冬暖かくて夏蒸れにくいおすすめのヘルメットインナー|農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK]

冬暖かくて夏蒸れにくいおすすめのヘルメットインナー

夏場のバイク、自転車、炎天下での農作業。真冬の冷え切った工場の中での作業など、過酷な状況で働く人にとってヘルメットの下にかぶるインナーは欠かせないもの。そこで今回は、冬暖かくて夏蒸れにくいおすすめのヘルメットインナーを紹介します。


ヘルメットのインナーキャップって何?


インナーキャップとはヘルメットの下に被るキャップのことでヘルメットによるヘアースタイルの乱れや汗垂れを防いでくれる効果のあるアイテムです。製品によっては抗菌や防臭効果も持ち合わせており、工事現場などで使用されることが多いアイテムですが、その利便性から自転車やスキーなどのアウトドアでも重宝されています。

 

ヘルメットのインナーキャップの選び方

出典:Flickr(photo-by:MIKI Yoshihito)

・自分の頭の形にフィットしているか

大半のインナーキャップはフリーサイズのものが中心ですが、その上に被るヘルメットの形状や着用者の頭の形によっては被りにくく感じることもあります。安全のためにもしっかりと頭の形にフィットしたものを選ぶようにしましょう。

 

・長時間着けても痛くないか

長時間の使用によっては頭が痛くなることもあります。原因としては上述のサイズ違いも原因の一つですが、そのほかにもキャップの締め付けがきつすぎる、縫い目がヘルメットに押されて圧迫されるといったこともあります。

 

・デザイン性

基本的にインナーキャップはヘルメットの下に被るものなので見えるものではありませんが、角度によってはチラリと見えることもあります。おしゃれ目的で被るなら見えてもOKなデザインを選びましょう。製品によってはカラーバリュエーションが豊富なものもあるので、キャップとの相乗効果を狙ってみるのもおすすめです。

 

ヘルメットインナーの種類

・水泳帽型

出典:Amazon『Shinobu Riders
その名の通り、水泳帽のようなフォルムのインナーです。頭にピッタリフィットし、頭全体を無駄なく覆うので、様々なヘルメットに合わせやすいタイプです。

 

・ニット型

出典:Amazon『Shinobu Riders
耳まですっぽりと覆うタイプ。耳を覆うことによる防寒効果を持たせたものもあり、スキーなどのスノーレジャーにおすすめ。

 

・帽子型

出典:Amazon『サイクルキャップ
キャップのように水泳帽型につばを持たせたタイプ。日焼けを防げるのに加えて雨が目に入るのを防げるので実用性の高さも魅力です。

 

夏の蒸れ、冬の寒さをしのぐのに持っておくべき水泳帽型のヘルメットインナー

1. Clarente

素材に高品質ポリエステルを使用することで消臭性や消臭効果に優れたモデル。センターをメッシュにすることで暑い夏にもすぐに汗を吸収してくれるので快適な状態をキープできます。また、汗は冬にも冷えの原因となるため、防寒対策にも役立ちます。
Clarente
ITEM
Clarente
・サイズ:フリー
・参考価格:800円前後~
自転車に乗る際の汗だれ防止の為に購入。低価格だったので正直あまり期待はしていなかったのですが、生地もしっかりしていて、縫製も丁寧で高品質の商品でした。あまりごてごてと飾っていない、無駄がなくすっきりとした包装も良いですね。二枚組で洗いがえにももってこい。良い買い物をしました。 出典:Amazon


 

2. Shinobu Riders(シノブライダーズ) SR-001

INVISTA社の高級素材「COOLMAX」を使用したモデル。かいた汗をすぐに吸収し、蒸発させることで汗によるベタつきや蒸れを防止し、ヘアスタイルが崩れるのを軽減する効果があります。2枚入りなので毎日洗濯しなくても快適に使用できます。
Shinobu Riders SR-001
ITEM
Shinobu Riders SR-001
・サイズ:フリー
・カラー:ブラック、カモフラージュ、ネイビーウエスタン
・参考価格:1,700円前後~
工場内のヘルメットの下に被ってます。
ヘルメットの被り心地が悪かったので、この商品を購入しました。

これを被ると汗が垂れなく、ヘルメットがグラグラせずに安定します。 出典:Amazon


 

3. Bivio(ビーヴィオ) ヘルメット インナーキャップ

自転車やバイクにはこちら。伸縮性に優れ、厚みのある生地感はヘルメットを被りやすく、ストレスの原因となる汗垂れを防ぎ、顔や目に汗が入りません。
Bivio
ITEM
Bivio
・サイズ:フリー
・参考価格:450円前後~
自転車ヘルメットの中にかぶるキャップとして購入しました。
頭にピタっとフィットし、気に入りました。
通気性と保温性がとてもマッチしています。
アフターサービスのeメールも、気がきいています。 出典:Amazon



ニット帽型のヘルメットインナー

1. Maxun

ウィンタースポーツにはこちら。高品質のカチオンを使用することで優れた保温性と柔軟性を実現しました。男女兼用モデルです。
Maxun
ITEM
Maxun
・サイズ:フリー
・参考価格:1,100円前後~


 

2. Shinobu Riders(シノブライダース) SR-082

Shinobu Riders SR-082
ITEM
Shinobu Riders SR-082
INVISTA社の高級素材「COOLMAX」を使用したヘルメットインナー。こちらは新たにカラーを追加し、より好みに合わせたチョイスができるようにしたモデルです。毛管作用によって水分を吸い上げ、蒸発させるので汗によるベタつきを軽減し、ヘルメット内を常に快適な状態に維持できます。

・サイズ:フリー
・カラー:カーキ、ブラック、ネイビー
・参考価格:1,400円前後~
抜け毛が減りました
これに尽きるかと思います。
この上からヘルメット被ってもキツイ感じはありません
むしろかぶりやすく脱ぎやすいです 出典:Amazon


 

3. TARO WORKS(タロウワークス)

スキーやスノーボードにはこちら。保温力の高いフリース素材に前方からの防風加工を施した複合棒腹膜加工のモデルです。シンプルで無地のデザインはどんなスタイルにも合わせやすい使い勝手の良いヘルメットです。形状にはいくつかの種類があります。
タロウワークス
ITEM
タロウワークス
・サイズ:フリー
・カラー:ヘッドウェア、フェイスマスク、イアーウォーマー
・参考価格:650円前後~
頭が大きくて、通常のイヤーウォーマでは締め付けがきつくてつらかったのですが、この商品は他の方のレビューにもあるように大きめです。その為私にはぴったりで締め付けも強くなく満足しています。逆に頭の小さい方はご注意ください。 出典:Amazon


 

4. Santic(サンティック)

軽量で暖かく、被り心地に優れたモデル。3Dカッティング縫製で頭にピッタリとフィットし、裏起毛&高密度植毛布キャッチで抜群の防寒性を発揮します。
サンティック
ITEM
サンティック
・サイズ:フリー
・参考価格:2,000円前後~
頭回り56cmで耳までしっかり覆えるサイズで、大きすぎず目に被ることもありませんでした。
前頭部と耳を覆う横の部分の内側が、肌触りのいい素材で2重になっていて快適です。
風切音は大きめに感じますが、
薄手でかさばらず、12月早朝の冷たい風も防いでくれて寒さを感じません。
また、完全ではありませんが透湿性もあるようです。 出典:Amazon


 

帽子型のおしゃれなヘルメットインナー

1. TARO FIBER

あらゆる形の頭にピッタリフィットするモデル。軽量&コンパクトな作りで持ち運びにも便利で熱を逃がしやすい作りのため、スポーツにおすすめのモデルです。カラーバリュエーションも豊富なのでタウンユースにもおすすめ。
TARO FIBER
ITEM
TARO FIBER
・サイズ:フリー
・カラー:グリーン、ブラック、ホワイト、レッド、ストライプ、チェック、ネイビー、ブルーライン、ライン、迷彩
・参考価格:580円前後~
何故、この価格で提供できるのかなぁー、と思います。
この価格なので高級感を求めていませんが、ヘルメットのインナーとしては十二分な品質です。
鍔部分を折ったとき、両端が少しだけ裏地の白い部分が見えますが、この価格では文句は言えません。
逆にそれさえ改良されれば、2倍以上の価格でも再々購入したいと思います。 出典:Amazon


 

2. HYSENM ツール・ド・フランスハット

ツール・ド・フランスのロゴが入った男女兼用モデル。ポリエステル100%の生地は通気性に優れており、汗を常に排出することで快適な状態を維持できます。
HYSENM アウトドアスポーツ ツール・ド・フランス ハット
ITEM
HYSENM アウトドアスポーツ ツール・ド・フランス ハット
・サイズ:頭囲55~62cm
・カラー:ブルー、ブラック、チャンピオンホワイト、ブラック&赤、赤い点
・価格:1,190円前後~
クールマックス、コットン、6枚ほど帽子を持ってます。まずコットンのサイクリングキャップは夏は暑すぎて使えません。クールマックスなどポリエステル製のキャップは年中使えます。この帽子も、ポリエステル製で熱がこもりにくく問題なく使えます。サイズも、締め付けも適当で風に飛ぶこともなく良いのではないでしょうか。 出典:Amazon


 

3. ROCKBROS(ロックブロス) サイクルキャップ

夏場には汗対策、冬場にも防寒対策に使える汎用性の高いモデル。軽くてコンパクトなため、ヘルメットのインナーとして使いやすく、雨天時にも雨が直接、目に入るのを防ぐ効果もあります。
ロックブロス
ITEM
ロックブロス
・サイズ:フリー
・カラー:レッド
・価格:1,190円前後~


 

おまけ

1. ミドリ安全 INC-100B

再生樹脂を使用し、環境に配慮したモデル。ヘッドバンドで頭部をしっかり固定できるため、安定した被り心地が魅力のキャップです。通気孔も設けられているので、蒸れにくく、夏場にも使用できます。
INC100B
ITEM
INC100B
・カラー:ブラック、ホワイト
・参考価格:320円前後~
登山で登るとき、よく木の枝に頭をぶつけて本当に痛い思いをしていました。このままではぶつける度に脳細胞が死滅するのではないか、またはいつか大ケガをするのではないかと思い、何か対策をと考えていました。ヘルメットが一番適切なのは間違いないけど、かさばるし、なによりツバが無いので日焼けをしてしまう。
この商品はそんな私にぴったりで、そのまま帽子もかぶれて日焼けすることはないし、脳天部分の保護も十分です。金額も安くて、費用対効果は最高です。ありがたい商品です。 出典:Amazon


 

2. OGKカブト ビットバイザー BIT VISOR

ヘルメットに装着して使用する取り付け型バイザー。従来の製品がヘルメットの通気性を損ねてしまうという課題を克服し、バイザーの利点を最大限に活かしたモデルです。ビットバイザー自体も吸汗性に優れ、汚れたら洗えるので、手入れの良さも魅力です。
OGKカブト BIT VISOR
ITEM
OGKカブト BIT VISOR
・参考価格:1,300円前後~


 

3. Island Puppy(アイランドパピー) 5890246

通気性に優れるバンダナ風キャップ。キャップ形状なのでサッと被り、きゅっと締めるだけで被れるお手軽仕様で流れる汗を止め、ヘルメット内のベタつきや群れを抑えます。ジョギングやランニングにもおすすめです。
(Island Puppy) 5890246
ITEM
(Island Puppy) 5890246
・参考価格:1,620円前後~
自分はロードバイク好きでパンターニファンなのでパンターニイメージのバンダナキャップを探していました。パンターニが被っていたものとはイメージが違いますが、二つ名の「イル・ピラータ」にちなんで購入。スキンヘッドの頭にぴったりでいい感じ❗ 出典:Amazon


 

どんな季節にも使いやすい!防寒対策にも役立ちます!

ヘルメットの下に被ることでヘアースタイルの乱れや汗垂れを防止してくれるインナーキャップ。一見、夏場には熱くみえがちですが、しっかりと通気性が確保されている製品がほとんどなので快適に使用できます。冬場にも冷えの原因となる汗を蒸発してくれるので防寒対策にも役立ちます。

 




紹介されたアイテム

Clarente

Clarente

¥799 税込

Shinobu Riders SR-001

Shinobu Riders SR-001

¥1,695 税込

Bivio

Bivio

¥450 税込

Maxun

Maxun

¥1,099 税込

Shinobu Riders SR-082

Shinobu Riders SR-082

¥1,395 税込

タロウワークス

タロウワークス

¥1,395 税込

サンティック

サンティック

¥1,998 税込

TARO FIBER

TARO FIBER

¥undefined 税込

HYSENM アウトドアスポーツ ツール・ド・フランス ハット

HYSENM アウトドアスポーツ ツール・ド・フランス ハット

¥undefined 税込

ロックブロス

ロックブロス

¥1,190 税込

INC100B

INC100B

¥335 税込

OGKカブト BIT VISOR

OGKカブト BIT VISOR

¥1,296 税込

(Island Puppy) 5890246

(Island Puppy) 5890246

¥undefined 税込

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード