2020年の家庭菜園はもっと盛り上がりそう!サカタフェアで注目の育てやすい苗と優れた資材

2020年1月10日に開催された「サカタフェア2020」で見つけた育てやすい品種や便利な資材をご紹介します。病害虫に強く育てやすい、家庭菜園におすすめの苗「おうち野菜」シリーズ、プロに栽培ノウハウを聞ける「サカタコンシェル」、丈夫な植物を育てやすくする培養土「黒ピートミックス」。家庭菜園が楽しくなる耳寄りな情報が満載!


おうち野菜

撮影:AGRI PICK編集部
サカタフェアは、40年以上続くサカタのタネの商談会です。毎年1月に行われ、新しい商品や企画に加え、花や野菜のオリジナル品種などが数多く展示されます。

2020年1月10日に開催された「サカタフェア2020」では、家庭菜園の初心者でも安心して育てられる「おうち野菜」のラインアップが紹介されていました。

また、当日発表となったのは、優れた資材をアマチュアの園芸愛好家にも伝えたいという思いで開発された一般向けの培養土「黒ピートミックス」。プロ愛用の「黒ピートモス」が原料に使われている資材です。

2020年の家庭菜園が盛り上がりそうな情報をご紹介します!

「おうち野菜」ってどんなもの?

複数のトマトの鉢植え
撮影:AGRI PICK編集部
おうち野菜とは、サカタのタネが厳選した家庭菜園向けの苗で、病害虫に強く、おいしい実がたくさんなる家庭菜園で作りやすい品種です。家庭菜園での育てやすさを確認するために数年の歳月をかけて試作を重ね、現在9品目10品種がラインアップされています。フェアの会場では、実をたくさんつけたトマトの鉢が並べられて、注目を集めていました。

中玉トマト「夏てまり」

夏てまり
撮影:AGRI PICK編集部
病気に強く、育てやすい中玉トマト。栽培環境による味ブレが少なく、安定したおいしさが魅力。ベランダでも育てやすそうで、収穫してすぐにひと口で食べてみたいと思わせるサイズでした。

大玉トマト「つよまる」

つよまる
撮影:AGRI PICK編集部
家庭菜園で失敗の原因になりやすい黄化葉巻病に抵抗力がある大玉トマト。果肉が固く、日持ちが良いのが特徴。ずっしりとした実がたくさんついていて、株の強さが感じられましたよ。

その他の「おうち野菜」

ほかにも「おうち野菜」のラインアップには、収穫量が多くて長い期間収穫が楽しめるものがそろっています。
品目 品種 特徴
ミニトマト とってもアイコ プラム形で、アイコより一回り小さく、実付きが良い
キュウリ 夏バテ知らず うどんこ病に強くスタミナがある。長い期間収穫ができる
ナス くろぷり 使いやすい中長サイズで調理の幅が広い万能タイプ
ナス 夏豊作 細長い形状で、食味が良く、加熱調理でトロッとした食感になり炒め物に向く。長期間収穫可能
トウガラシ スナックとうがらし 4cm以下で収穫すると、辛みをほとんど感じず、生食も可能。収穫量が多く、長期間収穫ができる
マクワウリ すっきりメロン さわやかな甘さがあり、肉厚で食べ応えのあるマクワウリ
ズッキーニ 夏みのる 実付きが良く、さまざまなウィルス病に抵抗力があるため、株が弱りにくい。長期間、たくさん収穫ができる
オクラ 満天 草丈が低く、省スペースでも栽培できるオクラ。収穫量が多く、長期間栽培を楽しめる

プロに栽培の相談ができる「サカタコンシェル」

「おうち野菜」の育て方に迷ったら、サカタのタネの「サカタコンシェル」に相談することができます。LINEか電話で相談すると、園芸のプロであるコンシェルジュが直接回答してくれます。いつでも相談できて、正しい栽培情報を得られるというのは安心です。

サカタコンシェル

また、「おうち野菜」のウェブサイトでは、これまで寄せられた相談をQ&Aにして掲載しています。基本的な栽培方法や病害虫の対処法なども詳しく掲載されています。「こんなこと質問していいのかな」と悩んだときには、先にQ&Aを閲覧してみるといいですね。

「おうち野菜」Q&A

丈夫な植物を育てやすくする培養土「黒ピートミックス」

黒ピートミックス
撮影:AGRI PICK編集部
フェアの当日に発表となったのが、「黒ピートモス」配合の培養土「黒ピートミックス」。ピートモスとは湿地においてミズゴケの残骸が長年にわたり堆積したもので、「黒ピートモス」配合の培養土は、プロの生産者に愛用されてきました。この優れた資材をアマチュアの園芸愛好家にも伝えたいという思いから、扱いやすい容量と価格の商品として「黒ピートミックス」が誕生しました。

使われている「黒ピートモス」は北緯50度から60度の限られた地域で採掘できる希少なもので、土壌の団粒構造の促進や通気性、排水性を高めて、土の質を良くします。そのため、ほかの培養土と比べて根が成長しやすく、植物がしっかりと育つことができるのだそう。まずは東北、関東を中心とした種苗店、園芸店、ホームセンターなどで販売し、販路を順次拡大する予定です。

新しい苗と資材で2020年の家庭菜園はもっと楽しく

畑で採れた野菜
出典:写真AC
自分で作ったおいしい野菜がたくさん食べられるとうれしいですね。初心者でも育てやすい苗、優れた資材、相談できるプロなど、家庭菜園を成功させられる要素をたくさん見つけることができました。このようなものを利用して家庭菜園をすれば、今年の家庭菜園はもっと楽しくなるかもしれませんね。

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記
神山 朋香
神山 朋香

大学卒業後、地方公務員として消費者教育や労働福祉の普及事業に従事した後、AGRI PICK編集部に。AGRI PICKでは、新規就農に役立つ情報などを執筆しています。

育て方・病害虫を一発検索