【鑑賞用・食用】ほおずきはトマト風味??育て方から食べ方まで|農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK]

【鑑賞用・食用】ほおずきはトマト風味??育て方から食べ方まで

ほおずきの花言葉や季節、種類、育て方、実を使った遊び方などを解説。トマトベリーやフルーツホオズキともいわれる食用ほおずきや、おすすめの食べ方も紹介します。栽培から楽しみ方まで、ほおずきの情報満載!


出典:写真AC
風船のような形をしているほおずき。夏に開催されるほおずき市が近づくと、祖母と一緒にほおずきの実で作った笛のことを思い出します。そういえば、中心にある赤く、真ん丸な実は、ミニトマトそっくりですよね。実際、食用としても親しまれているので、もしかしたら、ジャムやそのまま販売されているほおずきを見たことがある方もいるかもしれませんね。

今回は、そんなほおずきの魅力をご紹介します。食用も鑑賞用も、育成は複雑ではないので、ご自宅で手軽に楽んでみてくださいね。

ほおずきって、花なの?

出典:PIXTA
ほおずきはナス科ホオズキ属の多年草で、平安時代から薬草や遊び道具として親しまれてきました。お盆にお墓や仏壇の周りに飾られているのを見ると思いますが、提灯のような見た目から、死者を導く「仏花」としても知られる植物です。主に、日本では鑑賞用に扱われることが多い一方で、欧米では食用として親しまれており、デザート感覚で味わっているみたいですよ。

提灯のような部分は「ガク」

ほおずきの赤い実を覆っている、ちょっと固い袋状のもの。実はこれ、花弁ではなく、ガクだということをご存知ですか。実際のほおずきの花は、6月から7月にかけて咲く、5角の小さな可愛らしい白い花。この花が枯れた後、ガクが成長し、私たちがよく目にしている赤いほおずきの姿になるのです。

鑑賞用と食用で異なる色

出典:Pixabay
ほおずきは、食用と鑑賞用で実の色が異なっており、鑑賞用のほおずきの実が赤、食用のほおずきの実は、オレンジ色と、主に2色に分けることができます。

ほおずきの見頃はいつ?花が咲いてから実ができるまで

出典:写真AC

実のつく季節は?

「仏花」としての一面も持っているほおずきは、7~9月にかけて見頃を迎え、花屋さんやスーパーで見かけることが多くなります。植え替えの時期は3~4月が適切といわれ、9月には、実が提灯型のガクに覆われます。

ほおずきを買うなら、7月10日の浅草寺「ほおずき市」がおすすめ

毎年、お盆になると浅草寺で開催される「ほおずき市」。7月9~10日に開催され、筆者の家では、このお祭りに参加するのが恒例行事となっています。道端には、竹かごに入ったほおずきが並び、値引き交渉する声があちこちから聞こえてきて、とっても賑やか。ちなみに、7月10日に浅草寺に参拝すると、46,000日(約126年分)の御利益があるとされているので、ぜひ訪れてみてください。

名前の由来や花言葉、英語では?

出典:Pixabay

ほおずきの花言葉は、「偽り」「ごまかし」「心の平安」

あまりプラスな面が見られないほおずきの花言葉。見た目がしっかりしているのに、期待して開けてみれば、中身がスカスカ。そこから「だまし」や「偽り」という花言葉がついたのだそう。一方で、薬として人々を癒すこともあったことから、「心の平安」という花言葉もあります。いずれも、ほおずきの持つ特徴から関連付けられた花言葉となっています。

ほおずきの名前の由来は?

命名には、いくつか由来がありますが、1つは、人の頬が紅く色づいた時の色に似ていたことから名づけられたと言われています。漢字の「鬼灯」は、怪しげな赤い色をした提灯、という意味からつけられたそうですよ。ちなみに「鬼灯」は、夏ではなく初秋の季語です。

英語名は「提灯」や「さくらんぼ」に関連づいた名前

提灯のようのような見た目のほおずきは、英語圏でもその特徴を捉えた名前で呼ばれています。例えば、中国の手提げ提灯からインスピレーションを得た「Chinese lantern plant」や実が丸く、さくらんぼのような見た目からついた「Winter Cherry」など、提灯やさくらんぼを連想させれる名前が使用されています。

まるでトマト?食用ほおずきって?

出典:Pixabay
鑑賞用の赤い実とは違い、食用として好まれているオレンジ色のほおずきの実。王道の「ストロベリートマト」をはじめ、「キャンディーランタン」「ゴールデンベリー」といったスイーツのような名前が付けられており、ミニトマトのような味と触感を楽しめます。フルーツの甘さを超える種類もあるなど、品種が豊富です。

ほおずきの種類~食用と鑑賞用に分けてご紹介~

出典:写真AC

赤い実が特徴!鑑賞用ほおずき

まずは、スーパーやお花屋さんで見かける鑑賞用のほおずきをご紹介します。ちょっと不思議な形をしたほおずきもありますよ。

 

ショクヨウホオズキ

出典:PIXTA
海外では、スイーツとして親しまれてきた食用ほおずき。近年、日本でも、長野県の「太陽の子」を皮切りに、「キャンディーランタン」「アンデスゴールド」「グランドチェリー」「オレンジチェリー」など食用ほおずきが、続々誕生しています。

 

センナリホオズキ

出典:PIXTA
小ぶりで、実の色も緑のセンナリホオズキ。かつては、解熱剤や民間薬として活用されてきました。ドライフラワーとして鑑賞用に楽しむこともできますよ。

 

ヨウラクホオズキ

ガクが変化した苞葉が、花穂のように垂れ下がっている珍しい、ヨウラクホオズキ。実はできず、株分けのみで増やすことができます。

 

タンバホオズキ

大きい実が特徴的なタンバホオズキ。成熟すれば、草丈は約80cmまで成長し、花壇や鉢植えで楽しめます。

 

サンズンホオズキ

草丈の低さが15~20cmと小型なサンズンホオズキ。鉢植えとして人気があり、大鉢で育てれば、10個ほど実を付けることもあるのだとか。

スイーツのように甘い実が特徴の食用ほおずき

鑑賞用の赤い実とは異なり、オレンジ色の実が特徴です。香りも甘酸っぱく、ミニトマトのような食感で、ガクも鑑賞用のようにしっかりした硬さはなく、手で簡単に破れてしまうほど繊細な造りとなっています。「キャンディランタン」をはじめ、各産地や農家ごとに、「ストロベリートマト」「ゴールデンベリー」「オレンジチェリー」といった、果物と関連付けたかわいい名前で販売されています。

 

オオブドウホオズキ

出典:PIXTA
ソースやジャムに使用されるオオブドウホオズキは、黄緑色か紫色の実を付けるのが特徴。熟す前はトマトのような酸味があり、ピクルスなどに使用されるそうです。

 

シマホオズキ

出典:Pixabay
英語名をゴールデンベリーというシマホオズキ。パイナップルのような甘酸っぱさが特徴で、「ストロベリートマト」という日本名でも知られています。

自分で栽培!ほおずきの育て方

 出典:PIXTA
食用と鑑賞用のなかでも、いろいろな種類があるんですね。ここでは、ほおずきに興味を持ち始めている初心者さん向けに、ほおずきを育てる時、注意するポイントをお伝えします。

栽培するのに適切な場所

発芽温度は25~30度。鉢植えの場合は、1年中日当たりのいい場所に、庭植は水はけのいい場所に植えるようにしましょう。

用土

水切れが多い鉢植えの場合は、赤玉土中粒5、腐葉土3、酸度調整済みピートモス2の配合土に、適量のリン酸分の多い緩効性化成肥料を混ぜて使用してください。作業が難しい場合は、市販の野菜用培養土か赤玉土と腐葉土を混合したものでも代用可能です。
庭の場合、酸度調整を行う必要があるので、2週間前までに土に苦土石灰を混ぜ、1週間前までには堆肥と肥料をすきこんでおきましょう。


水やり

出典:Pixabay
鉢植えの場合、土の表面が乾いてきたら、霧吹きでたっぷり水を与えます。庭植えの場合も、真夏日は土の乾燥具合を見て、水を与えてください。

病気と害虫

6月から8月の湿気が多い時期は、白絹病や害虫の被害に遭いやすくなります。白絹病になった土をどかしたり、害虫の駆除を速やかに行うために、頻繁にほおずきの様子を観察します。

植えつけ、 植え替え

出典:写真AC
植え付け・植え替えの適期は3月~4月。鉢植えの場合、大きな芽が1つずつつくようにして20~30cmの長さに切ります。植え替えるのは、6号以上の大きな鉢で、地下茎を4~5本で1株として植えつけてください。庭植えにする場合は、株を15~20cm間隔で植え付けてくださいね。数期としては、庭植えは3年に1回、鉢植えは毎年、株分けも兼ねて植え替えるようにしましょう。

増やし方~種まき・株分け~

タネまきの適期は4月から5月。9月頃に、赤く熟した実から種を採取し、水洗いをして、翌年の春まで保管しておきましょう。撒く時はタネ同士が重ならないように注意してくださいね。
一方、株分けの適期は、3月から4月。地下茎を切って、鉢植えなら6号鉢に3~4本、地植えは15~20cm間隔で地下茎を植え付けてください。

ほおずきのいろいろな楽しみ方

出典:写真AC
ただ植えておくだけではなく、インテリアとしても楽しめるのが鑑賞用ほおずきの魅力。ここでは、ちょっとおしゃれなほおずきの楽しみ方をご紹介します。育てたほおずきで、楽しんでみてくださいね。

透かしほおずき

オーナメントのような網目の巣かすがとてもきれいな、透かしほおずき。水に1~2カ月漬けるだけで、簡単に作ることができます。ポイントは新鮮なほおずきを使うこと。中に実を残したくない場合は、古いほおずきを使うと、網目だけの透かしほおずきができますよ。

ほおずき笛

小さいころ、おじいちゃん、おばあちゃんに作り方を教えてもらったことがある方もいるのでは?ガクから取らず、もみもみして、柔らかくなったところを見計らって、中身を出してください。穴が大きくなると、音が出ないので気を付けてくださいね。

ほおずき提灯

出典:写真AC
透かしほおずきを使って作る提灯。漂白剤につければ、真っ白になって、透かしほおずきとはまた違った幻想的な雰囲気を演出してくれます。軸の付近を小さく破って、チェーンライトを入れるのがおすすめです。

食用ほおずきの食べ方

出典:Pixabay
食用のほおずきは、フルーツトマトのように柔らかいのが特徴です。甘いものはジャムに、酸味が聞いているものはサルサソースに。使い勝手がいい食材として、注目を集めています。

そのまま生で味わう

調理をせず、そのまま味わえるのが食用ほおずきの魅力。甘みと酸味が濃縮された果実は、ミニトマトのような触感で、食べ応えも十分。ガクをむいた状態で、お皿に乗せると見た目もおしゃれなので、食卓も華やかになりますよ。

食用ほおずきは、サラダや付け合わせに最適

タコスチップにサルサソース

ハバネロソースやレモン汁ですっぱ辛く仕上げたサルサソースは、夏のおつまみにぴったり。

→楽天レシピ【ほおずきとトマトのサルサ・タコスチップと☆】

 

バニラアイスとの相性抜群!ほおずきジャム方

保存するならジャムに。オレンジ色がバニラアイスに映えます。

→楽天レシピ【☆★食用ほおずきのジャム♪★☆】

鑑賞用から食用まで。ほおずきの幅広い楽しみ方

出典:写真AC
まもなく、シーズン到来のほおずき。ちょっと手間をかけるだけで、料理のちょっとしたアクセントとして楽しめたり、オリジナルのインテリアとして楽しめるのも素敵ですよね。食用を知らなかった方は、今年の夏、味わってみてはいかがでしょうか。思っていたよりも甘いので、その魅力のとりこになること間違いなしです。

編集部おすすめ記事


関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード