【電気代を抑えたい!】しっかり除湿術&おすすめの除湿グッズ7選

エアコンの冷房や除湿機能以外で、電気代をできるだけかけずにできる除湿方法や除湿グッズ(除湿剤・シート・マット)などについて紹介します!除湿機ならコンプレッサータイプやハイブリッドタイプもおすすめ。乾燥機として役立つものも♪


家の除湿について

出典:PIXTA
布団の下や押入れ、脱衣所など、湿気がこもり、ジメジメしやすい場所は意外とたくさんあるもの。「ダニやカビが発生する湿度って?」「電気代がかからない除湿方法は?」など、そんな除湿にまつわる疑問を一挙解決!人気の除湿剤や除湿家電も紹介します。

どうして除湿が必要なの?

雨の多い梅雨の除湿
出典:Pixabay
人が過ごすのに気持ちいいと感じる湿度を知っていますか?除湿しないでいると不快感が伴うだけでなく、クローゼットや押入れの中が知らず知らずのうちに、カビやダニの侵食を受けているかも…!?

快適な湿度って?

人が快適に感じる湿度は、部屋の温度によって変わります。
室内の気温が25~28℃のとき:55~65%
室内の気温が18~22℃のとき:45~60%

夏は湿度が65%を超えると、汗の蒸散が妨げられ、不快感が強くなります。
冬は湿度が40%未満になると、口内や喉の乾燥や静電気を感じやすくなります。また、インフルエンザなど風邪の感染率も上がるので、乾燥しやすい冬場は逆に「加湿」が大事です。

除湿をしないとどうなる?

除湿しないと押入れにカビが
出典:写真AC
カビは20~30℃の室温と70%以上の湿度、よどんだ空気がある条件下で発生。ダニは種類によりますが、25℃前後の気温と、75%前後の湿度下で活発になります。なので、夏場や室内が暖かく湿気が多い部屋で除湿をしないと、カビやダニの発生率、生育スピードが早くなります。

除湿が必要なサインを見逃さないで!

除湿しないと天井にもカビが
出典:写真AC
カビ・ダニ防止のためにも、湿度を抑え、換気することが大事!でも部屋の湿度が多いかどうかは、なかなかわかりにくいですよね。湿度が高くなっている目で見えるサインは、窓の結露や壁紙の膨らみ、洗濯物の乾きの遅さなどです。
押入れの奥のカビは見落としがちなので、1年に1度は確認しましょう。日当たりがとてもいい部屋でも、押入れの奥や天井がカビだらけになっていた…なんてこともあるので、油断は大敵です。

エアコンの除湿って、冷房より電気代がかかるってホント?

エアコンの除湿の電気代
出典:写真AC
エアコンの除湿運転は、冷房運転時より電気代が高いのでしょうか?実は、エアコンの除湿機能には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2タイプがあり、それぞれのタイプで電気代が違います。

エアコンの冷房と除湿の仕組み

エアコンの「冷房」は、吸いこんだ室内の空気から熱を取り除き、冷たくなった空気だけ室内に戻す仕組みです。
「弱冷房除湿」は吸い込んだ空気を冷やして水分を取り除く仕組みですが、「再熱除湿」は冷やした空気を再度あたためてから室内に戻しています。最後に「加熱」が加わるので、「再熱除湿」は電気代も高いのです。

なので、消費電力が多いのは、再熱除湿>冷房>弱冷房除湿。電気代は「弱冷房除湿」なら冷房より安いですが、「再熱除湿」だと冷房より高くなることが多いようです。
気になるようであれば、お持ちのエアコンや購入を検討している機種の機能を確認するといいかもしれません。

【除湿シート・マット/電気代なし】布団やマットレスの除湿におすすめ!

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくといわれています。そのうえ、体温で布団が暖められ、カビ・ダニの発生しやすい「25℃前後のジメジメした環境」になりやすいのです。布団やマットレスを直接床に置いていると、湿気がこもりやすくなり、ますますカビ・ダニのリスクが高まってしまいます。除湿シートや除湿マットを寝具の下に敷き、対策をはじめましょう!

すのこと吸湿マットの効果が一つに!

ITEM
ベルオアシスすのこ型吸湿マット シングル
敷き布団やマットレスの下に。通気性を良くしてくれる「すのこ」でありながら、吸湿効果も併せ持っています。軽いので女性一人でも楽に持ち上げられますよ。

・対応寝具:シングル
・サイズ:幅100×奥行200×高さ1.5cm
・重量:約1.5kg
・素材:【表】ポリエステル80%、合成繊維(ベルオアシス20%)【裏】ポリエステル100%

今まで布団の下の湿気に悩まされてました
届いてすぐ使い初めてビックリしました!
今まではマットレスのしたが湿気を帯びていたのが全く湿気がなくなりました!
購入後4ヶ月経過しましたが問題なく使用しています!


繰り返し使える吸湿マット

ITEM
西川リビング からっと寝 調湿シート
寝具の下で湿気を吸い取ります。付属のセンサーが青からピンクに変わったら、たっぷり湿気を吸収した証。天日干しすることで吸湿力が復活します。

・対応寝具:シングル
・サイズ:幅90×奥行180cm
・重量:約1.75kg
:素材:ポリエステル100%

湿度の高いフローリングの部屋に住んでいます。敷布団を直接敷くと翌朝はびちゃびちゃに濡れてしまい、黒カビにも悩まされていました。この商品を使い始めてからは問題が全て解決しました。ありがとうございました。



除湿シートの詳しい情報はコチラをチェック!

【除湿剤/電気代なし】クローゼット・押入れ・靴箱の除湿に最適!



クローゼットや押入れ、靴箱などの密閉空間は湿気が逃げにくくカビやすい場所。コンパクトな除湿剤なら、隙間に「置いておくだけ」で湿気を吸い取ってくれます。場所を選ばずどこでも使えて、電気代もかかりません。半永久的に使えるもの、繰り返し使えるものなら経済的です!

取り替えいらず!半永久的に使える

ITEM
炭八 大袋
炭は湿気を取ってくれるだけでなく、消臭効果も高いです。取り替える必要がなく、半永久的に使えます!

・内容:4袋入り
・サイズ:幅45×奥行45×厚み7cm
・中材:炭

押し入れやウォークインクローゼットに置いてます。湿気っぽい匂いなどが取れて、押し入れの毛布とか、出したては匂うものですがそれもしなくなってびっくり!追加で買う予定です。


スキマに入る

ITEM
テイジン 除湿剤
カードのようなプラスチックケースに入っています。スリムなので、収納箱や靴箱の隙間にするっと入れられますよ。天日干しするだけで吸湿力が復活します。

・内容:10個セット
・サイズ:幅9×奥行5.7×厚み1.5cm
・中材:ポリエステル60%、指定外繊維(ベルオアシス(R))40%

大きさが小さめで、靴の中に入れるのにちょうどよいです。
靴の中に入れなくても、下駄箱の片隅にちょこんと置ける。
今までは、置いておくとお水がたまる商品を使っていましたが
こちらのほうが繰り返し使える上に、小さいのでちょっとした隙間に置いておけます。
1箱にたくさん入っていますので、いろんなところに置いても足りないということはなさそう。
すごく気に入りました。



除湿剤の詳しい情報はコチラをチェック!

【除湿機/電気代控えめ】衣類乾燥機・空気清浄機能付きタイプも!

部屋全体の湿気取りには「除湿機」がおすすめ!広範囲に強く、高い効果を発揮します。部屋干しした洗濯物を乾かしてくれる機能が付いているものや、空気清浄機として使える物も!ここではタイプ別の人気モデルをピックアップしました。

コンプレッサー式

コンプレッサー式とは、吸いこんだ空気を冷やして結露させ、水分を取り除く除湿機の仕組みです。夏場は特に威力が高くなります。電気代の安さも魅力。

省スペースで消臭効果も高い

ITEM
シャープ 除湿機 CV-G71
湿気を取りつつ、シャープ独自の「プラズマクラスター」が部屋の臭いも消してくれます。設置面積はほぼA4サイズで、省スペースです。

・適応面積:9~18畳
・消費電力:最大約270W
・除湿量:7.1L/日
・タンク容量:2.5L
・サイズ:幅304×奥行203×高さ480mm
・重さ:9kg

梅雨から夏、そして秋の長雨の影響で室内は湿度マックスですが、
洗濯物を部屋干しして、これを掛けておくだけで朝には乾いています。
衣類乾燥機も持っていますが、使った後の手入れも大変なので、
もっぱらこちらを常用しています。


デシカント式

内蔵されている除湿剤が吸った湿気を、ヒーターで乾かす方式です。ヒーターに電力をたくさん消費するので、電気代は高めですが、軽くてコンパクト!

約63分で洗濯物が乾く

ITEM
トヨトミ デシカント式除湿機 TD-Z80G
スピーディーに洗濯物が乾く、衣類乾燥モードを搭載しています。洗濯物の量によってモードを切り替えできるので、より効率が良いですよ!

・適応面積:木造10畳
・消費電力:660W
・除湿量:8L/日
・タンク容量:2.2L
・サイズ:幅21.2×奥行32×高さ47.6mm
・重さ:6.1kg

今までは2日位しないと乾かなかった洗濯物が朝干して夜にはしっかり乾いていて助かります。
厚手の物も丸一日あれば乾くので買ってよかったです。


ハイブリッドタイプ

コンプレッサー式とデシカント式、両方の除湿システムを内蔵し、夏と冬で稼働方法を切り替えられるので、一年中除湿力が安定しています。

部屋干しの悩みなし!

ITEM
パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YHMX120
ハイブリッドタイプなので、いつでもどんな季節でも安定した除湿効果が得られます。衣類乾燥スピードも早く、消臭・抗菌の単独運転もできます。

・適応面積:23畳
・消費電力:685〜715W
・除湿量:12.5L/日
・タンク容量:3.2L
・サイズ:幅370×奥行225×高さ580mm
・重さ:13.9kg

室内干し用に購入。
条件にもよると思いますが非常によく乾きます。
すっかり生活の一部でもう手放せません。



除湿機の詳しい情報はコチラをチェック!


除湿機の電気代をもっと詳しく知りたい!


洗濯物の室内干しには、除湿機と扇風機併用が効果的!

除湿機と扇風機を併用して、洗濯物を乾燥させる
出典:写真AC
洗濯物を部屋干しするときは、除湿機だけでなく扇風機も同時に動かすと乾きやすくなりますよ。扇風機は電気代も安く、経済的&効率的です。洗濯物を干している場所に向けて配置し、まんべんなく直接風が当たるように首振り運転します。


身の回りの物で除湿剤を手作りする

重曹や炭を容器に入れておくと除湿に
出典:写真AC
除湿剤は手作りもできちゃいます!市販品ほどの除湿パワーはないものの、見た目をかわいくアレンジできるので、目に付く場所へ置いても気になりません。

方法はとても簡単!重曹や炭を容器に入れておくだけです。容器はおしゃれな瓶や素焼き鉢など、何でもOK。完全に蓋をすると除湿効果が得られないので、中身をこぼしたくないなら目の粗い布で覆う程度にしておきましょう。効果は約3カ月~半年持続すると言われています。時期が来たら新しいものに交換しましょう。

ジメジメ、ベタベタに無縁な除湿対策を!

エアコンの除湿や除湿剤など、さまざまな除湿対策を紹介してきました。中でも除湿機はひときわ威力が高いので、絶対に部屋をカビさせたくない!と思うならぜひ購入を検討してみてくださいね。室内の快適さだけでなく、衣類乾燥機付きの除湿機などは、洗濯物がみるみる乾いて本当に気持ちのいいものです♪

この記事に関連するタグ

関連する記事

家の湿度
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

MitsuyaNao
MitsuyaNao

埼玉県の山奥で、約1反のブルーベリー畑を管理しています。ハイブッシュとラビットアイを約20品種栽培中。野菜、花、ハーブなども育てています。AGRI PICKでは、家庭菜園や園芸の初心者に向けた記事を中心に担当。他メディアでも多数執筆中。