自作?中古・新品マルチャー?マルチ張りの道具選び徹底ガイド

一口に「マルチ張り」といっても、自作タイプから管理機・トラクタ用マルチャーなど選択肢は様々。新品か中古か価格かによって価格も大きく違います。選び方がわからないという方は必見!今回は畑の面積や予算に合わせたマルチャーの選び方をご紹介します。


出典:写真AC
自作タイプから管理機・トラクタ用マルチャーなどマルチ張りの道具・機械はさまざま。新品か中古かによって価格も大きく違います。選び方がわからないという方は必見!ここでは畑の面積や予算に合わせたマルチャーの選び方をご紹介します。

マルチャーとは

苗の定植に欠かせないマルチシート、そのマルチシートを張る道具を一般的にマルチャーといいます。

マルチを張るだけといっても、実際は畝を立て、マルチを畝にかぶせ、畝のサイドの土をマルチの端に盛るという3つの工程があり、畝の数によっては大変な作業になります。マルチ張りの効率化や機械化は農繁期の作業や体力消耗軽減に直結するので大事な選択といえます。

マルチャーの種類と主なメーカー

マルチを張る道具は大きく分けて表の4種類です。基本的には畑の面積に応じて選択します。
栽培面積 栽培品目数 30m畝作業時間 主要メーカー 新品価格
一人けん引タイプ 〜500坪 中〜小品目 30分 槍木産業 1〜2万円
二人けん引タイプ 〜1500坪 中〜小品目 20分 アグリテクノ矢崎 5〜7万円
管理機タイプ 〜2000坪 多品目 10分 ヤンマー、ホンダ 10〜15万円
トラクタータイプ 〜4000坪 中〜小品目 5分 アグリテクノ矢崎、ヤンマー 10〜20万円
※栽培面積、30m畝作業時間、新品価格はおおよその目安です。また新品価格の中にトラクターや管理機本体は含まれません。

1〜300坪|自作する

畝が10m程度であればヒモを両端に結んだイボ竹やハウス用単管パイプをビニールマルチの軸にしてけん引する自作マルチャーでOK。500円以下でできます。
自作マルチャー
撮影:はる農園

300〜500坪|一人けん引タイプ

自作は面倒という場合、市販の一人けん引タイプのマルチャーがおすすめ。
ITEM
槍木産業 マルチパートナー
・材質:アルミ
・重量:約1.2kg
・対応フィルム幅 90cm〜150cm

中腰でマルチ引かなくて済むのでオススメです。時間短縮で作業効率が上がりました。


500〜1500坪|二人けん引タイプ

畑の広さが1000坪以上になると畝が長くなるので、人手があれば二人でけん引するタイプを。土寄せも同時にできて作業も楽になります。ただ、息が合っていないとうまく張ることができないという難点があります。私の知り合いで、夫婦げんかの火種になるという理由でけん引タイプを捨ててトラクターマルチャーを買ったという方もいたほどです。
ITEM
アグリテクノ矢崎 人力用マルチャー MR-3B
・重量:25kg
・対応フィルム幅:80~180cm
 アタッチメント(オプション)で300cmまで対応

2人で引っ張りながら作業をしたら、上手く張れた、使いやすかった。


1500〜2000坪|管理機マルチャー

管理機にマルチャーを接続したもので、管理機は本体と呼ばれ、マルチャーはロータリー、畝の整形機と土寄せ盤がセットになったものを指します。
有機栽培で多品目の野菜を作りたい場合は、畝が30mほどの長さで、品目ごとに細かく畝立てやマルチ張りの作業をすることが多くなります。小型で小回りが利く管理機マルチャーを持っていれば、人手があるときトラクター作業と並行してマルチを張れるので重宝します。
ITEM
ホンダ平畝整形マルチセット 11421
・適合本体機種:F530LB+LB用HRロータリー(F510LB/710LB/805)
・用途:平畝内盛整形マルチセット
・適応フィルム幅:95〜150cm
※この商品に管理機本体は含まれません

2000〜4000坪|トラクターマルチャー

一般的なトラクターのロータリー(本体)にマルチャー(成型機と土寄せ盤)を接続したものです。通常の耕耘作業時はマルチャーを上げた状態で運転し、マルチ張りや畝立ての作業時のみマルチャーを下ろして使います。
ITEM
アグリテクノ矢崎 マルチャー トラクタ用 MRT-1B
・全長×全幅×全高:1300×2400×850mm
・重量:39kg
・適応フィルム幅:950〜2400mm

トラクターのアタッチメントについてはこちらの記事をチェック!

マルチャーの選びの落とし穴

耕運機
出典:写真AC
管理機タイプとトラクタータイプは本体とマルチャーが別々に販売されています。どちらの場合でも本体を購入しないことにはマルチャーは機能しません。本体を持っていない場合は本体の購入価格も予算にいれておく必要があります。

また、マルチャーの適応フィルム幅が90cmの管理機マルチャーでは90cmより幅の広いマルチを敷くことはできません。普段の畝幅や使っているトンネル支柱の長さとのマッチングも考慮して、マルチャーの適応フィルム幅を決めるようにしてください。フィルム幅の調節が可能なマルチャーもあります。

マルチャー購入のポイント

管理機・トラクター用マルチャーはほかの道具より高額なものになるので間違いやトラブルのないよう注意が必要です。不安な方は、近くの農機具屋さんに相談して購入するとよいでしょう。

新品を買う場合はセット購入

管理機・トラクター用マルチャーを新品で購入する場合は、本体とマルチャーがセットで販売されているものや同じメーカーを選ぶようにしましょう。本体とマルチャーが違うメーカーの場合、接続ができなかったり、特殊な部品が必要になることがあります。すでに持っているトラクターにマルチャーを付ける場合は、本体を買った農機具屋さんに希望するマルチャーが接続できるか確認してから購入しましょう。

ITEM
クボタ耕運機 アタッチメント 多菜マルチ95(平うね)
・対応機種:クボタ耕耘機FTR70、FTR90
・対応フィルム幅:95cm
※こちらの商品は耕うん機本体は含まれません

ITEM
クボタ フロントロータリー耕運機 FTR90
・用途:家庭用管理機(マルチャーを付ける本体として使えます)
・馬力:9.0

中古を買う場合は必ず試運転!スポンジは初心者でも交換も可能

マルチャーは故障しにくい一方、操作のバランスや調整が難しく、使っている人の癖が出やすい農機で、中古での購入が難しいといえます。中古を購入する際は、必ず試運転するようにしましょう。また、両サイドの車輪についているスポンジは一番劣化しやすいので、中古のものでははがれてしまっていることがあります。ただし、初心者でも簡単に交換できるので、なくても心配する必要はありません。
ITEM
平城商事 マルチ機用スポンジ マルチスポンジ
・規格:外径290mm、穴径27mm、高さ65mm

中古で購入した高畝マルチャーのフイルムを押さえるスポンジを購入しました。早速、機械に取り付けて農作業をしました。
きれいにフイルムを張ることができました。


ヤフオク!でマルチャーをチェックする

マルチャー選びのベストタイミング

マルチ掛け
出典:PIXTA
なんとなく自己流でマルチを張ってきたという方も多いかと思いますが、栽培面積が広くなるときや体力の衰えを感じたときはマルチ張りの効率化を考えるベストタイミングです。知らずに自己流を続けてしまうと、思いのほか苦労することに…。

私が畑を5反から倍の1町へ拡大したとき、マルチを張る本数は年60本から180本以上に増えました。一方で、マルチを張る期間は春と秋のそれぞれ1カ月間ということは変わりませんでした。つまり同じ期間に倍以上のマルチを張らなくてはならず、少し高い出費でしたが人力けん引から管理機マルチャーを導入しました。もしそのままの張り方を続けていたら、ただただマルチ張りに追われるだけでほかの作業ができず、増えた面積に見合った生産量を上げることはできなかったと思います。

規模拡大または体力の低下は畑をやっていれば誰しもが経験することです。思い当たるという方はここでご紹介したマルチャーを参考にマルチ張りの効率化や機械化を検討してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

マルチ掛け
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

はる農園
はる農園

はる農園 千葉県印西市で無農薬の野菜を作る農家。その他、狩猟、養蜂、木こり、大工仕事など、風土づくりをテーマに活動中。 facebook : https://www.facebook.com/inba.vege.farm/ instagram : harunoen84