすすめの最新製品やお得なセット商品などをご紹介します!さらに、激安の入手方法や修理の出し方についても詳しく解説!


主要な電動工具メーカーの一つに「HiKOKI(旧日立工機)」があります。「HiKOKI」はもともと「技術の日立」で知られる日立グループの企業であったことから、HiKOKI製の電動工具は優れた品質を有していると定評があります。HiKOKIが提供する電動工具、そしてサービスについて調べながら、HiKOKIについての理解を深めていきましょう。

HiKOKI(旧日立工機)の電動工具、その特徴は?

HiKOKIの電動工具は「工機ホールディングス株式会社」が提供しています。HiKOKIは、かつて「日立工機」というブランド名でしたが、親会社の変更に伴い、2018年10月から「HiKOKI」のブランド名に変更となりました。

プロも納得!HiKOKI(旧日立工機)の高い技術と品質

「HiKOKI」の電動工具には、日立工機の時代から培ってきた高い技術力が集約されています。業界最高レベルの性能を発揮する電動工具もあり、プロも納得の品質です。高い技術力を有しているがゆえにユーザーの信頼性が高いことも「HiKOKI」の電動工具の特長と言えるでしょう。

HiKOKI(旧日立工機)ならではの2年保証!

HiKOKIの電動工具には「2年保証」の製品があります。保証が付いていない製品が多くを占めている中で、2年間の保証が付いているHiKOKIの電動工具は安心感があると言えるでしょう。
2年保証が付いている製品は以下の通りです。保証期間中、取扱説明書に従って正常な状態で使用していれば、保証を受けられます。

・ACブラシレスモーター搭載製品
・高圧エア工具(一部を除く)
・マルチボルト/6.0Ahリチウムイオンバッテリー

注記:
・ACブラシレスモーター搭載製品、高圧エア工具で2年保証を受ける場合、「ユーザー登録」が必要となります。
詳しくは、HiKOKIホームページ「2年保証製品」ユーザー登録を参照してください。
・マルチボルト/6.0Ahリチウムイオンバッテリーの保証は、購入日から2年以内、もしくは充電回数が1500回(BSL3660は1000回)以内です。2年以内に規定の充電回数を超えた場合は対象外となります。
HiKOKIホームページ:3つの2年保証

18Vと36Vの両方に対応!「マルチボルトバッテリー」

HiKOKIでは「マルチボルト」のバッテリーを取り扱っています。マルチボルトバッテリーの特長やマルチボルトバッテリーに対応する製品を紹介していきます!

マルチボルトバッテリーとは?

HiKOKI独自のバッテリー「マルチボルトバッテリー」は、18Vと36Vの2種類の電圧の電動工具・充電器に対応します。18Vと36Vの切替は自動的に行われるため、18Vの電動工具も36Vの電動工具も、マルチボルトバッテリーを装着すれば動かすことができます。また、マルチボルトバッテリーは、18V用と36V用、両方の充電器で充電が可能です。

小型・軽量タイプ「BSL36A18」

サイズは18Vのバッテリーとほぼ同じでありながら、36Vの出力が可能となっています。小型・軽量ながらも十分なパワーを発揮し、効率的に作業を進められることから、ユーザーとしては頼もしく感じられます。
ITEM
HiKOKI BSL36A18
・電圧/容量:36V-2.5Ah、18V-5.0Ah
・出力:1080W
・サイズ:幅76×奥行116×高さ69mm
・充電時間:約25分

18VのDBDL2の純正バッテリーがへたってきたので交換しましたが、パワーもしっかりあり何より18V使用時はバッテリーの持ちもいい!


高出力・高容量タイプ「BSL36B18」

「BSL36B18」は、小型・軽量タイプのバッテリー「BSL36A18」と比較すると、出力は約1.3倍、容量は約1.6倍と、高出力・高容量となっています。18Vで使用すると8.0Ahとなるため、バッテリーが長持ちしやすくなります。
ITEM
HiKOKI BSL36B18
・電圧/容量:36V-4.0Ah、18V-8.0Ah
・出力:1440W
・サイズ:幅83×奥行134×高さ75mm
・充電時間:約40分


注記:どちらのバッテリーも充電が可能なのは、スライド式のリチウムイオン電池対応充電器です。18Vの差し込み式充電器で充電することはできません。

マルチボルトバッテリーが装着可!36V対応の電動工具【4選】

電動工具
出典:写真AC
バッテリーの電圧が18Vから36Vにアップしたことで、コードレスタイプの電動工具でありながら、AC電動工具に近いパワーが発揮されるようになりました。実際に36Vの電動工具を使用して、そのパワフルさを体感してみましょう!

1. ネジ締めスピードが約10%向上|業界最高レベルを実現!

マルチボルトコードレスインパクトドライバー「WH36DA」は、高電圧化したことにより電池が減ってもネジ締めスピードが低下しにくくなりました。ネジ締めスピードは18V製品比で約10%向上し、ネジ締め能力は業界最高レベルを実現しています。太く、長いネジの締め付けもスピーディーです。
ITEM
HiKOKI WH36DA
・締付能力:小ネジ M4〜M8、普通ボルト M5〜M16、高力ボルト M5〜M14、テクスネジ 径3.5~6mm
・1充電あたり作業量目安:約3,700本(ナゲシビス径4.0×長さ50mm/杉材 下穴なし)
・最大締付トルク:180N・m
・回転数: 0~2,900(回転/分)
・打撃数: 0~4,100(回/分)
・バッテリー:リチウムイオンマルチボルト蓄電池 36V-2.5Ah、18V-5.0Ah
・サイズ:幅29×奥行127×高さ237mm(BSL36A18装着時)
・重量:1.6kg(BSL36A18装着時)
・セット内容:本体、バッテリー×2、電池カバー、急速充電器、プラスビット・ケース

2. 穴開け径がさらに大きく、スピードアップで作業を効率化!

マルチボルトコードレスドライバードリル「DS36DA」は、18V製品と同サイズでコンパクトでありながら、穴開け径、穴開けスピードがそれぞれ向上しています。木材の穴開け能力は102mmまで、サイディングは200mmまで対応しており、穴開け作業が大幅に効率化しました。
ITEM
HiKOKI DS36DA
・穴開け能力:木材 102mm、鋼材・アルミ 各16mm
・1充電あたりの作業量:木工穴あけ 約70個(使用錐 径38mm/材料 SPF 76mm厚)
・最大トルク:低速 138N・m、高速 80N・m
・回転数:低速 0~500(回転/分)、高速 0~2100(回転/分)
・バッテリー:リチウムイオンマルチボルト蓄電池 36V-2.5Ah/18V-5.0Ah
・サイズ:幅78×奥行204×高さ262mm
・重量:2.3kg(BSL36A18装着時)
・セット内容:本体、バッテリー×2、電池カバー、急速充電器、プラスビット、ケース、サイドハンドル

3. コードレスタイプながら、AC機を上回る出力を発揮!

マルチボルトコードレスディスクグラインダー「G3610DA」は、最大出力1270Wで、AC機従来品の出力である960Wを上回る能力を発揮します。最大回転数は1分間に1万回転なので、コンクリートの切断も楽に行えます。オートモード搭載で、負荷に応じて回転速度が自動的に切り替わります。
ITEM
HiKOKI G3610DA
・回転数:3,000~10,000(回転/分)
・最大出力:1,270W
・研削砥石寸法:外径100×厚さ6×内径15mm
・1充電あたりの作業量:約15m(コンクリート切断/切込み深さ10mm)
・バッテリー:リチウムイオンマルチボルト蓄電池 36V-2.5Ah/18V-5.0Ah
・サイズ:全長357×ギアカバー全高60mm
・重量:2.6kg(サイドハンドル、バッテリー装着時)
・セット内容:本体、バッテリー×1、電池カバー、急速充電器、レジノイドフレキシブルトイシ、ホイルガード、サイドハンドル、スパナ、ケース

日立の18Vディスクグラインダーが壊れたので購入。マルチボルトの恩恵はあまり感じませんが36Vは「100Vと同等までは行かないけれど、遜色なく使える」って感じです。他の職人さんに貸すと他メーカーより使いやすいと言っていました。マキタの7.2V10.8V18Vシリーズを使っている職人も36Vだけは日立を使う人もいます。


4. 切断スピードは18V比で2倍!サイレントモード搭載で騒音が低減

マルチボルトコードレス丸ノコ「C3606DA」は、18V製品と比較すると切断スピードと切断時のパワーが向上しています。そのパワーはAC機に匹敵するほどで、厚さ66mmの木材もスピーディーに切断できます。また、サイレントモードに切り替えれば、騒音が低減されます。
ITEM
HiKOKI C3606DA
・能力:のこ刃直径 165mm、取付け穴径 20mm
・切り込み深さ:90°/66mm、45°/46mm
・1充電あたり作業量目安:約150カット(米松材/50×300mm)
・回転数:4,300(回転/分)
・バッテリー:リチウムイオンマルチボルト蓄電池 36V-2.5Ah/18V-5.0Ah
・サイズ:幅188×奥行292×高さ262mm
・重量:3.3kg(バッテリー含む)
・セット内容:本体、バッテリー×2、電池カバー、急速充電器、チップソー、ケース、六角棒スパナ

マルチボルトのスライド丸鋸を購入したら充電式と思えない程パワーがあり、丸鋸も購入。今までパナソニック丸鋸18Vを使用していましたが、こちらの丸鋸は切断のスピードがとても早く36Vの良さを実感。電源式と引けをとらないパワーがあり作業時間の短縮です。マルチボルトシリーズの新商品期待しています。


HiKOKI(旧日立工機)のおすすめセットと収納ケース

電動工具のセットはバッテリーの相互利用ができ、また見た目もすっきりするので初めて買う人には特におすすめです!ここではHiKOKIが販売している電動工具セットをご紹介します。そのほか、HiKOKIでは電動工具用のケースも販売。さまざまな大きさがありますが、積み重ねができるのですっきりコンパクトに保管できますよ。

ドライバードリル+ミニグラインダーに、トーチライトとラジオがセット!

電動工具はドライバードリルとミニグラインダーがセットになっています。そして、コードレストーチライトとコードレスラジオがセットになっているので、作業の効率アップに最適です。バッテリー(2個)と急速充電器のほかに、電池パックに接続できるUSBアダプタもセットされており、現場でUSB機器が使用できます。
ITEM
HiKOKI コードレスコンボキット KC10DKL 10.8V セット品
・セット内容:コードレスミニグラインダ、コードレスドライバドリル、コードレスラジオ、コードレストーチライト、USBアダプタ、急速充電器、10.8Vリチウムイオン電池2、収納バッグ

電動工具を整理収納!HiKOKI(旧日立工機)のシステムケース

高さ別にタイプ1~4の4種類から選べる、HiKOKIのシステムケース。それぞれ幅と奥行は同じサイズなので、積み重ねて保管できます。タイプ4以外のケースは、電動工具を衝撃から守るスポンジを内蔵。別売りの専用キャスターを利用すれば、移動も楽々です。
ITEM
HiKOKI(旧日立工機 )システムケース
・サイズ(幅×奥行):395×295mm(タイプ1~4共通)
・サイズ(高さ):タイプ1 105mm、タイプ2 158mm、タイプ3 210mm、タイプ4 315mm
・ケース内寸法(幅×奥行):350×270mm(タイプ1~4共通)
・ケース内寸法(高さ):タイプ1 70mm、タイプ2 122mm、タイプ3 175mm、タイプ4 280mm
・仕様:スポンジ内蔵(タイプ1~3のみ)、インパクトドライバートレー付(タイプ2)、丸のこ用トレー付(タイプ4)

グリーンでカッコいいです。インパクト関係の専用トレイ付きで、独創性があります。


キャスターを利用すれば、システムケースの移動が楽々!

キャスターにはラッチが4カ所についており、上記のシステムケースとの連結が可能です。4輪が自由に動き、小回りがきくので動きやすく、さらに前輪2カ所のストッパーで安全性にも配慮されています。持ち手が付いているので、持ち運びにも便利です!
ITEM
HiKOKI システムケース用キャスター
・サイズ:幅372×奥行526×高さ140mm
・最大荷重:100kg

HiKOKI(旧日立工機)の新技術を搭載!最新電動工具【4選】

HiKOKIでは「マルチボルトバッテリー」のように独自性の高い、優れた製品の開発に積極的に取り組んでいます。ここでは、HiKOKIが培ってきた技術の結晶とも言える新商品を紹介していきます。

1. コンパクトで狭い場所での作業に最適、しかもバッテリーは高容量!

コードレスインパクトドライバー「WH12DD」は全長134mmで、コンパクトさは国内トップクラス。狭い場所でのネジ締め作業が効率的に行えます。バッテリーはコンパクトながら4.0Ahの高容量!ブラシレスモーターを搭載しており、高効率で経済的です。
ITEM
HiKOKI WH12DD
・締付能力:小ネジ 4〜8mm、テクスネジ 3.5~5mm、普通ボルト M5〜M14、高力ボルト M5〜M12
・1充電あたり作業量目安:なげしビス締付 約500本(呼び径3.8×長さ50mm ラワン材/下穴なし)
・最大締付トルク:135N・m
・回転数: 0~3,200(回転/分)
・打撃数: 0~4,000(回/分)
・バッテリー:リチウムイオンバッテリー10.8V
・サイズ:幅28.5×奥行134×高さ×219mm(BSL1240装着時)
・重量:1.1kg(BSL1240M装着時)
・セット内容:本体、バッテリー×2、電池カバー、急速充電器、プラスドライバビット、ケース

2. 木材の穴開け目安は約450本|連続作業に適したドライバードリル!

コードレスドライバードリル「DS12DD」は、全長149mmのコンパクトサイズながら、4.0Ahの高容量バッテリーを使用。1充電あたりの作業目安は、木ねじの締め付けが約270本、木材の穴開けは約450本と、連続作業に適したドライバードリルとなっています。
ITEM
HiKOKI DS12DD
・穴開け能力:鋼材 10mm、アルミ 12mm、木材 29mm
・1充電あたりの作業量:木材穴あけ 約450個(ドリル径18mm 米松材/厚さ18mm)
・最大トルク:38N・m
・回転数:低速 0~440(回転/分)
     高速 0~1,700(回転/分)
・バッテリー:リチウムイオンバッテリー10.8V
・サイズ:幅74×奥行149×高さ219mm
・重量:1.1kg(BSL1240M装着時)
・内容:本体、バッテリー×2、電池カバー、急速充電器、プラスドライバビット、ケース

今まで、使用していた物が長年使用してへばってきたので購入しました。今までは、12V、3A、100Nでニッカド電池2個付きでした、今回の製品はブラシレスモーター、10.8V、1.5A、135Nリチウムイオン電池2個付きですが、多少非力かと不安でしたが、私の作業レベルでは全く問題なく、そして本当に軽いため作業がはかどります、購入して正解でした。14.4V、3Aも検討しましたが、価格が高いことと、私の作業レベルではそこまで必要ないと思いました。


3. 高効率モーターと高出力バッテリー搭載でパワフル!ブレーキ付きで安全性向上

マルチボルトコードレスディスクグラインダー「G3618DA」は、高効率のブラシレスモーターと高出力のバッテリーがパワフルな作業を実現。また、ブレーキ機能が搭載されているため、砥石の回転が迅速に停止し、安全性も向上しています。
ITEM
HiKOKI G3618DA
・回転数:5,300(回転/分)
・砥石寸法:外径180×厚さ3.1~3.7×内径22mm(レジノイドフレキシブル砥石使用時)
・1充電あたりの作業量:Lアングル鋼切断 約18本(切断材料:50×50×厚さ5mm)
・バッテリー:リチウムイオンマルチボルト蓄電池 36V-4.0Ah/18V-8.0Ah
・サイズ:全長531×ギヤカバー全高80mm(全長には砥石を含まず)
・重量:4.7kg(バッテリー含む)
・セット内容:本体、バッテリー×2、電池カバー、急速充電器、スパナ、六角棒スパナ、防振形サイドハンドル(※砥石は別売)

4. 厚さ47mmまで切断!1充電でSPF材を約220本カット可能

マルチボルトコードレス丸ノコ「C3605DA」は、パワーがさらにアップした新製品で、切断能力、重負荷切断時の最大押付荷重は18V製品比で2倍以上となっています。厚さ47mmまでの木材が切断可能で、1回の充電で切断できるSPF材は約220本。効率的な切断作業が行えます。
ITEM
HiKOKI C3605DA
・能力:のこ刃直径 125mm、取付け穴径 20mm
・切り込み深さ:90°/47mm、45°/30mm
・1充電あたり作業量目安:SPF材 約220本(寸法 38×235mm)
・回転数:5,000(回転/分)
・バッテリー:リチウムイオンマルチボルト蓄電池 36V-2.5Ah 18V-5.0Ah
・サイズ:幅176×奥行277×高さ236mm
・重量:2.7kg(バッテリー含む)
・内容:本体、バッテリー×1、電池カバー、急速充電器、チップソー 、六角棒スパナ、ケース、

激安でHiKOKI(旧日立工機)の電動工具を入手するには?

ノートパソコン
出典:写真AC
HiKOKIの電動工具を激安で入手するなら、中古品の購入がおすすめです。ここでは、HiKOKIの電動工具を中古で安く手に入れられるサイトをご紹介します。

激安価格ならオークションが狙い目!

ヤフオク!で日立工機の電動工具を見る

通販サイトの中古はこちら

ITEM
HiKOKI(旧日立工機)の中古を見る

地元で中古品をお得にゲット!

無料広告の掲示板で、メンバー募集や求人募集などのほか、中古品の販売も行われています。中古品の購入は、売る人から直接受け取る形となるため、売る人と買う人が地元同士であることが基本です。中古品が激安で販売されていたり、未使用の新品が安く売られていたりすることがあります。近くの人が欲しい電動工具を販売していれば、ぜひ利用してみましょう。
ジモティー

HiKOKI(旧日立工機)の電動工具を修理に出す方法は?

ダンボールを梱包する男性
出典:写真AC
HiKOKIの電動工具の修理について、HiKOKIのホームページを参照すると、

販売店制度をとっているため、製品をご購入された販売店・ホームセンターを通じてお申し付けください。
(引用:HiKOKIホームページ

と記載されています。
そのため、HiKOKIの電動工具を修理に出したい場合は、購入した店舗に修理を依頼するのが基本となりますが、ネットでHiKOKIの電動工具を購入した場合、どこに修理を依頼すれば良いのかわからない、と困ってしまうことがあるのではないでしょうか。

そんなときには、HiKOKIのホームページから申し込める修理依頼がおすすめです。

WEBによる修理はどのような流れで行われる?

WEBによる修理は、簡単にまとめると以下の流れで行われます。

ホームページの「修理お申込み画面」に必要事項を入力し、送信 → 修理品を発送 → 修理見積もり → 見積額でOKであれば修理の申し込み → 修理実施 → 修理完了・発送 → 修理品到着・修理代金支払い → 修理品の動作確認

詳しくは、HiKOKIホームページ「修理お申込みから発送まで」を参照してください。

大手電動工具メーカーのHiKOKI(旧日立工機)とマキタ、どちらがおすすめ?

比較
出典:写真AC
上記でも述べてきたように、HiKOKIは技術力の高い「日立」の流れを受け継ぐメーカーであり、電動工具の品質もお墨付き。
しかし、高品質の電動工具といえば、まずは「マキタ」の名が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。実際のところ電動工具を選ぶなら、HiKOKIとマキタ、どちらがおすすめなのでしょうか?

HiKOKI(旧日立工機)のおすすめポイントは?

HiKOKIの電動工具のバッテリーには、高電圧である36Vのものがあり、AC機に匹敵する性能を発揮します。36Vに対応する電動工具の数は109種類です(2018年11月現在)。さらに、ACブラシレスモーター搭載製品、高圧エア工具、マルチボルト6.0Ahリチウムイオンバッテリーは2年保証がついています。2年保証は自信の証しといえるのではないでしょうか。

マキタのおすすめポイントは?

マキタは、電動工具のラインナップが幅広い点が特長で、18Vのバッテリーで使用できる電動工具の数は192種類にのぼります(2018年12月現在)。また、マキタの特長として挙げられることは、全国の主要な都市に営業所を設置している点です。営業所に電動工具を直接持ち込んでの修理が可能であり、迅速な修理に対応しています。アフターサービスが万全であれば利用者としては安心できます。

結論:どちらがおすすめ?

HiKOKIとマキタの電動工具はどちらも品質が高いことから、甲乙付けがたいところですが、HiKOKIは作業効率の高い36Vの電動工具が100種類以上もラインナップされています。スピーディーかつ効率的に作業を進めたい方には、HiKOKIの電動工具をおすすめします!

カタログでHiKOKI(旧日立工機)の新製品をチェック!

カタログ
出典:Pixabay
HiKOKIはさまざまなWEBカタログを発行していますが、電動工具に関連したWEBカタログとしては、「電動工具・総合カタログ」と「DIY工具・総合カタログ」があります。

電動工具・総合カタログ

「電動工具・総合カタログ」は全ページ数236ページにわたり、ネジ締め、穴開け、切断、研削などの電動工具のほか、釘打ち機やエア工具などのプロ向けの工具まで、HiKOKIで取り扱う電動工具を網羅しています。HiKOKIの主力商品は「36Vマルチボルトバッテリー」を搭載した電動工具であり、カタログの最初の方のページにて詳しく紹介しています。36Vマルチボルトバッテリーで使える電動工具は109種類にのぼり、力の入れようが感じられます。

DIY工具・総合カタログ

「DIY工具・総合カタログ」には、インパクトドライバーやディスクグラインダー、丸ノコなど、DIY向けの電動工具が中心に掲載されています。HiKOKIの電動工具は、DIY向けでありながらもプロ並みの機能が搭載されており、作業をスムーズに行うことができます。

各WEBカタログについては、以下のリンクから参照できます。なお、WEBカタログの閲覧はブロードバンド環境が推奨です。ブロードバンド環境が利用できない状況でWEBカタログを閲覧した場合、データ量を多量に消費しますので十分にご注意ください。

「電動工具・総合カタログ」
「DIY工具・総合カタログ」

技術力の高さが魅力!HiKOKI(旧日立工機)の電動工具

電動ドライバー
出典:Pixabay
HiKOKIの電動工具は技術力の高さを前面に出しており、他の電動工具メーカーの一歩先を行く能力を有していることが特徴的です。特に、36Vの電動工具を使用すると、そのパワフルさに圧倒されることでしょう。HiKOKIの電動工具を実際に使用し、その優れた性能を体感してみませんか?

この記事に関連するタグ

関連する記事

電動ドライバー
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

うみのそら
うみのそら

趣味は家庭菜園とDIY。野菜・果物は年間を通じて約30品種を栽培。自宅の簡単な補修は自分自身で行います。ホームセンター勤務の経験も活かしながら、分かりやすい記事の執筆を心がけていきます。