【2020年最新】電動ノコギリおすすめ10選!DIYや剪定に使える小型機種の選び方、使い方

ノコギリ作業を圧倒的に楽にする、電動ノコギリを徹底紹介!丸のこやジグソーとの違いや安全な使い方を解説。初心者向けや剪定向けなどタイプ別の電動ノコギリおすすめ10選を口コミ付でご紹介します。さらに賢く利用できるレンタル情報など、電動ノコギリの情報が満載です!


DIY

出典:PIXITA
木の剪定や、DIY、ゴミの処理など…ノコギリがあったら便利だと思う場面って結構ありますよね。量があるとかなりの重労働になったり、はさみではうまく切れなかったり、そんな時にあると便利なのが電動ノコギリです。でもいざ選ぶとなると、どの電動ノコギリを使えばいいのかわからない人も多いはず。この記事では、電動ノコギリの基本から、手軽に使える小型、本格的なタイプ、安全に使うポイントと、レンタル情報まで紹介します!

まずは基本!電動ノコギリ・ジグソー・丸ノコ・卓上電動糸鋸の違いとは?

電動ノコギリ
出典:写真AC
電動ノコギリを調べると、丸ノコやジグソーなどもあって、なにが違うのかわからなくなりますよね。ここでは、それぞれの基本的な構造と特徴をサクッと解説します。

電動ノコギリ

電動ノコギリ
レシプロソーやセーバーソーとも言われます。本体の横側から出た刃の前後運動によって切断します。小型で取り回しが良く、細かいところや天井など高所での作業が得意です。イメージとしては、手ノコに電動アシストがついたものです。

ジグソー

電動ノコギリ
本体の下側に出た刃の前後運動で切断します。刃が細く曲線切りができるのが特徴。切断スピードはあまりでません。

ジグソーの詳細はこちらの記事でチェック!


丸ノコ

電動ノコギリ
円盤状の刃が回転して木材・金属を切断する工具。切断スピードは速く、直線できれいにカットするのに向いています。卓上で使えるタイプもあり。建築やDIYでよく使われます。

丸ノコの詳細はこちらの記事でチェック!


卓上電動糸鋸

電動ノコギリ
その名の通り糸状の刃を上下に動かして切断します。電動のものは卓上または据え置きタイプです。細かな曲線を切ることができ、細工物を作るのに向いています。

糸鋸の詳細はこちらの記事でチェック!



自分に合った電動ノコギリの選び方

出典:PIXTA
電動ノコギリを初めて買うときに知っておきたいポイントを解説していきます!

バッテリー充電式vs電源コード式

電動ノコギリには、電源コードをつないで使うタイプとコードレスで使えるバッテリー充電タイプがあります。バッテリータイプは持ち運びや移動しながらの作業がしやすく、庭木の剪定や電源のない畑での作業に便利です。電源コードタイプはパワーの強いものが多く、使用時間の制限もないので、作業量が多い場合に向いています。ガーデニングや軽いDIY程度なら、取り回しやすいバッテリー式がおすすめです。

切断能力

切断に関わってくるのは、消費電力、ストローク数、ストローク幅です。消費電力は電動ノコギリが持つパワーの目安になり、W数が高いほどパワーが強い傾向があります。ストローク数はノコギリの刃が動く速さで、高いほど速く切れます。ストローク幅は刃が前後する範囲です。太い材料や硬い金属を効率よく切断したい場合は、ストローク幅が広いモデルを選ぶと良いでしょう。メーカーの表示を確認してみてくださいね。

重さ

特に庭木の剪定をしたい場合、電動ノコギリを持ち上げて作業するため重さが重要になります。重過ぎると作業できる時間が限られますし、特に女性が使う場合、低い位置の作業でも予想外に疲労するので、片手で持ち上げられる2kg以内のモデルがおすすめです。

ブレードを選ぼう!

電動ノコギリはブレードによって切断能力が変わってきます。木工用、金属用や塩ビ用ややすり用ブレードなど。目的にあったブレードを使うことで確実に切断でき、事故や消耗も少なくできます。電動ノコギリを買ったら替え刃もチェックしましょう!

人気の小型電動ノコギリはマキタ&リョービ!

電動ノコギリのメーカーは数あれど、最初に選ぶならマキタとリョービのどちらかがおすすめです。この2つのメーカーならホームセンターなどでも手に入れやすく、しかも有名メーカーなのでインターネットで使い方やメンテナンス方法もすぐに調べられます。まずは両メーカーを代表する小型の2機種を紹介します!

軽くて小さく取り回ししやすいマキタの小型タイプ

ITEM
マキタ 10.8V 充電式レシプロソー JR101DW
細かい作業に、コンパクトコードレスなので取り回ししやすい。パワーはそこまで強くないですが、ちょっとした作業には十分!

・タイプ:バッテリー
・重さ:1.1kg
・ストローク数/幅:毎分0~3300/13mm
・切断能力:木材50mm

家庭に一台。はじめてなら使いやすいリョービの電動ノコギリ

ITEM
リョービ 電動ノコギリ ASK-1000
手のこの感覚に近く使いやすい電動ノコギリ。性能と価格のバランスがよく、初心者におすすめ。

・タイプ:電源コード
・重さ:1.3kg
・ストローク数/幅:毎分0~4500/10mm
・切断能力:木材40mm、軟鋼材3.5mm、庭木径45mm

これがなければ生活できない。電動ノコギリは普通のノコギリと同じ感覚で使用できるのです。素早く使用することが出来て、とても便利で効率よく使用できるノコギリとして日常の生活の必需品です。買った人が丸儲けする感覚です。


マキタ&リョービ、おすすめ2種比較表

メーカー・製品名 タイプ 特徴 重さ  切断能力
 木材  軟鋼材
マキタ 充電式レシプロソー10.8V JR101DZ  バッテリー  コンパクト・軽量  1.1kg  50mm  –
RYOBI 電動ノコギリ ASK-1000  電源コード  使いやすいデザイン  1.3kg  40mm  3.5mm

メーカー別|DIYや剪定に使える小型電動ノコギリ4選

マキタとリョービ以外にもたくさんのメーカーから販売されている電動ノコギリ。どれがいいのかわかりにくいですよね。ここではタイプ別におすすめの小型電動ノコギリを紹介します!

電源がない場所でも作業できるコードレスタイプならコレ

ITEM
ハイコーキ(HiKOKI)10.8V コードレスミニソー FCJ10DL(LCS)
コードがなくても使えるバッテリータイプ。ジグソーのブレードが使えます。

・タイプ:バッテリー
・重さ:1.2kg
・ストローク数/幅:毎分0-2700/13mm
・切断能力:木材50mm、軟鋼材4mm

重労働の枝切りがラクに。剪定用パーツ付き

ITEM
ボッシュ(BOSCH)コードレスのこぎり KEO
独自のAグリップという部品がついており、振動を抑えて片手で簡単に枝切りができます。コードレスタイプなので電源のない畑や、コードだと絡まって危ない高い枝を切る作業にも。

・タイプ:バッテリー
・重さ:1.05kg
・ストローク数/幅:毎分0~1800/20mm
・切断能力:木材60mm、軟鋼材3.2mm、庭木径80mm

使いやすさ。枝にかけて切断するのももちやすく使いやすいです。


ジグソーとしても使えてDIYにぴったり

ITEM
ブラックアンドデッカー 電動式ノコギリ/ジグソー KS900G
電動ノコギリから曲線切りができるジグソーにワンタッチで変身、2つのモードで使えます。パワーもあるのでDIYに!

・タイプ:電源コード
・重さ:2.0kg
・ストローク数/幅:毎分0~5,500/10mm
・切断能力:木材100mm×100mm、軟鋼材3.5mm

大変樂です。この種の電動ノコギリは初めて購入し、使ってみました。大変良く切れますし、枝なんかもすいすい切れます。スイッチ部分と回転速度調整ボタンを同時に押さなければならないのですが、もう少し楽に同時に押せる位置にしてほしいですね。


まずは試しに。コストパフォーマンスならこの一台

ITEM
アースマン(EARTH MAN)AC100V電動ノコギリ DN-100
木材・プラスチック・竹・一般金属などを切断する軽作業に使える機種です。値段は安いですが、使えるだけの性能は備えています。本格的な機種を買う前にお試しに購入してみるのもいいかもしれません。

・タイプ:電源コード
・重さ:1.6kg
・ストローク数/幅:毎分0~2200/18mm
・切断能力:木材55mm、軟鋼材2.5mm

庭木の剪定。 ノコギリでは時間も手間もかかるため、こちらを購入。ほとんど手を添えているだけで、あっと言う間に切断出来ました。初めて使ってみましたが、以外に音がする事とコードが少し短いと思う他は、大変満足しています。


一目でわかる!おすすめ4機種比較表

メーカー・製品名 タイプ 特徴  重さ  切断能力
 木材  軟鋼材
ハイコーキ 10.8V コードレスミニソーCJ10DL  バッテリー  コードレスで持ち出せる  1.2kg  50mm  4mm
ボッシュ コードレスのこぎり KEO(キオ)  バッテリー  剪定用アタッチメントあり  1.05kg  60mm  3.2mm
ブラックアンドデッカー コード式 電動式ノコギリ・シグソー KS900G</a  電源コード  ジグソーに切り替え可能  2.0kg  100mm×100mm  3.5mm
アースマン AC100V電動ノコギリ DN-100  電源コード  コストパフォーマンス高  1.6kg  55mm  2.5mm


金属まで切れる!小型電動ノコギリ2選

パイプのカットやフェンスの切断など、畑仕事やDIYでは金属を切りたい時がありますよね。そんな時にも使える、パワーのある電動ノコギリのおすすめです。銅やアルミ、ステンレスにも。硬くて手で行うと時間のかかる金属にこそ電動ノコギリの力が発揮されます!

プロも使うパワフルさ。電源コード・低振動システムで長時間の作業にも

ITEM
ハイコーキ(HiKOKI)電子セーバソー CR13VBY2
低振動システムで長時間の作業がラクに。プロが使う納得の一品。

・タイプ:電源コード
・重さ:4.5kg
・ストローク数/幅:毎分0~3000/32mm
・切断能力
鋼管:外径130mm
塩ビパイプ:外径130mm
木材:厚さ120mm
軟鋼材:厚さ19mm

早い、静か、軽いから楽!現場作業には最適、力もあるし、購入してせいかいでした。


充電式でもしっかり切れる、マキタの18V!

ITEM
マキタ レシプロソー充電式18V JR184DRF
高い所や、狭い所の作業用と、力を入れたい時用の二つのトリガーで作業しやすい!別売ブレードでステンレスのカットまで可能。

・タイプ:バッテリー
・重さ:1.7kg
・ストローク数/幅:毎分0~3000/13mm
・切断能力:木材50mm
・3Ahバッテリ・充電器・ケース付

これ、持っていてよかった一台です。
本当に買ってよかったw
開口、出っ張った全ネジを壁近くで切断。
配管切断・・とにかく便利


種類別|本格的に使える電動ノコギリ2選

小型では物足りない、本格的にDIYなどの作業で使いたい場合は、各機能に特化した電動ノコギリを選びましょう。ハイパワーで高性能の機種を選べば思い通りの作業ができるはずです。

ジグソー|ハイパワーで高性能!この一台があればDIYがより便利になる

ITEM
ボッシュ(BOSCH)SDSジグソー PST1000PEL
片手でも操作しやすい軽量・コンパクトなジグソーです。プロも使えるくらいの高性能で、DIY作業がはかどること間違いなし!切断ガイドがついており、直線・曲線・傾斜などさまざまな切り方がより簡単にできるようになりました。ライトがついているので暗いところでも作業できます。

・タイプ:電源コード
・重さ:2.2kg
・ストローク数/幅:毎分500-3100/23mm
・切断能力:木材100mm、軟鋼版10mm

集合住宅のため静かさ重視でホームセンターで10種類ほど音を確認しました。
その中で1番静かだったので、これにしました。
パワーもあり使いやすいです。
速度を上げなければ、昼間の短時間なら苦情はこないと思います。


丸ノコ|本格派なのにコードレスで軽量!これがあれば家もたてられちゃうかも?!

ITEM
マキタ(Makita)165ミリ充電式卓上マルノコ LS600DRG
最大の特徴はバッテリー式で持ち運びができること。軽くてコンパクトなので、どこでも作業ができます。

・刃物径:165mm
・本機寸法:奥行340×幅400×高さ440mm
・質量:6.2kg(BL1860B装着時)
・標準付属品:電池1個、充電器付ダストバッグ、三角定規、たてバイス、ボックスレンチ10、六角棒スパナ2.5

軽くてチョイ切りに丁度いい
レーザーライン.照明 充電工具としては最高‼︎


DIYに便利な電動道具はこちらでもご紹介!


電動ノコギリのレンタル情報はこちら

DIY
出典:Pixabay
意外と知られていないのが、電動ノコギリがレンタルできること。ホームセンターやレンタルショップなどで手軽に借りることができるのです。例えば、枝切りの時期や、大掃除のゴミ捨てにだけ使いたいたい場合は、限られた期間だけレンタルするのがお得!また、購入するか迷っている場合にも、レンタルで試しに使ってみてから買い取るという活用法もあります。お得に、賢く使えるレンタル店の情報を紹介します。

ホームセンター(カインズ、コーナンなど)

あまり知られていませんが、カインズやコーナンなど一部のホームセンターでは電動工具のレンタルを行っているところも。ホームセンター内の工作ゾーンだけではなく、家に持ち帰りもできちゃいます。お近くのホームセンターに電動ノコギリのレンタルがないか聞いてみましょう!

カインズ公式HP「設置機械・工具 – CAINZ工房 | カインズ DIY style

レンタルショップ

REマーケット

電動工具から農機具までレンタルしているショップ。リョービ・マキタの電動ノコギリが選べます。
REマーケット公式HP「電動工具のレンタルならREマーケット!

レンタルトライ

1カ月のプランなどもあり、ある程度の期間借りたい場合に価格が安いです。DIY用の軽いモデルが充実。

レンタルトライ公式HP「電動工具レンタル(木材や金属の切断・研磨)などに – レンタルトライ-

電動ノコギリの安全な使い方のポイント

DIY
出典:Pixabay
電動ノコギリはとっても便利ですが、ケガをする危険もあります。使い方を守って安全に気をつけて使いましょう。安全のために気をつけるべきポイントを解説します。

Point1. 手袋、保護めがねを装着しよう

作業する時には作業用手袋をつけましょう。電動ノコギリを長時間使うと手が痺れるため、振動防止手袋がおすすめです。大きい手袋だとだぶついた部分が挟まって事故になった例もあるので、きちんとサイズにあったものを選びましょう。また、木の破片や屑が飛んでくるので、防護めがねを着用するのがおすすめです。
ITEM
防振手袋 MT851DX
手のひら側にソフトで耐久性に優れた人工皮革を使用した防振手袋です。手の甲側には吸汗速乾繊維を使用し、蒸れにくくなっています。
チェーンソーなど、小型電動器具の作業時に最適です。

・材質:手のひら部:人工皮革、手の甲部:ポリエステル質量

ITEM
ミドリ安全 保護めがね MP-822
ソフトクッション鼻パッド採用で、軟らかい鼻当たりを実現。鼻パッドはつまむと左右に動かせて、鼻に合わせて幅を調節できます。紫外線を99.9%カットする眼にやさしいレンズです。

・材質:プラスチックフレーム
・レンズ:JISポリカーボネート(両面曇り止め)

Point2. 材料をしっかり押さえる

材料はクランプや万力でできるだけ固定しましょう。そうすることで両手でノコギリを持つことができます。両手でしっかりと持つことで、キックバック現象という、刃が切れにくい部分に当たった時にノコギリが跳ね上がる現象が起きにくくなります。

Point3. 「手ノコ」のように動かして切る

厚めの板を切る時などは手ノコを使う時のように前後にノコギリを動かして切りましょう。切れにくい場合にも、ノコを材料に押し付けるのではなく、前後に引くことで速く切ることができます。

電動ノコギリで楽に作業しましょう!

DIY
出典:Pixabay
この電動ノコギリが自分の作業にはぴったり!といった一台は見つかったでしょうか?一度、電動ノコギリを使って、その便利さを味わってしまうと、もう手作業でやっていたころには戻れません。実際、商品の口コミを見ていても買った人の満足度の高さがうかがわれるコメントがたくさんあります。もし購入に迷っているようならレンタルからでも、ぜひチャレンジしてみましょう!基本の使い方を守って安全に作業してくださいね。

紹介されたアイテム

マキタ 10.8V 充電式レシプロソー…
リョービ 電動ノコギリ ASK-1000
ハイコーキ(HiKOKI)10.8V コ…
ボッシュ(BOSCH)コードレスのこぎり…
ブラックアンドデッカー 電動式ノコギリ/…
アースマン(EARTH MAN)AC10…
ハイコーキ(HiKOKI)電子セーバソー…
マキタ レシプロソー充電式18V JR1…
ボッシュ(BOSCH)SDSジグソー P…
マキタ(Makita)165ミリ充電式卓…
防振手袋 MT851DX
ミドリ安全 保護めがね MP-822

RECOMMENDSおすすめ

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記

FEATURES特集

特集をもっと見る

murasaki

DIYなどのものつくりや植物系のガジェットが好き。 屋上で菜園をしたり、自作器具で水耕栽培をしたりしています。

育て方・病害虫を一発検索