防水機能で選ぶならトレッキングシューズはゴアテックス一択!

New Balance、ナイキ、ミズノはじめ人気ブランド大集合!おすすめのゴアテックス素材のトレッキングシューズをご紹介。ダイヤル式など機能性で選ぶのか、安いものを履きつぶすのかは用途やシチュエーション次第。お気に入りの1足を見つけてくださいね。


トレッキングシューズ

出典:PATAKUSO
トレッキングシューズは、山歩きをするときの靴。足場の悪いところを歩くことを考えて作られているので、足首をしっかりホールド。また、長時間履いていても疲れにくくて蒸れにくいものが多いのも特徴。防水性も高いから、土の上で作業したり水を使ったりする農作業やガーデニングなどにもぴったりです。
ここでは、特に防水性が高いゴアテックス素材のトレッキングシューズをピックアップしました。

ゴアテックスがおすすめな理由

トレッキングシューズ
出典:Pixabay
ゴアテックスは、アメリカのWLゴア&アソシエイツが製造・販売する素材。防水・透湿・防風性が特徴で、アウトドア・レインウェアやシューズなどに利用されています。その高い品質は、宇宙服や南極探検隊のアンダーウェアに採用されていることからもわかります。
ゴアテックスファブリックは、ポリテトラフルオロエチレン(いわゆるテフロン)を加工したものと、ポリウレタンポリマーと複合して作ったもの。水蒸気は通し、雨は通さない機能があるので、外からの水は入らず、汗は放出するんです。


ハイカットとローカットどちらがいい?サイズの目安は?トレッキングシューズの選び方はこちら。

ハイカットは足首をホールドして疲れにくい!

大人気!アメリカのアウトドアシューズメーカー「メレル」

ITEM
メレル トレッキングシューズ モアブ2ミッド
Amazonの「メンズクライミングシューズ」でベストセラー1位の人気シューズ(2019年8月現在)。ソールに衝撃を吸収して足を安定させる技術で、長時間履いても疲れにくいのが特徴です。ホールド力もあり、足場の悪い道でもOK。

・サイズ:25.0~30.0cm 2E
・重さ:470g(片足/26.0cm)
・メイン素材:人工皮革
・ヒールの厚さ:3.5cm
・色:Beluga、Earth、Castlerock、ライトグレー、ブラウン

釣りで使用していて、「濡れた岩やコンクリート護岸に斜めに立った状態で釣りをする」などの用途に信頼がおけます。大体2年で履きつぶして今回3足目です。つま先とかかとの内側が破れるころにはソールもすり減っているのでちょうどいい替え時です。旧MOABとMOAB2でフィット感に差はありません。ガラス面に消しゴムを押し付ける様に、面でグリップするタイプです。


Trekstaのトレッキングシューズは幅広の足にも◎

ITEM
トレクスタ(Treksta)NESTカラコルムGTX
韓国メーカーのシューズ。アジア人に多い幅広の足にフィットする型になっています。ソールはやや固めで登山にも使える仕様。アッパーがきれいな色のスエードで、洋服や作業着とのコーディネートが楽しめそう。

・サイズ:22.5~25cm 3E
・メイン素材:ゴアテックス
・ヒールの厚さ:4.5cm
・色:パープル、グリーン、ネイビー

以前はエボリューションを使用していました。
同じようにジャストの27を履いています。
山用靴下を履いてサイズ感は丁度良いと感じています。
ハイキングや川なんかでガンガン履いてますが、浸水はしてないです。
履き潰すつもりで使うには良いと思います。


日本人の足型に合わせて作られた、登山初心者向けのシューズ

ITEM
キャラバン トレッキングシューズ C1_02S
こちらはAmazon「メンズトレッキングシューズ」のベストセラー(2019年8月現在)。登山初心者向けに作られているシューズで、また日本人の足型に合わせてあるため楽に履けます。色のバリエーションが多いのもうれしいですね。

・サイズ:22.5~30cm
・重さ:590g(両足)
・メイン素材:合成皮革
・ヒールの厚さ:4.5cm
・色:全11色

前に使用していた靴が寿命になったので買い換えたのですが、変えて初登山が吉田口からの富士山登山でした。登りも下りも筋肉痛にならず、快適でした。典型的な日本人の足である私にはEEEがちょうど良くフィットしました。


カッコいいデザインと履きやすさで人気!

ITEM
ザ・ノース・フェイス トレッキングシューズ クレストン ミッド
カッコいいデザインと機能性を併せもったトレッキングシューズ。足裏を1枚のプレートで仕上げてあり、でこぼこ道でも歩きやすくなっています。重い荷物を持っているときも安定しているため作業用にもいいですね。

・サイズ:25.5~28.0cm
・重さ:550g(片足/27cm)
・メイン素材:スエード
・色:ボーンブラウン×レイジレッド、TNFブラック×ケルプタン

1ヶ月間いろいろな店を回りいろいろなメーカーの登山靴を履かせてもらいましたが、圧倒的に足にしっくりきました。
履くときは間口が広がり履きやすく、紐を結ぶと素晴らしいフィット感です。
くるぶしが痛くなるというレビューがあり心配していましたが、20キロ歩いて全く問題ありませんでした。
足の疲れも軽減され、楽しく登山できました。
今後も長く履いていきたいです。


安いトレッキングシューズを探しているなら!

ITEM
アッション ハイキングシューズ メンズ
ゴアテックス使用のトレッキングシューズは高価なことが難点ですが、これはゴアテックスながら5,000円未満。安いながらも、防水性やソールのクッション性などの機能は、軽い山歩き程度には問題なしです。

・サイズ:24.5~28.0cm 3E
・メイン素材:防水スエード
・色:全15色

値段がやすいから、文句無し。
この靴で氷ノ山の山頂まで登りました。
前の方がちょうど柔らかいですが、防水の方はちゃんとしています。
ただ厳密に言うと、スニカーですね、モンベルのような靴ではありませんね。


コロンビア独自の素材により防水・透湿効果の高いシューズ

ITEM
コロンビア カラサワ ミスト オムニテック
防水構造に使われているオムニテックメンブレンは、コロンビア独自の素材。ゴアテックス同様、防水・透湿効果に優れています。足首回りに厚みがあり、しっかりホールド。

・サイズ:23.0~29.0cm
・重さ:約620g(片足/27.5cm)
・メイン素材:ポリエステルメッシュ、スエード、シンセティックスエード
・ヒールの高さ:3cm
・色:ベージュ、ネイビー、ブラック

普段靴は26.5cm〜27.0cmを履いています。私は27.5cmを購入しました。登山用の厚手の靴下を履いて使用していますが、指1本分の余裕があります。
謳い文句の通り、蒸れもなく防水性も申し分無いです。デザインも良く、造りもしっかりしており満足しています。数年は持ちそうな感じです。
傾斜のきつい道もしっかりグリップしてくれます。
ハイキングシューズと比べたら丈夫に出来ている分、アウトソールが厚く固いので石などで転び易いです。ある程度訓練が必要だと思います。
また、足場の悪い道や濡れた岩場は、滑るときは滑るので、過信せず手やストック等でしっかり体を支えて下さい。大怪我に繋がります。


脱ぎ履きが多いならローカットがおすすめ!

ザ・ノース・フェイスの履きやすいローカットシューズ

ITEM
ザ・ノース・フェイス トレッキングシューズ エンデュラスハイク
登山道などを長い時間歩くためのシューズ。本格的な登山用ではないので気軽に履けます。しっかり足を固定しながらも、履いた感触は柔らかめ。タウンユースにする人も多いようです。

・サイズ:25.5~28.0cm
・重さ:329g(片足/7インチ)
・メイン素材:メッシュ
・色:全6色

4年前に買い愛用していたTNFのヘッジホッグが雨の時に水が染みてくるようになり、急遽購入しました。登山をするのですが、それにはミッド及びハイカットのトレッキングシューズしか使いません。ロウカットのゴアテックスシューズは主に普段使い(特に雨天時)に使用します。届いた商品を履いてみてヘッジホッグと同じ26.5cmでピッタリでした(通常のスニーカーも26.5cmです)。登山靴なので芯は固めですが、履き心地は柔らかくて足を包み込む感じがとてもいいです。色も私好みのグレーでとても気に入りました。ヘッジホッグ同様に大事に使っていきたいと思います。


New Balanceのゴアテックス素材シューズ

ITEM
ニューバランス ウォーキングシューズ
トレッキングシューズではないのですが、ゴアテックスのローカットシューズとしてご紹介!見た目は普通のスニーカーながら強い雨の中で履いても水が入らないのはゴアテックスならでは。足幅がかなりゆったりで履きやすいです。

・サイズ:24.0~29.0cm 4E
・重さ:280g (片足/25.5cm)
・メイン素材:合成繊維
・ヒールの高さ:3cm
・色:ネイビー、ブラック

MW1501の6Eであれば25.0cmで対応できるのですが、普通の幅広靴であれば26cmでないと対応できない特殊な足を持っています。その私がこの靴をネットで購入するのには大変勇気が必要でした。しかしながら、センチアップしたこの靴はつま先の余裕もあり、肝心の親指付け根の挙動がとてもしなやかであり、何の違和感もなく履くことができました。雨でも防水性があるため、豪雨でもなければ安心して履くことができます。


レディース用のトレッキングシューズ

ミズノのレディース用トレッキングシューズは安定性抜群

ITEM
ミズノ トレッキングシューズ ウエーブナビゲーション
登山道での動作解析実験の結果を反映しているというレディースシューズ。「ミズノウェーブ」という波形プレートにより、衝撃を抑えるクッション性があるうえに、安定感も!

・サイズ:22.5~25cm 3E
・重さ:約490g(片足/23.5cm)
・メイン素材:合成繊維
・ヒールの高さ:3.5cm
・色:グレー/ブルー、ブラウン/ピンク

いつものサイズでピッタリでした
ハイカットのシューズはこれが初めてだったので大丈夫かな?と思いましたが
しっかりホールドされてるのに締め付けで痛くなることもなく
サポート力も丁度いいと感じました


女性の足向けに特化した型や履き心地!キャラバンのレディースシューズ

ITEM
キャラバン トレッキングシューズ C4_03
女性用に特化したシューズ。ユニセックスのものよりも横幅はやや細め。履き口や裏地、クッション材をソフトにし、優しい履き心地になっています。色もピンクやターコイズなど明るくかわいい!

・サイズ:22.5~26cm 2E
・重さ:約470g(片足/24.0cm)
・メイン素材:合成皮革
・ヒールの高さ:4cm
・色:ターコイズ、ネイビー、ピンク、グレープ、ウォールナッツ

普段23cmを履いています。サンダルなどでは22.5cmの時もあります。
普通のスポーツ用の靴下を履いて、サイズはぴったりでした。このタイプの靴を買うのは初めてなので、色々なレビューを読み、これに決めました、評価通り良い靴です。
1度も試し履きせず、愛知県の山歩きを楽しんできました。何時間も歩きましたが、靴擦れもなく、足首もホールドされているので、ゴツゴツした岩場も難なく歩けましたし、雨で濡れている場所も滑りにくく、快適に山歩きを楽しめました。個人的にはお勧めです。色もかわいいし。これからの山歩きが楽しくなりました。


ゴアテックス以外でも防水性が高いシューズ

雪の日でも履ける!ナイキのハイカットシューズ

ITEM
ナイキ MANOA LEATHER
ナイキのハイカットシューズは防水性の高い革素材。ゴアテックスに比べると通気性には欠けますが、雨の日でも安心!また、底が滑りにくいため寒い地方で履くのにもおすすめです。

・サイズ:25.0~30.5cm 2E
・メイン素材:天然皮革、合成皮革、合成繊維
・色:ハニー、ブラック、ウィート、ヘイスタック

いわゆる冬靴です。
防水性がありソールの溝が深く、北海道や新潟などの雪道でも安心して歩けました。
他のシューズに比べ良い点は、街履きでも違和感がない、そして軽い点です。
雪のない東京から履いていき、そのまま旅行先に行っても違和感がないし、何より疲れません。


ひもを簡単に締められるダイヤル式!

ひもを締めたり緩めたりがダイヤル操作だけで!

ITEM
Brave Star ダイヤル式 トレッキングシューズ
ダイヤルを回すとひもがぎゅっと締まります。また、ダイヤル部分を引き上げることで簡単にひもが緩みます。脱いだり履いたりが楽なうえ、ひもがほどけて踏んでしまう…というようなこともないんです!

・サイズ:24.5~29.0cm
・メイン素材:高密度PUレザー+織物 +天然ゴム
・色:ブラック、アーミーグリーン、カーキ

履き心地も良いですし、締め付け具合も細かく調整できて最高です。ふだん履きもできていうことなし。


防水スプレーはフッ素タイプを!

防水スプレーにはシリコンタイプとフッ素タイプがありますが、ゴアテックスのトレッキングシューズにはフッ素タイプを使いましょう。シリコンタイプは、表面に「膜」を作って撥水(はっすい)するので、ゴアテックスの特長である透湿効果が落ちてしまいます。フッ素タイプのスプレーは通気性を損ないません。
ITEM
コロニル ウォーターストップ CN044021
ドイツの老舗レザーケアブランド、コロニルの防水スプレー。革製品用ですがゴアテックスやヌメ革にも使えるので、1本持っていると重宝します。

・メイン素材:フッ化炭素樹脂
・容量:400ml

主にゴアの登山靴に使用。山行ごとにこれで手入れをすればかなりの防水性が維持できます。


ゴアテックスシューズは雨の日にも!

雨
出典:写真AC
ゴアテックスのトレッキングシューズがあれば、雨や雪の日のレインシューズ代わりにもなりますよ!通気性がいいから、ハイカットでも夏に履くことができます。デザインがカッコいいものも多いので、ぜひ試してみてください。

この記事に関連するタグ

関連する記事

トレッキングシューズ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

Yumi Kobayashi
Yumi Kobayashi

フリーの編集・ライター。 カントリースタイルの暮らしを楽しむ、という主旨のムックで主にガーデニングやDIYの記事を担当していました。 現在は集合住宅住まいで土のない生活を送っているため、花や紅葉を追っての小旅行が楽しみです。