りんごから作るお酒シードルとは?「おばあちゃんの知恵」に学ぶ、簡単な作り方と養生ごはん流の楽しみ方

りんごを発酵させて造るお酒「シードル」は、フランスで古くから愛されてきた飲み物ですが、その飲みやすさなどから日本でも人気が高まっています。シードルとは何かをお伝えするとともに、簡単な作り方、シードルに合う料理、シードルが余った時の活用法などをご紹介します。


シードル

写真提供:養生キッチンふうど
りんごから作られるお酒「シードル」をご存知でしょうか。もともとはフランスで飲まれてきたお酒ですが、独特の爽やかな香りとアルコール度数が低くて飲みやすいこともあり、昨今注目を集めています。そこで今回は、ご家庭で楽しめるシードルの魅力や簡単な作り方、シードルに合う料理、シードルが余った時の活用法などをご紹介します。

シードルって何?

シードル
出典:Pixabay

シードル(アップルサイダー)はりんごのお酒

シードルは、りんごを発酵させて造られるお酒です。シードルという名前はフランスでの呼び方で、フランス北西部のブルターニュ地方のものがよく知られています。アルコール度数が2~8%とあまり高くなく、りんご独特の甘酸っぱい爽やかな香りが特徴です。りんごのお酒と聞くと「甘いのでは?」というイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実際には甘口だけでなく辛口もあります。

各地で造られるりんごを使ったお酒

またりんごを使ったお酒としては、アメリカでは「ハードサイダー」、イギリスでは「サイダー」などがあり、ワインに似たものやビールに似たものなどさまざまな種類があります。イギリスと言えば「パブ」が有名ですが、サイダーは多くのパブに置かれています。

このように呼び名や味わいは違っても、りんごのお酒は世界各地で楽しまれています。昨今は、日本のりんごの産地である青森県や長野県などでもシードルが作られており、注目が高まっています。

「ノンアルコール」のシードルも美味!

ワインなどと比べてアルコール度数がもともと低いシードルですが、市販品には「ノンアルコール」のタイプもあります。妊娠中・授乳中の方やお酒を控えている方も安心して飲むことができます。

自家製シードルの作り方

シードル
出典:Pixabay

本場のシードルの作り方

シードルの原材料として、本場ではシードル向けのりんごの品種を中心に、いろいろな種類のりんごをブレンドして使っています。作り方は、収穫したりんごを外気にあてて熟成させた後、果汁を絞り、タンクで発酵させます。りんごの糖分が炭酸ガスとアルコールに変化し、しゅわしゅわと泡の立つシードルになります。この一連の過程は、少なくても3カ月以上に及ぶそうです。


自家製シードルの作り方|りんごジュースとドライイーストで簡単にできる!

シードル
写真提供:養生キッチンふうど
本格的なシードルを作ろうと思うと、材料選びから発酵の過程まで、なかなか手間のかかるものです。でも「手間をかけずにシードルを作ってみたい」という場合には、より手軽な方法として、りんごジュースを使う方法もあります。

私もこの方法で何度か作ってみましたが、発酵していく様子を眺めるのは面白く、手作りならではの味わいが楽しめます。ただし知っておきたいこととして、日本では酒税法により「酒造免許を持たない者が、アルコール度1%以上のお酒を造ることは禁止」とされています。他人への譲渡はしないことと、あくまでも「趣味の範囲」で楽しむようにしてください。

〈材料〉作りやすい分量
・りんごジュース(ストレート)500㏄
・ドライイースト 3~4g
・ぬるま湯(30℃前後)小さじ1


作り方

1.ドライイーストは発酵しやすいように、ぬるま湯に混ぜて10分程度置いておく。
2.煮沸消毒などをした清潔な保存瓶に、りんごジュースと1を入れて混ぜ合わせて、軽くふたをする。
3.数時間経って小さな泡が出てきたら、発酵が始まったサイン。
4.1日1回はかき混ぜて、好みの味になったらできあがり。早めに飲み切るようにする。

ポイント

・発酵が始まると瓶のなかにガスが充満します。中身があふれてしまうのを防ぐため、作る分量に対して大きめの瓶を用意することと、ふたをしっかり締め過ぎないように気を付けてください。
・市販のりんごジュースには、大きく分けて「濃縮還元」と「ストレート」の2種類のタイプがあります。ストレートというのは、果実を搾って瓶やパックなどにそのまま詰めたもののことです。濃縮還元のものに比べて香りや風味がしっかりと味わえることから、今回のシードルのレシピではストレートタイプを使っています。
・もしも異臭がするなど不具合がある場合には、飲むのを控え、処分してください。

シードルの飲み方

シードル
出典:Pixabay
シードルが用意できたら、まずはグラスに注いでシンプルに味わってみましょう。そのまま飲んでもおいしいですが、お好みでりんご酢などの果実酢を加えて酸味を足したり、果物のリキュールを加えたりするのもおすすめです。

バーなどでは、シードルにミントを加えた「シードルモヒート」や、カットした果物と組み合わせた「フルーツカクテル」などもあるようです。シードルの爽やかな味わいは、香りのよいハーブ類やほかの果物との相性も良いので、自由な発想でアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。

シードルと一緒に楽しめる料理

シードル
出典:Pixabay
シードルに合う料理の定番と言えば「そば粉のガレット」。ガレットはフランスのブルターニュ地方の郷土料理のひとつで、そば粉に水と塩などを加えた生地を焼き、キノコ類やハム・チーズなどのいろいろな具材をトッピングした料理のことです。

シードルとガレットは、フランスでも古くから愛されている組み合わせです。私自身がシードルに初めて出会ったのもガレット専門店でしたが、その相性はやはり抜群だと感じました。
ガレットのほかにも、シードルは魚介類やきのこ類、芋類、果物など、素材の持ち味を生かしたヘルシーな料理によく合います。


ちらし寿司

シードル
出典:Pixabay
シードルに和食を合わせるなら、魚介類を使った散らし寿司もおすすめです。散らし寿司はお祝いの時などに作ることも多いですが、発泡性のシードルがおめでたい席に彩りを添えてくれます。

きのこと長芋のマリネ

シードル
写真提供:養生キッチンふうど
適度な大きさにカットした数種類のきのこと長芋をさっと加熱してマリネにします。お好みで、香味野菜やハーブ類を加えてもおいしいです。さっぱりした一品は肉や魚料理との相性も良く、シードルの爽やかな風味ともよく合います。

果物のコンポート

シードル
出典:Pixabay
旬の果物を加熱して作るコンポートは、食後や箸休めにもぴったりの一品です。シードルと組み合わせることで、より爽やかな味わいが楽しめます。コンポートを作る際に、ローズマリーなどのハーブや、八角やクローブなどのスパイスを加えてもおいしいです。

シードルが余った時の活用法

シードル
出典:Pixabay
「シードルが少しだけ余ってしまった」「そのまま飲むには味が落ちてきた」という時には、野菜や肉、魚などの煮込み料理にシードルを加えてみてはいかがでしょうか。肉や魚などを煮込む際にシードルを使うと、素材が柔らかく仕上がります。シードルをたっぷり使って煮込むのもおいしいですが、まずは素材の臭み消し程度に少量加えてみて、様子を見ながら量を増やしてみてください。ほかにも、スープやデザートなどに使うのもおすすめです。

シードルで香り豊かな食事を楽しもう

シードル
写真提供:養生キッチンふうど
シードルは、フランスで愛されているりんごのお酒ですが、爽やかでアルコール度も低く飲みやすいことから、最近は日本でも人気を集めています。国産のシードルもよく見かけますが、市販のりんごジュースを使って自分なりの味を手作りするのも楽しいですね。

シードルは、普段の食事はもちろん祝いの席を彩るのにもおすすめの飲み物です。また、少しだけ残った場合には煮込み料理など調味料として使うことができ、余すところなく活用できます。ぜひシードルと一緒に、香りのよい食卓を演出してみてはいかがでしょうか。

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
松橋 佳奈子
松橋 佳奈子

大学卒業後、企業とNPOにてまちづくりの仕事に10年以上携わる。そのなかで食の大切さを感じ、2014年に薬膳とおばあちゃんの知恵をベースに「養生キッチンふうど」を立ち上げる。コンセプトは「人も地域も元気になる『食』」。現在は子育てをしながら、レシピ提供や執筆などを中心に活動中。主な資格は、国際薬膳師、登録ランドスケープアーキテクト(RLA)。

育て方・病害虫を一発検索