【草焼きバーナーのおすすめ比較】種類・選び方・使用上の注意点を網羅

庭などに生えている雑草を処理する際に使用する草焼きバーナーには、灯油式とカセットボンベ式の2種類が主流です。今回は、新富士を含めたおすすめ商品を比較しながら、使い方や効果、選び方を紹介しましょう。評判も要チェックです。


出典:PIXTA
庭や畑の雑草、どんな方法で処理していますか?「草刈り機で除去しても、すぐに雑草が生えてくる」という方ほど試してほしいのが、雑草を一網打尽に焼き尽くせる「草焼きバーナー」です。「草焼きバーナーって何?」という基本を解説しつつ、種類、選び方、おすすめ商品を比較してご紹介します。

草焼きバーナーとは?

草焼きバーナーとは、炎で雑草を焼く道具です。小型の草焼きバーナーなら手や草刈り機で取り除きにくいスキマに生えた雑草除去、大型の草焼きバーナーなら田畑や山林の除草ができます。ただ雑草を焼くだけではなく、ナメクジやアリ等の害虫も同時に焼くことができ、土壌の殺虫・殺菌効果がありますよ。種類も豊富なので、家庭の庭仕事でもプロの畑仕事でも活躍するのが、草焼きバーナーなんです!

草焼きバーナーの種類|灯油・カセットボンベ・プロパンボンベ



出典:PIXTA

草焼きバーナーには、大きく分けて「灯油式」と「カセットボンベ式」と「プロパンボンベ式」の3種類があります。

灯油式

火力が強い灯油式は、短時間で広範囲の草を焼くことができます。山林のような広範囲の手入れ、畑仕事に向いている本格派です。

カセットボンベ式

カセットボンベ式は、市販のカセットボンベを燃料にするタイプです。燃料の調達が簡単で、軽量なのが魅力。庭の雑草処理等、家庭用におすすめです。

プロパンボンベ式

数は少ないですが、プロパンボンベ式もあります。ホースでプロパンボンベと繋げて使うタイプです。ホースの長さを購入時に確認しましょう。広い場所を移動しながら焼くのには不向きです。

草焼きバーナーを選ぶポイント|目的・サイズ・火力・使用時間

 

使用目的

狭い場所を焼くならカセットボンベ式の軽いもの、広い場所を焼くなら灯油式の火力が強いものを選ぶと間違いないでしょう。例えば、庭のコケを処理したい、狭いスキマの雑草をピンポイントで焼きたいといった目的なら、カセットボンベ式の超軽量タイプがおすすめです。解氷・乾燥作業、田畑の殺虫や殺菌なら大型の灯油式が向いています。

サイズ・重量

軽いものや小さいものは火力が弱い反面、女性でも扱いやすく、家庭用に適しています。家庭用とはいえ超軽量モデルが心許なく感じるなら、カセットボンベ式の標準モデルを選ぶと良いでしょう。家まわりはこれ1本でOKです。

火力

広範囲を焼きたいなら、火力の強さが重要です。カセットボンベ式より灯油式のほうが高火力なので、山林や畑で使うなら灯油式をおすすめします。灯油式は重くて大きいものほど高火力なのが基本です。

連続使用時間

商品ごとに、連続してどれくらい使用できるかが記載してあります。商品の大きさと連続使用時間は比例するとは限らず、大型の灯油式より小型のカセットボンベ式の方が長時間使えるなんてことも。30~90分程度が連続使用時間の目安です。

【灯油式】おすすめ草焼きバーナー

プロ向けの高火力

ITEM
新富士バーナー Kusayaki GT-500
プロ向けの超高火力!田畑での作業にも使える、本格派草焼きバーナーです。3.8kgと重めではありますが、しっかり焼ける頼もしい1品。

・燃料:灯油
・火力:51,000kcal/h(59.3kW)
・炎温度:1300℃
・連続使用時間:約30~50分

予熱作業が分かりずらかったですが、無事に点火できると火力が凄まじく、あっと言う間に雑草を焼き払い、火力が強すぎて金属部品の火口が真っ赤になったり予想以上の火力です、ただ、音が大きすぎるのは良いとしても、タンク内にどれぐらい燃料が入っているのかと、加圧した圧力がどれぐらいが解れば更に良いかと思います。


スタンダードモデル

新富士バーナー Kusayaki GT-220
ITEM
新富士バーナー Kusayaki GT-220
灯油式でありながら、お手軽な草焼きバーナーです。本格的な除草作業もできます。用途が多彩なスタンダードタイプです。

・燃料:灯油
・火力:17,000kcal/h(19.8kW)
・炎温度:1,100℃
・連続使用時間:約40分

広範囲に強い

新富士バーナー Kusayaki GT-250
ITEM
新富士バーナー Kusayaki GT-250
焼ける範囲が広いので、広範囲での除草作業に適しています。火力も強く、山林や田畑での使用がおすすめです。
・燃料:灯油
・火力:47000kcal/h(54.7kW)
・炎温度:1300℃
・連続使用時間:30分

さらに高火力の業務用モデル



ITEM
新富士バーナー Pro KB-300G
業務用モデルです。同社の超高火力モデルGT-500Gより約20%火力が高く、とても強力!広い場所を効率的に焼くことができます。

・燃料:灯油
・火力:61,000kcal/h (70.9kW)
・連続使用時間:25~50分

燃料タンク容量も十分で使い易い商品です。


高火力&長時間稼働!

ITEM
ピリオン 草焼きバーナー F-2
とにかく火力の強い、プロ向け草焼きバーナーです。高火力を重視する人におすすめ!連続で使用できる時間も長く、本格的です。

・燃料:灯油
・火力:70,000kcal/h (59.3kW)
・連続使用時間:約50分

今回の草焼バーナーは2代目となります。先代は違ったメーカーさんの商品でしたが、余熱はF-2の方が断然優れています。出来れば使用後の処理方法がもう少し手がかからなければ良いかナ?また、元コックが付いていれば便利かもしれません。タンクとバーナーの接続ホースが少し心もとない心配があります。全体としては、軽量でバーナー温度も確保されており使いやすい部類に入ると思います。 


【カセットボンベ式】おすすめ草焼きバーナー

ハイブリッド!スピーディーな予熱

榮製機 ハイブリッド草焼きバーナー 草焼一番 KY-5000HB
ITEM
榮製機 ハイブリッド草焼きバーナー 草焼一番 KY-5000HB
灯油とカセットボンベの両方を組み合わせて使います。カセットボンベで予熱はスピーディーに、作業中はコストの低い灯油で経済的です。

・燃料:灯油、カセットボンベ
・火力:7,4000kcal/h(86.1kW)
・炎温度:1,300℃
・連続使用時間:40~50分
重さは仕方ないですが、火力は申し分ないです。長時間連続で使用出来るのも良かったです。 出典:楽天市場

軽さが魅力

ITEM
フタワ カセット式バーナー NEWグラスボーイ
市販のカセットコンロ用ボンベで約30分間使えます。炎温度が高いのでしっかり草を燃やすことができ、800gと軽量です。女性も楽に作業できます。

・燃料:カセットボンベ
・火力:12,000kcal/h (59.3kW)
・炎温度:1,400℃
・連続使用時間:約30分

バーベキューの火起こし用に購入しました。
雑草退治にも使用しましたが、ガスの消費が早いです。
音もすごいです。小さい草ならすぐ燃えます


庭の手入れにおすすめ

新富士バーナー 草焼バーナーCB ちょろ焼くん KB110
ITEM
新富士バーナー 草焼バーナーCB ちょろ焼くん KB110
取りにくい部分の雑草取りや苔掃除、DIY、レジャーにおすすめ!410gと超軽量の草焼きバーナーです。新富士バーナーの製品の中ではもっとも手軽なモデル。ご家庭向きです。

・燃料:カセットボンベ
・火力:4,200kcal/h(4.9kW)
・炎温度:1,300℃
・連続使用時間:80分
草焼きバーナーなるものを初めて購入しました。
軽量で使いやすいです。
今回の購入目的は融雪・氷ですが、庭の草焼きにも使おうと思います。
ボォ~って音に少しビビッてしまい、住宅街で使用するには多少気が引けます。
純正?のパワーガス付きを購入しましたが、
ドラッグストアで売っているようなカセットコンロ用のガスボンベでも使用できました。
付属のガスが無くなったら安い汎用のものを使えばランニングコストもそう気になりませんね。
収納されていたパッケージの炎吹き出し口の所がバリバリに割れてました。
普段の収納時にパッケージに入れてしまっておく事ができないのが残念。 出典:楽天市場

【プロパンボンベ式】おすすめ草焼きバーナー

安定した火力で長時間稼働

新富士バーナー プロファイヤー KP-50E
ITEM
新富士バーナー プロファイヤー KP-50E
2mのホースが付いた草焼きバーナーです(オプションでもっと長いホースもあり)。1,500℃の高温でしっかり草を燃焼します。安定した火力で長時間の使用が可能です。

・燃料:プロパンボンベ
・火力:25,000kcal/h(29.0kW)
・炎温度:1,500℃
・連続使用時間:約60分

一目でわかる!草焼きバーナーのおすすめ商品の比較表!



出典:Pixabay

灯油式

 火口径(mm)  炎長さ(mm)  サイズ(mm)  重量(kg)  稼働時間(分)  火力(kcal/h)  炎温度(℃)
 Kusayaki GT-500  80  600  1,170  3.8  30~50  51,000  1,300
 Kusayaki GT-220  50  300  1,050  2.0  40  17,000  1,100
 Kusayaki GT-250  80  600  1,330  3.05  20~30  47,000  1,300
 Pro KB-300G  80  600  1,170  4.1  25~50  61,000  –
 F-2  –  –  –  3.1  50  70,000  –

カセットボンベ式

 火口径(mm)  炎長さ(mm)  サイズ(mm)  重量(kg)  稼働時間(分)  火力(kcal/h)  炎温度(℃)
 草焼一番 KY-5000HB  81  770  1,305   5.7  40~50  74,000  1,300
 NEWグラスボーイ  –  –  650  0.8  30  12,000  1,400
 CBちょろ焼くん KB-110  60  260  740  0.41  80  4,200  1,300

プロパンボンベ式

 火口径(mm)  炎長さ(mm)  サイズ(mm)  重量(kg)  稼働時間(分)  火力(kcal/h)  炎温度(℃)
 プロファイヤー KP-50E  50  400  840  0.8  60(2kgボンベ)  25,000  1,500

草焼きバーナーの効果

出典:Pixabay

抜きにくい雑草を焼ける

手作業だと抜きにくい雑草や硬い雑草も、草焼きバーナーなら難なく処理できます。草刈り機が使えない硬い場所での除草にも便利です。

硬い雑草、種も焼ける

手で抜けにくい硬い雑草、落ちている種、草刈り機で処理できない雑草も焼くことができます。草焼きバーナーを1度使えば、また雑草が生えにくくなるので、しっかり除草したいときにおすすめです。

虫も駆除できる

さらに虫やその幼虫、卵も焼くことができます。単なる雑草処理に留まらず、殺虫・殺菌効果もあるのが魅力です。

除雪や火起しにも

冬の雪を溶かす作業に使ったり、炭の火起しに使ったりもできます。

草焼きバーナーの使い方




使い方の手順

1. ポンプキャップを回してタンクに灯油を入れる。満タンまで入れず、空気室を確保する。灯油を入れたらキャップを閉める。
2. ポンプを数回押し、タンクに圧力をかける。注油プレートを差し込み、予熱材に灯油を湿らす。
3. 燃料開閉レバーを閉じた状態で点火する。点火にはライターやマッチを使う。

草焼きバーナーの手入れ

使用後は冷めてから点検作業を行います。ノズルが詰まると着火不良になるので、定期的に清掃しましょう。

草焼きバーナーの使い方の注意


灯油式の注意点

火力の強い灯油式は便利ですが、服やズボンに灯油がつき、火が引火してしまう事故が起きています。 灯油漏れがないよう注意して使用しましょう。

ガスボンベ式の注意点

ガスボンベを使用する草焼きバーナーはガス漏れに注意が必要です。ガス漏れがないか確認しながら作業しましょう。使用後はしっかりとガス抜きを行います。

草焼きバーナーに不具合が生じたら修理に出す

草焼きバーナーは草刈り機にはないメリットがある一方、火の取り扱いに注意が必要な道具です。不具合が生じたら修理に出し、安全な状態で使用しましょう。

害虫駆除、除雪にも使える草焼きバーナー

出典:写真AC
単に雑草がなくなるだけではなく、害虫駆除ができたり、除雪にも使えたりと、付加価値がうれしい草焼きバーナー。ただし火を使う道具なので、安全面には十分注意しましょう。家庭用ならカセットボンベ式、山林や畑で使うなら灯油式がおすすめです!

紹介されたアイテム

新富士バーナー Kusayaki GT-220

新富士バーナー Kusayaki GT-220

¥15,120 税込

新富士バーナー Kusayaki GT-250

新富士バーナー Kusayaki GT-250

¥21,600 税込

榮製機 ハイブリッド草焼きバーナー 草焼一番 KY-5000HB

榮製機 ハイブリッド草焼きバーナー 草焼一番 KY-5000HB

¥19,800 税込

新富士バーナー 草焼バーナーCB ちょろ焼くん KB110

新富士バーナー 草焼バーナーCB ちょろ焼くん KB110

¥2,341 税込

新富士バーナー プロファイヤー KP-50E

新富士バーナー プロファイヤー KP-50E

¥10,747 税込

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード