肥料販売から農産物の販売までトータルサポート【農業総合研究所×住商アグリビジネス×住友商事】

株式会社農業総合研究所、住商アグリビジネス株式会社、住友商事株式会社の3社が業務提携。農産物の生産者向けに、 肥料の販売および栽培指導から農産物の販売にわたるトータルサービスの提供に取り組みます。


3社の強みを生産者のトータルサポートに活かす

スキーム図

各社の事業

農総研|物流

株式会社農業総合研究所(以下「農総研」)は、「持続可能な農産業を実現し、生活者を豊かにする」をビジョンに掲げ、全国の生産者と提携し、“顔が見える新鮮な農産物”を都市部スーパーマーケットで販売できるサービスを提供しています。生産者は、集荷場で農産物の販売価格や出荷する店舗を自由に選択。集荷場に持ち込まれた農産物は直接スーパーマーケットに運ばれ、各店舗での販売状況は生産者にフィードバックされます。事業の拡大には、集荷場の開設を含むさらなる集荷力の強化と、幅広い供給体制の整備が必要です。

住商アグリ|栽培指導、肥料の販売

住商アグリビジネス株式会社(以下「住商アグリ」)は、全国に自社拠点を保有する国内トップレベルの肥料製造販売会社であり、国内で唯一、原料仕入、生産、製品仕入、卸売、生産者向けの直接販売や栽培指導を単独で行っています。従来注力していた、肥料や農薬など農業生産資材の販売に加え、農産物の販売先を確保することで、生産者向けのサービス拡大に取り組んでいます。

住友商事|集荷拠点と販路

住友商事株式会社(以下「住友商事」)は、住友商事グループ内に集荷拠点となりえる事業会社や、販路となりえるスーパーマーケットを保有しています。

生産者のトータルサポートと消費者への“顔が見える新鮮な農産物”の提供拡大を目指す

3社は、2020年1月29日に業務提携契約を締結。事業提携を通じ、集荷場と肥料の販売店を兼ねた拠点の創設などを行い、肥料販売から農産物の販売まで、生産者向けのトータルサポートを実現するとともに、消費者への“顔が見える新鮮な農産物”の提供拡大を目指します。

事業スキーム

農総研

住商アグリが集荷した農産物の販路を提供。さらに、販売先までの物流構築および販売先での販売支援(各農産物に合ったパッケージやPOPの製作)を実施します。

住商アグリ

全国の自社拠点および販売店ネットワークを利用し、各地に集荷場を開設。肥料の販売および栽培指導や、生産者から農産物の集荷を行います。

住友商事

住友商事グループにおける本事業モデル推進の支援を行います。海外で展開する農業資材販売会社においても本事業モデルの展開を目指します。

集荷拠点の開設とスーパーマーケットへの展開をスタート

今回の提携に先立ち、2019年11月27日に、生産者が直接農産物を持ち込める集荷拠点を長崎県雲仙市の住商アグリの営業所内に開設し、大阪のスーパーマーケットでの販売を開始しています。
今後は、集荷状況や販売状況の推移をもとに、本モデルの他地域への横展開や農総研の集荷場における同モデルの推進、その他農業関連事業の検討を進めます。

また、集荷した農産物を、住友商事グループの「サミット」を含む関東のスーパーマーケットへ展開することも予定しています。

RELATED TAGS関連するタグ

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。

育て方・病害虫を一発検索