軽トラにおすすめの荷台シート厳選3選!張り方や便利なフレームも

軽トラを所有している方なら1枚は持っているであろう荷台シート。雨やほこり、太陽光などから商品を守ります。最近では、迷彩柄などファッション性に富んだものも。ここでは、おすすめのゴムバンド付き荷台シートや便利なフレーム、張り方のテクニック、自作の方法などをご紹介します。


出典:写真AC
軽トラを所有している方なら一枚は持っているであろう荷台シート。荷台に被せることで雨やほこり、太陽光などから商品を守ることができます。最近ではファッション性に富んだものも登場しています。今回は、おすすめ荷台シートそして張り方のテクニックなどをご紹介します。

軽トラの必需品、荷台シートはこう使う

荷台シートはどんなもの?

軽トラ荷台シートとは、その名の通り、軽トラックの荷台に被せるカバーシートのことです。その特長としては、トラックの荷台にかぶせて、雨、風、雪、また夏場の照り付ける日光などから、荷台に積んである農機具やその他の荷物を保護する働きがあります。また運転中に揺れるトラックから荷物が落下・こぼれ落ちるのを防ぎます。

荷台に合ったサイズなので、すぐに使用できる

軽トラシートはあらかじめトラックの荷台にぴったり合うように作られている商品が多いです。日本で軽トラを製造しているメーカーのサイズを比較してみましょう。例えば、ダイハツのハイゼットトラック、トヨタのピクシストラック、スバルのサンバートラックの3台でみると、荷台フロア長が2,020mm、荷台長が1,940mmとすべて同サイズの規格で作られていることがわかります。

ただし、同じメーカーでも軽トラの車種によっては荷台長の長さが異なることもあります。ちなみに、荷台シートには軽トラ用のほか、1t、2t、2tロング、4t、10t用がありますが、必ず所有の軽トラに適合するか調べてから購入すると良いでしょう。

メーカー別 荷台サイズ比較表

メーカー 車種 荷台フロア長 荷台長 ガード
フレーム長
 荷台幅 荷台高
ダイハツ ハイゼット 2030mm 1940mm 1945mm 1410mm 285mm
ダイハツ ハイゼットジャンボ 1990mm 1650mm 1670mm 1410mm 285mm
トヨタ ピクシス 2030mm 1940mm 1945mm 1410mm 285mm
スバル サンバー 2030mm 1940mm 1945mm 1410mm 285mm
スズキ スーパーキャリィ 1975mm 1480mm 1410mm 290mm
マツダ スクラム 2030mm 1940mm 1410mm 290mm
ホンダ アクティ 1940mm
(パネル~リアゲート)
1940mm 1920mm
(鳥居からリアゲート)
1410mm 290mm
三菱 ミニキャブ 2030mm 1940mm 1940mm(荷台有効長) 1410mm 290mm

シルバー?黒?カラーで選ぶには

出典:写真AC
荷台シートには、グリーン、シルバー、黒などいくつかカラーバリエーションがあります。特にシルバーは、遮熱効果もありおすすめです。黒やグリーンは汚れが目立ちにくい特徴があります。ほかにも、最近ではおしゃれな迷彩カラーなどもあります。

目的に応じて使い分ける

荷台シートは汚れることも多いため、商品運搬時用と、堆肥運搬用とに分けて使用すると便利です。

材質によって耐年数が異なる

荷台シートの材質としては、主に「帆布」「ターポリン」「クール(アルミ蒸着)」「PE(ポリエチレン)」などがあります。帆布が耐年数約5年なのに対して、ポリエチレンですと耐用期間はわずか3~6カ月ほど。

例えば、帆布の素材の作りは非常にしっかりしており、雨にも強いですが、軽さではポリエチレンが勝るというふうに、どの素材についても一長一短があります。

荷台シート素材別メリット・デメリットおよび耐年数

素材名 メリット デメリット 耐年数
(おおよそ)
 帆布 ・雨や水に強い
・汚れたら洗える
・耐久性がある
・耐重力性がある
・重い
・色褪せや色むらが現れる場合もある
約5年
ターボリン ・非常に丈夫で耐久性がある
・長時間の野外での使用でも傷みにくい
・原料価格が安い
質感にごわつきがある 約3年
クール
(アルミ蒸着)
・保温、保冷機能がある
・酸、アルカリに弱い素材にもダメージを与えにくい
・薄さに対してフレキシブル性と耐屈曲性がある
大きなサイズでは高価になることも 約1年
ポリエチレン ・原料価格が安い
・軽量
・耐衝撃性や耐寒性に優れる
・酸やアルカリに強い
・耐摩耗性が低い
・波や風の影響を受けやすい
約3~6カ月

ハトメやゴムバンドが付属しているかどうかも重要!

荷台シートを購入する際は、商品にハトメ部分やゴムバンドが付属しているものかどうかも確認してから購入しましょう。
そうでないと、シートを買ったものの、いざ荷台に取り付けようとすると穴をあける手間が要る、ゴムバンドを別途購入しなければいけなかったなど、プラス費用も掛かってきますので注意しましょう。

初心者向け!荷台シートおすすめ3選

定番の荷台シートはコレ!

シルバーカラーの荷台シートです。超厚手の#4000タイプのシートを使用しており、紫外線劣化防止剤入りで、紫外線のほか、防水効果もあります。
材質はポリエチレン100%。リーズナブルなので、夏場だけでも紫外線をとにかく避けたい方にぴったりです。

 UVシルバーシート #4000
ITEM
UVシルバーシート #4000
・本体サイズ:170×230cm
・材質:ポリエチレン100%
・付属品:ゴムバンド10本(ハトメ12個付き)
サイズもちょうど良く、ゴムバンド付きなので別で買わずにすぐ使えたので良かった。 出典:楽天市場

傾斜をつけて雨水から荷台を守る!

ポリエステル繊布に塩ビコーティングがされた荷台シートです。前後でシート幅が異なるため、傾斜を付けて荷台に張ることができ、雨水が溜まりにくいのが特徴です。ハトメは24個と豊富、カラーも7色から選べます。

軽トラック 荷台シート シルバー
ITEM
軽トラック 荷台シート シルバー
・本体サイズ:前部2.0×後部1.8×長さ2.2m
・材質:ポリエステル繊布(塩ビコーティングあり)
・付属品:ハトメ(真鍮)24個、専用輪ゴムバンド10本、ひも4本
露天での駐車のため、雨天時に荷台の荷物が濡れないようにと思い購入。今のところ防水効果もバッチリ! 出典:Amazon

インパクト大!人気の迷彩カラー

軽量でしなやかな風合いで扱いやすい荷台シートです。燃やせるごみとして出しても、ダイオキシン類の発生を抑えた地球にやさしい素材です。UV剤が添加されていることで、紫外線に強く、耐候性が高いのも特長です。迷彩柄でインパクト大!?

SK11 軽トラック 荷台シート 迷彩
ITEM
SK11 軽トラック 荷台シート 迷彩
・本体サイズ:約1.7m×2.1m
・材質:ポリプロピレン(シート本体、周囲ロープ)
・付属品:ゴムバンド10本
価格の割には確りとしてますね。少しゴワガワしてますが厚さも十分です。 出典:Amazon

荷台シートをオーダーメイドする

楽天市場やAmazonなどのオンラインショップ、ホームセンターなどでも購入できる軽トラ荷台シートですが、万が一既製品が手に入りにくい場合や、お持ちのトラックの荷台規格に合わない場合は、オーダーメイドもおすすめです。通販サイトでもオーダーメイドが可能。ぜひ参考にしてみてください。

ダイハツ ハイゼットジャンボにはオーダーメイド!

1cm単位でオーダーできる「エステル帆布」。防炎加工も施されています。幅は1~594cm、1~500cmまでオーダー可能。
ダイハツの軽トラ「ハイゼットジャンボ」は、運転席が広めに設計されています。そのかわり荷台が通常の軽トラよりコンパクトであるため、荷台の幅に合わせてオーダーするとよりぴったりの荷台シートになります。

トラックシート 防炎 エステル帆布
ITEM
トラックシート 防炎 エステル帆布
・オーダー可能サイズ:
 幅 1cm~594cmまで
 高さ 1cm~500cmまで
・素材、材質:トラックシート用生地0.6mm
・色:グリーン

車体に固定するならゴムバンド!付け方・張り方

出典:写真AC
軽トラックの荷台シートを取り付ける際は、基本的にはシートに付いているハトメにゴムバンドを通し、軽トラの車体フックに掛けて使用するのが一般的です。その他、運転席後部の鳥居に掛ける方法もありますが、こうするとシートに勾配がつくため、雨水がシートに溜まりにくくなります。

鳥居を用いたシートの取り付け方法ですが、最初に鳥居もしくは荷台前部をゴムバンドで固定し、次に後部、最後に側面を固定すると、左右のバランスよくきれいに張ることができます。

これは絶対便利!荷台フレームを使えばさらに雨や雪に強くなる!

荷台シートに雨や雪が溜まると、重さでシート破損の原因となるため、荷台シートを取り付ける際は、シートに勾配をつけて取り付けるのがポイントです。そこで、もう一つ参考にしていただきたいアイテムは、「荷台フレーム」というもの。これを用いることで、フレームを使用することで、シートに負荷をかけることなく雨や雪を荷台の外に流すことができるので、こちらもぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

軽トラック用荷台フレーム アルミ製
ITEM
軽トラック用荷台フレーム アルミ製
スロープ式のため、雨水が溜まりにくくなります。長さも調整できるため、ハイゼットジャンボにも対応。

・質:アルミ製
・サイズ:全長1.2m~2.0m(伸縮式)
・参考価格:2,500円前後
シートについていたフレームに追加で注文しました。積んでいる物との兼ね合いで2本使いしています、雨の時は少々水がたまりやすいですが、便利よく使わせてもらっています。 出典:楽天市場

荷台シートは自作する方法も

よく目にするのは、ブルーシートを活用した自作シート。ビニールシートにハトメを施せば、簡易シートを制作することができます。堆肥や残さ運搬時専用とするなど、汚れても構わないときに使用すると便利です。

荷台シートで荷物を守ろう

出典:写真AC
暑い時期、荷台シートがあれば収穫物の葉物野菜へのダメージを軽減することができます。購入前には、お持ちの軽トラに適合するかを調べることをお忘れなく!

<構成>こぐま農場
→こぐま農場やさいひろば:https://koguma.theshop.jp/

紹介されたアイテム

 UVシルバーシート #4000

UVシルバーシート #4000

¥1,980 税込

軽トラック 荷台シート シルバー

軽トラック 荷台シート シルバー

¥6,264 税込

SK11 軽トラック 荷台シート 迷彩

SK11 軽トラック 荷台シート 迷彩

¥4,590 税込

トラックシート 防炎 エステル帆布

トラックシート 防炎 エステル帆布

¥11,232 税込

軽トラック用荷台フレーム アルミ製

軽トラック用荷台フレーム アルミ製

¥2,570 税込

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

printemps117
printemps117

家庭菜園を始めて5年ほど。夏になるとカラフルなパプリカを木のように実らせたいと思い、試行錯誤中。 今年は、ころたんメロン、星・ハート形きゅうりなど、子どもも大人もわくわくするような野菜の栽培にも取り組んでいます。

農&ガーデニング情報メディアのライター募集