リビングやベランダが華やかに!サカタフェア2020で見つけた花「サンパチェンス」「ビューティカル」

2020年1月10日に開催された「サカタフェア2020」で見つけた育てやすい花をご紹介します。華やかで目をひいた「サンパチェンス」、シックな色合いが魅力の「ビューティカル」。どちらも春から秋まで長く花を楽しめて、リビングやベランダを明るくしてくれます。


サンパチェンス

撮影:AGRI PICK編集部
サカタフェアは毎年1月に行われるサカタのタネの商談会です。新しい商品や企画に加え、花や野菜のオリジナル品種などが数多く展示されます。
2020年1月10日に開催された「サカタフェア2020」のテーマは「シン・世界」。「新」=新商品・新提案・新価値観、「進」=未来へつなげるビジネス、「賑」=活気のある農園芸ビジネス、を体現するというコンセプトです。

AGRI PICK編集部が当日会場で見つけた、色鮮やかで育てやすい花をご紹介します!

春から秋まで花が咲き続ける「サンパチェンス」

サカタフェアサンパチェンス展示
撮影:AGRI PICK編集部

サンパチェンスはロングセラー商品

会場の入り口にも大きな株が飾られ、存在感たっぷりの「サンパチェンス」。サンパチェンスは真夏の暑さや強い日差しに負けることなく、春から秋まで咲き続ける生命力豊かな花です。鮮やかな花を次々と咲かせることが高く評価され、日本のみならず全世界で累計2億本以上販売されています。

インパチェンスとの違いは?

サンパチェンスはインパチェンスの栄養系品種ですが、生育が従来のインパチェンスより早く、容易に栽培できます。生命力が強く、根張りが良いので、強い風などで傷んでも回復が早いという特長があります。

今回のフェアで特に目立っていたのは

白とオレンジのサンパチェンス
撮影:AGRI PICK編集部
今回のフェアで特に注目を集めていたのが、「サンパチェンススプラッシュホワイト」と「同スプラッシュオレンジ」です。花がたくさん咲き、全体が丸くこんもりとして、とても存在感がありました。黄色の斑(ふ)が入る鮮やかな葉は、トロピカルなイメージも与えてくれます。

育て方

購入後すぐに15cmのポットに植え替えます。株が育ったら、成長に合わせて30~36cmの鉢に植え付けます。植え付けからわずか1カ月でどんどん大きくなり、蕾(つぼみ)もたくさんついてきます。2カ月後には、どんどん生長してこんもりとした形になり、次々と花を咲かせます。
花をたくさん咲かせるためには、6~8月中旬ごろに「蕾摘み」を行うことが有効です。蕾摘みとは、咲いている花から蕾までをすべて丁寧に摘み取ること。すべて摘み終わったら、液肥をたっぷり施し、その後も1週間に1回のペースで液肥を施すと再び花が咲き始め、約1カ月後には見事な開花が楽しめます。

冬越しはできる?

サンパチェンスは基本的には1年草。冬越しをしたい場合には、部屋の中に入れるなど、冬の寒さにあてないようにする必要があります。ただし、冬の間にはあまり花は咲きません。

「ぐんぐん」シリーズと「さくさく」シリーズの区分けは撤廃

これまで、「サンパチェンス」は、特に生育が早い「ぐんぐん」シリーズと、こんもりとまとまり鉢植えに向く「さくさく」シリーズを展開していましたが、近年は、両方の良さを兼ね備えた品種が誕生しているので、この区分けは撤廃したそうです。

雨に打たれても美しく咲く「ビューティカル」

ビューティカル展示
撮影:AGRI PICK編集部

カリブラコアとペチュニアのいいとこどり

大きな花がたくさん咲いてふわっと鉢を覆っていたのは「ビューティカル」。ビューティカルはカリブラコアの強健さと花色、ペチュニアの生育の旺盛さという両方の良さを併せ持ちます。従来のペチュニアに比べて、雨による花の傷みが少なく、春から秋まで長く咲きます。

こんもりとした姿と個性的な花色

ビューティカルのシルエットはこんもりとしたドーム型。立体感があるので見栄えがします。また、花の色も個性的で、注目はキャラメルイエローやサンレイピンクなどのややスモーキーなカラー。ペチュニアの定番カラーとは、ひと味違うシックな雰囲気を演出していました。

育て方

ビューティカルフレンチバニラ
撮影:AGRI PICK編集部
直径18cm以上の鉢に、1株を植え付けます。水やりは、土の表面が乾いたら鉢底から水が流れ出るまで、たっぷりと水やりをします。植え付け1~2週間後から1カ月を目安に草花用の固形肥料を置き肥します。また、花付きをよくするためには、植え付け1カ月後から液肥を2~3週間に1回程度水やり代わりに与えると有効です。

冬越しはできる?

ビューティカルもサンパチェンスと同じ1年草で、冬越しをしたい場合には、部屋の中に入れる必要があります。無加温のビニールハウスでの冬越しは難しいそうです。

サカタコンシェルに相談できる

サカタコンシェルとは、栽培上の疑問について園芸のプロに相談できるサービスです。対応商品が決まっており、「サンパチェンスシリーズ」と「ビューティカル」は相談可能。栽培に困ったら、サカタコンシェルに電話かLINEで相談してみましょう。

サカタコンシェル

簡単に育てられる花で暮らしに色彩を

サンパチェンスパープル
撮影:AGRI PICK編集部
生き生きと咲くサンパチェンスやビューティカル。その華やかさは、一つの鉢植えがこんなに周りを明るくするのかと驚かされるほどでした。また、生命力が旺盛な品種で栽培が簡単なことが、忙しい生活の中で花を楽しむことを助けてくれるような気がします。リビングやベランダでお気に入りの花を育ててみませんか?

関連する記事

サンパチェンス
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

神山 朋香
神山 朋香

大学卒業後、地方公務員として消費者教育や労働福祉の普及事業に従事した後、AGRI PICK編集部に。AGRI PICKでは、新規就農に役立つ情報や農業体験の記事などを執筆しています。