おしゃれで安い作業ズボン10選!ストレッチ素材や夏用タイプなど

農作業や工事、ガーデニングなど様々な場面で活躍する作業ズボンをご紹介します。動きやすいストレッチ素材や蒸れにくい夏用のタイプ、人気の迷彩柄まで、おしゃれで安いアイテムを選びました。選ぶときに確認したいサイズ表や、気になる裾上げの仕方など盛りだくさんです!


出典:写真AC
農作業や工事、ガーデニングなど様々な場面で活躍する作業ズボンをご紹介します。動きやすいストレッチ素材や蒸れにくい夏用のタイプ、人気の迷彩柄まで、おしゃれで安いアイテムを選びました。選ぶときに確認したいサイズ表や、気になる裾上げの仕方など盛りだくさんです!

作業ズボンとは?

作業ズボンとはその名の通り、作業の際に着用するズボンのことです。具体的にどのようなパンツが作業ズボンに該当するかは定義にもよりますが、その大部分は丈夫な生地で動きやすいように作られており、汚れなどにも強いのが特徴です。農作業にも最適です。

作業ズボンの特徴

出典:Pixta

収納力が高い

作業着の多くは工具や部品などを持ち運べるようにポケットが多数付いているのが特徴です。キーホブなどが付いたものであれば、鍵類を持ち運ぶのにも使えるので、通常のズボンよりも多くのものを収納し、持ち運べます。

 

安い

作業着は油や泥などで汚れてしまうものであるため、頻繁に取り換える必要のある製品です。メーカーの側でもそういった事情を考慮し、価格を安めに設定しており、一人の人が同じデザインのものを何本も用意して使用するのが一般的な使い方となっています。

 

伸縮性がある(ストレッチ機能)

作業の妨げにならないように作業ズボンの素材には伸縮性を持たせてた素材を用いるのが一般的です。特に破れやすい股下の部分にはゆとりを持たせており、しゃがんだり、座ったりといった動作が通常のズボンよりもしやすく作られています。

 

作業ズボンのサイズの選び方

出典:写真AC
作業ズボンを選ぶときには通常の衣服との違いに注意しましょう。作業着は動きやすいように通常のズボンよりも余裕を持った作りになっているのが特徴です。そのため、通常のサイズ感を元にして選んでしまうと、適切なサイズを選べないということが起こりえます。ズボンの裾部分についてもあまりに長いと機械などに巻き込まれ、事故などに繋がる危険性もあるので、足の甲につくかつかないか程度の長さのものが良いでしょう。サイズの表記はメーカーによっても異なりますが、下記の表を目安として参考にしてみてください。

 
 サイズ  身長  体重 ウエスト
S 155~165cm 55kg以下 68~76cm
M 165~170cm 55~65kg 76~84cm
L 170~175cm 65~75kg 84~94cm
LL 175~185cm 70~80kg 84~92cm
3L 175~185cm 75~85kg 98~108cm
4L 175~185cm 80kg以上 104~114cm
 

オススメの作業ズボンランキング

1.コスパ最強|ソーワ(sowa)sw-1108

軽作業にはこちら。コスパ抜群のワークパンツです。両サイドのポケットにはペン差しも付いているので、収納力もあります。

ITEM
ソーワ(sowa)作業ズボン カーゴパンツ sw-1108
・サイズ:73~120
・カラー:ネイビー、シルバーグレー

生地はスラックスタイプでペラペラ
コスパとして見るならかなりいい




2.収納力抜群|ソーワ(sowa)sw-1608

生地にある程度の厚みがあり、裁縫もしっかりしているので、作業着として使用するのが良いでしょう。洗濯しても型崩れしにくく、シワになりにくいので手入れの簡単さも魅力です。

ITEM
ソーワ(sowa)作業ズボン カーゴパンツ sw-1608
・サイズ:73~100
・カラー:モスグリーン、チャコールグレー、ネイビー、シルバーグレー

3.しっかりした造り|ディッキーズ(Dickies) スーパー ワークトラウザーズ

高品質作業用パンツ。細部まで三重縫いシームで仕上げた生地は厚みがあり、ややゆとりのあるシルエットで動きやすさも確保しています。ポケットにはボタン付きなので落とし物の心配もありません。左右には物差し用のポケットもあります。ウエストバンドにはキーホブ付きなので、鍵の持ち歩きにも便利です。

ITEM
ディッキーズ(Dickies) スーパー ワークトラウザーズ
・サイズ:30~48
・カラー:グレー、オリーブ、ネイビーブルー、ブラック

生地がしっかりしており、シルエットは太ももから裾にかけてややゆったりとしたワークパンツです。ディティールも丁寧に仕上げてあり、縫製も海外ものにしては丁寧だと感じました。価格もリーズナブルです。


4.女性も使える|ビッグフィールド(BIG FIELD)作業着ズボン

ゆったりとしたシルエットにシワになりにくい生地が特徴のパンツ。やや薄手の生地感で春~秋口まで使用できます。作業しやすい深めの股上を採用しており、屈んだ際にも楽に作業できます。両サイドのポケットはタイプの違うものが設けられており、細かなものと大きなものを収納するときとで使い分けられるようになっています。男女兼用のモデルです。

ITEM
ビッグフィールド(BIG FIELD)作業着ズボン
・サイズ:M~3L
・カラー:チャコールグレー、ベージュ、アイスホワイト、ダークグリーン、ネイビー

畑仕事に欲しかった、作業ズボンがリ-ズナブルな価格で購入できて、よかったです。


5.厚手の生地で秋冬も|バートル(BURTLE)bt-7082

生地に厚みがあるので秋冬用におすすめのモデルです。素材にストレッチ素材を使用しているので動きやすく、帯電防止加工で冬場の嫌な静電気を気にせず、作業できます。

ITEM
バートル(BURTLE) 作業ズボン 秋冬 bt-7082
・サイズ:70~120
・カラー:キャメル、シルバー、クーガー、ネイビー、ロイヤルブルー

6.きれいなシルエット|バートル(BURTLE)6072

秋冬に便利なカーゴタイプのパンツならこちら。丈夫で動きやすいのはもちろん、カーゴパンツならではの大型のポケットも魅力。スマートフォンを入れられるポケットやカラビナを取り付けられるカラビナループもあるので、実用性も抜群。イージーケアの製品なので、お手入れも楽々な製品です。

ITEM
バートル(BURTLE)6072 カーゴパンツ
・サイズ:73~100
・カラー:シルバーグレー、チャコールグレー、ネイビー、モスグリーン

息子のアルバイト用に購入しました。
本人も来易くて良いと言って居ります。
色はキャメルにしました。
長袖ブルゾン 秋冬シリーズ1枚
カーゴパンツ 秋冬シリーズ1枚
長袖シャツ 春夏シリーズ1枚にしました。


7.何枚も持っていたい、お買い得|自重堂 JIC90002

作業服最大手の自重堂より履きやすいカーゴパンツが登場。一年中履けるように生地は薄くもなく、厚くもない絶妙な厚みに仕上げました。リーズナブルなお値段なので、何本か準備しておくのもおすすめです。

ITEM
自重堂 作業パンツ JIC90002
・サイズ:73~96
・カラー:ベージュ、アースグリーン、ネイビー

家族に頼まれてリピートしました。近所のホームセンターにはウェストが73cmのは置いてません。こちらで73見つけた時は本当に嬉しかったです。しかも生地がしっかりしているのにお値段も安くてびっくりです。これからもずっとこちらでお世話になりたいと思っています。


8.嬉しい裾上げ不要|REDLAVEL プロノオリジナル 20915

REDLAVELよりフルモデルチェンジしたニューモデルが登場。これまで人気のあったワンタックを大胆にノータックへと変更しました。もちろん、これまでのモデルで好評だった見た目の格好良さを損なわないように十分なゆとりも持たせています。見た目もほぼチノパンなので、デイリーシーンでも使えます。届いたその日に履けるように裾上げは4パターンのサイズから選べます。

ITEM
「REDLAVEL」プロノオリジナル裾上げ不要カーゴパンツ 20915
・サイズ:73~105

出張先から購入したと思います。裾上げ済で急に必要な時は助かります。




9.チャック付きポケットが豊富|自重堂 84102

スリムなラインがかっこいい春夏用ワークパンツ。機能性は損なわず、随所にチャック付きのポケットが設けられているので、細かな部品の持ち運びなどにも便利です。

ITEM
自重堂 作業着 ツータックカーゴパンツ 84102
・サイズ:70~96
・カラー:ベージュ、ライトブルー、ネイビー、シルバー、アースグリーン

10.迷彩柄がかっこいい|サンエス(SUN-S)WA91315

迷彩プリントが特徴的なワークパンツ。吸水性・着心地・肌触りにこだわったモデルです。通気性も良いため、夏場の屋外作業を快適にしたいという方におすすめ。随所には切り替えポケットやファスナー付きポケットも付いているので、収納性も良好。

ITEM
サンエス(SUN-S)WA91315
・サイズ:73~110
・カラー:カーキ、ネイビー、チャコール

作業ズボンの裾上げが必要な時は?

出典:写真AC

1.仕上がりの長さを調節する

まず初めに仕上がりの長さを確保しましょう。左右で同じ長さになるように注意してください。次にパンツに物差しとペンで仕上がり位置をマーキングしていきます。使用するペンは後で楽に落とせるように水で落とせるものがおすすめです。

 

2.布用ハサミで裾を切断する

裁断する前に待ち針などで裾を固定しておきましょう。次に布用ハサミで先ほど入れた線に沿って裁断します。次に、先ほど引いた線に沿って裾を折り返します。位置が決まったらクリップなどで固定。浮いてきて面倒な場合はアイロンをかけるのも良いでしょう。

 

3.裾をミシンで縫う

両足ともできたら長さを確認し、ミシンで裾を塗っていきます。内側の縫い合わせ位置からスタートし、一周した所で余った糸を切断して裾上げ完了です。

 

お店に依頼する場合

ミシンが苦手という方は裾上げをお店に依頼するのも良いでしょう。作業着ならワークマンで受け付けているので、検討してみてください。持ち込みできる条件などは店舗によっても多少異なるので、事前に確認するようにしてください。

作業ズボンの手入れ方法は?

出典:写真AC
作業ズボンは基本的には洗濯機で丸洗い可能です。油汚れや泥汚れなどが気になる方は重曹などを使ってバケツなどで手洗いしてから洗うのがおすすめです。

 

作業用ズボンは丈夫かつ動きやすさが特徴!

作業用ズボンは通常のズボンよりも動きやすく、丈夫にできていることが特徴です。全体的にゆとりのある作りとなっているので、サイズを選ぶ際には通常のズボンとの違いを意識して選ぶようにしましょう。値段もお手頃なので予備のために何本か用意しておくのもおすすめです。

 

この記事に関連するタグ

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
cocoa2250
cocoa2250

AGRI PICK専属ライター。農業やDIYを好きな全ての方に向けて厳選したグッズ情報やテクニックをご紹介しています。最近の趣味は日帰り登山。お休みの度に少しずつ登山用品をお部屋に増やしています。