販売中のパワーアシストスーツ情報!価格やレンタル元・開発企業など

農業や介護など、力仕事を助けてくれると注目を集めるパワーアシストスーツ。その仕組みや価格、問題点を紹介します。また、現在発売中のパワーアシストスーツの販売情報やレンタル情報、開発中の注目すべき企業の一覧など!


パワーアシストスーツとは?

人が身につけ、機械の力を使って人の動きをサポートする装置を「パワーアシストスーツ」と言います。重いものを持ち上げたり運ぶといった力仕事を補助してくれるこのスーツ、高齢者や女性でも軽々ものを持ち上げられるということで大きな注目を集めています。

アシストスーツの仕組み|アクチュエータ

多くのパワーアシストスーツは、腰の動きを補助するものです。上半身につける部分と下半身につける部分が腰で蝶番のようになっており、腰を曲げたり伸ばしたりする動きをモーターなどで補助します。アシストの力のもととなる部分であるアクチュエータは、モーターや空気圧などいくつかのタイプがあります。

介護・農業・物流分野で活躍が期待

人を持ち上げる力仕事が必要ながら人不足の介護の現場、高齢化が進む農業現場、利用量が近年一気に増えた物流業界など、力仕事が必要な業界で注目され、実証実験や製品化が進んでいます。

パワーアシストスーツの価格は?気になる値段

一般に発売されているもので、価格は安いもので60万円から、100万円~150万円が多いようです。まだまだ発展途上なので、今後価格は下がっていくことが期待されています。

問題点は?

注目されるパワーアシストスーツですが、一般的に使われるように普及するには問題があると指摘する声もあります。以下のような問題点が指摘されています。

・コストが高い。パワーアシストスーツはまだ高額で、導入が難しい。
・アシストを使いたい作業は仕事の中の一部で、かえって着脱が手間になる。
・アシストスーツ自体が重く、負担になる
・作業中にスーツをぶつけてしまうことへの不安など、作業に対する不安が起こる。

今販売されているパワーアシストスーツは?


ATOUN(パナソニック子会社 旧アクティブリンク)

パナソニックの子会社。2003年に松下電器の社内ベンチャーとして発足、ゴム製のアシストスーツなどを開発していました。2015年にパワーアシストスーツ AWN-03を発表。社名変更をしATOUNとなってからはATOUNシリーズのモデルを製品として扱っています。

 

ATOUN MODEL A/Y/As

ATOUNシリーズは現在開発中のMODEL Y、すでに実証実験を終え一般販売をしているMODEL A(旧AWN-03B)、腰のアシストを中心とするAに腕の負担を軽減するアタッチメントを付けたMODEL Asがラインナップしています。ATOUNは、荷物を持ち上げる動作、姿勢を保つ、運ぶ、降ろす、それぞれの動きを自動検知し、その動きにあったアシストを自動で行ってくれるのが特徴。6.7kgと軽量、稼働時間は約8時間正式な価格は問い合わせとなりますが、市場では約130万円ほどで販売されています。
ATOUN パワーアシストスーツ ATOUN MODEL A AWN03B AWN-03B
ITEM
ATOUN パワーアシストスーツ ATOUN MODEL A AWN03B AWN-03B
・サイズ:幅48×奥行27×高さ77cm
・性能:防塵、防水
充電時間:60~90分
・稼働時間:約8時間(約10kgの重量物の積み上げ作業想定)
・アシスト力:15kgf
・動作環境:0~40℃
・想定装着者:
 身長160~180cm
 体重50~80kg
・参考価格1,291,680円前後

クボタ

トラクターでおなじみ、農業機械の国内トップメーカー。建設機械や建設材料など幅広い産業機械を取り扱っています。

WIN-1

出典:クボタ電脳スクエア 『WIN-1
重いコンテナを持ち上げることに特化して作られたWIN-1。ウィンチ型であることが特徴で、肩から伸びたフレームからつながったワイヤをコンテナに引っ掛け、ワイヤーを巻き上げることで重い荷物を持ち上げます。同時に腰・ももへのアシストもつき、負担を軽減します。操作は手元のスイッチで行います。メーカー希望小売価格は約115万円。本体は約9.5kg、連続作業回数は200回。最大アシスト力20kg。

サイバーダイン

筑波大学発、ロボット・情報科学の研究成果を生かした製品製作を行っている会社です。主に医療、介護分野でロボット技術を活用した製品を生み出しています。医療・介護分野用のアシストスーツモデルを数タイプ販売していおり、汎用的な作業支援アシストスーツも販売しています。

 

HAL®︎腰タイプ 作業支援用:ウィンチ型

出典:サイバーダイン『HAL®︎腰タイプ 作業支援用
HALシリーズの特徴は、人が体を動かすときに農から筋肉に送られる信号を読み取って動くこと。腰タイプについても、その技術が生かされ、「操作をしないでも使える」ような使い心地です。屋外使用に適した防水・防塵モデルも。

イノシス

2013年に設立された、東京理科大学初発のベンチャー企業。マッスルスーツ自体は2001年から開発が行われていたものです。

 

マッスルスーツ 標準モデル・軽補助モデル・スタンドアローン:空気圧

マッスルスーツの特徴は、空気圧を用いた人工筋肉で駆動する点。また、操作を口にくわえたマウスピース、またはあごのタッチセンサーで操作をする点もユニークです。他のパワーアシストスーツに比べて低価格なのも特徴で、標準モデルのメーカー希望小売価格は60万円となっています。重量6.6kg、最大補助力35kg。

ニッカリ

園芸機器を作っているメーカーで、刈払機や運搬用のモノラックを製作しています。

 

パワーアシストスーツ Buddy

モーターのアシストにより腰の負担を軽減してくれるパワーアシストスーツ。荷上げや中腰、歩行などそれぞれの作業のアシストを自動で切り替えてくれる他、外部スイッチでタイミングを自由に設定することも可能。約8時間稼働、最大補助力は約13kg、本体は6.8kg。

発売が待たれる!パワーアシストスーツを開発中の注目企業・メーカーは?



現在開発が進むパワーアシストスーツ業界。一般発売はしていないものの、参入を宣言していたり、試作品を発表している会社は複数あります。ウォッチしておきたい企業をまとめました。

東芝 | 足アシスト

2017年にアシストスーツへの参入を発表しています。試作品の「ExPAS」は、腰アシストが一般的な中では珍しい、モーターを使った膝アシスト。

ジェイテクト

2017年にパワーアシストスーツの開発を発表。2018年に日本での発売予定としています。

トヨフレックス株式会社 | ワイヤー式アシスト

ワイヤー技術に優れた会社で、腰アシストスーツを研究開発しています。アシストにゼンマイバネとワイヤーロープを使っている点が特徴。

川崎重工|REMLA

2011年の危機管理産業展に試作品のパワーアシストスーツを出展。

レンタル情報

興味はあるけれどいきなり購入はためらわれる…、繁忙期だけ使いたい、そんな人におすすめなのがレンタル。レンタルをおこなっている会社を紹介します。

 

UPR(ユーピーアール)株式会社

パワーアシストスーツの総合代理店として、上記で紹介した様々なスーツを販売するユーピーアール。一か月単位のレンタルも行っており、イノシスのマッスルスーツや、ATOUNをレンタルすることが可能です。

 

サコス株式会社

建設機械レンタルの会社で、トラックからはかりまでレンタルを行っています。ATOUNをレンタルすることが可能です。

これからのパワーアシストスーツに注目!

未来を感じるパワーアシストスーツ。かっこいいですね。はじめはもっとロボットっぽいものを想像していたのですが、思ったより身近な機会に近く、イメージとしては身につける力仕事版電動自転車。低価格化も進み、そのうち普通に使われるようになるのかも。パワーアシストスーツから目が離せません!

 

紹介されたアイテム

ATOUN パワーアシストスーツ ATOUN MODEL A AWN03B AWN-03B

ATOUN パワーアシストスーツ ATOUN MODEL A AWN03B AWN-03B

¥1,291,680 税込

この記事に関連するタグ

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

murasaki

DIYなどのものつくりや植物系のガジェットが好き。 屋上で菜園をしたり、自作器具で水耕栽培をしたりしています。