ワンタッチ蚊帳のおすすめ15選|アウトドアに便利な蚊帳付きのタープテントも

設置が簡単なワンタッチタイプの蚊帳。室内用のシングルサイズ、大判タイプ、ベビーベッド用やムカデを防ぐ底つきタイプなど、特徴に合わせておすすめを紹介します。さらに、キャンプに役立つ蚊帳タープやテントも。


夏の居間

出典:Pixabay
「虫に刺されたくない」「夏はできるだけエアコンをつけず、窓をあけて寝たい……」「蚊帳が欲しいけど、張るのが大変そう」夏の蚊問題は大変ですよね。そんな方には、出し入れが便利な「ワンタッチ蚊帳」がおすすめです。赤ちゃん用の蚊帳も人気があります。ワンタッチ蚊帳を使うメリットや、ネットで買えるおすすめ商品をご紹介します。

ほかの虫除けグッズもチェック!


テントみたい!ワンタッチ蚊帳とは

蚊帳 ワンタッチ蚊帳とは、テントのようなドーム型に展開し、小さくたたんで収納できる蚊帳のことです。蚊帳というと、天井から吊るす昔ながらのイメージがありますが、昔の蚊帳は出し入れが大変で、エアコンや虫よけの薬剤の普及もあり、だんだんと使われなくなっていきました。近年は技術の進化により、ポンと広げて小さくたためるテントのような「ワンタッチ蚊帳」が登場しています。これなら出し入れのたびに煩わしい思いをしなくて大丈夫です。あまり高価なものではなく、2,000円程度から購入できますよ。

ワンタッチ蚊帳のメリット

風鈴
出典:写真AC
ワンタッチ蚊帳の主なメリットは以下の通りです。
  • 設置が楽
  • 収納場所を取らない
  • 蚊やゴキブリ、ムカデ対策ができる
  • 虫よけのランニングコストとエアコン代の削減になる
  • エアコンの当たり過ぎによる体調不良を防止できる
  • 薬剤を使わない虫よけ方法だから無害
エアコンをつけずに気持ちよく眠りたい人や、赤ちゃんがいるから虫よけの薬剤やエアコンは避けたい人、虫は大の苦手という人におすすめです。

おすすめのワンタッチ蚊帳15選|大判や底なし、底つき、野外用など

人気のワンタッチ蚊帳を15個紹介していきます。2人用の布団が敷ける大判タイプから赤ちゃん用の小型タイプまで種類はさまざま。屋外で使えるテントタイプの蚊帳もあります。大きさや高さをしっかりチェックして自分に合った蚊帳を見つけましょう。

布団が2枚敷けるサイズ

ITEM
山善 蚊帳 Be-50114
ダブルベッドサイズのワンタッチ蚊帳です。布団が2枚敷けて、高さが175cmあるので大人も広々使えます。底つきタイプなので、這う虫も入ってきません。収納袋つきで、たためばコンパクトになります。

・広げたサイズ:240×220×175cm
・閉じたサイズ:-

この金額帯ではジッパーの質、縫製が悪い物が多いが、1ヶ月使用して今の所ジッパートラブルは無い。メッシュの材質も高く引っ掛けてもほつれていない。高さが有るので解放感もあり、使用感は良い。


赤ちゃんがいても安心の麻

ITEM
本麻ワンタッチ蚊帳
お昼寝用一人サイズの蚊帳です。赤ちゃんとの添い寝にぴったりなサイズ感。天然素材麻を使っており、赤ちゃんが舐めても問題ありません。たたむと高さ155cmほどの閉じた傘のような形になります。

・広げたサイズ:130×225×87cm
・閉じたサイズ:155cm

以前、6畳用の蚊帳を持っていましたが、
麻で気に入っていましたが、重たくて
片付けや洗濯に困ってしまいました。
蚊の多い家なので、1匹のせいで寝不足になります。この1人用は高さもあり、圧迫感もなく気に入っています。
日本製と言うところも気に入りました。


シングルからキングサイズまで

ITEM
Dewel 蚊帳
サイズが豊富な蚊帳です。シングルサイズからセミダブル、ダブル、キングサイズまであります。底つきタイプで虫の侵入を許しません。両側から開閉できるファスナー付きです。洗濯もできて、清潔に使えます。

・広げたサイズ:100×195×105cm
・閉じたサイズ:155cm

見た目可愛いですね。軽さも想像以上でした。虫が大の苦手なわたしなのに今いる部屋は森の中みたいなところで、うかつでした。
夜中にふと目を覚ましたら視線の先の壁に大きなゲジゲジを発見し、慌ててこの蚊帳を購入しました。これで寝る時はゲジゲジやスマホなどの光に寄ってくる虫に悩まされることはなくなりました。
が、蚊帳の外で足元を後ろからゲジゲジに駆け抜けられ、もう一つ大きな蚊帳の購入を検討中です。


強度なワイヤーで壊れにくい

ITEM
EMOILY ワンタッチ蚊帳
底つきで全方位を覆ってくれる蚊帳です。中に入っているワイヤーは10,000回以上曲げても変形しにくい構造になっています。収納袋付きなので、使わないときは薄くして収納できます。

・広げたサイズ:150×200×140cm
・閉じたサイズ:64×64cm

対応が早く商品も早く届きました。
爪をひっかけても破れないし、薄いのに丈夫で安心しました。


スマホポケット付き

ITEM
CUKULIFE 蚊帳
三角屋根ではなく直方体型のワンタッチ蚊帳です。底にもネットが付いているので、害虫が侵入しません。180cmタイプもあるので、用途に合わせて選べます。スマホが入るくらいのポケットも付いています。

・広げたサイズ:150×200×160cm
・閉じたサイズ:円の直径65cm

説明書がついついないので、折り畳み方が分からず、、
なんとなくでやったら出来たので良しとします!
寝ている間にムカデが侵入してくる恐れもなく、安心して寝ることが出来、毎日使っています!
子供達も、テントの中にいるような気分で、楽しんでいます!笑
買ってよかった!!


高級感のあるシンプルな蚊帳

ITEM
xinxin-home 蚊帳
高級感のあるシンプルデザインなワンタッチ蚊帳です。カラーバリエーションは4色と2つの柄で展開されています。3面にドアがついており、出入りがしやすいでしょう。力に自信が無い方でも、簡単に広げられます。

・広げたサイズ:120×200×160cm
・閉じたサイズ:-

赤ちゃん用のかわいい蚊帳

ITEM
UNNI 蚊帳
赤ちゃん用の小さな蚊帳です。赤ちゃんがベッドから落ちるのを防止するために、底が付いてるタイプです。同時に虫の侵入も防げて一石二鳥。ネットに有害な成分が含まれていないので、安心して使えます。

・広げたサイズ:120×65×90cm
・閉じたサイズ:63cm

お昼寝など大きな蚊帳を出すのは大変なので購入しました。
家の赤ちゃん用の布団のサイズにぴったりでした。
普通サイズの蚊帳の小さい版です。イラストも可愛いです。


幅200cmの大判サイズ

ITEM
ottostyle.jp 底生地付き ビッグサイズ ワンタッチ 蚊帳
シングル布団が2人分敷ける大判サイズです。通気性がいいメッシュ地になっています。ムカデやゴキブリが忍び寄ることを防ぐ底つきタイプなので、安心して眠れます。色はブラウンとブルーの2色展開です。

・広げたサイズ:200×200×160cm
・閉じたサイズ:70×70cm

ムカデとクモ対策で買いました。大きさも言うことなし!編み編みなので視界がくもって見えるからテレビ見るのがちょっと、、、ですが、問題ありません!ありがとうございました。



簡単組み立てのタープテント

ITEM
ワンタッチ タープテント スクリーンメッシュ(蚊帳)セット
折りたたみ式のタープテントです。5分で組み立て可能。オプションのメッシュスクリーンを付ければ、蚊帳として使えます。収納時は120cmほどの専用ケースに入れて持ち運べるので、アウトドアで重宝します。

・広げたサイズ:200×200×260cm
・閉じたサイズ:21×21×121cm

3mx3m を購入致しました 実際我が家の庭にはデカすぎでしたが。。。
大は小を兼ねると言いますが 強度が心配ですねー まだ何度も使用してませんから。
大きくて満足です


メッシュで涼しく、虫を通さないテント

ITEM
Filedoor スクリーンテント
広げて柱を伸ばすだけで組み立てられるメッシュスクリーンテントです。広々とした空間なので、テーブルと椅子をおいて食事ができます。キャノピー部分を使えば、車からの荷物の出し入れが簡単です。

・広げたサイズ:285×285×208cm
・閉じたサイズ:67×16×16cm

初めてテント購入しました。運動会目的で買いました、いつも友達のテントを借りて運動会を見てましたがみなさんが使ってるテントはメッシュが付いてないのでテントの中にいても日陰がテントの後ろとか横とか笑皆さん経験あると思います、メッシュなので暑いっちゃ暑いですけどしてないよりは全然いいです。あまりに暑かったら付属のシートも3面分ついてるし、値段の割にしっかりしてるし、是非おすすめです。


3m四方の大型テント

ITEM
クイックキャンプ ワンタッチ スクリーンタープ QC-ST300
無風であれば、一人でも組み立て可能なワンタッチタープテントです。4面すべてをメッシュにしたり、中が見えないようにカバーをしたりすることもできます。屋外用の蚊帳に共通することですが、底は空いています。

・広げたサイズ:300×300×210cm
・閉じたサイズ:20×20×135cm

新色のグレーのレビューが無かったので、晴れた日だとちゃんと日陰になるのか不安でしたが、全く問題なかったです。
他のサイトですが数値で表すと耐水圧だか?グレーの方が高くなっているようです。
グリーンより落ち着いたカラーリングで外でもカッコよく見えました。
あとは、雨風と耐久性を試していきたいです。


高いUVカット率

ITEM
Hewflit スクリーンテント
蚊帳機能に加えて、UVカット機能も併せ持つテントです。メッシュ生地にはシルバーコーティングが施されており、普通のメッシュ生地よりもUVカット率が高くなっています。高い防水性があり、普通の雨なら問題ありません。

・広げたサイズ:300×300×220cm
・閉じたサイズ:68×20×15cm

10月のキャンプに使用しました。
スクリーンテント内でBBQしましたが、3方をスクリーンにし天井にUSBミニ扇風機をぶら下げ下向きで風を循環させ熱を分散させました。
値段が安いので それなりかなと思いましたが、良い買い物をしたと思います。


室内の空気循環システムつき

ITEM
コールマン シェード タフスクリーンタープ
大型ですが、一人での設置も簡単にできるアシスト機能があるテントです。アウトドアブランドとして有名なコールマンだけあって、テント内の空気を循環させる仕組みが付いています。

・広げたサイズ:400×360×210cm
・閉じたサイズ:26×74cm

大人数でキャンプする際、とても良いと思います。

夏場虫除けにもなりますし、冬場は温かくして使えると思います。


水の侵入を防ぐフラップつき

ITEM
キャプテンスタッグ テント M-3154
4面すべてにメッシュ生地を採用し、通気性を確保。虫の侵入を防ぎつつ、強い日差しも和らげます。雨水を逃がすフラップが付いており、水の侵入も防ぐので、室内が濡れることはありません。

・広げたサイズ:310×330×200cm
・閉じたサイズ:72×22×22cm

孫の為にプールを作って、日焼け防止の為に購入しました。サイズもぴったりでお陰様で孫達も蚊に刺されることもなく、日差しも避けられて楽しく遊べました。


高さを3段階に調節可能

ITEM
Quictent ワンタッチ タープテントサイドシートセット
2mの高さがあるので、立った状態で中に入れます。蚊が多い屋外イベントの本部テントにぴったりです。3段階の高さ調節が可能なので、用途に合わせて調節できます。

・広げたサイズ:300×300×200cm
・閉じたサイズ:122cm

野球チームの日除に購入しましたが、サイズ感も出来上がりも納得のいく物でした。
ただ、骨組みが少し頼りないかな・・・
案の定、一度組み立てて強風に煽られた時に骨組みが折れてしまいましたが、キチッと対応していただけました。


ワンタッチ蚊帳のたたみ方

ワンタッチ蚊帳のたたみ方は商品によってことなりますが、基本的には同じ仕組みのものが多いです。今回は先ほど紹介した「ottostyle.jp 底生地付き ビッグサイズ ワンタッチ 蚊帳」のたたみ方を紹介します。動画も合わせて見ながら、実際に行ってみくださいね。
  1. 中の空洞をつぶすように、一辺を対角線の辺に押し込み、半分に折る。
  2. 2辺の真ん中よりも上の方を重ねて、前方に倒し、3つの輪っかをつくる。ことのとき両膝で左右両方の輪っかを押さえておく。
  3. 右の輪っかを中央の輪っかに重ねる。
  4. 左も同じように重ねる。
  5. 形を整えて完成

ワンタッチ蚊帳に関するQ&A

蚊帳
出典:写真AC
使ったことがない人も多いワンタッチ蚊帳。最後にワンタッチ蚊帳に関するよくある疑問にお答えします。ワンタッチ蚊帳の効果に関することや種類の特徴、選ぶ際のポイントを分かりやすく解説します。購入前にしっかりチェックしておきましょう。

日除けのできるものはある?

蚊帳
出典:写真AC
室内で使うワンタッチ蚊帳には紫外線対策が施されたものはほぼ無いと考えていいでしょう。室内に紫外線が入ってくることは想定しにくいからです。キャンプ用の蚊帳テントだと、紫外線対策されているものがあります。もとから紫外線対策されているものやオプションとして日除けシートを追加購入するものなどです。

底つき・底なしのそれぞれのメリットは?

蚊帳
出典:写真AC
底つきタイプのメリットは虫が床から侵入してくるのを防げることです。蚊帳の中に布団ごと入れてしまうので、虫は布団に近寄れません。また、底なしのメリットは蚊帳の設置が楽な点です。底つきだと蚊帳を組み立てたあとに、布団を中に搬入しなければいけません。底なしなら、敷いた布団の上にかぶせるだけで済みます。

サイズを選ぶポイントは何?

蚊帳
出典:写真AC
寝る環境に合ったサイズの蚊帳を選びましょう。赤ちゃん用として使う場合は、ベッドのサイズに合うかどうかがポイントです。大人2人分の敷布団用として使う場合は、出口が2つある方が便利ですね。1つだと1人の体をまたいで出ないといけないことも。また、ロフトで寝る場合は、天井が低いので、蚊帳の高さにも注意しましょう。

ワンタッチ蚊帳で楽に虫除け!

テント型の蚊帳
出典:PIXTA
蚊帳があれば蚊の多い季節も快適に過ごせますよ。コスト面でも健康面でも、殺虫剤を撒くよりもメリットが多いのではないでしょうか。また、ワンタッチタイプならお手軽です。テントタイプなら屋外にも設置できます。自分に合った蚊帳を選んで快適に過ごしましょう。

紹介されたアイテム

山善 蚊帳 Be-50114
本麻ワンタッチ蚊帳
EMOILY ワンタッチ蚊帳
CUKULIFE 蚊帳
xinxin-home 蚊帳
サイトを見る
ottostyle.jp 底生地付き ビ…
ワンタッチ タープテント スクリーンメッ…
Filedoor スクリーンテント
クイックキャンプ ワンタッチ スクリーン…
Hewflit スクリーンテント
コールマン シェード タフスクリーンター…
キャプテンスタッグ テント M-3154
Quictent ワンタッチ タープテン…

RELATED TAGS関連するタグ

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
あまのこなみ

脱サラ後、自然を求めて田舎に移住し、現在はWEBライターとして活動中。農家さんの畑を訪問し、記事執筆やホームページ作りのお手伝いなどをしています。農家さんからオーガニック野菜を定期購入しており、毎月、めずらしい野菜や果物が届くことが楽しみの1つです。好きな野菜は四角豆。

育て方・病害虫を一発検索