農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 農業資材 > 収量アップを目指す米農家必見!浸種用機能水器「苗清水(TM)」は苗の持つ力を最大限に引き出す

収量アップを目指す米農家必見!浸種用機能水器「苗清水(TM)」は苗の持つ力を最大限に引き出す


「苗清水(TM)」は、散水・園芸用の水栓につないで、浄水器のように使う農業資材です。稲の浸種工程に「苗清水(TM)」を通した水を使うことで、根張りがよくなり、旺盛に育って収量が増加すると報告されています。
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Feedly

金のいぶき

写真提供:三菱ケミカルアグリドリーム株式会社
米の1人当たりの年間消費量は、減少傾向が続いています。一方、コメ・コメ加工品の輸出額は増加傾向にあるほか、米粉用や飼料用の米の需要は増加しています。2018年に減反政策が終了し、「飼料用米多収日本一コンテスト」が実施されるなど、米作りの環境は大きく変わり、才気あふれる農業経営者が自由に米を生産し、販売することが可能になりました。(参考:令和2年度 食料・農業・農村白書


ここでは、新しい栽培方法にチャレンジする農業経営者の注目を集めている、浸種用機能水器「苗清水(TM)(なえしみず)」(三菱ケミカルアグリドリーム株式会社)をご紹介します。

米づくりは「育苗」が鍵を握っている

苗清水の苗のマット裏
写真提供:三菱ケミカルアグリドリーム株式会社

浸種の温度管理と作業量

米づくりは、苗作りからのスタートダッシュが秋の収穫量を左右するといわれています。浸種段階においては、水温の管理が重要で、種籾(たねもみ)の場合、発芽に必要な積算温度は100℃といわれており、水温が15℃であれば7日間必要になります。水温が高いほど発芽が早くなる計算ですが、種籾に短時間で吸水させるため発芽ムラができやすくなります。水温を低くすると発芽ムラは少なくなりますが、水替えなどの作業量は増えます。

倒伏しない根張りの良い苗を作るために

倒伏しにくい稲を作るためには、育苗段階から根張りをよくするためのさまざまな工夫が必要です。戦後開発された苗づくりの技術で「畑苗(はたなえ)」というものがありました。早く稲を大きく育てることを目的に、苗を畑で育て保温するというものですが、小さくてもがっちりとした苗になり根付きも良く、窒素やデンプンもたくさん蓄えていました。これは、畑で水分不足に追い込まれたイネが、秘めている能力を開花させたことによるものと考えられています。


「苗清水(TM)」のメカニズムを解説|「苗清水(TM)」で浸種すると苗の生育が向上

冠根が多い苗
写真提供:三菱ケミカルアグリドリーム株式会社
三菱ケミカルアグリドリーム株式会社が開発した浸種用機能水器「苗清水(TM)」は、給水口に設置する機器です。「苗清水(TM)」に通された水を種籾の浸種に使うと、苗の生育が良くなり、葉色が濃く、根量が多く、根長が長く、苗ぞろいが良いなどの効果が出ています。

「苗清水(TM)」を使うとなぜ苗が良く育つのか?

「苗清水(TM)」の技術は、機能水による非生物的ストレスを与え、植物が本来もっている能力を十分に発揮させることを期待したものです。種子に穏やかなストレスを与えることで、より根を伸ばすなどの生育促進につながっていると考えられています。

「苗清水(TM)」の処理水は早く浸透

「苗清水(TM)」の処理水は水に含まれているミネラル成分を取り除いているので、浸透圧差が大きく、種籾の細部まで早く浸み込みます。種籾内のデンプンを溶かす酵素の働きも早まり発芽がアップすると期待されます。

発芽抑制成分を効率的に除去

「苗清水(TM)」の処理水には、発芽抑制物質など、より多くの成分が種籾から溶け出します。

ミネラル不足で生じたストレスが根の生長を促進

本来生育に必要なミネラルが不足した環境で休眠から目覚めるため、植物生理が活性化します。水に栄養がないため、イネはとんでもなくやせた土地に生まれてしまったと勘違い。そこで、より栄養を得られるように、根をたくさん伸ばして強くて丈夫な苗になろうとしていると考えられます。

生育の各段階における「苗清水(TM)」の効果

苗清水の生育過程
写真提供:三菱ケミカルアグリドリーム株式会社

発芽が早い!

浸種後の様子
写真提供:三菱ケミカルアグリドリーム株式会社
「苗清水(TM)」区の苗は無処理区に比べて発芽が早いのがわかります。短期間での発芽は、育苗期間の短縮につながります。

根が多い!

苗のマット裏
写真提供:三菱ケミカルアグリドリーム株式会社
「苗清水(TM)」区の苗(写真左)は、側根は細やかに増え、冠根は太く長く生長し、全体の根量が増えています。根が多いため、「苗清水(TM)」利用の苗箱底は白く見えるほどです。根の密度が高いため根張りが良く、田植え後の活着が早いです。スタートダッシュが効くため、分げつの発生も早くなります。

葉が旺盛に育つ!

苗清水の苗の比較
写真提供:三菱ケミカルアグリドリーム株式会社
「苗清水(TM)」区の苗は茎数が多く、葉も良く茂り、葉の色も濃くなっています。

穂数が多い!

穂数の差
写真提供:三菱ケミカルアグリドリーム株式会社(画像下が「苗清水(TM)」区)
2019年モニター圃場(ほじょう)17カ所で三菱ケミカルアグリドリームが測定したデータの平均値では、「苗清水(TM)」区は10a(1反)あたりの収穫量が約13%アップしました。ただし、収量が変わらなかったり、低い圃場もありました。

「苗清水(TM)」で育てた米の特徴

「苗清水(TM)」で育てた米(山田錦)を外部機関に一度調べてもらったところ、それ以外の米に比べて、籾すり後ふるいにかけて選別した精玄米(2.0mm 以上)の割合が最大で3.9%高いことがわかりました。また、以下のような特長も見出され、酒米としての性質のよさが期待されます。

・破砕率が低かった…精米加工がしやすく、歩留まりが高まる
・Brix(糖度屈折計示度)、アミノ酸度がやや低かった…口当たりが良い淡麗な清酒になりやすい
・カリウムが多かった…麹菌(こうじきん)や酒母における酵母が増殖しやすい
・タンパク質が少なかった…蒸米の消化性が良く、雑味の少ない清酒になりやすい

苗清水(TM)WEB受付フォーム


「苗清水(TM)」は給水口につなぐだけ!電源や水道工事も不要

苗清水
写真提供:三菱ケミカルアグリドリーム株式会社
「苗清水(TM)」は散水・園芸用の給水口につなぐだけで利用できます。設置に必要なものは、ドライバーとレンチのみ。接続に必要な部品はすべて付属しているので、特殊な工具や電源、水道工事は不要です。流量計に流量が表示されるため、カートリッジの交換時期は一目でわかります。(ただし、ご使用の地域によって原水の種類や水質、水替えの頻度などが異なります。)

「苗清水(TM)」の水は、浸種のみに使用します。飲用や養魚水には利用しないでください。

苗清水(TM)WEB受付フォーム


試験農家に聞く!「苗清水(TM)」を導入した感想や効果

苗清水試験圃場
写真提供:三菱ケミカルアグリドリーム株式会社

宮城県大崎市|農事組合法人大地・畑山敏昭さん

農業法人大地の人々
写真提供:畑山敏昭さん(畑山さんは上段左)

「農事組合法人大地」代表理事
12haの圃場(ほじょう)で「ひとめぼれ」と「金のいぶき」を栽培

宮城県大崎市で「ひとめぼれ」と「金のいぶき」を生産する農事組合法人大地の畑山敏昭さんにお話を伺いました。2014年に法人を設立し、経費をかけない、より多く収穫する、消費者の方に支持される、という3つの基本を大切に、経営を安定させ発展させることを目標にしています。畑山さん自身は、好きな農業を力いっぱいやっておいしいものを作り、お客様においしいと言ってもらいたいと思っているそうです。

従来の栽培方法で課題に感じていたことはありますか?

畑山敏昭さん
畑山敏昭さん
「金のいぶき」の苗づくりがなかなかうまくいきませんでした。作りにくい品種で、発芽がまばらでそろわない、発芽したあとも苗の根張りが悪いという課題がありました。「苗清水(TM)」は苗の生育を促す効果が期待できると聞いて使ってみることにしました。

「苗清水(TM)」の設置や利用に難しい点はありましたか?

畑山敏昭さん
畑山敏昭さん
特に大きな問題はありません。水がたまるまで時間がかかりますが、ある程度たまるまでは別の作業を行ったりしています。

「苗清水(TM)」で浸種した印象はどうでしたか?

畑山敏昭さん
畑山敏昭さん
プールに水を張り、3週間から1カ月程度種子を水に漬けるのですが、浸種した最初のうちは、水道水の場合は数日で交換しなければならないところ、「苗清水(TM)」の場合には10日間ぐらい放置していても問題はありませんでした。

種は生きて呼吸をしているので水が濁り、臭いも発生します。今までは水道水を利用していて、水の交換を頻繁に行わなければなりませんでした。しかし、「苗清水(TM)」を使ってみると、濁りが少なく臭いがきつくないことがわかりました。

発芽した後の状態はいかがでしたか?

畑山さん苗清水試験圃場
写真提供:三菱ケミカルアグリドリーム株式会社
畑山敏昭さん
畑山敏昭さん
発芽ぞろいが比較的良い印象を受けました。直播(ちょくはん)の部分は、低温に遭い出芽までに時間が長くかかったのですが、「苗清水(TM)」を使った部分は出芽が早く、多くそろって出ました。収穫量は坪刈りをしたデータでは「苗清水(TM)」の方が上回っていますが、全体的な状況を見ると若干落ちているのではないかという気もしています。

今後も「苗清水(TM)」を利用しますか?

畑山敏昭さん
畑山敏昭さん
稲にとって「苗清水(TM)」は良いものだと思いますし、水交換の手間が削減されることや出穂の状態が非常にそろっていることは、今後も続ける動機付けにはなります。ただ、低米価の中でコスト削減が求められている現実があるので、継続して利用するかは検討課題です。

一般社団法人 未来のタネ研究所代表理事兼所長|永野邦明先生

永野邦明先生
写真提供:永野邦明先生
農事組合法人 大地の畑山敏昭さんと2年間「苗清水(TM)」の試験を一緒に行った永野邦明先生にお話を伺いました。

「苗清水(TM)」の実証試験の印象をお聞かせください。

「苗清水(TM)」を使用すると確実に初期生育が向上することは、明らかになりました。しかし、そのあとの天候次第で結果が見えにくくなってしまうことがあります。ずっと悪い天候が続けば、「苗清水(TM)」区と未処理区の差が開くと思うのですが、良い天気が続けば最終的な効果がわかりにくくなってしまいます。「金のいぶき」のように、明らかに苗づくりが難しいなどの課題がある場合にピンポイントで導入するのがよいのではないでしょうか。また、SDGsが注目される中で、化学農薬ではなく、生理的な活性を高めて生育をよくするというのは時代にあっていると思います。


北海道北斗市|中川農園・中川明さん

中川明さん
写真提供:中川明さん
北海道北斗市で、「ふっくりんこ」と「ゆめぴりか」を生産する中川農園の中川明さんにお話を伺いました。中川さんは、豊作のときはおいしいお米ができるという信念のもとに、天候に左右されない強い米づくりを目指しています。

中川 明さんプロフィール
昭和59年 北斗市(旧大野町)生まれ
作付け:水稲17ha、ながねぎ70a、トマト40a
家族構成:両親、奥さん、子ども2人

従来の栽培方法で課題に感じていたことはありますか?

中川明さん
中川明さん
育苗や管理にかかる日数と人件費に課題を感じていました。播種(はしゅ)してから1カ月ぐらいハウスで管理して、毎日1~2回水をかけなくてはならないので、人がつきっきりになることになります。

「苗清水(TM)」の利用に難しい点はありましたか?

中川明さん
中川明さん
特にありません。強いて言えば、水道水と比べて流量が少ないので水をためるのに時間がかかります。

「苗清水(TM)」の使用時、もともとの水の水質や温度でかかる時間が変わります。中川農園の場合、「苗清水(TM)」を利用して1Lのためるのに4~5分必要でした。「苗清水(TM)」では、カルシウムやマグネシウムがカートリッジ内の物質に作用するのですが、流速が早いと作用しきれないことがあります。また、水温が低いとイオン分が作用するのが遅くなるので、寒い地方は時間がかかる傾向にあります。「苗清水(TM)」を利用している農家は、水が必要になる半日前に準備したり、カートリッジを2本使うなどの工夫をしていることがあります。

栽培の様子はどうでしたか?

苗清水中川さん試験結果
写真提供:三菱ケミカルアグリドリーム株式会社
中川明さん
中川明さん
湛水直播(たんすいちょくはん)の圃場で、発芽ぞろいがよかったです。発芽がよすぎて軟弱徒長ぎみになったんですよね。風当りのない畔際から芽は出やすいのですが、全体的に芽が出そろうのが早い気がしました。色上りも早かったです。出始めの芽は淡い黄緑色なのですが、葉緑素が上がってくるのが早いというイメージを持ちました。

収穫の感触はいかがでしたか?

中川農園の収穫米
写真提供:三菱ケミカルアグリドリーム株式会社
中川明さん
中川明さん
収穫量は慣行区よりやや増で、少しできが良い印象を持ちました。ただ、登熟が少し遅れました。北海道は霜があるので、ある程度の時期になったら、しっかりと登熟が進んで稲刈りができる方がいいのです。

登熟が遅れたのは、籾数が増えたためだと考えられます。1株にたくさんの籾があると、そこに栄養を巡らせるのに時間が必要になります。気温が低いことや籾数が多い場合には、追肥をすることでより収穫を増やせる可能性があります。今回、中川さんの圃場では、発芽がよくなりすぎて軟弱徒長ぎみになり、追肥すると稲が倒伏する恐れがあると判断し、追肥はしませんでした。

今後も「苗清水(TM)」を利用しますか?

中川明さん
中川明さん
前向きに考えています。移植苗でも使用したのですが、全体的に生育は良いと感じました。もう少し栽培方法をいろいろと試してみたいです。「苗清水(TM)」を使用すると分けつ量が増えると思うので、播種量を減らす、肥料設計を変えるなどの工夫を考えています。

機能水の力で植物本来の力を目覚めさせ強靭な苗を育てる

苗清水ゆめぴりか48日目
写真提供:三菱ケミカルアグリドリーム株式会社
「苗清水(TM)」は農薬ではないので、肥料取締法の対象外です。そのため、有機栽培にも利用可能です。機能水技術によって植物に対して非生物的ストレスを制御することで、植物が本来持っている能力を発揮させ、より良い栽培を目指す新たなソリューションです。発芽が早くなる、根が旺盛に育つなどの初期生育の向上は、特に気候が不安定な地域や栽培が難しい品種の栽培において大きな助けになります。あなたの圃場でも「苗清水(TM)」のアシストを実感してみませんか?

「苗清水(TM)」への問い合わせについて|直播モニターも募集中

「苗清水(TM)」は地域によってはパートナー企業からも購入できます。まずは、三菱ケミカルアグリドリーム株式会社にお問い合わせください。
また、今後はさらに検証数を増やし、生育データの収集を行う予定です。現在、直播モニターも募集中です。

苗清水(TM)WEB受付フォーム

Sponsored by 三菱ケミカルアグリドリーム株式会社

SERIALIZATION連載

  • 脱・東京!北海道でメロン農家になりたい夫婦の農業研修記
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 農業資材 > 収量アップを目指す米農家必見!浸種用機能水器「苗清水(TM)」は苗の持つ力を最大限に引き出す