農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 暮らし > 加湿器の種類は4タイプ!選ぶならどれ?メリット・デメリットや電気代を比較表でチェック

加湿器の種類は4タイプ!選ぶならどれ?メリット・デメリットや電気代を比較表でチェック


加湿器の種類は、気化式・超音波式・スチーム式・ハイブリッド式に大別されます。この記事では各種類のメリット・デメリット、電気代の目安、フィルターなしタイプのデメリットなど、加湿器を選ぶときのチェックポイントを解説!加湿方式の比較表や、象印・カド―・ダイソンなど人気メーカーの加湿器の特徴も紹介します。

AGRI PICKではアフィリエイト広告を利用しています。当サイトの記事で紹介された商品を購入すると、売上の一部がAGRI PICKに還元されることがあります。

Avatar photo ライター
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。…続きを読む

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Feedly


超音波式加湿器

出典:PIXTA
気温の低下と共に、湿度もどんどん低くなる冬。暖房を効かせた室内では特に乾燥が気になりますよね。
室内で適切な湿度は40~60%。それより少ないとインフルエンザなどのウイルスが活発になったり、皮膚や眼なども乾燥したりしてしまいます。そこでぜひ取り入れたいのが、部屋の湿度を適度にキープしてくれる加湿器です。
この記事では加湿器の種類や選び方、おすすめの機種を紹介します。種類ごとの特徴がひと目でわかる比較表も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

加湿器の売れ筋ランキングやおすすめ機種はこちら!


加湿器の種類|加湿方式によるメリット・デメリット

加湿器
出典:写真AC
加湿器には、加湿の方法により「気化式」「超音波式」「スチーム式」「ハイブリッド式」の4種類があります。ここでは、種類ごとのメリット・デメリットを紹介します。

1. 気化式|低コスト&安全に使える

メリット

フィルターなどの加湿材に水分を含ませ、そこに空気を当てることで水を蒸発させます。ヒーターを使わないため、ほかの方式よりも電気代は安く抑えられます。また、タンクの水や吹き出し口が熱くならないので、万が一本体を倒したり、小さな子どもが触ってしまったりしても安心です。

デメリット

加熱しない分、部屋が加湿されるまでに時間がかかります。また、ヒーターを使うタイプに比べると、カビや雑菌が繁殖するリスクが少し高くなるため、こまめなフィルター交換や掃除が必要です。製品によっては、空気を送るファンの音が気になることも。

気化式加湿器のおすすめ!空気清浄機能を搭載した省エネモデル

シャープ(SHARP) 気化式加湿器 パーソナルタイプ プラズマクラスター7000 HV-P30-W

シャープ独自の空気清浄技術「プラズマクラスター7000」を搭載した、コンパクトな気化式加湿器。Wセンサーが部屋の温度と湿度をチェックし、湿度を55~65%に自動制御します。給水タンクやトレーなどのパーツは簡単に着脱できるので、お手入れも楽々。 低消費電力で運転できるDCモーター採用で、省エネなのも嬉しいポイントです。

種類気化式
加湿量290mL/h
適用畳数(目安)木造和室:5畳、プレハブ洋室:8畳
連続加湿時間強:約8.2時間、静音:約16時間
タンク容量約2.4L
消費電力30W
電気代(1時間あたり)0.93円
サイズ本体:幅32.2×奥行15.9×高さ31.6cm、コード:約1.8m
重量2.8kg

気化式加湿器は、こんな人におすすめ!
・電気代を安くおさえたい
・加湿器を使う時間が長い
・安全に使いたい


2. 超音波式|お手頃価格&静音性が魅力

メリット

タンクの水を超音波で微振動させて細かい粒子にし、霧状に放出します。霧状に水が出る特性を生かして、アロマがセットできるものも。本体サイズもコンパクトで手頃な価格のものが多く、デザインも豊富です。超音波式もヒーターを使わないため、電気代も抑えられます。稼働音が静かなのも魅力です。

デメリット

水が煮沸されないため、お手入れを怠るとタンクや吹き出し口などに雑菌が繁殖してしまいます。そのまま使っていると、室内に雑菌をまき散らすことになるのでこまめな掃除が必要です。また水が霧状に出るため周囲が湿ってしまったり、置く場所によっては結露したりする心配も。

超音波式加湿器のおすすめ!おしゃれなしずく型でアロマ機能も

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 超音波式 アロマ加湿器 UHM-280S

しずく型がおしゃれな超音波式加湿器。コンパクトサイズながら、2.8Lのタンク容量で約10時間の連続使用を実現。加湿量は無段階で調整可能で、ミストの吹き出し口も360度回転するため、効率的に加湿できます。また、7色のLEDライトとアロマ対応でリラックス効果も抜群!

種類超音波式
加湿量約280ml/h(強モード運転時)
適用畳数(目安)木造和室:約5畳、プレハブ洋室:約8畳
連続加湿時間約10時間(強モード運転時)
タンク容量約2.8L
消費電力22W
電気代(1時間あたり)0.68円
サイズ本体:幅約20×奥行約20×高さ約29cm、コード長さ:1.2m
重量約1.5kg
カラーホワイト、ピンク、ダークブラウン、ナチュラル

超音波式加湿器は、こんな人におすすめ!
・電気代を安くおさえたい
・音が静かな加湿器が欲しい
・コンパクトなものや安価な機種が欲しい


3. スチーム式|パワフルな加湿力&カビがつきにくく衛生的

メリット

タンクの水を熱して気化させた蒸気を、風で送り出します。4タイプの中で一番加湿能力が高いのがこれ!水が加熱され、蒸気の放出が始まると一気に部屋を潤します。水が煮沸されるため、雑菌を含まないきれいな蒸気で加湿でき、カビも繁殖しにくく清潔に保ちやすいのも大きなポイント。蒸気が暖かいので、部屋の温度を下げずに使えるのもメリットです。水が煮沸されるため、雑菌を含まない綺麗な蒸気で加湿することができます。

デメリット

水を熱するときに電気を使うため、ランニングコストが高く付きます。加湿能力は高いですが、蒸気が出るまで少々時間がかかるというデメリットも。また、吹き出し口が高温になるスチーム式は、小さい子どもやペットが近づかないように注意する必要があります。機種によっては、水を沸騰させる際の音が気になる場合も。

スチーム式加湿器のおすすめ!象印2023年新モデル・清潔な蒸気が長時間続く

象印(ZOJIRUSHI) スチーム式加湿器 EE-DD50

種類スチーム式
加湿量480mL/h
適用畳数(目安)木造和室:8畳、集合住宅及びプレハブ洋室 :13畳
連続加湿時間強モード:8時間、中モード:16時間、弱モード:32時間
タンク容量4L
消費電力加湿時:410W、湯沸かし立ち上げ時:985W
電気代(1時間あたり)12.7円(加湿時)
重量2.9kg
サイズ幅24×奥行27.5×高さ36.5cm
カラーホワイト、グレー

スチーム式加湿器は、こんな人におすすめ!
・衛生的に使いたい
・加湿能力の高いものが欲しい
・部屋の温度を下げたくない


スチーム式加湿器をもっと見たい人は、こちらの記事をチェック!


4. ハイブリッド式|2つの加湿方式を併せ持つ高機能タイプ

ハイブリッド式は、2つの加湿方式を組み合わせた加湿器で、主に「気化式+ヒーター」と「超音波式+ヒーター」の2種類があります。
気化式+ヒーター超音波式+ヒーター
加湿方法 タンク内の湿ったフィルターに温風を当て、水分を気化させることで加湿 タンクの水を温めながら、超音波で細かい粒子にして風で送り出す
メリット 温風を使うが、スチーム式ほど熱くはならないので安全・超音波だけのものより加湿スピードが早い
・ヒーターで水を加熱することから、雑菌が繁殖しにくい
デメリット・価格が高めのものが多く、電気代も上がってしまう
・水は沸騰しないのでまめな掃除が必要
・霧状の水が出るため、設置場所のまわりに結露が起きやすい
・水のカルキなどで、白粉が発生することがある

ハイブリッド式加湿器のおすすめ!ヒーター自動オフで節電にも

コロナ(CORONA) 加湿器 ハイブリッド式 UF-H5023R-W

水を含ませた加湿フィルターに温風を当て、湿気を含んだ風を部屋に送り出す「気化式+ヒーター」のハイブリッドタイプ。設定された温度まで水が温まったら、自動で気化式に切り替わり、無駄な電力消費を抑えます。タンクは着脱式で口が広く、中までしっかり洗えて衛生面でも安心。本体上部には操作しやすい大型パネルと、移動時に便利なハンドルが付いています。

種類ハイブリッド式
加湿量500mL/h
適用畳数(目安)木造和室:8.5畳、プレハブ洋室:14畳
連続加湿時間約8時間
タンク容量4L
消費電力180W
電気代(1時間あたり)5.58円
サイズ幅35.5×高さ36.2×奥行16.5cm
重量‎3.9kg

ハイブリッド式加湿器は、こんな人におすすめ!
・素早く加湿したい
・部屋の温度を下げたくない
・安全に使いたい


加湿器の種類を比較表でチェック|各電気代の目安も!

上記で紹介した「気化式」「超音波式」「スチーム式」「ハイブリッド式」の各種類の特徴を比較表にまとめました。
加湿スピードや電気代、衛生面などで比較し、かなり優秀なものは「◎」、優れているものは「○」、やや劣るものは「△」で表示しています。
加湿方式気化式超音波式スチーム式ハイブリッド式
加湿スピード
電気代の安さ
衛生面
静音性
やけどのリスクなしなしありなし
室温の低下ありありなしなし

種類別・電気代の目安

加湿器にかかる電気代の目安を種類別に表にまとめました。比較用として、各種類の加湿器(プレハブ洋室約8畳に対応する機種)をそれぞれ複数台選び(※)、その中の最小・最大電力を調べて電気代を算出しています。
※楽天市場とAmazonで販売中の加湿器
加湿方式消費電力(最小~最大)電気代(1時間あたり)電気代(1日8時間使用・30日あたり)
 気化式 2.5~32W 0.08~0.99円 1.54~237.6円
 超音波式 15~28W 0.47~0.87円 112~208.8円
 スチーム式 125~270W 3.87~8.37円 928~2,008.8円
 ハイブリッド式(気化式+ヒーター) 11~168W 0.34~5.2円 81.6~1,248円
 ハイブリッド式(超音波+ヒーター) 8~110W 0.25~3.41円 60~818円
※1kWh(1,000W)あたり電気代を31円(税込)として計算
(参照:公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会による電気代の目安単価)
※電気代は「消費電力(W)÷ 1,000×電気代単価(円/kWh)×時間」で計算
※製品や各機種の使用モードにより、消費電力は異なります

加湿器でフィルターなしタイプはどの種類?デメリットはある??

 

加湿器の気化フィルター
出典:PIXTA
加湿器は種類により、本体内にフィルターを搭載しているものと、ないものがあります。このフィルターは、正式には「気化フィルター」と呼ばれるもので、「気化式」と「ハイブリッド式(気化式+ヒーター)」の2種類に搭載されています。
気化フィルターは、水を含ませてから風を当てることで、水分を蒸発させて加湿する働きがあります。また、水道水に含まれるカルキを取り除いたり、放出する水の粒子を細かくしたりする効果もあります。

気化フィルターなしタイプは「スチーム式」と「超音波式」

「スチーム式」と「超音波式」は、気化式と加湿方式が異なるため、気化フィルターはありません。スチーム式はタンクの水を加熱して蒸気を出し、超音波式は水の振動で霧を発生させて加湿します。

加湿器のフィルターなしタイプにデメリットはある?

フィルターがないタイプのうち「超音波式」は、使用していると周囲に白い粉が付きやすくなります。これは、水道水に含まれるミネラル分が結晶したもの。フィルターを通さずに、タンクの水をそのまま放出しているため起こる現象です。また超音波式が出す霧は、フィルターありのタイプに比べて水の粒子が大きく、空気中の菌が付きやすくなるというデメリットも。

「スチーム式」もフィルターがありませんが、タンク内の水はヒーターで加熱され、高温の蒸気となって放出されるため、水の粒子が大きくても雑菌が付く心配はありません。ですが、水道水を沸騰させると水分だけが蒸発し、タンク内にミネラル分が残ってカルキ汚れとして蓄積します。放置していると頑固な汚れになってしまうので、早めにお手入れすることが大切です。

メーカー別・人気の加湿器の種類は?

加湿器を置いたリビング
出典:写真AC
加湿器を扱うメーカーの中で、特に人気があるのが「象印」「カドー」「ダイソン」「バルミューダ」「ヴィックス(KAZ)」です。ここでは、これらメーカーの人気の加湿器を紹介します!

象印(ZOJIRUSHI)|フィルターレスのスチーム式でお手入れ簡単!安全に使える機能も

象印の加湿器は、見た目がまるで湯沸かしポットのよう。100℃に沸騰したきれいなお湯を65℃に冷まして部屋を加湿するスチーム式です。湯沸かしポットや魔法瓶同様のフッ素加工の広口容器で、フィルターも使っていないため、ふたを開けて拭くだけとお手入れが簡単!清潔に使えるので、非常に人気のあるスチーム式加湿器です。
熱湯を使うことで一見、安全性の心配がありそうですが、チャイルドロック、ふた開閉ロック、転倒湯もれ防止構造で、万が一倒れたときの湯漏れも最低限に抑えられます。
スチーム式

象印(ZOJIRUSHI) 加湿器 スチーム式 EE-DD35

種類スチーム式
加湿量350mL/h
適用畳数(目安)木造和室:6畳、集合住宅・プレハブ洋室 :10畳
連続加湿時間強モード:8時間、中モード:16時間、弱モード:32時間
タンク容量3L
消費電力加湿時:305W、湯沸かし立ち上げ時:985W
電気代(1時間あたり)9.45円(加湿時)
サイズ幅24×奥行27.5×高さ32.5cm
重量2.7kg
カラーホワイト、グレー

象印 加湿器の人気ランキングをチェック!

カドー(cado)|オブジェのようなデザインが秀逸!機能性も◎

機能美あふれる、カド―の超音波式加湿器。床置きタイプから卓上に置けるコンパクトタイプ、携帯できるミニタイプまでそろいます。
中でも特に人気なのが、まるでオブジェのようなデザインの床置きタイプ。植物の茎をイメージした長いパイプの先から、抗菌プレートで除菌されたミストがパワフルに吹き出し、部屋全体を潤します。タンク部分にはLEDが搭載され、湿度の高さによって3色に変化するのも心憎いポイント。また、Wi-Fiで外出先から室内の湿度・温度のチェックや操作ができる機能も。給水も簡単で、タンクのふたをずらして上から注ぐだけでOK。さらに各パーツは分解することができ、すみずみまでお手入れ可能です。
超音波式

カド―(cado) STEM 630i

種類超音波式
加湿量間欠モード:30ml/h、弱モード:200ml/h、強モード:400ml/h、急速モード:600ml/h
適用畳数(目安)プレハブ洋室:17畳、木造和室:10畳
タンク容量約2.3L
消費電力間欠モード:4W、弱モード:20W、強モード:29W、急速モード:37W
電気代(1時間あたり)0.12円~1.15円
サイズ本体:直径27×高さ85.5cm、コード:約2m
重量4.3kg
機能センサー(温度・湿度・照度)、タイマー(1H・4H・8H)、LEDサイン(湿度表示・各種警告表示)、専用アプリ対応( cado sync )
カラーホワイト、クールグレー

カドー 加湿器の人気ランキングをチェック!

ダイソン(dyson)|加湿器・扇風機・空気清浄機の1台3役!

画期的な機能とデザインでおなじみのダイソン。「羽根のない扇風機」が有名ですが、同様の形状をした加湿器も高い評価を得ています。特筆すべきはその多機能ぶり。加湿器としてはもちろん、扇風機や空気清浄機としても使えるので、一年中大活躍!モダンなデザインは出しっぱなしでもインテリアを邪魔しません。
加湿方法は超音波式ですが、タンク内の水がUV-Cライトの照射で徹底除菌されるため衛生的。操作も簡単で、オートモードにしておけば、湿度や空気の汚れを検知して自動で反応します。手持ちのデバイスで、空気の状態検知や遠隔操作、音声操作ができる専用アプリも。
超音波式

ダイソン(dyson) Purifier Humidify+Cool PH03

種類超音波式
加湿量350ml/h
適用畳数(目安)プレハブ住宅洋室:10畳 、木造住宅和室:6畳
タンク容量5L
消費電力加湿モード:9W(最小)/43W(最大)、空気清浄モード:7W(最小)/41W(最大)
電気代(1時間あたり)0.28~1.3円(加湿モード)
サイズ本体:幅31.2×奥行31.2×高さ92.3cm、コード長さ:1.8m
重量8.05kg
機能タイマー、自動運転、湿度調整、風量調整、加湿お手入れ機能、Wi-Fi接続
カラーホワイト、シルバー

ダイソン 加湿器の人気ランキングをチェック!

バルミューダ(BALMUDA)|洗練されたデザインと高い操作性

個性的な家電を次々と生み出しているバルミューダ。同社の気化式加湿器「Rain(レイン)」は、独自のつぼ型デザインが美しく、国内外で数々のデザイン賞を獲得しています。
レインには無駄なボタンがなく、上部のコントロールリングを回したり、クリックしたりと操作方法も革新的。またタンクレスなので、給水時にタンクを着脱する必要がなく、その場で上から水を注ぎ入れるだけと手軽です。内部の水は気化され、送風機能により拡散されますが、酵素フィルターで除菌された空気のため衛生的に使えます。
気化式

バルミューダ(BALMUDA) レイン スタンダードモデル 気化式加湿器 ERN-1100SD-WK

種類気化式
加湿量600ml/h
適用畳数(目安)プレハブ洋室:約17畳
タンク容量4.2L
連続加湿時間6〜25時間
消費電力最小:2W、最大:23W
電気代(1時間あたり)0.062~0.7円
サイズ本体:幅350×奥行35×高さ37.4cm、コード長さ:1.8m
重量5.7kg
機能タイマー、運転モード(オート・マニュアル)、風量調整

バルミューダ 加湿器の人気ランキングをチェック!

ヴィックス(VICKS)|シンプルな構造でお手入れ簡単

のど飴でお馴染みのヴィックスですが、実は加湿器も高い人気を集めています。製造・販売しているのは、ヴィックスから製造ライセンスを譲り受けた米国メーカー・KAZ。同社は、世界初となる電気スチーム式加湿器を発明したことでも知られます。
ヴィックスの加湿器には、スチーム式と気化式の2種類がラインナップ。共に清潔感のある白とブルーのカラーリングが特徴です。スチーム式は、別売りのリフレッシュ液と芳香パッドを使うこともでき、リフレッシュ効果もプラス。気化式には、7色の星の光が楽しめるプロジェクター機能を搭載しているので、子ども部屋にもぴったりです。
スチーム式

ヴィックス(VICKS) スチーム加湿器 VWM845J

温かい蒸気が出てくるから清潔なうえ、部屋の温度を下げることもありません。透明なタンクなので水量がひと目でわかり、空焚き防止機能も搭載。別売りのリフレッシュ液を使うと、メントール成分とユーカリの香りで喉や鼻がすーっとします。薬効はありませんが、風邪や花粉症の予防にも使ってみたい加湿器です。

種類スチーム式
加湿量強:300mL/h、弱:130mL/h
適用畳数(目安)5~8畳
連続加湿時間強:約12時間、弱:約27時間
タンク容量3.7 L
消費電力弱:125W、強:250W
電気代(1時間あたり)0.13円~7.75円
サイズ本体:約幅27.5×奥行16.5×高さ30.5cm、コード長さ:約1.5m
重量約1.8kg

ヴィックスの加湿器の人気ランキングをチェック!

加湿器の選び方|チェックすべきポイントは?

加湿器
出典:写真AC
加湿器は種類がとても多いため、どれを買えばいいのか悩んでしまうことも。そこでここでは、加湿器を選ぶときにチェックしたいポイントをまとめました。

1. 使用する部屋の広さ

加湿器を置いた部屋
出典:写真AC
加湿器には適用畳数(適用床面積)が記載されています。これは日本電機工業会規格(JEM1426)に基づき、室温20℃のときに湿度60%を維持できる能力を表しています。
部屋の広さが適用畳数の境目なら、一つ大きいサイズを選んだほうが無難。また、天井の高さが高い場合や特に乾燥が気になる場合、エアコン暖房と併用する場合も大きめを選んだほうがベターです。ただし、湿度が高過ぎるとカビやダニの原因にもなるので要注意!

2. 加湿方法の違い

加湿器と子ども
出典:写真AC
前項で紹介したように、加湿器には大まかに分けて4つのタイプの加湿方法があります。それぞれ、電気代や稼働音、加湿スピード、衛生面などメリット・デメリットがあるので、よく確認しておくことが重要です。

3. お手入れのしやすさ

加湿器内部の掃除
出典:PIXTA
加湿器のお手入れを怠ると、内部にカビや雑菌が繁殖してしまい、呼吸器へ悪影響が出る「加湿器病」を引き起こすことも。実際に、肺炎の原因となるレジオネラ属菌が、加湿器のタンク内で繁殖したというケースも起きています。
そのようなトラブルを避けるためにも、加湿器はこまめにタンクやフィルターなどを掃除したいもの。広口タンクで中まで洗いやすいものやフィルターレス、内部パーツを外して洗浄できるものなど、掃除しやすい構造の機種であれば衛生面で安心です。

タイプ別に解説!加湿器のお手入れのことはこちらをチェック


4. タンク容量

加湿器の給水
出典:写真AC
加湿器のタンクは、容量が大きいほど給水の手間が省けます。就寝時にも使いたい場合や、ひんぱんに水をつぎ足すのが面倒という人は、タンク容量が大きなものがおすすめです。ただし、容量があるものは加湿器自体も大きくなります。設置したい場所に置けるか、購入時にはサイズもしっかりと確認しましょう。また、大容量のタンクは水を入れると重くなるため、着脱式は意外と大変。その場で上から給水できるタイプを選ぶと、ストレスなく給水できます。

5. 使いやすい機能

加湿器の操作ボタン
出典:写真AC
加湿器は機種によって、タイマーや湿度の自動調整機能、節電ができるエコモードなど、さまざまな機能があります。また潤い機能だけでなく、アロマオイルで香りを楽しめるものやLEDライトを搭載したものも。加湿器選びに悩んだら、これらの機能に注目してみるのも良いかもしれません。

加湿器は種類による違いを理解して選ぼう

 

出典:PIXTA
デザインやサイズなど、バリエーション豊富な加湿器。見た目だけで選んでしまうと、使い勝手が悪かったり、お手入れが大変だったりとがっかりしてしまうことも。加湿器選びに失敗しないためには、まず加湿方式を確認し、どのような特徴があるのか知っておくことが大切です。長時間つけっぱなしにしたいという人は、ランニングコストにも注意してくださいね。

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 脱・東京!北海道でメロン農家になりたい夫婦の農業研修記
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 暮らし > 加湿器の種類は4タイプ!選ぶならどれ?メリット・デメリットや電気代を比較表でチェック