屋外でも高音質なマキタの現場用ラジオ人気6選!最新Bluetooth”mr108″等

かっこよすぎる、マキタのラジオをご紹介!マキタの強力バッテリーを備えたラジオが農作業・工事現場で大人気!Bluetooth(ブルートゥース)付き最新スピーカー”mr108″の魅力や、人気の機種、激安機種、acアダプター・バッテリーの対応表など情報満載です!



国内屈指の電動工具メーカー・マキタ。グリーンが特徴のカラーリングは、現場で働く人やDIY好きにはお馴染みですよね。そんなマキタが最近出したラジオが何やら人気なんだとか。あのカラーリングはそのままに「やけにかっこいい」と大ウケしている、マキタのラジオについて紹介してみたいと思います。

【最新】Bluetoothスピーカー付きラジオ『MR108』が人気!

2016年に発売されたMR108。先行モデルのMR103と見た目は大きく変化していませんが、その中身が大きく進化しています。まずは『ワイドFM対応』になったこと。この機能が追加されたことで、AMの電波が入りづらい環境でもラジオを聴くことができるようになりました。

つぎに、大型スピーカーが搭載されたこと。スピーカーコーンにアルミ、フレームにはコイルフレームを採用したことで、非常にクリアな音質を実現しました。アルミ製の大型径級コイルを採用したこととで、とくに低音域の音に迫力が増しました。さらにBluetoothにも対応。スマホなどと接続することで、自分の好きな音楽をかけたり、スピーカーとしても機能します。

最後に、対応可能なバッテリーが増えたこと。10.8Vのスライド式バッテリーに対応可能になり、また18Vと14.4Vのリチウムイオンバッテリー、7.2Vと10.8Vの差し込みバッテリーにも対応しています。マキタのほかの電動工具との互換性が大幅にUPしました。

ITEM
マキタ 充電式ラジオ 青<MR108> バッテリ・充電器別売
▼BluetoothでスマートフォンやiPhoneと接続可能
▼連続使用時間:最大42時間
バッテリBL1860Bを使用した場合

▼重量:4.9kg
▼サイズ:36 x 17.9 x 29.7 cm

音質もよく聞きやすい。ラジオ感度もいい感じです。作業に最適です。



 

【魅力】農場・工事現場でもクリアで高音質!マキタのラジオ・スピーカーの魅力とは?

秘密その1|バッテリー式

まずマキタのラジオ・スピーカーの特徴は、動力源にバッテリーを採用していること。現場にコンセントがないなんてことはよくあるので、これは大きなアドバンテージです。マキタの他の電動工具とバッテリーを共有できるので、不意の電池切れにも安心です。

秘密その2|防水・防塵

過酷な環境でも稼働できるように、JIS防水保護等級4相当の防水機能と防塵機能を有しています。粉塵や雨をものともせず、タフに働いてくれます。また本体だけでなく、スピーカーも湿気の影響を受けにくい作りになっているため、音質も低下しづらくなっています。

秘密その3|耐久性

マキタのラジオは、そのごつい外見にふさわしく、非常に頑丈。本体は硬質の樹脂製。さらに本体の前後はゴムのような柔軟性をもったエラストマー製のバンパーで覆われています。このバンパーが衝撃を吸収してくれるため、ハードに取り扱っても大丈夫な頑丈さを生み出しています。また前面操作パネル部は金属パイプで保護されています!

秘密その4|単純明快な操作性

基本的には電源をいれてボリュームを調整すれば、それでOKというシンプルな作り。もちろん音質のプリセット機能、アラーム機能なども搭載されていますが、現場でラジオを聴くだけなら特に難しい操作は不要。直感的な操作で誰でも簡単に扱えます。

 



 

【人気】マキタのおすすめラジオ機種5選・Bluetoothスピーカーも!

MR108以外の従来機でも、人気の機種はたくさんあります。併せてラジオとしても運用可能なBluetoothスピーカーも紹介していますよ!

マキタ MR106 充電式ラジオ

MR108と同様に、ワイドFM・Bluetooth接続に対応したモデル。10.8Vのスライドバッテリにも対応。またUSB端子を介した充電も可能。MR108に比べるとスピーカー性能で劣るものの。音質よりコスパをという方にはおすすめのモデルです。

ITEM
マキタ[makita]充電式ラジオMR106(本体)
▼連続使用時間:最大27時間
バッテリBL1850を使用した場合
▼重量:5 Kg
▼サイズ:36 x 17.9 x 29.7 cm

現場や野外で作業する時のBGMとして使っています
音は思ったよりも良い音で、iPhone
との接続も早いです。


軽くて小さい|マキタ 充電式ラジオ MR051

缶ジュースよりひと回り大きい程度のコンパクトさが特徴のMR051。重量も300g以下と超軽量。バッテリーは10.8Vの差し込み式に対応。360度回転するフックが付いているので、現場のちょっとしてスペースにひっかけって使うことができそうです。

ITEM
マキタ 充電式ラジオ MR051 本体のみ
▼連続使用時間:最大7時間
バッテリBL1013を使用した場合
▼重量:299g
▼サイズ:16.9 x 8.3 x 7.4 cm

小さいけど、AM/FMがちゃんと聞けます。ゴッツカワイイデザインで、アイポッドに接続して、再生しても、充分な音量が出ました。


騒がしい現場でも大丈夫|マキタ MR100 充電式ラジオ

MR100の長所はその音量!使用する電源によっても変わってきますが、最大で5W×2を出力します。少し騒がしい現場で使ってもしっかりとラジや音楽を楽しむことができそうです。

ITEM
マキタ 充電式ラジオ MR100
▼連続使用時間:最大17時間
バッテリBL1830を使用した場合
▼重量:5 Kg
▼サイズ:38.8 x 33.2 x 22.8 cm

ラジオ好きのあなたには|マキタ MR107 充電式ラジオ

MR106やMR108との大きな違いはBluetoothを搭載していないことです。純粋にラジオを聞きたい!という方には必ずしも必要な機能ではないので、こちらもモデルも選択肢としてはアリだと思います。

ITEM
マキタ 充電式ラジオ MR107
▼連続使用時間:最大28時間
BluetoothでバッテリBL1040Bを使用した場合
▼重量:4 Kg
▼サイズ:25.7 x 43.1 x 16.3 cm

近所の畑では皆このマキタラジオを使用していて、良いなと思っていたところ両親が孫からの年玉でバッテリー、充電器のセットで購入
本日畑デビューしたところ感度最高雑音なし(前まではソニーの5千円クラスのラジオ使用、感度悪し)で最高です!!音も20M以上離れても
クリアーに聞こえて、あまりの性能に家族皆驚いています。買って良かった~。バッテリーは純正品ではないですが18VBL1860Bのコピー商品二個で一万2千円ですがこちらもいいですね。


ライブハウス「現場」へようこそ|マキタ MR200 充電式スピーカー

スピーカーとしての機能に特化したモデル。高剛性スピーカコーン&磁性流体ツィータにより生み出されるクリアな音質があなたの現場をライブハウスに変えてくれるはず!Bluetoothを搭載しているので、スマホのラジオアプリと連動させればラジオとしても使うことができます。

ITEM
マキタ 充電式スピーカ MR200
▼連続使用時間:最大37時間
BluetoothでバッテリBL1860Bを使用した場合
▼重量:3.2 Kg
▼サイズ:23.9 x 22.6 x 21.7cm

仕事やキャンプに使いまくります!


【部品】バッテリー・別売り充電器・ACアダプターの対応表!

バッテリー・電源の対応表です!各バッテリーに商品がリンクしているので、すぐにバッテリーが購入できます。マキタの電動工具をもっていないという人は、この機会にラジオに合わせたバッテリーを買って、マキタデビューしてみては?
製品 バッテリー
MR108 スライド式 10.8/14.4/18V
差込み式 7.2/10.8V
AC電源
MR106 スライド式 14.4V/18V
差し込み式 7.2V/10.8V
AC電源 100V
MR051 差し込み式 10.8V
MR100 スライド式 9.6V/12V/14.4V/24V
差込み式 9.6V/12V/14.4V/18V
AC電源 100V
MR107 スライド式 10.8V/14.4V/18V
差込み式 7.2V/10.8V
AC電源 100V
MR200 スライド式 10.8V/14.4V/18V
AC電源 100V
 

ラジオのある生活

動きながらラジオに耳を傾ける時間って、なんだか良いですよね。マキタのラジオやスピーカーから流れる音楽は、きっとあなたの作業のクオリティーも上げてくれるはず。良い音楽を聞きながら、明日も良い作業をしていきましょう!

 

 

 

この記事に関連するタグ

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。