8月の花束-NEROLIDOL×AGRI PICK連載企画-

下北沢のアトリエ「NEROLIDOL」とAGRI PICKのコラボ連載企画第二弾。8月に楽しみたいお花とそのアレンジを、オーナーの牧子さんに教えてもらいました。今回は向日葵をメインに花束・二輪挿し・時間が経ったときのアレンジをそれぞれお伝えします。


フラワーアレンジメント

撮影:AGRI PICK編集部
「お庭の草花を暮らしにもとり入れる」をコンセプトに、誰でも簡単にできる草花のアレンジをフローリストの猪飼牧子さんにご提案いただくAGRI PICK連載企画第2弾。
大事に育てた草花をもっと身近に感じられる、素敵なアレンジをご紹介します。

ABOUT

猪飼牧子さん
撮影:AGRI PICK編集部

猪飼牧子(Makiko Ikai)
フローリスト。アロマ・ハーブ・生花・エディブルフラワーなど、植物の活用に関する多種多様な知識を持つ。東京都下北沢のアトリエ「NEROLIDOL」では、花束やハーブティー、アクセサリー販売のほかに教室を定期開催。「生活に寄り添う、植物のある暮らしと装い」を伝えている。

Instagram:https://www.instagram.com/makiko_nerolidol/
Facebook:https://www.facebook.com/nerolidolflower/
Blog:http://nerolidol-m.jugem.jp/

こちらの記事で詳しくご紹介しています


今までの記事はこちらから


8月の草花のご紹介

8月、いよいよ夏本番です。8月に咲くお花は少なく、お庭も青々とした緑の植物が茂っていませんか?今回は夏にぴったりのあのお花をメインに、牧子さんに爽やかな花束をつくっていただきました。

向日葵【Sunflower】

ひまわり
撮影:AGRI PICK編集部
今月メインとなるお花は「向日葵」。夏といえばこのお花ですよね。使うのは大ぶりのものではなく、小さく咲いたものです。
今回はパナッシェというゴッホが描いたヒマワリのような品種と、脇芽で出てきたような小さいものを選んでみました。
向日葵は種も楽しむことができる植物ですが、観賞用の花の種は食用に向きません。もし種も楽しみたい場合は、苗を選ぶ時点で食用になる種のものを選ぶと良いでしょう。

ほかに選んだ草花

フラワーアレンジメント用の草花
撮影:AGRI PICK編集部
左から、ナズナ(タラスピオファリム)、スモークグラス、ジャスミン、八ツ房粟、パニカム、イモーテル(ヘリ クリサム)、ブラックベリー、リュウカデンドロン、メラリューカ、ソケイです。

今回はイネ科を多めに、緑の植物をラインナップしました。緑の植物を多く使う場合、緑の中でもさまざまな色合いや質感の植物を使ったほうが、グラデーションも美しく奥行きが出るのでおすすめです。

また、茎や花の印象がしっかりした向日葵とは対照的に、空気感のある繊細なものや動きのあるもの(今回はスモークグラスやパニカム)を入れてあげることで、ヌケ感を出すことができ、向日葵の存在感もやわらかくなります。

メラリューカとイモーテルは香りがあります。メラリューカはティーツリーと同じ種。空気をきれいにしてくれ風邪の季節にも活躍する香り。イモーテルは精油ではヘリクリサムとも言います。独特な香りですがストレスを和らげ、抗炎症、抗アレルギーにも期待ができます。

向日葵の楽しみ方

お花が少ない季節はついアレンジが似たり寄ったりになってしまいますよね。同じお花でも、飾り方によってまったく違う雰囲気を楽しめるので、色んな方法でお花を楽しんでくださいね。

花束で楽しむ

フラワーアレンジメント
撮影:AGRI PICK編集部
花束は先ほどご紹介した草花と一緒に束ねました。夏なので、透明感のあるベースに活けると涼し気な雰囲気を演出することができますよ。

二輪挿しで楽しむ

二輪挿し
撮影:AGRI PICK編集部
二輪挿しは八重咲きの向日葵と一緒に。高さをそろえるのではなく。差を出すとバランス良く活けることができますよ。気軽に挑戦できることと、向日葵の魅力をそのまま楽しめますね。

時間が経ったら…

ひまわりとなずな
撮影:AGRI PICK編集部
活けて時間が経ったら、茎を短く切ってグラスなどに活けてあげても◎ 細いゴールドのワイヤーでとめてあげると、きれいに活けることができます。
コツは向日葵だけでなく、お庭や観葉植物のグリーンを一緒に添えてあげること。今回は斑入りのギボウシとナズナを合わせてみました。

斑入りの植物は、明るさが出るので存在感のあるひまわりと合わせても重さが出ません。この大きさなら置く場所を選ばないので、洗面台の脇などいつもとは違う場所に飾ってあげることもできちゃいます。

向日葵を色んなアレンジで楽しんで

ひまわり
撮影:AGRI PICK編集部
今回は夏らしい向日葵をメインにしたアレンジでした。同じ向日葵でもどんな風に飾るかで、見え方が全然変わりますね。牧子さんのアレンジを参考に皆さんも夏の草花を楽しんでください。それでは、来月の花束もご期待ください。

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。