【おすすめ7冊】手作りのヒントに!ハーバリウムの本をご紹介 

ハーバリウムを手作りしたい方におすすめの本をご紹介します。初心者でもすぐに作れるキットや、本格的なアレンジ方法を学べる専門書まで7冊を厳選。ハーバリウムの楽しみ方が広がりますよ!


ハーバリウム

出典:写真AC
今とても人気があるハーバリウム。お店や通販だと結構値段も高く、なかなか手が出ない…という方も多いのではないでしょうか。そんなハーバリウムも手作りすれば、材料費だけで済むのでかなりお手頃に!100均でも瓶などの材料が買えるので、気軽に作れますよ。

ここでは、ハーバリウムにこれから挑戦してみたいという初心者の方から、何度か作ったことのある上級者の方まで、ハーバリウムについて学べる本を紹介していきます。

ハーバリウムとは?

ハーバリウム
出典:写真AC
瓶の中にドライフラワーやプリザーブドフラワーを入れ、そこにオイルを注入したものがハーバリウムです。ハーバリウムとは「植物標本」という意味で、もともとは研究用に作られていたものが、今ではインテリアとして一般の人たちにも楽しまれています。
オイルの中でゆっくりと揺れる植物は、眺めているだけで癒されます。

ハーバリウムの作り方はこちらの記事をチェック!


ハーバリウムの本|Amazon人気ランキング

まずはハーバリウムの本でどんなものが人気なのか、Amazonのランキングを紹介します。購入者のレビューなどをチェックしてみると、本を選ぶ参考にもなりますよ!
Amazonの人気ランキング

ハーバリウムの本は経験値によって選ぶ

出典:写真AC
ハーバリウムの本を選ぶ際には、自分の経験値に合ったものを選ぶようにすると、ハーバリウム作りにすんなり入ることができますよ!ハーバリウムについて、どんな情報やテクニックが知りたいのかも本を選ぶポイントになります。

初心者向け|材料と作り方が1冊にまとまったキット

初心者の方には作り方がていねいに解説されているのはもちろんのこと、材料もセットになっているものをおすすめします。あちこちで材料を買い集める必要がなく、知識がなくてもすぐに始めることができますよ。また、試しに一度ハーバリウムを作ってみたいという方にもぴったりです!

中級者向け|一から手作り!手順やコツの写真が多い本

一度でも作ったことがある、またはハーバリウムの基本を知っているという中級者の方は、キットではなく一から自分で手作りしてみましょう。美しく見せるコツが学べる、プロセス写真が多い本を選べば、ハーバリウム作りも楽しくレベルアップできますよ!ラッピング方法を紹介しているものもあるので、手作りのハーバリウムを贈り物にする際に参考にしてみてくださいね。

上級者向け|アレンジテクニックを学べる本

ハーバリウムを何度も作っていて、今の本では物足りないという上級者の方には、アレンジのテクニックが紹介されている本をおすすめします。さまざまな素材を使用したり、オイルの中で空間静止させるコツなど、少し難しいことにも触れている本は、ハーバリウム作りの楽しさをさらにアップさせてくれるはず。

【初心者向け】材料付き!ハーバリウムの簡単手作りキット

あじさいとかすみ草で作るハーバリウムキット

ITEM
ハーバリウムキット
こちらも必要な材料が全て入ったハーバリウムキット。あじさいとかすみ草のおしゃれなハーバリウム作りが楽しめます。わかりやすい説明書も付いているので、初心者の方に特におすすめです。

・著者:くまがいなおみ
・出版社:ブティック社

体験のつもりで、一セット入っているこの書籍を購入。
10歳の娘が少しずつバランスを気にしながら作りました。

1時間ちょっとくらいでしたが、見栄えのする出来に「たのしかったぁ」と大満足。
オイルをいれますと気泡ができたりもしますが、数日で気泡もなくなり花がやや沈んで色味も心持ち変化したようです。
クリスマスの夜には、色変化のするLEDコースターを下に敷いて楽しみました。


ドライフルーツを使ったハーバリウムキット

ITEM
大人かわいいハーバリウムキット
こちらはお花だけでなく、オレンジのドライフルーツもセットになっている珍しいハーバリウムキットです。もちろん材料はすべてそろっているので、初めてでもおしゃれなハーバリウムが簡単に作れますよ。プレゼントにも喜ばれそう!

・編集:フローリスト編集部
・出版社:誠文堂新光社


【初~中級者向け】一から手作りするための手順やコツを学ぶ!

プロセス写真でアレンジの仕方も丁寧に解説

ITEM
ハーバリウムづくりの教科書
キャンドルアーティストによるハーバリウムの解説本。基本の作り方はもちろん、花やラメを浮かせるなど、一歩進んだアレンジの仕方まで学べます。作り方のプロセスも写真で詳しく説明。ハーバリウムをアクセサリーやキャンドルに変身させる応用編も必見ですよ!

・著者:平山りえ
・出版社:誠文堂新光社

先生の教室を調べて習いに行きたいと思いました!
ハーバリウムの本は他に2冊持っていて、ほかも本屋で立ち読みしましたが、断然、この本がよかったです。
まず、デザインが洗練されていてどこにもない手法が載っていること。
手順やポイントが分かりやすいこと。
パールを浮かせるとか、空間を空けるとか、新しい作り方が紹介されていて、読んでいるだけでワクワクします。
ハーバリウムの本は、ページ数に対して内容が薄いなーと感じるものが多かったのですが、これは80ページですごく濃いです。
すっかりファンになりました☆


基本の花材配置からラッピング方法まで学べる

ITEM
わたしだけのハーバリウムBook
ハーバリウムの仕組みや作り方、基本の配置法、植物以外の素材を入れるときの注意点など、詳しく解説した充実の一冊。ラッピングの方法も紹介しているので、ハーバリウムを贈る際にも参考になりますよ。

・著者:福本 幸子
・出版社:講談社

【中~上級者向け】アレンジやテクニックを豊富に紹介!

プロのアレンジテクニック掲載!初心者からのステップアップに

ITEM
ハーバリウム設計図
こちらはハーバリウムの基本的な作り方はもちろん、さまざまなアレンジ方法や、ハーバリウムに適した道具の選び方まで紹介しています。何度かハーバリウムを作っていて、さらなるステップアップをしたい!という方におすすめです。写真もとても美しく、眺めているだけでも創作意欲が湧いてくる本になっています。

・著者:KIYOU KAWASHIMA
・出版社:エムディエヌコーポレーション

ハーバリウム設計図なんてタイトルなのでなんだか難しそうですが、その実は料理のレシピを見ているようです。
道具の選び方、花の入れる順番、作る時の注意点など要点がおさえられているので、見て、描いてあるようにやるだけ。
付録にギフト用のタグがあるので贈るときに一味加えられるのが良いですね。こういうところが実践的で好きです。

と、ここまでは実用書的な感想を書きましたが本書はハーバリウムの写真が凄く綺麗なので写真集として眺める楽しみもあります。
きっとこの一冊で誰かに送りたいハーバリウムが見つかりますよ。綺麗なモノっていいものですねー。


空間静止テクニックやライトアップアレンジもマスター!

ITEM
煌めくハーバリウム
ハーバリウムの基本的な作り方から材料の選び方、オイルの二色構造の技法、空間静止のテクニックまで網羅した一冊。ハーバリウムを何度も作っている上級者向けに、少し難しい内容になっています。ライトアップアレンジの方法も教えてくれるので、ハーバリウムの楽しみ方がさらに広がりますよ。ハーバリウムのプロを目指す方に!

・監修:ハーバリウム普及推進委員会
・出版社:日本文芸社

空間静止技法、二層のカラーリングなど、他にも各種技法がわかりやすく写真入りで載っています。まず手芸店の店頭でパラパラめくり、その後図書館で借りましたが、とても気に入ったので購入して手元に置くことにしました!


ハーブやフルーツ、木の実など多様な素材使用例を掲載

ITEM
ハーバリウムとボタニカルクラフト
ハーバリウムを本格的に楽しみたいという方におすすめ。誕生日やウェディング、四季のイベントなどシチュエーション別に65種類の作品を紹介しています。ハーブや木の実、ドライフルーツなどを使ったナチュラルな雰囲気がとてもすてきで、眺めているだけで参考になりますよ。

・編集:主婦と生活社
・出版社:主婦と生活社

雑貨屋さんでハーバリウムを見て、
作りたくなって本を検索して購入しました。
シダレサクラとか、木の実、ハーブなど
ナチュラルな感じの作品に惹かれました。

どれも写真がきれいで
眺めてはうっとり…。

それに、サシェやキャンドルなど、
ボタニカルクラフトの作り方もあって
すごく情報たっぷりでお得に思いました。


本を参考にオリジナルのハーバリウムを手作りしよう!

出典:写真AC
「自分好みのハーバリウムを作ってみたい」「もっとハーバリウムについて知りたい!」など本を求めるきっかけはいろいろあると思いますが、お目当ての一冊は見つけられたでしょうか?自分に合った本を見つけて、オリジナルのハーバリウムを楽しんでみて下さいね。

編集部おすすめ記事


この記事に関連するタグ

関連する記事

ハーバリウム
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

sayuri kaku
sayuri kaku

暮らしを楽しむことを追求中。食、植物、アウトドアのことばかり考えています。