遮熱塗料で手軽に!夏の暑さから農作物や家畜を守る

ビニールハウスの屋根や牛舎、飼料タンクの暑さ対策に、遮熱塗料を使用してみてはいかがでしょうか。遮熱材が直射日光を反射するため、夏の暑い時期ほど内部の温度上昇を抑える効果が期待できます。吹きつけたり塗ったりするだけなので、シートと比較して手軽なのが魅力です!


ビニールハウス

出典:Pixabay
野菜を栽培する農家や花き農家にとって、夏場の悩みの種といえば「ビニールハウス内の温度管理」ではないでしょうか。ビニールハウス内の温度上昇を防ぐなら「遮熱塗料」がおすすめです。効果的に使用するためにも、「遮熱」についての理解を深めておきましょう。

農業用遮熱塗料の概要・効果をチェック!

ビニールハウス
出典:写真AC

遮熱塗料とは?

遮熱塗料とは、塗装することによって塗装面が熱を反射する性質を持つ塗料のことです。塗装面の内側は熱を遮られるため、温度上昇が抑えられます。一般的には建物の壁材や屋根材に使用されます。

農業での使いみちは?

農業の現場では、ビニールハウスや牛舎、鶏舎、飼料タンクなど、農業用施設内の温度上昇を防ぐために使用されます。

ビニールハウス用の遮熱塗料は、原液を水で薄めて動力噴霧機で散布します。また、牛舎などに塗装する遮熱塗料は、一般的な塗料と同様に、ハケやローラーで塗布します。

遮熱塗料と遮光シートを比較!

ビニールハウス内の温度上昇を抑える農業資材としては、ほかに「遮光シート」があります。遮光シートは遮熱塗料と比べて遮光率が高め。そしてビニールハウスの屋根にかけて使用するため、シートを取り外す作業も発生します。

その点、遮熱塗料の遮光率は20~30%程度と、温度上昇を抑えつつ光を適度に通すので、作物が育ちやすい環境を保ちやすくなります。しかも吹きつけするだけで、一定期間が経過すると自然にはがれるものもあります。

なお、遮光シートについては、以下の記事も参照してください。

「遮熱」と「断熱」はどう違う?

ビニールハウス
出典:写真AC
「遮熱」と「断熱」は、いずれも屋内の気温を下げることから同じ意味のようにも感じられますが、厳密には異なります。

遮熱とは?

遮熱とは、素材の外側に当たった熱を反射することを指します。内側に熱を通しにくくなるため、内部の温度上昇を防ぐことができます。遮熱塗料はこの性質を利用したものです。

断熱とは?

断熱とは、熱が伝わりにくい素材を利用して、内外の熱の移動を遮断することを指します。屋外の熱気から屋内を守る反面、屋内に熱がこもった場合、その熱を屋外に逃がしにくい性質を持っています。

遮熱と断熱、どのように使い分ければ良い?

クエスチョン
出典:写真AC
夏に断熱した場合、いったん上がった屋内の温度が下がりにくくなってしまいます。そのため、夏場にビニールハウス内の温度を抑える場合は、遮熱が有効といえるのです。反対に、断熱が適しているのは、室内を暖めた場合に温度低下を防ぎたいとき。冬場は断熱材を使用しましょう。

農業用遮熱塗料おすすめ【5選】

牛舎
出典:写真AC
農業用遮熱塗料には、ビニールハウス用と屋根用があります。それぞれについて紹介していきます。

ビニールハウス用の遮熱塗料

遮光でハウス内の温度上昇を防ぐ!

ファインシェードの遮光率は20~30%と、遮光効果が十分に期待できることから、ビニールハウス内の温度上昇を防ぎます。初めて使用する場合は、散布液を薄めに作り、遮光度合いの様子を確かめてみるのもおすすめです。
ITEM
アキレス ファインシェード
・内容量:8.8L
・うすめ方:原液8.8Lに対し、水60L
・塗布可能面積:800~1000平方メートル
・有効期間:3カ月
・遮光率:20~30%

作物が育ちやすく人間が作業しやすい環境を実現

夏に気温が30℃を超えた場合に、ビニールハウス内の気温を3~5℃ほど引き下げる効果が見込めます。作物が育ちやすい環境となるうえ、ハウス内での作業効率もアップします。散布作業をする場合、風が強い日は避けるようにしましょう。
ITEM
大同塗料 クールコート 農ビ用
・内容量:10L
・うすめ方:原液10Lに対し、水70L
・塗布可能面積:約1000平方メートル
・有効期間:春~梅雨期/1.0~3.0カ月 梅雨明け~真夏/2.5~4.0カ月
・遮光率:約30%




作物に最適!熱は下げるが光合成に必要な光は透過

レディヒートは、ビニールハウス内の温度上昇の原因となる近赤外線を反射しますが、光合成に必要な光は通しやすい性質があるため、作物が育ちやすくなります。有効期間は4~5カ月と、1シーズンにわたって効果が見込めます。
ITEM
レディシステムジャパン レディヒート
・内容量:13.5L
・うすめ方:原液13.5Lに対し、水65L
・塗布可能面積:約400平方メートル
・有効期間:4~5カ月
・遮光率:13%
・遮熱率:24%


ITEM
レディシステムジャパン レディクリーン
レディヒートを除去するための液剤です。レディヒートは有効期間が4~5カ月と長いため、必要に応じて除去しましょう。

・内容量:25L
・うすめ方:原液25Lに対し、水150L
・使い方:雨が降る1~7日前に散布する。雨が降るとレディヒートが除去される。

畜舎・倉庫の屋根などに使う遮熱塗料

耐久性・遮熱性がバツグンのミラクール

遮熱性のみならず耐久性も高いミラクールは、牛舎や飼料タンクの塗装に使用できます。水で薄められるので取り扱いも手軽です。塗料の付着とサビを防ぐ力を高めるために、セットとなっているプライマーも合わせて使用しましょう。
ITEM
ミラクール SWセット
遮熱塗料ミラクールSW200、ミラクルSⅡプライマー、プライマー専用シンナーのセット商品です。

【上塗り材 ミラクール SW200】
・カラー:クールホワイト
・重量:16kg
・うすめ方:清水を使用 希釈率0~5%
・塗布可能面積:約70平方メートル
・有効期間:約8年

【下塗り剤 ミラクールSⅡプライマー】
・重量:主材 14kg 硬化剤 2.5kg
・主材・硬化剤比率:主材100:硬化剤17.8
・うすめ方:専用シンナーを使用 希釈率0~5%
・塗布可能面積:約70平方メートル

水性で扱いやすい!アサヒペンの屋根用遮熱塗料

屋根に塗って表面の温度上昇を抑えます。シリコンアクリル樹脂配合で耐用年数は10~15年程度と長いので、コストパフォーマンスに優れています。
ITEM
アサヒペン 水性屋根用遮熱塗料
・カラー:8色
・内容量:10L
・うすめ方:塗りにくい場合に水で薄める(希釈率5%以下)
・塗布可能面積:40~54平方メートル(2回塗り)
・有効期間:10~15年

やはりメーカー物は間違いなし!炎天下の中素手では触れるないほど高温になったトタン屋根が素手で触れるほど温度が下がったのにはビックリです。今年の夏も暑そなのでこれで省エネできます


農業用遮熱塗料の塗り方とポイントは?

ビニールハウス
出典:写真AC

ビニールハウス用遮熱塗料の塗り方

1. ビニールハウス用の遮熱塗料を塗る場合は、大型のバケツを用意し、遮熱塗料と水を定められた割合で希釈します。
2. 希釈したら、動力噴霧機を利用してビニールハウスの屋根に吹きつけます。

塗料が流れ落ちるのを防ぐため、作業は晴れた日に行うこと。そして、作業を始める前にハウスの開口部分は閉めておきましょう。
ITEM
ヤザキ万能桶 L-70B
70Lの大容量!遮熱塗料を水で薄める容器として最適です。

・容量:70L
・サイズ:直径48.5×高さ53.5cm
・質量:2.18kg
・材質:ポリエチレン
・カラー:ブルー




ITEM
工進 ES-15C
小さすぎず大きすぎないサイズなので、ビニールハウスの屋根面など高い場所での作業に適しています。

・タンク容量:15L
・重量:5.7kg

体力的には20キロの動噴は無理があるかなと思い、この商品にしました。これがなんと大当たり(今のところ)エンジンのかかりも一発で薬剤も思うようにスムーズに出て文句なしです。正直3万ほったかなと思い買いましたが正解でした❤ これから元とれるよう大切に使っていきたいです!!


動力噴霧機については、以下の記事も参照してください。


屋根用遮熱塗料の塗り方

屋根用遮熱塗料は、指定された液剤で薄めて、ハケまたはローラーで塗装します。

塗装面に汚れやさびがある場合は、事前に取り除いておきましょう。プライマーを下塗りしておくと、塗料の付着が良くなります。
ITEM
アサヒペン AP万能用ローラーバケセット
ローラーを使用すると、広い範囲を効率的に塗装できます。水性・油性兼用です。

・規格:180MM
・内容:万能用ローラーバケ 180mm/ローラートレイ180mm用

以前にも使った事がありますが、使いやすいです。ローラーは消耗品ですが、水性ペンキなら使ってから直ぐに水洗いすれば、もう一回ぐらい使えます。


ITEM
アサヒペン 多用途用ハケ
3種類のハケがセットとなっているので、塗装する場所の幅に応じて使い分けできます。

・毛材:山羊毛、化繊の混毛
・セット内容:30mm、50mm、70mm
・仕様:水性、油性兼用

刷毛や筆なんて100円ショップのもので十分と思っていましたが、やはり物が違います。
安物は塗料を塗っているときに毛が抜けてしまい塗面に付着して落とすのも面倒ですし、さらにそこを塗りなおしても毛が抜けて張り付くという悪循環が起きがちですが、本品ではそのようなことはありませんでした。
無難な選択の刷毛だと思います。


ITEM
ハンディクラウン ペール缶
塗料を入れるための容器です。必要な分の塗料を缶から移して使用しましょう。

・容量:1.5L

遮熱塗料を活用して暑い夏を切り抜けよう!

飼料タンク
出典:写真AC
最近の夏は猛暑に見舞われることが多くなっています。遮熱塗料を活用し、暑さを和らげて作物栽培の安定化につなげていきたいですね。

関連する記事

ビニールハウス
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

うみのそら
うみのそら

趣味は家庭菜園とDIY。野菜・果物は年間を通じて約30品種を栽培。自宅の簡単な補修は自分自身で行います。ホームセンター勤務の経験も活かしながら、分かりやすい記事の執筆を心がけていきます。