農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 暮らし > 家庭菜園やベランダのハーブで簡単!おしゃれなテーブルコーディネートを楽しもう

家庭菜園やベランダのハーブで簡単!おしゃれなテーブルコーディネートを楽しもう

ハーブが元気いっぱいに育つシーズン到来!さわやかな香りのハーブを使って、暑い夏にぴったりの簡単キッチンコーディネートにチャレンジしてみませんか?6月26日13時よりJEWEL FRUITS CREATOR、野菜ソムリエによるインスタライブ「ハーブを使った簡単テーブルコーディネート術」を開催いたします!


ハーブでキッチンコーディネート

撮影:大内優紀枝
皆さん、こんにちは。JEWEL FRUITS CREATOR、野菜ソムリエの大内優紀枝です。
6月は1年で最もハーブが美しくイキイキとして、ガーデニングや家庭菜園の好きな人にはとても心地よい季節です。中でもハーブは最盛期を迎え、活用し切れないという人も多いのではないでしょうか。ハーブは切れば切るほど新しい葉を出し、剪定(せんてい)せずにそのまま植えていると繁茂して丈もひょろひょろと長くなり、お料理のあしらいとして添えるには、使いづらいサイズになっていたりすることもありますよね。

お庭や家庭菜園で、ハーブを美しく保ちながら新しい葉を育てていくためには、どんどん切って日々の暮らしに取り入れていくことをおすすめします。今回は、家庭菜園やお庭、ベランダで育てたハーブをおしゃれに活用する簡単アレンジ術を紹介します。

香りがよくて丈夫なローズマリーのナプキンリング

ローズマリーのナプキンリング
撮影:大内優紀枝
家庭菜園やガーデニングなどで植えられているハーブのなかでも人気が高く、一年中葉が凛(りん)としているローズマリー。切った後に水にいけておかなくても、すぐにしおれることはありません。水分も少なく丈夫なので、輪っかにしてリボンで結ぶとナプキンリングとしても活用できます。

材料(リング1つ分)
・カットしたローズマリー(20cm程度)1本
・お好みのリボン( 30cm程度)1本

材料の準備で家庭菜園やベランダのローズマリーを摘み取るタイミングは、作る直前でなくてもかまいません。前日にカットしたものを使用する場合は、念のため水を入れたびんなどに切り口をさしておくようにしてください。

ローズマリーが生み出す天然のグリーンの色合いがなんともいい味を出してくれ、さらに香りもよく私のお気に入りです。写真では紙のリボンを使って束ねていますが、サテンのリボンでまとめると上品な演出ができます。

丈夫なので何度か繰り返し使用できますよ。1週間程度を過ぎると、緑色の葉からドライハーブのようになります。その変化もぜひ楽しんでみてください。

毎日飲みたい!お手軽ハーブウォーター

ハーブウォーター
撮影:大内優紀枝
夏はこまめな水分補給が必要ですね。そんなとき、簡単おいしいハーブのアレンジドリンクはいかがですか?ミネラルウォーターにお好みのハーブを入れると、さわやかな香りが楽しめて、涼やかな見た目を演出できます。

使用するハーブ
タイム、オレガノ、ミント、ローズマリー、ディル、イタリアンパセリなど

グラスに氷を入れてミネラルウォーターを注ぎ、最後にお好きなハーブを入れます。ハーブの香りを存分に楽しみたい場合は、ボトルなどにミネラルウォーターとハーブを入れ、冷蔵庫でよく冷やしてから飲むのもおすすめです。

100円ショップやホームセンターなどで購入できる麻ひもをグラスに巻いて、耳にピアスをつけるような感覚でナチュラルにおしゃれ感をプラスしました。飲む人の好みに合わせて、グラスに入れるハーブをそれぞれ変えるのも粋なおもてなしです。

プレゼントやお土産に活用!ハーブでラッピングアレンジ

ハーブでラッピング
撮影:大内優紀枝
友人やご近所など、ちょっとしたプレゼントやお土産を渡したいときに、ハーブでラッピングを少し工夫してみませんか?手作りした焼き菓子などをワックスペーパーで包み、透明な小袋にスパイスを詰めてリボンをかけ、結び目にローズマリーをさしてみました。結び目はシックに片側だけが輪になるようにしています。
手に取ったときにワクワクしてもらえるように、小さいサンクスカードを下げたりするのもおすすめです。見た目にもかわいらしく、さわやかな香りに包まれるハーブは、料理以外にも日々の暮らしに豊かな彩りを添えてくれます。ぜひたっぷりと活用してみてはいかがでしょうか。

ハーブの活用術はこちらもチェック!



6月26日(土)13:00〜インスタライブ「ハーブを使った簡単テーブルコーディネート術」開催!

ローズマリーのナプキンリング
撮影:大内優紀枝
家庭菜園やお庭、ベランダで育てたハーブを活用して、日々の暮らしに彩りを添えてみませんか。「ハーブを使った簡単テーブルコーディネート術」をインスタライブで配信します!ハーブに関するご質問や活用法など、皆さんからのたくさんのコメントもお待ちしています。

ご視聴方法はこちら。

インスタライブ「ハーブを使った簡単テーブルコーディネート術」
【配信日時】2021年6月26日(土)13:00〜14:00予定 ※状況により終了時間は前後する場合があります。
【講師】大内優紀枝(JEWEL FRUITS CREATOR、野菜ソムリエ、食育インストラクター)
【視聴方法】下記のAGRI PICK公式インスタグラムにアクセスし、ご自身のアカウントでログインしてご視聴ください。※事前にインスタグラムアカウントの作成をお願いします。
AGRI PICK公式インスタグラム

大内 優紀枝(おおうちゆきえ)プロフィール
1979年、青森県北津軽郡中泊町生まれ、実家は小さい港町にある魚屋で父は現役の漁師。上京後、育児をしながら日本の震災時の食の安全性を独学で学び、家庭菜園から畑作りまでを行う。
2014年に一般社団法人日本野菜ソムリエ協会 野菜ソムリエ、特定非営利活動法人 NPO日本食育インストラクター協会 食育インストラクターを取得後、地域密着の小さな料理教室を主宰。都内小学校、公民館での食育講師を務めながら、青果の仲卸会社と飲食店のメニュー開発にも携わる。
JEWEL FRUITSでフルーツカッティングと野菜の飾り切りプロ養成講座講師の資格取得後は飾り切りをメインに、野菜と果物、魚を切ることを主に活動している。
ウェブサイト:https://www.h-bon.com

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 農業失くして持続可能な社会なし
  • 収量アップの秘訣
大内優紀枝

子育てをしながら料理教室『Huit Bonheur』を主宰。野菜ソムリエ、食育インストラクターを取得後、JEWEL LEGUMES MASTER(野菜の飾り切りプロ養成講座講師)、JEWEL FRUITS CREATOR(フルーツカッティング上級)取得。食材の特徴を知り、切ることで変化する機能や食べ方、美しい飾り切りを活用した盛りつけなどを伝えるクリエイターとして活動中。

育て方・病害虫を一発検索

農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK] > 暮らし > 家庭菜園やベランダのハーブで簡単!おしゃれなテーブルコーディネートを楽しもう