農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > ガーデニング・園芸 > 秋に植えたい! 翌春のガーデンを彩る華やかな球根花5選【Garden Story連携企画】

秋に植えたい! 翌春のガーデンを彩る華やかな球根花5選【Garden Story連携企画】


ガーデニング・植物の魅力や、花・緑にまつわる暮らしの楽しみを紹介している「Garden Story」との連携企画! 今月は、来年の春から初夏のガーデンを彩る球根花5種類をピックアップ。秋は球根を植え付けるベストタイミングです。いまから植え付け準備を始めましょう!
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Feedly
Avatar photo ライター
GardenStory

花・緑・庭がある暮らし方を提案するウェブマガジン。専門家とガーデニングに精通した編集者が、さまざまな視点から記事を発信。ガーデンで過ごすライフスタイル、自然に寄り添う暮らし方、植物の育て方などの情報を毎月新たに約60コンテンツという多彩な内容でお届けしています。…続きを読む


華やかな球根花

提供:Garden Story

ガーデニング・植物の魅力や、花・緑にまつわる暮らしの楽しみを紹介している「Garden Story」。植物を取り入れたライフスタイルの発信とDIYや料理レシピなどの豊富なコンテンツが魅力的なサイトです。
AGRI PICKではGarden Storyとの連携企画として、毎月季節を彩る花をご紹介しています。
Garden Story×AGRI PICK連携企画 バックナンバーはこちら
GardenStoryロゴ

ガーデニングシーズンの秋は、来春に向けて球根を植え付けるベストタイミングです。秋植えの球根にはさまざまなものがありますが、今回はその中でもガーデンで主役級の存在感を放つ華やかな球根花を5種類ピックアップ。来年のガーデンを彩る球根花の植え付け準備を始めましょう。

秋は球根の植えどき

球根をもつ女性
提供:Garden Story
春に咲く球根は、冬の寒さにあたることで開花する性質を持っています。春咲き球根は10〜15℃ほどの温度で根を伸ばしますが、20℃以上ではうまく育つことができません。温度は地域ごと、年ごとに変わるので、最適期は一概には決められませんが、球根を植え付ける目安となるのが紅葉です。球根の植えどきは、周囲の木々が美しく紅葉する頃。各地域の紅葉に合わせて球根の植え付けを行うとよいでしょう。

球根花は、スイセンやチューリップなど他の花に先駆けて春を知らせるものから、初夏に華やかに咲くアリウムなど、花期もさまざまなので、異なる種類を併せれば開花リレーを楽しむこともできます。今回は、数ある球根花の中でも、ガーデンで存在感を放つ大きめで華やかなもの5種類をピックアップしてご紹介します。

Garden Storyのこちらの記事もチェック!
今年の秋に植えたい 春咲く球根花10種類

チューリップ

色とりどりのチューリップ
提供:Garden Story
花期3月中旬~5月下旬
春を告げる球根花として欠かせないのがチューリップ。定番の球根花ですが、あの愛らしい形と色合いは、やはり春の庭にぴったりです。まだ色の少ない早春の庭でひときわ目立つ多彩な色合いで、最近はニュアンスカラーのシックな品種も多く登場しています。花形もシャープなユリ咲きやフリンジ咲きなどさまざま。小型で宿根しやすい原種系も人気があります。

チューリップの植え付け適期は10月中旬~12月頃。尖っているほうを上にして植え付けます。その際、球根の平らな面が同じ向きになるようにすると葉の向きが揃い、開花時に整然とした印象になります。

Garden Storyのこちらの記事もチェック!
人々を夢中にさせる魅惑の花 チューリップの歴史

ラナンキュラス

ラナンキュラス
提供:Garden Story
花期3月中旬~5月
薄い花弁が幾重にも重なった豪華な花が魅力のラナンキュラス。大輪種では花径が15㎝を超すものもあり、寄せ植えや春花壇の主役としても存在感たっぷりです。花色は赤、オレンジ、ピンク、絞りが入るものなどバリエーションに富み、花形も豊富なので、品種を選ぶ楽しみがあります。近年人気のラナンキュラス・ラックスは、まるでロウをかけたかのような独特の艶のある花弁が特徴です。

ラナンキュラスの植え付け適期は10~12月。乾燥した球根をそのまま植えると、急激に水を吸って腐りやすいため、湿らせた砂やバーミキュライトに球根を埋め、数日冷蔵庫に入れてゆっくり吸水させるひと手間をかけると発芽しやすくなります。早春に出回る花苗を購入するのもおすすめです。

Garden Storyのこちらの記事もチェック!
夏にも強い新品種! 10~12月に植えたいラナンキュラス

フリチラリア

フリチラリア
提供:Garden Story
花期3月中旬~6月上旬
春にベル形の花を咲かせ、おしゃれなガーデンプランツとして人気の高いフリチラリア。チェック柄の模様が入り、イングリッシュガーデンにぴったりなメレアグリスや、ゴージャスな印象を与えるインペリアリスなど、種類もさまざま。日本で茶花として愛されてきたバイモ(アミガサユリ)もフリチラリアの一種です。

フリチラリアの植え付け適期は10〜11月。鉢植えの場合は深さ約5cmを目安に植え付けましょう。高温多湿を苦手とするので、地上部が枯れ始めたら球根を掘り上げ、涼しい場所で休眠させるとよいでしょう。乾燥にも弱いので、適度に湿った土壌に保つことが大切です。

Garden Storyのこちらの記事もチェック!
ゴージャスにもナチュラルにも楽しめる魅惑の秋植え球根 フリチラリア【乙庭Styleの植物33】

アネモネ

アネモネ
提供:Garden Story
花期4~5月
初夏から夏にかけて、鮮やかな色合いの花を咲かせる球根花。ぱっと目を引く大輪の花で、バラエティーに富んだカラフルな花色と、中心の黒紫色の対比が美しく魅力的です。一輪でも見応えがありますが、パンジーやアリッサムなどと合わせて寄せ植えにするのもおすすめ。アネモネの名前はギリシャ語で「風」を意味するアネモスに由来します。

アネモネの植え付け適期は10~12月。乾燥した球根は、ラナンキュラスと同様、事前にゆっくり吸水させてから植えると失敗が少ないです。球根は尖ったほうが下、平べったいほうが上になりますが、上下が見分けにくいので、迷ったら横向きに植え付けるとよいでしょう。

Garden Storyのこちらの記事もチェック!
アネモネの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します

アリウム

アリウム
提供:Garden Story
花期4月中旬~6月
春から初夏にかけて花を咲かせるアリウム。長い花茎の先に真ん丸の花序をつけるユニークな姿はインパクト抜群です。特に有名なアリウム・ギガンチウムは、紫色の丸い花序が直径15㎝ほどの大きさになり、ガーデンのアクセントとして活躍するほか、フラワーアレンジメントでも人気の花材です。個性的な品種も多く、またシードヘッドの美しさも魅力です。

アリウムの植え付け適期は9月下旬~11月中旬。酸性土壌を嫌うので、植え付け前に石灰などで中和しておくとよいでしょう。極端な乾燥に弱いので、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりを。葉が枯れて休眠期に入ったら、水を与える必要はありません。

Garden Storyのこちらの記事もチェック!
真夏が買い時! オーナメンタルに春庭を彩る秋植え球根アリウム〜乙庭注目品種 2022年増補版!【乙庭Styleの植物37】

来年のガーデンを彩る球根花の準備を忘れずに!

ここでご紹介した以外にも、春から初夏のガーデンを彩る魅力的な球根花はたくさんあります。ぜひお気に入りの花を探してみてはいかがでしょうか。また、人気の品種は植え付け適期を迎える頃には売り切れてしまいがち。気になる花がある場合は、早めに入手しておくのがおすすめです。ぜひお気に入りの品種をゲットして、来年の開花を楽しみに待ちましょう!

「Garden Story」には、日々を彩る花や植物の育て方、初心者から通まで楽しめるガーデニング情報がたくさん掲載されています。ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。
GardenStoryロゴ

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 脱・東京!北海道でメロン農家になりたい夫婦の農業研修記
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > ガーデニング・園芸 > 秋に植えたい! 翌春のガーデンを彩る華やかな球根花5選【Garden Story連携企画】