夏だ!海だ!冷凍フルーツだ!おすすめと品質を保つ保存方法を紹介

収穫しすぎてしまった、買いすぎて食べきれなかったとき、アイス代わりにも、デザートやお料理の彩りを添えるときにも使える冷凍フルーツ。簡単な冷凍フルーツの作り方とおすすめの業務用冷凍フルーツ、保存グッズ、消費期限、冷凍フルーツを使った超お手軽なレシピを紹介します。


出典:Pixabay
家庭で育てたフルーツ、一気に消費するのが難しいですよね。そんなときは冷凍フルーツにして、ゆっくり消費していけばOK!農家さんや家庭菜園をしている方におすすめな、冷凍フルーツの作り方・上手な保存方法をご紹介します。

冷凍フルーツは、ダイエット効果あり!?

出典:Pixabay

アイス代わりのおやつに

暑い時期に食べたいのが、アイスクリームですよね。アイスクリームの代わりに冷凍フルーツを食べれば、脂質や糖分の摂取量を抑えることができます。アイスのようなクリーミーさはありませんが、健康的に痩せたい!という人におすすめです。

少量で満足できる

さらに、冷凍フルーツは普通のフルーツよりも硬く、噛み応えがあります。見た目も冷凍前より大きく見えるので、少量でも満足感がありますよ。夏にぴったりの、ひんやりおやつです!

夏バテや疲労回復にも!冷凍フルーツの種類

出典:Pixabay

そのままサーブに手軽な「カットタイプ」

すでにカットされているタイプの冷凍フルーツです。大きい果物や、断面を盛り付けてキレイに見せたい場合におすすめ。冷凍してからカットしようとすると、硬くて難しいです。

お弁当の保冷にも便利な「丸ごとタイプ」

お弁当のデザートとして、丸ごと冷凍したフルーツを入れておけば、保冷剤替わりになって便利!冷凍庫から出したばかりのときはカチカチでも、お昼までに自然と解凍されます。

冷凍フルーツの作り方

出典:Pixabay
ただ袋に入れて、そのまま冷凍すればいい……と思っていませんか?ほんの「ひと手間」をかけることで、自家製冷凍フルーツの風味や保存性がアップします。

基本の作り方

作り方は簡単!まずはフルーツを洗いましょう。必要であれば、ひと口大にカットします。それからペーパータオルで水気を取ってください。そこまで下準備ができたら、トレー、クッキングシート、フルーツの順で並べ、ひと晩冷凍します。フルーツ同士が重ならないようにしましょう。
翌朝、チャック付きの袋に移し、再度冷凍すれば完成です。

ポイント

ペーパータオルで水分を取り除くところが肝心です。濡れた果実を冷凍してしまうと、表面が氷だらけ!という仕上がりになり、解凍したときに果実がグショグショします。また、冷凍中は外気に触れないように、袋の空気を抜いてからしっかり密閉しましょう。

→ブルーベリーをおいしく保存する方法はこちら

冷凍フルーツのおいしい食べ方!アレンジレシピを紹介

出典:Pixabay

ヨーグルトに冷凍フルーツミックスをトッピング

大定番かつ、超簡単!フルーツの種類を選ばない食べ方です。ヨーグルトの上に「のせるだけ」で完成するから、忙しい朝にぴったり。

フルーツサラダ

いつものサラダに、冷凍フルーツを加えて!真夏にぴったりです。野菜の種類はお好みで。フルーツの彩りが加わって、見た目も鮮やかです。

冷凍ベリーでタルト

大量にベリーを用意できる自家栽培ならでは&冷凍してしまってからでも問題なく食べれる方法です。ブルーベリーやブラックベリーなど、ベリー系のフルーツにおすすめ!タルトは市販のタルト台のや、タルト生地が作れるミックス粉があると簡単です。

冷凍フルーツサンド

生クリーム、サンドイッチ用のパンの間に、冷凍フルーツをはさんでフルーツサンドに。生のフルーツだと、切るときにぐしゃっとつぶれやすいのですが、冷凍フルーツなら断面がキレイです。インスタ映えが狙えるかも!?

スムージー

朝ごはん、小腹がすいたときに最適なスムージー。ヨーグルトやバナナと組み合わせると、どんな作物も不思議と飲みやすい味になります。スムージーを作るのに便利なミキサーは、以下の記事でご紹介しています。ミキサーは、果樹の大量消費に大活躍!ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

おすすめミキサーの記事はこちら


ミキサーを使ったスムージーレシピはこちら


冷凍フルーツの消費期限は?

出典:Pixabay
ご自宅で作った冷凍フルーツは、2~3週間の保存が可能です。冷凍するときは「水分をくっつけたまま冷やさない」「しっかり密閉して、外気に触れさせない」ことを意識してくださいね。もっと長く保存することもできないわけではないですが、どうしても風味が落ちます。

あると便利なグッズ|開いた袋の口を密閉

ITEM
livdat Sealer Sticks
どんな袋も密閉できます!冷凍フルーツを好きな袋に入れて、開いた口を閉じることができるアイテムです。冷凍食品やポテトチップス、コーヒーなどの袋にも使えます。カラフルな20本組。

・20個セット
・参考価格:29,000円前後~

あると便利なグッズ|チャック付きの袋は、ジップロックがおすすめ

ITEM
5 PK Ziploc
台所で大活躍!チャックつきの食品用密閉袋といえば、「ジップロック」が人気です。ポイントは、チャックや袋がしっかりした作りで、液状のものを入れても漏れにくいこと。冷凍フルーツの保存に大活躍します。

・参考価格:35,460円前後~

おいしさを保つ冷凍方法のコツ

出典:Pixabay
スーパーのビニール袋やポリ袋ではなく、チャックがついている袋を使いましょう。とにかく空気に触れさせないのがコツです。さらにこだわるなら、空気をしっかり抜くために、プレスシールを利用しても良いでしょう。真空シーラーも便利ですが、つぶれやすいフルーツには向きません。


    冷凍フルーツの栄養は優秀!

    出典:Pixabay
    意外にも、こんなケースが報告されています。イギリスにあるチェスター大学が生のフルーツと冷凍したフルーツとを比較したところ、あらゆるフルーツで冷凍したものの方がビタミンCや抗酸化物質の含有量が高いことが分かったそうです。健康的なアイスとして、夏場やお風呂上がりに食べるのを習慣化できるといいですね。

    冷凍フルーツで旬のおいしさを保存

    ワンシーズンに大量収穫できるフルーツ。「1年中ちょっとずつ収穫できればいいのに……」なんて、ついつい考えてしまいますが、冷凍フルーツにすれば、好きなときに解凍・調理できますよ。採れたてのフレッシュな味を楽しんだら、冷凍フルーツにして、おいしさと栄養を保存しましょう!

    編集部おすすめ記事


      関連する記事

      このまとめが気に入ったら
      「いいね!」をしよう

      この記事のキーワード