屋内農園で障がい者雇用「IBUKI」が神奈川県海老名市に第6FARMをオープン

障がい者雇用支援コンサルティングを行う株式会社スタートライン(本社:東京都三鷹市)は、屋内農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI(読み:イブキ)」について、 2019年6月3日(月)に、神奈川県海老名市に第6FARM をOPENします。障がい者雇用支援の取り組みと「IBUKI」の特徴をお知らせします。


障がい者雇用支援コンサルティングを行う株式会社スタートライン(本社:東京都三鷹市)は、屋内農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI(読み:イブキ)」について、 2019年6月3日(月)に、神奈川県海老名市に第6FARM をオープンします。
障がい者雇用については2018年4月の法定雇用率2.2%への引き上げにより、企業の対策は急務です。しかし、「障がい者にどのような業務を任せるか」という職域開拓の点が、障がい者雇用が難しいとされる一つの要因になっています。株式会社スタートラインが行っている「IBUKI」は、障がい者がより長く安心して働くことができるサポート付きの就業環境を備えた、屋内農園型の障がい者雇用支援サービスです。

屋内農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI」の特徴

作物の手入れをする従業員
出典:株式会社スタートライン
「IBUKI」は天候の影響を受けない安全な屋内農園で、導入企業が主に知的障がい者や精神・発達障がい者を雇用し、約50種類のハーブ、葉物野菜、エディブルフラワーの栽培を行う障がい者雇用支援サービスです。栽培した作物は、自社の福利厚生として社員へ配るほか、ハーブティー等に加工され、企業のノベルティなどのブランディングツールとしても活用されています。
(サービスの詳細はこちら:https://start-line.jp/business/ibuki
農作業は土や植物に触れることで精神の安定にもつながり、それぞれの障がい特性に合った仕事ができるという点で、障がい者に適している仕事の一つと考えられています。「IBUKI」では主に、障がい特性上作業系の業務にて能力を発揮することができる知的障がい者や精神・発達障がい者が勤務しています。屋内農園(就業環境)と、障がい者へのサポート体制がセットで提供されており、企業にとっても障がい者雇用を促進しやすいサービスとなっています。

IBUKI第6FARMの概要

IBUKI第6FARM
出典:株式会社スタートライン

名称

IBUKI EBINA FARM

所在地

神奈川県海老名市社家924番地
※今回の第6FARMについては、既にすべて満室。引き続き予約もあるため、2019年7月を目途に第7FARMの開設準備もスタートしている。

IBUKIに込められた想い

ノベルティグッズ
出典:株式会社スタートライン
「息吹」には、冬が終わり植物や生き物が一斉に息吹を吹き返し、活動的になり始めるさまを表しているのだそう。また、「育つ」「活気がある」「希望を与える」「元気づける」「明るくする」「刺激を与える」等のイメージもあり、働く障がい者に「働く喜び」を感じていただきたいとの想いが込められています。

会社概要

商号 株式会社スタートライン
創業 2009年12月
所在地 東京都三鷹市上連雀1-12-17 三鷹ビジネスパーク1号館3F
事業内容 1. 障がい者雇用総合コンサルティングサービス
2. 障がい者向けサテライトオフィスを活用した障がい者雇用支援サービス
3. 屋内農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI」
4. 障がい者向け求人サイト「MyMylink」
5. 障がい者専用人材紹介 (有料職業紹介許可番号13-ユ‐306718)
6. 障がい者雇用に関する各種研修・セミナー
7.特例子会社設立支援
8.障がい者職業生活サポートのプロフェッショナル人材の派遣
(一般労働者派遣事業許可番号 派13-305964)
URL https://start-line.jp/

この記事に関連するタグ

関連する記事

作物の手入れをする人
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

t.kamiyama
t.kamiyama

旅と本とおいしいものが好き。 厳選した情報をお届けできるよう、AGRI PICKと共に成長していきたいです。