【関東甲信越エリア】おすすめのさくらんぼ狩り農園13選!山梨・長野・群馬など

家族でさくらんぼ狩りが楽しめるシーズンの到来です。さくらんぼ狩りだけでなく、周辺の温泉施設やアウトレットに立ち寄ったり、その土地ならではの郷土料理を楽しんだりして、素敵な家族旅行の思い出を作ってみてください。


出典:写真AC
さくらんぼ狩りといえば山形県でしょ、と思っていませんか?実は関東近郊でもさくらんぼ狩りができるんです。農園の中にはなんと糖度が55%もあるさくらんぼも!普通のさくらんぼの糖度が20%ということを考えると、甘い物好きにはクセになりそうですよね~。

でもこれはほんの一例。関東甲信越は普段の行動範囲からちょっと足を伸ばすだけで、見どころ食べどころ温泉どころ満載!ご紹介したいスポットは山ほどあります。その中からさくらんぼ狩り農園や温泉、ここだけは外せない観光地をピンポイントで巡るツアーなどを厳選してご紹介しますね。

 

山梨や群馬、長野でさくらんぼ狩りができる時期っていつ?

出典:写真AC
山梨や群馬、長野県のさくらんぼ狩りシーズンは、6月中旬から7月中旬がほとんどです(ピュアフルーツ内田屋は5月26日~6月30日まで、岩原果樹園は6月中旬~7月下旬まで)。でも天候によってさくらんぼ狩りシーズンは変わります。出かける前に必ず各農園に問い合わせをしましょう。

現地での移動は車が便利!
→楽天レンタカー:https://travel.rakuten.co.jp/cars/

 

佐藤錦も食べられる?

関東甲信越地方で栽培されている品種にはどんなものがあるのでしょうか?つやつやと輝いて、粒も大きく甘みが強いことで人気が高い佐藤錦はほとんどの農園で栽培されています。佐藤錦ファンも安心してさくらんぼ狩りにお出かけいただけますよ♪佐藤錦の旬は6月。7月だと紅秀峰がおすすめです。



アウトレットや手作り体験も!おすすめのさくらんぼ狩り農園【3選】

出典:写真AC
ここではアウトレットでのお買い物や地酒の試飲、バンジージャンプや手作り工房での非日常体験もできる、おすすめのさくらんぼ狩り農園をご紹介します。

1. 岩原果樹園|山梨県北杜市

さくらんぼ栽培では日本一標高が高い場所にある岩原果樹園。ここではさくらんぼ狩りは7月下旬まで楽しめます。農林水産大臣賞を受賞しただけあって、さくらんぼはどれも大粒で高品質。特に佐藤錦の糖度は55%です!普通のさくらんぼの糖度が20%前後だから甘さは2倍以上!それにさくらんぼの木は低木仕立てで来園者に優しい心遣い♪

嬉しいことに、小学生以上にはさくらんぼ1,000円、未就学児以下はさくらんぼ500円相当のお土産券も付いているんです。
近くには清里高原や八ヶ岳小淵沢リゾートアウトレットモールもあるので、さくらんぼ狩りだけではなくいろんな楽しみを満喫できる1日となりそうですね。

■基本情報

・名称:岩原果樹園
・住所:山梨県北杜市高根町堤669-2
・アクセス:【車利用】中央道長坂IC・須玉ICから10分
・営業期間:6月中旬~7月下旬
・営業時間:平日9:00~15:20(11:20分~13:00は受付休止)、土日祝9:00~15:20
・予約:要
・品種:佐藤錦、紅秀峰、高砂、富士あかね
・制限時間:40分食べ放題、お土産付き
・料金:小学生以上3,300円、未就学児以下1,700円
・公式サイト:http://www.sakuranbogari.jp/index.html
※詳しい開園状況などは農園にお問い合わせのうえお出かけください。

2. 果実の里 原田農園|群馬県沼田市

出典:写真AC
さくらんぼなどの果実だけではなく野菜やきのこ類まで栽培し、さらに食事処まであるナチュラルリゾート。さくらんぼ畑まではバスの送迎があるので移動は楽です!
販売所ではお菓子の試食もあり、おすすめはりんごのバームクーヘン!実際に焼いているところも見学できます。

さくらんぼ狩りが終わったら、車で25分ほど走って「神が開いた」との伝説が残る老神温泉でリラックスしましょう。周囲を山並みが囲み、川沿いの斜面に旅館やホテルが建ち並ぶ山の温泉地です。

1,500円で「伝説の湯めぐり」を楽しんだり、関東一との誉れ高い朝市で地元の新鮮なとれとれ野菜を買ったり……。さらにここから15分ほどで、日本酒好きにはたまらない大利根酒造「左大臣」も!酒蔵見学しながら地酒の芳醇な風味をお楽しみください。

■基本情報

・名称:原田農園
・住所:群馬県沼田市横塚町1294
・アクセス:【車利用】沼田ICより国道120号を通って2分。【最寄り駅】JR上越新幹線・沼田より関越交通定期バス(川場循環線)でバス停「下組」下車、目の前
・営業期間:6月上旬~7月中旬
・営業時間:9:00~16:00
・予約:要
・品種:高砂、正光錦、佐藤錦、紅秀峰、ナポレオン
・制限時間:30分
・料金:小学生以上1,700円、3~5歳1,200円
・公式サイト:http://www.harada-nouen.com/mikaku/sakuranbo/index.php
※詳しい開園状況などは農園にお問い合わせのうえお出かけください。


3. 本多果樹園|群馬県利根郡みなかみ町

約20軒の体験工房が入った施設「たくみの里」の中にある本田果樹園。エコファーマーの認定も受けている本田果樹園では野菜も栽培しており、すべて生で食べることができます。
さくらんぼ狩りができるシーズンはワラビなどの山菜やなす、きゅうり、トマトなどを収穫する「食育農業体験」も可能。子ども達と一緒に農業を通して自然と触れ合ってみませんか?

20軒もある体験工房では「和装人形作り体験」や「手びねり作陶」、マッチ箱をキャンバスにした「マッチ絵」など、日頃目にしたこともない作品を作ることも可能。
また水源の町ならでの「バンジージャンプ」など驚きの非日常体験が盛りだくさんに楽しめますよ♪

■基本情報

・名称:本多果樹園
・住所:群馬県利根郡みなかみ町須川252-6
・アクセス:【車利用】関越自動車道月夜野ICから20分。【最寄り駅】JR後閑駅から車で約15分、JR上毛高原駅車で約15分
・営業期間:6月中旬~7月中旬
・営業時間:9:00~16:00
・予約:要
・品種:佐藤錦、紅秀峰、ナポレオン
・制限時間:30分間食べ放題
・料金:小学生以上1,500円、小学生以下1,000円
・参考サイト:http://takuminosato.jp/index.php?itemid=82
※詳しい開園状況などは農園にお問い合わせのうえお出かけください。

地域別おすすめさくらんぼ狩り農園【山梨県】

厚生労働省が発表した最新の健康寿命ランキングで堂々1位の座を獲得した山梨県。ぶどうの産地としても知られ幸福度も高いこの地は、都心から車や電車で90分というロケーション。ちょっとした遠出に最適ですね。

初夏には真っ赤に実ったさくらんぼ狩りをしながら、お花好きな人は鎌倉にも引けを取らないアジサイの絶景スポットを訪れ、左党は垂涎もののワイナリーでの試飲も楽しみながら、健康長寿のおすそ分けにあやかりましょう♪

4. しまむら農園|山梨県甲州市

出典:Pixabay
新宿から最寄りの塩山駅まで特急で約1時間半と、アクセス良好な場所にあるしまむら農園。こちらのさくらんぼは国が定めた「農薬取締法」を守って、体に安全でおいしいさくらんぼ作りに努めています。
車で11分ほどのところに、ワイン好きにはたまらない「勝沼ぶどうの丘」があります。宿泊もできるので、1,100円で各銘柄のワインを心ゆくまで試飲して、甲府盆地や南アルプスが一望できる天空の露天風呂でゆったりしてみては?

■基本情報

・名称:しまむら農園
・住所:山梨県甲州市塩山牛奥3662-1
・アクセス:【車利用】中央道勝沼ICから県道38号経由10分【最寄り駅】中央線塩山駅から車で9分
・営業期間:6月1日~6月下旬
・営業時間:9:00~17:00
・予約:要
・品種:佐藤錦・高砂・紅秀峰・他10種類
・制限時間:40分間食べ放題
・料金:小学生以上2,000円、3~5歳1,000円
・サービス内容:公式サイトを見た、と言えば時間延長
・公式サイト:http://www.shimamurafarm.com/
※詳しい開園状況などは農園にお問い合わせのうえお出かけください。

5. ピュアフルーツ内田屋|山梨県甲州市

出典:写真AC
光合成細菌、酵母、乳酸菌などの有益な細菌を含むEM菌やアミノ酸、米糖ボカシなどで作られたこだわりのさくらんぼは甘みがいっぱい!ここでは17種類ものさくらんぼを栽培しています。南アルプスを眺めながら、いろんな種類のさくらんぼをお腹いっぱい味わいましょう。

甘くてジューシーなさくらんぼでお腹がいっぱいになったら、7kmほど離れた放光寺に立ち寄るのも一案。縁結びで有名な放光寺は、この時期、300株のアジサイも満開です!

■基本情報

・名称:ピュアフルーツ内田屋
・住所:山梨県甲州市塩山牛奥4119
・アクセス:【車利用】勝沼ICから10分。【最寄り駅】JR塩山駅から徒歩15分
・営業期間:5月26日~6月30日
・営業時間:7:30~17:00
・予約:要
・品種:佐藤錦・高砂・早生紅佐藤・香夏錦・天香錦・紅秀峰・正光錦・夕紅錦・まさみ・おばこ錦・ナポレオン・寿錦・ジャイアントキング・さくら姫・夢明かり・南陽・紅夢鷹
・制限時間:40分間食べ放題
・料金:小学生以上 2,000円、3~5歳 1,000円
・サービス内容:公式サイトから「インターネット限定クーポン」を印刷して持参すると、大人200円/子ども100円off。
・公式サイト:http://www.cherry-uchida.com/
※詳しい開園状況などは農園にお問い合わせのうえお出かけください。

地域別おすすめさくらんぼ狩り農園【長野県】

昼と夜の気温差が大きい長野県のさくらんぼは艶やかで甘みもたっぷり!また山に囲まれた自然豊かな土地からは新鮮なシャキシャキ野菜も豊富に収穫されています。化学肥料を使わない安心で安全なさくらんぼ狩りを堪能したら、やっぱり温泉でゆっくりしたいものですよね。幻想的な秘湯の七味温泉や「星野リゾート」で有名な浅間温泉などで日頃の疲れをさっぱり取り去りましょう。

6. 小野りんご園|長野県中野市

中野ICから車で10分のアクセスが嬉しい小野りんご園では化学肥料や除草剤を使っていないので、さくらんぼ本来の味を楽しめます。脚立は必要ありません。低く作ってあるさくらんぼの木から、子どもでも簡単にもぎ取ることができるんです♪

ここから車で7分走ればファーマーズマーケット「信州中野いきいき館」も!新鮮な採れたて野菜や充実したきのこ類がお手頃価格で手に入ります!また、50分ほど行けば松川渓谷の上流に到着。そこには七つの源泉をもった閑静な温泉地が!幻想的な乳白色の秘湯は、美肌に敵のニキビや便秘に効果アリといわれています。喧騒な温泉街を避けたい人は、ここまで足を伸ばす価値ありですよ〜。

■基本情報

・名称:小野りんご園
・住所:長野県中野市吉田1223
・アクセス:【車利用】信州中野ICから約4.5km。【最寄り駅】長野電鉄・信州中野駅から徒歩約10分、中野松川駅から徒歩約5分
・営業期間:6月上旬~6月下旬
・営業時間:8:30~17:00
・予約:要
・品種:高砂、佐藤錦など6品種
・制限時間:30分間食べ放題
・料金:大人1,800円、小学生1,400円、3~5歳1,000円
・公式サイト:http://onoringoen.jp/
※詳しい開園状況などは農園にお問い合わせのうえお出かけください。

7. ささ園|長野県東筑摩郡山形村

標高650mに位置しているささ園のさくらんぼは、寒暖の差が激しい気候のおかげで糖度が高いことが特徴。さらに、ほかの農園とは違って入園料は無料です。ただし食べ放題ではなく、摘み取ったさくらんぼを100g/400円で買い取る仕組み。いろんな品種を少しずつ買って味比べができますね。

ここから車で40分走れば「八種十三通りの湯浴みで温泉三昧」で有名な星野リゾートがある浅間温泉があります。森林浴ができるサウナなど、浅間温泉を心ゆくまで楽しんでください。

■基本情報

・名称:ささ園
・住所:長野県東筑摩郡山形村3487-1
・アクセス:【車利用】松本ICから車で15分、塩尻北ICから車で10分
・営業期間:6月中旬~7月中旬
・営業時間:8:00~18:00
・予約:必要なし
・品種:佐藤錦、紅さやか、八興錦、紅秀峰、紅香
・料金:無料、100gあたり400円で買取り
・公式サイト:http://www.sasaen.net/
※詳しい開園状況などは農園にお問い合わせのうえお出かけください。

地域別おすすめさくらんぼ狩り農園【群馬県】

出典:写真AC
群馬といえば草津温泉などの温泉地が有名。尾瀬の水芭蕉が満開になる頃から群馬県のさくらんぼも赤く色づき、甘みも増してきます。温泉に行きがてら、さくらんぼ狩りも楽しみましょう!

8. 美果実フルーツ園|群馬県沼田市

「天狗の里フルーツ団地」の中にある隠れ家的なフルーツ園。地元の人しか知らないような農園なので家族で訪れてゆっくりと楽しめます。
こちらのフルーツは除草剤を使わずに有機質や微生物を活用。子どもさんにも安心ですね!30分間のさくらんぼ食べ放題のほかに、持ち帰りさくらんぼを100g/400円で購入できます。

また、30分ほど車で走れば群馬県の人気スポット、東洋のナイアガラの異名を持つ「吹割の滝」があります。遊歩道も整備されているので、汗ばむ季節に涼を感じながらのんびりと散歩するのも楽しいですよ!

■基本情報

・名称:美果実フルーツ園
・住所:群馬県沼田市上発知町1888
・アクセス:【車利用】沼田ICから20分。【最寄り駅】沼田駅から車で25分、上毛高原駅から車で15分
・営業期間:6月中旬~7月中旬
・営業時間:10:00~18:00
・予約:要
・品種:正光錦、紅さやか、佐藤錦、紅秀峰、ナポレオンなど
・制限時間:30分間食べ放題
・料金:大人1,500円、幼稚園児800円
・サービス内容:「お客様感謝クーポン」を公式サイトから印刷して持参すれば、1,000円以上の買い物は200円引き。
・公式サイト:http://mikami.webcrow.jp/index.htm
※詳しい開園状況などは農園にお問い合わせのうえお出かけください。

9. さくらんぼの斉藤園|群馬県沼田市

さくらんぼの斉藤園は「天狗の里フルーツ団地」の中にあります。天狗信仰のある迦葉山を眺めながらのさくらんぼ狩り♪なにやら「ぶっぽうそう」と鳴くコノハズクの声まで聞こえてきそうです。

ここから車で15分ほどの場所には弘法大師ゆかりの川場温泉もあります。日帰り入浴ができる温泉宿で日頃の疲れを癒してはいかがでしょうか。
美肌効果が期待できるアルカリ性単純温泉に浸かって、豚肉独特の臭みを抑えたさっぱり風味の「上州麦豚」や抗生物質や合成抗菌剤を使っていない「赤城鶏」を味わうこともお忘れなく。

■基本情報

・名称:さくらんぼの斉藤園
・住所:群馬県沼田市上発知町2192
・アクセス:【車利用】関越自動車道沼田ICから約7.5km、関越自動車道月夜野ICから約14Km。【最寄り駅】JR上越線沼田駅から車で30分
・営業期間:6月下旬~7月中旬
・営業時間:9:00~16:30
・予約:要
・品種:高砂、佐藤錦、ナポレオン
・制限時間:30分間食べ放題
・料金:小学生以上1,500円、3~5歳 800円、持ち帰り100g/400円
・公式サイト:http://www.saito-en.com/
※詳しい開園状況などは農園にお問い合わせのうえお出かけください。

地域別おすすめさくらんぼ狩り農園【栃木県】

栃木県の温泉数はなんと関東一!特におすすめは標高1000m級の高地に位置する那須温泉郷。奈良時代からすでに、桃源郷にある湯治の場として名を馳せていたほど有名な温泉なので、ぜひとも一度は訪れたいものですね。

栃木県のさくらんぼも甘くて果汁たっぷり!東京から100kmとアクセスも良好なので、休日には早めに家を出てさくらんぼ狩りと温泉を楽しみましょう!

10. こまき園|栃木県宇都宮市

出典:Pixabay
減農薬と有機質栽培にこだわったこまき園のさくらんぼは甘くて種類も豊富と評判。無料ロッカーも併設。山や田園風景を楽しみながら身軽にさくらんぼの食べ比べができます。またこの時期は、ポリフェノールが多いことで最近人気が高いマンゴー狩りの時期と重なるため、2種類のフルーツ狩りを楽しむこともできます。

近くには宇都宮動物園もあり、国内に30頭しかいないホワイトタイガーにも会えるんですよ♪さくらんぼでお腹がいっぱいになったら童心に返り、動物たちへの餌やりや遊園地、各種イベントで思いっきり楽しみましょう。

■基本情報

・名称:こまき園
・住所:栃木県宇都宮市徳次郎町600-2
・アクセス:【車利用】東北自動車道宇都宮ICから3分。【最寄り駅】JR宇都宮駅から車で30分
・営業期間:6月上旬~7月上旬
・営業時間:10:00~17:00(土日は9:30~)
・予約:不要
・品種:佐藤錦、正光錦、大将錦、紅秀峰、南陽、ナポレオン、高砂、紅さやか、高陽錦、月山錦、八興錦、香夏錦
・制限時間:30分間食べ放題
・料金:小学生以上2,160円、3~5歳1,620円
・公式サイト:http://www.ucatv.ne.jp/~sbm/
※詳しい開園状況などは農園にお問い合わせのうえお出かけください。


11. 生井さくらんぼ園|栃木県芳賀郡茂木町

出典:写真AC
天然鮎の遡上で有名な関東随一の清流「那珂川」が育む肥沃な土壌。そこで栽培されている生井さくらんぼ園のさくらんぼは、口に入れるとびっくりするくらいのたっぷりの果汁と強い甘みが特徴。

茂木村には、年会費を払えば柚子の実もぎ放題で知られる「ゆずの里かおり村」もあり、川辺の散歩道を自然を満喫しながら散策する楽しみも。

・名称:生井さくらんぼ園
・住所:栃木県芳賀郡茂木町大字生井214-2
・アクセス:【最寄り駅】東北本線・鳥山線・鳥山駅から20分
・営業期間:6月上旬~7月上旬
・営業時間:9:00~17:00
・予約:要
・品種:佐藤錦、南陽、月山錦など24品種140本
・制限時間:30分間食べ放題
・料金:小学生以上2,000円、3~5歳1,500円
・参考サイト:https://www.tochinavi.net/spot/home/?id=9373
※詳しい開園状況などは農園にお問い合わせのうえお出かけください。


地域別おすすめさくらんぼ狩り農園【新潟県】

「うまさぎっしり新潟」というキャッチフレーズでおわかりのように、新潟県はグルメも唸る食の宝庫!モチモチのコシヒカリをはじめとして、自然の恵みの軟水で作る新潟淡麗酒やまろやかでコクもあるにいがた和牛、ビーガンにも嬉しいお肉のような食感の車麩などがめじろ押しです。

でも忘れちゃいけないのがさくらんぼ狩り。砂丘地が作り出す大粒のさくらんぼは市場にはあまり流通していません。ぜひさくらんぼ狩りに出かけて味わいましょう!

12. 聖籠町観光さくらんぼ園|新潟県北蒲原郡聖籠町

出典:写真AC
新潟県のさくらんぼの90%以上の生産量を誇る聖籠町のさくらんぼ。砂丘地という恵まれた土壌のおかげで「日本一おいしい!」との声もあります。
そしてこの時期は、車で11kmほどの距離にある五十公野(いじみの)公園のあやめが美しい季節でもあります。花好きな方は咲き誇るあやめのシャッターチャンスをお見逃しなく!
さらに車で10分ほどの距離に網代浜海水浴場があり、ウインドサーフィンなどのマリンスポーツも楽しめます。船釣りや地元漁協による地曳き網体験もあるので、魚好きにも見逃せないスポットです。

■基本情報

・名称:聖籠町観光さくらんぼ園
・住所:新潟県北蒲原郡聖籠町蓮野地内
・アクセス:【車利用】日本海東北道聖籠新発田ICから車で10分。【最寄り駅】JR佐々木駅から車で10分
・営業期間:6月上旬~下旬
・営業時間:9:00~17:00
・予約:要
・品種:香夏錦、高砂、佐藤錦、紅秀峰、ナポレオンなど
・料金:摘み取り体験/1人1,000円(サクランボ1カップ摘み取り、サクランボ20個程度付)
・参考サイト:http://www.van-rai.net/seiro-kanko/kanko_annai.htm
※詳しい開園状況などは農園にお問い合わせのうえお出かけください。

13. 大谷農園|新潟県北蒲原郡聖籠町

環境に配慮し、安全で安心な農産物を作る農業者「エコファーマー」に選ばれた大谷農園。さくらんぼ一粒の実のサイズが大きいのでカップに入る量は15粒ほどですが、たわわに実ったさくらんぼを自分の手で収穫する喜びは大きいものです。

大谷農園でさくらんぼの摘み取りを楽しんだら、車で16分ほどの場所にあるおせんべいのテーマパーク「新潟せんべい王国」に立ち寄ることをお忘れなく。工場見学もでき、「超特大お絵かき体験」では自分で大きなおせんべいを焼くだけではなく、文字や絵だっても書けるんです♪

■基本情報

・名称:大谷農園
・住所:新潟県北蒲原郡聖籠町二本松994番地2
・アクセス:【車利用】日本海東北自動車道聖籠新発田ICから車で10分(国道7号聖籠ICを経由)。【最寄り駅】JR白佐々木駅から車で10分
・営業期間:6月上旬~6月下旬
・営業時間:8:30~17:00
・予約:要
・品種:佐藤錦、高砂、香夏錦、紅秀峰、天香錦など
・料金:摘み取り体験/1人1,000円(サクランボ1カップ摘み取り、サクランボ15個程度付)
・参考サイト:http://www.niigata-kankou.or.jp/sys/data?page-id=10011
※詳しい開園状況などは農園にお問い合わせのうえお出かけください。

地元の郷土料理や温泉も楽しめるツアー☆3選

出典:写真AC
自家用車で出かけるのもいいけれど、乗ってしまえば周辺の景色を楽しみながら有名な見所、グルメも満足のお食事処、さくらんぼ狩り農園まで連れて行ってくれるツアーも気楽でいいものです。
関東甲信越のおすすめのスポットを見逃すことなく訪れるツアーをまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

1. 天空の湖野反湖&志賀高原ルートドライブと日本三名泉草津温泉(2日間)

草津温泉とさくらんぼ狩りをダブルで楽しめるドライブプラン。草津温泉街の散策にも出かけやすいロケーションにあるホテルに宿泊します。ここからは湯畑も徒歩圏内!「天空の湖」の別名を持つ清廉な野反湖では、この季節に満開するレンゲツツジやノゾリキスゲなどの高山植物を鑑賞できます。
日本一標高が高いスキー場で有名な横手山ではスカイレーター、リフトに乗車して、歩かずに頂上に行きます。もちろん信州の甘いさくらんぼは食べ放題!

→タビユー:http://www.tabiyou.jp/sakuranbo/sakuranbo_new_p242a.html

2. 山梨さくらんぼ狩りと「ホテルマウント富士」絶景フレンチ【H549B/1/0】

山中湖を望む高台のリゾートホテルのシェフが腕を振るったフレンチでグルメも舌鼓!そして微生物農法で甘く実ったさくらんぼ狩りでは食べ放題。美しい富士山を眺めながらお腹も目も満足する欲張りツアーです。

→楽天ツアー:https://travel.rakuten.co.jp/bus/bin_page/2950542.html

3. とろけるおいしさ♪トロゆば体験&さくらんぼ狩りと東洋のナイアガラ吹割の滝【H238A/1/0】

湯葉は京都だけのものではありません。群馬県沼田市の「生ゆば処 町田屋」では、尾瀬や谷川岳などの大自然に囲まれた清らかな環境で、地元の大豆と北海道の黒大豆、奥利根の清水を使って湯葉作りをしています。

ここでは「トローリ絶品ゆばすくい」や「アツアツの揚げゆば作り」が体験できて、チーズ入り揚げ湯葉や枝豆ざる豆腐なども試食♪さくらんぼ食べ放題の他にも吹割の滝見学や地酒の試飲など、盛りだくさんのツアーです。

→楽天ツアー:https://travel.rakuten.co.jp/bus/bin_page/2950537.html

さくらんぼ狩りってどんな服装で行けばいいの?

出典:写真AC
さくらんぼ狩りシーズンは雨が多い季節。せっかく行ったのにぬれたらどうしよう、なんて心配は必要なし、です♪この記事でご紹介している農園はさくらんぼが雨で傷まないようにビニールの屋根が付いているので、安心してさくらんぼ狩りが楽しめます。

でもさくらんぼ狩り農園は山がちな場所にあるので気温が低い場合が多く、服は一枚余分に着ておいた方がいいでしょう。お天気のいい日には屋根付きさくらんぼ園の中では汗ばむこともあるので、脱ぎ着のしやすいものが便利です。
また、農園の中は土がむき出しなので、滑りにくくヒールのない、汚れてもいい靴をおすすめします。さくらんぼ狩りの季節はUVもたっぷり降り注ぐ季節でもあります。屋根付きとはいえ、紫外線対策もお忘れなく!
アイテム さくらんぼ狩りに行く時はここをチェック!
雨具 基本的に必要なし
服装 普段より1枚多めがベター、さっと羽織れるものがおすすめ
ヒールが低く、滑りにくくて汚れても気にならないもの
帽子 紫外線対策用、首筋までもUVカットするつばが広いもの
ITEM
(シッギ)Siggi つば広 UVカット帽子
首筋まで99%UVカットのつば広帽子です。ポニーテールでも形が崩れません。 めくれ上がらない硬いつばで、自転車に最適です。

・素材:コットン100%
・周り:56cm-58cm 
・高さ:10cm つば:12cm
・参考価格:1,790円前後

お店で試着したときはいい感じにかぶれていても、実際使っていると耳にツバがあたって歩いているうちに浮いてきて変に顔にかぶさってしまったりしていましたが、これは久々にアタリでした。ポニーテールを通すことで固定されるので快適です。前ツバの部分はサンバイザーみたいな感じですが色が帽子と揃いなので傍目には普通の帽子のようにみえます。たしかに農作業用という印象を抱く人もいるかもしれませんが、炎天下での自転車での移動に、この帽子は◎です。



関東甲信越エリアは驚きでいっぱいの宝石箱!

出典:写真AC
さくらんぼ狩りだけではなく、日本酒、ワインの試飲や歴史ある温泉を楽しめる関東甲信越エリア。どんなわがままにも応えてくれそうなこの地域は思い出に残る休日を過ごすための魅力にあふれています。

日頃のストレスから解放されるためにも、自然の恵みを感じてパワーを再び得るためにも、さくらんぼ狩りの季節を含めて何度でも訪れたい場所ですね。


編集部おすすめ記事


関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード