【おすすめ16選】パネルヒーターを徹底解説!|電気代や長所・短所

空気を汚さず、遠赤外線で暖めるので、乾燥を防げるパネルヒーター。火事の心配が少なく、電気代がリーズナブルなものが多いので、水槽の様なケージで飼う爬虫類にも使われていますね。口コミや価格も含め、デロンギやパナソニックなどのおすすめ商品を紹介しています。


日本は冷え性の人が多く、男性では4割、女性では8割も冷え性の症状に悩みを抱えています。手足の冷えが辛くなる冬の季節に、ぜひおすすめしたい暖房器具が「パネルヒーター」です。パネルヒーターは場所をとらずに電気の力で手足をじんわりと暖めてくれます。今回はそんなパネルヒーターの魅力に迫っていきたいと思います!

パネルヒーターとは?


パネルヒーターとは輻射熱の力を利用して室内を暖めるパネル型の暖房器具のことです。火を使わずに電気の力で暖めるため、空気を汚さず、身体を芯から暖めてくれる効果があります。

一番人気のメーカーはデロンギ!

パネルヒーターを購入する際に最初に検討したいメーカーはずばりデロンギ!パナソニックなども人気が高いですが、デスク用のヒーターしか取り扱っていません。デロンギのパネルヒーターの良いところは、「デザイン性の高さ」と「速暖性」。インテリアのデザインを邪魔しないスタイリッシュな見た目だけでなく、素早く発熱してくれるので、短時間の使用でも効率的に温めてくれます。また、自動的にワット数を切り替えてくれる機能を搭載した製品は、電気代の節約にもってこいの機種です!

マイカパネルヒーター HMP900J-B

ITEM
マイカパネルヒーター HMP900J-B
絶縁体に雲母を使用することで薄型かつ軽量化を実現。2段階の電力切り替えとサーモスタット機能搭載で適温を設定することで無駄な暖めすぎを防ぐエコな一台です。

・サイズ:幅69.5×奥行き26.5×高さ56.5cm
・重量:4.6kg
・消費電力:弱450/強900

国産と比較して安全と思い購入、思ったより早く来ました、今サブヒーターとして使っています思ったより暖かく灯油ストーブはほとんど使っていません気に入りました、これからもっと寒くなっても実用性があれば、廊下などにと考えています。


コンベクターヒーター HXJ60L12

ITEM
コンベクターヒーター HXJ60L12
窓際暖房におすすめのパネルヒーターです。速暖性に優れており、窓から入ってくる冷気をすぐに遮断してくれます。結露やカビの防止にも役立ってくれるので、冬場の窓のお手入れが楽になります♪スタイリッシュな見た目も魅力。

・サイズ:幅825×奥行き310×高さ565mm
・電源:AC100V 50/60Hz
・消費電力:1200W
・適用範囲:8~10畳

ヘーベ○ハウスの寝室で使用するために購入。5畳くらいの広さなので、23℃くらいでも、少し暑いかなという感じ。25℃で寝たときは汗だくになりました。音も静かで、使ってる超音波加湿器のほうがうるさいです。


【口コミつき】冬の寒さ対策におすすめのパネルヒーター10選!

1. siroca 速暖マイカヒーター SH-M111

ITEM
速暖マイカヒーター SH-M111
熱伝導性に優れるヒーター素材「マイカ」と遠赤外線の合わせ技により、速暖性抜群。360度熱を放射するので部屋のどこにいても暖まれます。移動に便利な取っ手とキャスター付き。

・サイズ:幅28.8×奥行48.5×高さ63.8cm
・重量:4.2㎏
・消費電力:強1200W/中800W/弱400W

寒い日が出てきたので利用してみましたが、性能に不満は特に感じませんでした
オイルヒーターよりも早く暖まりますし、何より持ち運びの可搬性がとても軽くて楽なのがありがたいです
こちらの製品なら気軽に移動して場所移動や寒いところへの設置が楽ちんなので
既存のオイルヒーターの出番がなくなるかと思います。


2. プラスマイナスゼロ X010

ITEM
±0 (プラスマイナスゼロ) X010
シンプルでモダンなデザインが得意なメーカー±0(プラスマイナスゼロ)のパネルヒーターです。遠赤外線ヒーターの中でもより安全性と高い熱効率を実現するシーズヒーターを採用し、それを熱伝導率の高いアルミに埋め込むことで、さらに暖めるパワーがアップ!

・サイズ:幅38.1×奥行き26×高さ63.7cm
・重量:6.2kg
・消費電力:1200W/600W
・電源:AC100V 50/60Hz

3. 山善  DP-SB167

ITEM
山善 DP-SB167
温度調整機能付きの山善のパネルヒーターです。ミニサイズなので軽さがあり、自分の使いたい場所に持ち運ぶこともできます。

・サイズ:幅40.5×奥行き15×高さ32.5cm
・重量:1.7kg
・消費電力:160W

冬の就寝中に使用するために購入しました。以前も他社のものですがパネルヒーターを四年ほど使っていました。がしかし、こちらの商品の方が遥かに暖かくてビックリです!
以前の物は、900Wで設定温度27度にしてようやく室温が22度でした。
この商品は始めだけ500Wのマックスにしますが、それから500Wの弱にしないとむしろ暑いぐらいでした(笑)ここまで違いがあるとは!
どちらも始めは効率良く暖房と加湿器で暖めてから暖房を切って、パネルヒーターを使っています。
まだ電気代はわかりませんが、以前の物よりは安くなると思います。
レビューが少ないのでとても心配でしたが、私は大満足です!


4. Pieria パネルヒーター ナチュラルウッド

ITEM
Pieria ナチュラルウッド
高級感あふれる自然滞留式ヒーター。おしゃれなガラスパネルのタッチセンサー式で部屋のインテリアにもマッチします。チャイルドロックや転倒防止機能などこだわりの安心設計も搭載。

・サイズ:幅60.0×奥行29.0×高さ43.0cm
・重量:6.6kg
・消費電力:1000W

北の寒冷積雪地域ですがとても気に入りました。子供部屋と寝室共に6畳程度の部屋にそれぞれ置いていますが暖かいし覚悟していた電気代もそれほどでもないですね、灯油代を考えてもこれだけで過ごせる日もあります。


5. ROOMMATE 遠赤外線パネルヒーター FioreII EB-RM5400A

ITEM
ROOMMATE FioreII EB-RM5400A
輻射熱と放射熱で室内をじんわりと暖めてくれる遠赤外線パネルヒーター。省エネ性にも優れており、弱モードなら1時間にかかる電気代が約8,8円と大変リーズナブルとなっています。

・サイズ:幅75×奥行26×高さ54cm
・費電力:強1000W/中600W/弱400W
・重量:5.5㎏

初めてのパネルヒーターです。
まずエアコンで部屋を温めて、保温はこちらというように使い分けています。

スイッチを入れるとすぐに暖かくなり、じんわり体の芯から温まる感じがとても気に入っています。
エアコンと違い乾燥もしないのでとっても良いです。

横幅はそれなりにありますが奥行きがないので収納にも困らないところも◯。デザインも野暮ったくありません。
触っても熱くないのでお子さんやペットのいる家庭にも良いと思います。


6. グリーンウッド パネルヒーター GEP-1000A

ITEM
グリーンウッド GEP-1000A
遠赤外線で芯から暖まります。前面が植毛パネルとなっており、手触りも滑らか。お求めやすい価格で一人暮らしの方にもおすすめです。

・サイズ:高さ51,5×幅64×奥行26cm
・重量:約5.7kg
・消費電力:1000W

洗面所の暖房器具が欲しくて買いました。それまでの小型ファンヒーターが全く温まらず困っていました。
ワット数の割に温まらなかったらどうしよう・・・と不安でしたが、入浴の少し前にONしておけば、出るころには部屋が温まっているのでいい感じです。


7. セラミックパネルヒーター C289-S2

ITEM
セラミックパネルヒーター C289-S2
洗練されたフォルムがかっこいいガラスパネルタイプ。おしゃれなインテリアとしてお部屋に溶け込めます。操作はタッチパネル式で温度も18~30度の範囲で調節可能です。チャイルドロック付きでお子さまのいるご家庭におすすめ。

・サイズ:幅48×奥行き15×高さ41cm
・重量:3.8Kg
・消費電力:強1200W/弱800W
・電源:AC100V 50/60Hz

8. スリーアップ PHT-1731WH

ITEM
スリーアップ PHT-1731M
トイレや脱衣所に便利なミニパネルヒーター。床に直接置いても壁掛けでも使える便利な一台です。転倒の際には自動でスイッチがオフになる安全仕様となっています。

・サイズ:幅38.2×奥行18.8×高さ32cm
・重量:2.5㎏
・消費電力:300W
・電源:AC100V 50/60Hz

9. エスケイジャパン 遠赤外線 パネルヒーター SKJ-FG100MC

ITEM
エスケイジャパン SKJ-FG100MC
速暖性と遠赤外線効果抜群の雲母を採用したパネルヒーター。節電温度調節機能搭載で設定温度を超えるとヒーターが自動でオフになります。移動に便利なキャスター付き。

・サイズ:幅70.2×奥行き26.2×高さ58cm
・重量:6.0㎏
・消費電力:500W/1000W

配達されたら予想以上に大きかったので 戸惑いがありましたが 、薄型で またコロもついているので 移動させながら使えば 邪魔にならずに 大丈夫でした 。 逆にパネル面が大きいので いい具合に暖まりした。 リビングには これだけだと寒いかも?


10. インターセントラル マイヒートセラフィ MHS-700

ITEM
マイヒートセラフィ MHS-700
インターセントラルの大型のパネルヒーターです。重量は小型のものに比べれば重いですが、キャスターとヒーターの裏側に持ち手が付いているので、階段での持ち運びもしやすいです。ブラックは全体が一色に統一されているので、デザイン性が高いのも魅力です。

・サイズ:幅60×奥行き(キャスター含む)25.8×高さ49.1cm
・重量:5.5kg
・消費電力:700W

【低価格】オフィスで使える小型パネルヒーター4選

1. パナソニック(Panasonic) デスクヒーター DC-PKD3

ITEM
デスクヒーター DC-PKD3
パナソニック(Panasonic)のパネルヒーターです。折り畳みができるので使用しないときの収納に困りません!1時間の電気代はたったの4.5円と節約したい人にもうれしいアイテムです。

・サイズ(使用時): × 幅45cm × 奥行き30cm×高さ48cm
・重量:2.2kg
・消費電力:165W

パネルが温かくなりますが、やけどするような温度ではないので、とても安全です。
また、電気代も少なく、ちょうどよい暖かさでおすすめです。


2. クレオ工業 テーブルヒーター NH2471

ITEM
テーブルヒーター NH2471
テーブルに取り付けて使用するタイプのパネルヒーターです。消し忘れ防止のタイマー(3時間)が付いているので、消し忘れがなくどこでも安心して使うことができます。

・サイズ:幅45.5×奥行き36×高さ1.8cm
・重量:0.8kg
・消費電力90W

電熱線の小型ファンヒーターを使っていましたが、顔が暖かくなるのが嫌でこちらにしてみました。
ひざ掛けのように腿が暖かいので、消費電力の割には効果が高いです。
つま先は寒いので対処が必要ですが、脛が熱いより断然気持ちがいいです。


3. VIVREAL デスクヒーター

ITEM
VIVREAL デスクヒーター
足をぐるっと囲むような形状のパネルヒーター。簡単に解体・組み立てができ、オフィスでブランケット代わりに使用するのにもおすすめです。倒れると自動で電源が切れる機能も付いており安心です。

机で過ごすことが多く、足元が寒いのでこちらを購入しました。
記事はベロア生地の様に気持ちいいです!
組み立てもかなり簡単でパタパタと箱を作る様に
するだけ。
コンセントを指し、ダイヤルを回すだけでスイッチON!
机の下はかなり暖かいです!
ボックスの中に足を入れれば尚更あったかいですよ!
女性に多い冷え性の方にはぴったりですね!


4. TEKNOS(テクノス)人感センサー搭載 遠赤外線デスクヒーター

ITEM
人感センサー搭載 遠赤外線デスクヒーター
デスクに取り付けられるカーボンヒーター。デスクの下にマグネットで張り付け、こたつのように使用できます。人がいない時には人感センサーで自動停止する省エネ設計です。付属のパーツを使えば、木製デスクにも使用できます。

・サイズ:幅45×奥行き3×高さ35cm
・重量:1.2㎏
・消費電力:130W

自室が狭い上に物が多く、暖房器具を置くのが少し怖いので寒いのを我慢していました。
この商品は狭い部屋でも安全に暖がとれます。


パネルヒーターの選び方


用途をイメージする

パネルヒーターを選ぶ際にはまず、用途を考えてみましょう。例えば、トイレや脱衣所で使うならば、サイズは必然的に小さなものが必要となります。また、強い暖房力をお求めの場合には両面パネルになった製品もありますが、そういった製品は窓辺に置くことができません。まずはどんな場所でお使いになりたいかをイメージしてから購入するようにしましょう。

省エネ性能なら電気代が安く!

選ぶ際には省エネ性能にも着目してみてください。パネルヒーターには小型の製品ながら1000W以上の出力を持ったものもあり、強モードのまま長時間使用すると、補助器具としては電気代が高くついてしまうこともあります。選ぶ際には本体に設定室温になった時点で本体の電源をオフにしてくれる機能やタイマー機能がないかを確認しておきましょう。

パネルヒーターのメリット・デメリット

出典:Adobe Stock

メリット

安全性が高い

パネルヒーターは火を使わずに電気で発熱する機具であるため、火事の心配がありません。また、ヒーターの表面をパネルで覆っているためにペットや小さなお子様が触っての火傷も起こりにくく、他の暖房器具と比べて安全性の高い製品です。

 

スペースを取らない

パネルヒーターはヒーターの表面に薄型のパネルを張り付けた製品なので他の暖房器具と比べてスペースを取りません。使わない時にはコンパクトに折りたためるのも魅力です。本体重量も軽いので女性でも楽に移動させることができます。

 

空気を汚さない

パネルヒーターは電磁波の力で部屋を暖めるので冬場の乾燥の原因となる温風が出ません。換気が少なくて済むのはもちろん、埃が舞うこともないため、埃に敏感な人にも安心な暖房器具です。

デメリット

部屋全体を暖めるのには向いていない

基本的にパネルヒーターは部屋全体を暖めるのには適していません。輻射熱は空気を通さずに暖める関係上、どうしても空気自体を暖めることができないためです。一方、特定のスポットを素早く暖めることは得意なので、エアコンが効き始めるまでの補助暖房としても活躍します。

 

強力な暖房力はない

パネルヒーターは寒い日に日向ぼっこをしているときと同じように身体を暖めます。他の暖房器具のように空気を暖めるわけではないため、寒冷地などでは暖房力不足となることもあります。

パネルヒーターの効果や電気代は?表で比較!



パネルヒーターの効果

パネルヒーターは輻射熱という力を利用して室内を暖める暖房器具です。輻射熱とは空気を通さずに電磁波で直接、伝わる熱のこと。皮膚表面への刺激が少なく、身体を芯から暖めてくれる効果があります。加えて、表面を薄型のパネルで覆ってあるので火傷の心配が少なく、ペットやお子様のいる部屋でも安心してお使いいただける器具となっています。現在では爬虫類の飼育ケージに取り付けられるものや遠赤外線の力で暖めるもの、デスクの下に取り付けられるものも登場しており、用途の幅が広がりつつある製品です。

パネルヒーターの電気代

エアコンやこたつ、ホットカーペットなど電気で体を温める暖房器具はたくさんあるので、電気代が気になりますよね。パネルヒーターの電気代は、機種のワット数によって変わってきます。今回取り上げたデロンギの「マイカパネルヒーター HMP900J-B」を例に計算方法をご紹介します!

 

電気代の計算方法

電気代は下記の式で求めることができます。

電気代(円)={消費電力(W) x 時間(h)}÷1000×1kWh単価(円)

参考:電気料金計算

消費電力は機種のワット数、時間は使用する時間、1kwh単価は各電力会社が定めているもので、1kWの電力を1時間消費したときの電気料金を指します。全国家庭電気製品公正取引協議会では1kwh単価を27円と定めていますので、分からない人は27円で計算しましょう。

デロンギの「マイカパネルヒーター HMP900J-B」は強モードが900W、弱モードが450Wです。それぞれのモードで計算していきます。

【強モード】
電気代(円)={900(W)×1(h)}÷1000×27=24.3円

【弱モード】
電気代(円)={450(W)×1(h)}÷1000×27=12.15円

弱モードなら毎日1時間使用して、1カ月約400円。強モードなら約730円でした。計算が面倒な人は計算ツールを使うのも手!下記のサイトでは電気料金の計算が簡単にできるので、チェックしてみてくださいね♪
電気料金計算ツール

 

各暖房器具の電気代比較表

電気料金の計算式を元に色々な暖房器具の料金を比較してみました。今回は暖房器具をそれぞれ1時間使用した場合で計算しています!パネルヒーターはデロンギの「マイカパネルヒーター HMP900J-B」で調べました!

 
 暖房器具 電気代
 パネルヒーター 強24.3円/弱12.15円
 エアコン 2.8円〜53.5円
 こたつ 2~5円
 ホットカーペット(2畳用) 高8.5円/中6.2円
ダントツで安いのは「こたつ」!こたつは起動時こそ電力を消費しますが、暖まると低いワット数で運転するため、その分電気代が安くなります。パネルヒーターは数字を見てみるとあまりエアコンと変わらないのが分かります。ただ「自分の手足だけ暖めればいい」なんて人は低いワット数でパネルヒーターを使えば節約につながりますよ♪

次は石油ストーブやガスストーブ、オイルヒーターなど動力が異なる暖房器具と比べてみました!
 暖房器具 電気代
 パネルヒーター 強24.3円/弱12.15円
 石油ストーブ(35号) 約18.47円
 ガスストーブ 約18円
 オイルヒーター 強32.4円/中18.9円/弱13.5円
どれも使う機種やモードによって変わりますが、うまく使えばパネルヒーターがお得なことがわかります!手足だけを集中的に温めたいときなどには重宝できそうです♪

電気代を節約!パネルヒーターの効率的な使い方

出典:Adobe Stock
パネルヒーターは身体を芯から暖めてくれる便利な機具ではありますが、途中に熱源を障害物などがあると熱が遮られてしまうという弱点があります。そのため、どちらかといえば、部屋全体というよりも脱衣所やトイレなどに置いて補助暖房として使用するのに適した機具です。リビングルームなどで使う際には窓辺などに設置し、エアコン・サーキュレーターと一緒に使うのがおすすめです。また、一度消してしまうと、再加熱に電力を使うため、節電のためにも基本的には弱でつけ続けるのが良いでしょう。

パネルヒーターでお得に暖まろう

パネルヒーターは輻射熱という力を使って身体を暖める暖房器具です。火を使わないために火事の心配が少なく、小さなお子様やペットのいるご家庭でも安心してお使いいただけるのが魅力です。また、乾燥の原因となる温風も出ないため、換気する必要もなく、一日中、室内で作業される方にもおすすめです。身体の芯からじっくりと暖めてくれるので、底冷えなどにお悩みの方はぜひ一度手に取ってみてください!

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

新富アグリカレッジ
cocoa2250
cocoa2250

AGRI PICK専属ライター。農業やDIYを好きな全ての方に向けて厳選したグッズ情報やテクニックをご紹介しています。最近の趣味は日帰り登山。お休みの度に少しずつ登山用品をお部屋に増やしています。

農&ガーデニング情報メディアのライター募集