【2020年最新】関東甲信越のブルーベリー狩り農園16選|食べ放題・無農薬栽培など

関東甲信越(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城、山梨、長野)のおすすめブルーベリー狩り農園をご紹介!ブルーベリーの品種別収穫時期、ブルーベリー狩り時の服装や持ち物も要チェック。無制限の食べ放題・無農薬栽培など魅力的なブルーベリー狩り農園の情報が満載です。


関東甲信越でブルーベリー狩りを楽しもう!

ブルーベリー狩り
出典:写真AC
さわやかな甘酸っぱい味で、ジャムやケーキの材料として人気の高いブルーベリー。でも、生のブルーベリーを食べたことがない方は意外と多いのではないでしょうか?摘みたての完熟したブルーベリーは酸味が少なく、そのままで十分おいしい自然のスイーツです。今年の夏は、家族や友人を誘ってブルーベリー狩りに行ってみませんか?
この記事では、自分で摘んで採れたてを食べみたい方におすすめの、関東甲信越でできるブルーベリー狩り農園をご紹介します。

※この記事は2020年4月時点での情報です
※詳しい開園状況は農園にお問い合わせのうえお出かけください

ブルーベリー狩りができる時期は?

ブルーベリー狩り
出典:写真AC
ブルーベリー狩りのベストシーズンは大体6月下旬~8月下旬です。ただし、ブルーベリーの品種によって収穫時期は異なり、農園ごとに栽培している品種が違うため、行きたい農園のブルーベリー狩りを実施している時期をしっかりチェックしてから行きましょう。また、品種によって味や食感にも違いがあるので、品種を選んで足を運んでみるのも面白いかもしれません。

ブルーベリーの収穫時期

6月 7月 8月 9月
上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬
ハイブッシュ系
ラビットアイ系
ブルーベリーは、主に「ハイブッシュ系」「ラビットアイ系」の2種類が栽培されています。
ハイブッシュ系の収穫時期は6月上旬~7月下旬。実が大きく、甘味と酸味のバランスが良い味で、皮が薄くて舌触りが滑らかなのが特徴です。
7月上旬~9月下旬と、収穫時期が遅いのがラビットアイ系で、その名の通り実が熟す前にウサギの目のように赤くなります。ハイブッシュ系に比べると全体的に実が小さく皮は厚めですが、甘味が強いのが特徴です。

ブルーベリーの収穫時期やおいしい食べ方について
さらに知りたい方はこちら!


ブルーベリーの品種について知りたい方はこちら!


編集部イチ押し!関東甲信越のおすすめ農園3選|安心の無農薬・時間制限なしなど

提供:ブルーベリー農園 森の畑

1. ブルーベリー農園 森の畑|長野県須坂市

提供:ブルーベリー農園 森の畑
時間無制限・食べ放題で、30種類近くのブルーベリーが摘み取りできる観光農園。信州産の最高品質のブルーベリー「森のサファイア」をはじめとする、さまざまなブルーベリーの食べ比べが可能です。併設の農園カフェでは絶品の特製ソフトクリームが好評!
また、農園は全面シート張りで、ハイヒールやサンダルでも、足元を気にせず楽しめますよ。リピーターも多く、満足度が高い農園としておすすめです!

基本情報
・電話:026-214-6559
・住所:長野県須坂市福島町311 MAP
・アクセス:上信越道須坂長野東ICから500m、北陸新幹線ほか長野駅からバス40分、長野電鉄須坂駅からバス35分
・営業期間:6月中旬~8月上旬
・営業時間:9:00~17:30(受付16:30まで)
・休日:シーズン中無休
・食べ放題:あり(時間無制限)
・料金:中学生以上1,500円、小学生1,000円、3歳~未就学児500円
・おみやげ:100g300円
・予約:電話かHPの問合せ欄から要予約
・公式ページ:https://morinohatake.co.jp/


2. ナイトウ果樹園|東京都国分寺市

新宿から電車で25分の「西国分寺駅」から徒歩で行ける、閑静な住宅に囲まれた果樹園。都心にいながら、ゆっくり時間制限なしで無農薬・完熟ブルーベリーの摘み取り体験ができます。樹が低めなので、子どもでも手が届くのが◎。完熟しているため、酸っぱくないやわらかいブルーベリーを楽しめます。パックは農園で用意されており、手ぶらで寄れるのもうれしいですね!

基本情報
・電話:042-572-6003
・住所:東京都国分寺市内藤1丁目17-5 MAP
・アクセス:中央線・武蔵野線西国分寺駅から徒歩15分
・営業期間:8月上旬~9月上旬
・営業時間:9:00~12:00
・休日:月・水曜
・食べ放題:なし
・料金:100g250円、500g1,250円(入園料込み)
・予約:HPか電話、コンタクトフォームより要予約
・公式ページ:https://naito-fg.jp


3. フルーツ街道 夢農場|千葉県市木更津市

フルーツ街道夢農場
提供:フルーツ街道 夢農場
木更津市の自然豊かな環境の中、散歩を楽しみながらブルーベリー狩りができる「フルーツ街道 夢農場」。15品種1,500本の、無農薬で育てた安心・安全なブルーベリーが楽しめます。段差・勾配が少ない園内なので、車いすやベビーカーで来ても移動がらくにできますよ。園内に併設されたカフェ「夢農場カフェ」の、ブルーベリースムージーやブルーベリーソフトクリームなども人気です。園内では、暑さ対策として麦わら帽子の貸し出しも!

基本情報
・電話:0438-53-8120 (出ない時は 090-4002-4337)
・住所:千葉県木更津市真里谷2816 MAP
・アクセス:圏央道木更津東ICから12分
・営業期間:7月中旬~9月上旬
※雨天休園する場合あり。電話にて確認
・営業時間:8:00~17:00
・休日:シーズン中無休
・食べ放題:あり(時間無制限)
・料金:中学生以上1,000円、5歳以上500円
・予約:個人不要、団体(20名以上)要予約
・公式ページ:https://yumenojyo.com/


電車で行ける農園も!東京都内で楽しめるブルーベリー農園3選

提供:爺ヤンのブルーベリー畑(iZM Blueberry farm)

1. 爺ヤンのブルーベリー畑(iZM Blueberry farm)|東京都府中市

提供:爺ヤンのブルーベリー畑(iZM Blueberry farm)
農薬をほとんど使わない最新の栽培方法「養液栽培」でブルーベリーを育てている農園。安心して食べられるうえ、土を使っていないため摘み取りで服が汚れる心配もありません。農園は全面防草シート張りで、ベビーカーや車いすも入れます。育てている品種は、「ユーリカ」「トワイライト」「OPI」という、大粒で糖度16度以上の新品種を含む、約20種類。
ブルーべリーの摘み取りは2コースあり、自分で摘み取った分を買い取る量り売りコースと、60分食べ放題コースのどちらか選ぶことができます。食べ放題コースは6月初旬スタート(予約は5月上旬から)。

基本情報
・電話:042-202-3000
・住所:東京都府中市本宿町1-1-13 MAP
・アクセス:南武線西府駅から徒歩約5分、京王線分倍河原駅から徒歩約10分
・営業期間:ブルーベリー摘み取り(量り売り)/5月6日~7月末、ブルーベリー食べ放題/6月初旬~7月末(月・木・土・日のみ)
・営業時間:9:00~17:00
・休日:火・水・金曜
・食べ放題:あり(60分)
・料金:ブルーベリー摘み取り(量り売り)/100g500円
ブルーベリー食べ放題/中学生以上 2,000円、小学生以下 1,000円、3歳以下無料
・予約:摘み取り予約不要、食べ放題は電話かHPの問合せから要予約
・公式ページ:https://izm-bf.tokyo/sale


2. 島村ブルーベリー園|東京都小平市

こちらの「島村ブルーベリー園」は、なんと日本初のブルーベリー園!200年続く農家の跡取であった島村速雄さんが、 「日本のブルーベリーの父」といわれる東京農工大学岩垣教授に依頼され、1968年に開園しました。
西武新宿線「花小金井駅」から徒歩10分ほどとアクセスも良好!摘みたてのおいしいブルーベリーが味わえる農園に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。また、農園で販売されている、プロが摘み取った完熟のブルーベリーは「甘くて、すばらしくおいしい!」と、大好評です。

基本情報
・電話:090-4914-1394/0424-61-7824
・住所:東京都小平市花小金井南町1-10-13 MAP
・アクセス:西武新宿線花小金井駅から徒歩10分
・営業期間:7月下旬〜8月下旬(火・木・土・日のみ)
※雨天休園する場合あり。電話にて確認(雨天時確認電話番号︰090-2451-7622)
・営業時間:10:00~12:00、15:00~17:00
※午前午後ともに終了時間の30分前までに入園
・休日:月・水・金曜(8月13〜15日休園)
・食べ放題:なし
・料金:1パック(300g程度)1,000円
・おみやげ:420g1,500円(税別)
※受付け場所は、農園の住所から少し離れた場所にあります。公共交通機関等をご利用の方は、直接摘み取り園の受付けまでお越し下さい
・予約:電話、メールより要予約(0424-61-7824)
※日中は電話がつながりにくい場合があるので、朝は8:00頃まで、夜は21:00時以降にかけてください
・公式ページ:http://s-blueberry.blogspot.com/


3. やまはち農園|東京都練馬区

練馬区の北部に位置する土支田で、完全無農薬栽培で15品種約290本を栽培している農園。こちらの農園では、木があまり大きくならないように生育や剪定に気を配っているので、小さな子どもでもブルーベリー摘みが楽しめます。ブルーベリーのもつ甘さと香りが際立つ品種がそろっており、大粒で甘く、皮が口の中に残らないブルーベリーは、そのおいしさに驚かされますよ!

基本情報
・電話:03-3924-0254
・住所:東京都練馬区土支田4-45-10 MAP
・アクセス:大江戸線光が丘駅からバス8分徒歩6分
東武東上線成増駅・東京メトロ地下鉄成増駅からバス10分徒歩6分
・営業期間:7月下旬〜8月下旬(土曜のみ)
・営業時間:9:00~12:00
・休日:月・火・水・木・金・日曜
・食べ放題:なし
・料金:100g200円
・おみやげ:100g300円(要予約)
※上記は練馬区内のブルーベリー観光農園共通の価格。
・予約:電話かHPの問合せフォームから要予約
・公式ページ:http://yamahachi.tokyo/


千葉県・神奈川県・埼玉県の人気ブルーベリー農園4選

ブルーベリー狩り
出典:写真AC

1. 富津アクアファーム|千葉県富津市

富津アクアファーム
提供:富津アクアファーム
富津中央ICから車で1分とアクセス良好!ラビットアイ系ブルーベリーが13品種約600本栽培されています。農園内に日陰スペースがあるので、真夏でも安心してブルーベリー摘みを楽しむことができます。砂場や丸太を使った遊び場や、ベビーベッドも完備されているので、子ども連れには特におすすめのスポット。ブルーベリー摘みのほか、ブルーベリーシェイクやいちごの実を削ったかき氷などのデザートも味わえます。

基本情報
・電話:0439-66-1540
・住所:千葉県富津市鶴岡449 MAP
・アクセス:館山自動車道富津中央ICから1分、内房線佐貫町駅から車で5分
・営業期間:7月中旬~8月下旬
・営業時間:10:00~16:00
・休日:不定休
・食べ放題:あり(時間無制限)
・料金:中学生以上1,200円(100gパック付き)、3歳〜小学生600円(100gパック付き)、2歳以下無料(パックなし)
・予約:個人不要、団体(10名以上)要予約
・公式ページ:http://park19.wakwak.com/~aquafarm/


2. マルイファーム|神奈川県横浜市

神奈川県横浜市で約50a(5000平方メートル)の敷地に、約700本30種類のブルーベリーを農薬などの薬剤散布を行わずに栽培しているマルイファーム。ららぽーと横浜から車で10分、IKEA港北から車で5分の好立地。ショッピングのついでに、ブルーベリー狩りはいかかでしょうか。水・土曜の14:00~16:30には、横浜の朝採り野菜・果物直売所が開いており、採れたての野菜・果物を購入することもできますよ。

基本情報
・電話:090-3227-2035(電話受付時間8:00~19:00)
・住所:神奈川県横浜市都筑区東方町991 MAP
・アクセス:第三京浜港北ICから約5分、東名高速横浜青葉ICから約15分、横浜市営地下鉄仲町台駅からバスで約10分、横浜市営地下鉄都筑ふれあいの丘駅からバスで約16分
・営業期間:7月初旬〜8月下旬(月・水・土のみ)
※雨天休園する場合あり。電話にて確認(090-3227-2035)
・受付時間:9:40~10:00 閉園時間11:30
※集合場所は直売所の駐車場(横浜市都筑区東方町991)
※受付に遅れる場合090-3227-2035まで連絡
・休日:火・木・金・日曜
・食べ放題:あり(90分)
・料金:小学生4年生以上1,500円(約200gのお土産付)、3歳~小学3年生500円、2歳以下無料
・予約:電話より要予約
・公式ページ:https://www.maruifarm.jp/


3. 陽子ファーム|埼玉県所沢市

落ち葉と米ぬかを混ぜて作った堆肥を使用した土壌で、ブルーベリーのほか約100種類もの無農薬・無化学肥料栽培の野菜を育てている農園。ブルーベリーも「コリンズ」「バークレイ」「ブルーレイ」「オザックブルー」など、さまざまな品種を育てており、中には10円玉サイズの実があることも!食べ放題ではなく、1人1パック分を自分の手で摘み取ります。1人10粒程度の試食もできますよ。

基本情報
・電話:04-2944-2681
・住所:埼玉県所沢市城509 MAP
・アクセス:関越自動車道所沢ICから約30分、JR武蔵野線東所沢駅から徒歩約18分
・営業期間:6月下旬~8月上旬
・営業時間:平日9:00~12:00、土日祝9:00~16:00
・休日:不定休(お盆は休み)
・食べ放題:なし
・料金:1パック分1,200円
・予約:個人不要 ※団体(10名以上要予約)
・公式ページ:https://www.yokofarm.com/


4. ブルーベリープラザ浦和|埼玉県さいたま市

埼玉県さいたま市にある3ha(300,000平方メートル)の広大な敷地でブルーベリー摘みができる農園。個人なら予約が不要なので、思い立ったらすぐにブルーベリー摘みに行けるのが◎。ブルーベリーの品種はハイブッシュ系が18種類とラビットアイ系が7品種が食べ放題です。リーズナブルな値段で、ブルーベリー摘みを楽しめますよ!

基本情報
・電話:090-1990-2020
・住所:埼玉県さいたま市緑区大崎589 MAP
・アクセス:東北道浦和ICから約7分、浦和駅からバス20分徒歩約5分
・営業期間:6月上旬~8月下旬(毎日可能)
※6月中は午前中のみの営業
・営業時間:受付時間9:00~終了時間は日によって異なる
・休日:シーズン中無休
・食べ放題:あり
・料金:3歳以上700円
・おみやげ:早生100g200円、ラビット100g180円
・予約:個人不要、団体要予約
・公式ページ:http://www.blueberry-plaza.com/


茨城県・群馬県・栃木県の人気ブルーベリー農園3選

ブルーベリー狩り
出典:写真AC

1. つくばブルーベリーゆうふぁーむ|茨城県つくば市

提供:つくばブルーベリーゆうふぁーむ
「日本三大ブルーベリー産地」の1つである、茨城県つくば市の北地区に位置するブルーベリーファーム。無農薬の環境で育ったブルーベリーは、全部で約50種類の品種があり、時期によりさまざまな品種を味わうことができます。「甘味」「酸味」「香り」「食感」のバランスで生み出される甘さにこだわったブルーベリーは、感動のおいしさ!広大な農園で青空の下、のんびりとブルーベリーの摘み取りを楽しめますよ。

基本情報
・電話:080-5099-0099
・住所:茨城県つくば市百家661-3 MAP
・アクセス:常磐道谷和原ICから約20分
・営業期間:6月初旬~8月下旬
・営業時間:9:00〜15:00
・休日:月曜
・食べ放題:あり(時間無制限)
・料金:中学生以上1,200円、3歳〜小学生600円、2歳以下無料
※リピーター割引・団体料金あり
・おみやげ:100g250円
・予約:電話・メールまたはアソビュー予約フォームにて要予約
・公式ページ:http://oandc-blueberry.com/


2. はなぶさ有機農園|群馬県前橋市

「おいしくて安全なブルーベリーをみなさまに」。そんな想いから始まった、はなぶさ有機農園。小坂子園、嶺園の2つの農園で全21種類のブルーベリーを、農薬は使用せず、本来の味わい・栄養価を引き出せる露地栽培で大切に育てています。嶺園に併設されている「手作りお菓子工房スイーツキッチン」では、農園で採れたブルーベリーやさつまいも、和栗を使ったパンケーキやパフェ、タルト、パイなどのオリジナルスイーツの提供も。こだわりのスイーツもぜひご賞味あれ!

基本情報
・電話:027-288-8888
・住所:
<小坂子園>群馬県前橋市小坂子町1917-2 MAP
<嶺園>群馬県前橋市嶺町1097-5 MAP
・アクセス:
<小坂子園>関越自動車道駒寄スマートICから車で約25分
<嶺園>関越自動車道駒寄スマートICから車で約25分
・営業期間:
<小坂子園>6月上旬〜7月下旬
<嶺園>7月下旬〜9月中旬
・営業時間:9:30~16:30
・休日:火曜
・食べ放題:あり(時間無制限)
・料金:ブルーベリー食べ放題1,000円
※カップル(友達)、ファミリーチケットあり
・予約:予約不要
・公式ページ:http://hanabusa-farm.net/


3. 鈴木ブルーベリー園|栃木県益子町

こちらの農園のこだわりは、樹を植えたときから除草剤や殺虫剤などの化学農薬を使用せず、有機肥料・天然成分を使用して育てたブルーベリー。6月中旬~7月上旬ごろはハイブッシュ系、7月上旬~9月上旬ごろにラビットアイ系のブルーベリーを摘み取れます。 園内の所々にはイスやテーブルが置かれ、自然に囲まれてのんびり過ごすことができますよ。

基本情報
・電話:090-2535-6059(電話受付時間8:00~19:00)
・住所:栃木県芳賀郡益子町山本1657 MAP
・アクセス:北関東自動車道真岡ICから25分、真岡鐵道真岡線益子駅から車10分、水戸線羽黒駅から車14分
・営業期間:6月中旬~9月上旬
・営業時間:平日9:00~17:30、土・日8:30~17:30
※開園・閉園時間は事前ご予約で応談
・休日:不定休
・食べ放題:なし
・料金:入園料/ハイブッシュ期間(6月中旬~7月上旬位)高校生以上500円、中学生以下300円
ラビットアイ期間(7月上旬~9月上旬位)300円
ブルーベリー摘み取り料金/100g120円
※摘み取り料金を払えば、園内で食べてOK
・予約:電話にて要予約(当日連絡でも可能)
・公式ページ:http://www.f-valhalla.com/suzuki_berry/index.html


山梨県・長野県の人気ブルーベリー農園3選

ブルーベリー狩り
出典:写真AC

1. 農事組合法人ブルーベリー明野|山梨県北杜市

提供:農事組合法人ブルーベリー明野
日本三大ブルーベリー産地の1つ、山梨県北杜市にあるこちらの農園は、場所が標高700mと高地にあるため、摘み取りシーズンの夏も比較的涼しいのが特徴です。西に南アルプス山系の鳳凰三山と甲斐駒ヶ岳、北に八ヶ岳、南に富士山の眺望で、リフレッシュできること請け合い。ブルーベリーの果実のほか、ジャムやソフトクリーム、苗木などの販売も。ラベンダーの摘み取りもサービスもしてくれます。

基本情報
・電話:0551-25-6032
・住所:山梨県北杜市明野町浅尾5638 MAP
・アクセス:中央自動車道須玉ICから約15分、中央自動車道韮崎ICから約15分、中央線韮崎駅から直通バス30分(季節運転)、または車で20分
・営業期間:6月中旬~8月中旬
・営業時間:9:00~16:00
・休日:シーズン中無休
・食べ放題:あり(40分)
・料金:中学生以上1,000円(200gパック付き)、3歳〜小学生300円(パックなし)
・予約:個人不要、団体(10名以上)要予約
・公式ページ:http://akenobb.her.jp/


2. ブルーベリー農園ほりうち|山梨県富士河口湖

河口湖の北岸で、3枚の畑に約1,500株の各種ブルーベリーを栽培しているブルーベリー農園ほりうち。アットホームな雰囲気の中、時間制限無しの食べ放題でゆっくり摘み取りを楽しむことができます。 喫茶コーナーでは、冷たい飲み物やかき氷でのどをうるおすこともできますよ。 富士急ハイランドから車で16分、園内にも子ども用の遊具があるので、ファミリーには特におすすめ!ただし、熟したおいしい実を食べてほしいという思いから、食べごろの実がないときには臨時休園することがあるので、事前に連絡を。

基本情報
・電話:0555-72-8450
・住所:山梨県南都留郡富士河口湖町大石2398 MAP
・アクセス:中央自動車道富士吉田線河口湖ICから約20分
・営業期間:6月下旬~7月末(臨時休園あり)
・営業時間:8:30~16:00
・休日:不定休
・食べ放題:あり(時間無制限)
・料金:中学生以上500円、小学生300円、未就学児無料
・おみやげ:100g150円
・予約:不要
・公式ページ:http://www.blueberryfarm.jp/p/index.html


3. 浅間高原農場 小諸ファーム|長野県小諸市

広々とした自然の中で、時間制限なしの食べ放題でブルーベリー摘みができます。時期によってはあんずやルバーブ、本州では珍しいハスカップの収穫をブルーベリー狩りと同時に楽しむことも。個人なら予約が必要ないので、すぐに行けるのが良いですね!安心な有機栽培で、さまざまな品種のブルーベリー摘みを9月まで楽しめます。また、車で30分ほどの「浅間高原農場 軽井沢旧道店」では農園で収穫したブルーベリー、ハスカップ、あんず、リンゴなどのジャムもお土産に購入できますよ!

基本情報
・電話:0267-22-1646
・住所:長野県小諸市甲4450 MAP
・アクセス:上信越自動車道小諸ICから7分
・営業期間:6月下旬~9月上旬
・営業時間:9:00~17:00
・休日:シーズン中無休(天候により閉園になる場合があります)
・食べ放題:あり(時間無制限)
・料金:3歳~5歳300円 小学生以上400円
・おみやげ:1kg1,200円、100g120円
・予約:個人不要、団体(15名以上要予約)
・公式ページ:https://www.asamakougenfarm.com/


どんな服装で行くのが良い?あると便利な持ち物

ブルーベリー狩り
出典:写真AC
ブルーベリー狩りのシーズンは6~9月ごろで、暑さと日差しが厳しい時期です。紫外線対策と熱中症対策をしっかりと。また、無農薬・減農薬の農園が多いので、虫よけグッズを持っていくことをおすすめします!

服装

長袖・長ズボンを着用しましょう。風が通る綿・麻素材がおすすめです。日よけの帽子、タオルも。

便利な持ち物

虫除けスプレー、飲み物、ウェットティッシュがあるといいでしょう。
ブルーベリーを持ち帰りたい方はクーラーボックスや保冷剤があると鮮度が保てるので◎。

持ち帰ったブルーベリーをおいしく食べるには

収穫したブルーベリーの冷凍保存について知りたい方はこちら


農家直伝!ブルーベリーを使ったレシピを知りたい方はこちら


今年の夏は摘みたてのブルーベリーを味わって

ブルーベリー狩り
出典:写真AC
関東甲信越のおすすめブルーベリー狩りスポット、意外と都心でもブルーベリー狩りができる!と、驚かれた方もいるのではないでしょうか?車がなくても電車や徒歩で行きやすい農園が多いのが良いですね。また、ブルーベリーは、樹があまり大きくないので子どもでも摘み取りやすく、無農薬や減農薬で栽培している農園が多いので、その場ですぐにパクっと摘みたてを食べられるのが魅力です。今年の夏は、完熟摘みたての果実を味わいにぜひブルーベリー狩りに行ってみて下さい。

この記事に関連するタグ

関連する記事

ブルーベリー狩り
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。

育て方・病害虫を一発検索