もう取り付けた?火災警報機の設置義務・誤作動・止め方など疑問を解決!

大切な命や財産を守るための火災警報器の設置義務、種類、設置場所、設置方法、設置基準や、漏電火災警報器とは?なども紹介。Q&Aでは、火災警報器の音の止め方や誤作動、電池交換などの疑問を解決。人気のパナソニックを中心に、おすすめの火災警報器を紹介します。


火災警報機を設置しよう!

出典:写真AC
目立たない存在で普段はあまり気にしていないけど、建物や財産はもちろん、一番大切な命を守るためには、絶対に必要な火災警報器。異常時には日本語での音声ガイドや光で知らせてくれるなど、機能性の高いものがほとんどで、取り付けも意外にも簡単!

パナソニックをはじめとした扱いやすい火災警報器の紹介と、設置個数・設置場所などの決まり、誤作動が起きてしまったときの対処法について解説します。

火災警報器とは?設置義務はあるの?

火災警報機で家事の危険を回避
出典:写真AC
火災警報器とは、火事が起きたことをいち早く感知し、音や音声で知らせてくれる装置です。火元から遠い部屋や建物にいたり、寝ていたりと、火災に気付きにくいシチュエーションはたくさんあります。火災警報器を設置することは、気付きにくい火災から身を守ることにつながります。

消防法の改正以降は、すべての戸建住宅やアパート・マンションに火災警報器の設置が義務付けられています。ホームセンターや電器店でも購入できますし、ネット通販でも売られています。

火災警報器の種類

火災報知機の3タイプ

火災警報器には大きく、煙式・熱式・複合型の3種類があり、機種によって天井に設置するタイプと、壁面に設置するタイプに分かれます。

いずれも白系なので壁に溶け込み、お部屋の雰囲気を壊さずに建物内の安全を守ってくれます。さらには「連動型」の火災警報器なら、別の部屋の警報器が感知した火災にも反応するので、逃げ遅れ防止に効果的です。

 

煙式(光電式)

火災警報機の種類、煙式(光電式)
出典:Pixabay
基本的にはこのタイプがおすすめで、寝室や階段への設置に適しています。火の煙を感知して、音や音声でお知らせしてくれる警報器です。火災の多くは、はじめに煙が立ち昇るため、早期発見に効果的!

 

熱式(定温式)

火災警報器の種類、熱式(定温式)
出典:写真AC
こちらは煙ではなく、一定以上の高温を検知して警報が鳴ります。調理の煙や湯気で誤報を起こしにくいため、台所によく用いられるタイプ。タバコの煙での誤報も起きにくいです。

 

一酸化炭素・ガス検知付きなど複合型

火災警報器とガス漏れ警報器や、一酸化炭素警報器の機能が一つになった「複合型」もあります。一酸化炭素を検知できる警報器は、煙より先に一酸化炭素(CO)が発生する不完全燃焼のような火事の早期発見に役立ちます。ガス漏れ検知機能付きのタイプは台所におすすめです。

漏電火災警報器って?

火災の原因になりやすい「漏電」を感知する警報器で、ある程度大きい建造物には設置が義務付けられています。建物に設置義務がある場合は、消防設備士が判断を行い、工事が必要になります。一般家庭には設置義務はありません。漏電による火災でも、火や煙を感知する一般的な火災警報器が付いていれば、早期発見の確率は上がります。

火災警報器の設置基準・設置場所・設置方法



火災警報器はどこに設置する?
出典:写真AC

火災警報器の設置基準とは?

市町村によって、「寝室と階段には必ず設置しなければならない」「廊下は条件によって設置が必要」などの設置基準が設けられています。以下のページで、あなたの地域の設置基準が確認できますよ。郵便番号を入れて検索するだけなので、ぜひ1度チェックを!

パナソニック あなたの地域の設置基準

火災警報器の設置場所

火災報知器の設置場所
出典:写真AC
火災警報器を設置しなければならない部屋は、各市町村の条例で定められています。全国共通で取り付けなくてはいけないのが、寝室と、寝室がある階の階段です。煙は階段から上がってくることが多く、寝ているときに逃げ遅れるのを防ぐためで、原則として煙式タイプの設置が決められています。

壁に設置するタイプは天井から15~50cm以内の場所に、天井に設置するタイプは壁や梁から60cm以上離して取り付けましょう。このとき、エアコンの風やランプなどの熱源からは遠ざけ、できるだけ天井の中央になるようにしてください。

火災警報器の設置方法

Step.1 本体の側面に取り付け年月を記入します。
Step.2 本体に電池を入れ、製品によっては付属の引きひもをセットします。
Step.3 天井面や壁面を叩いて、音が違う場所を探します。「下地」がある場所に設置するためです。
Step.4 下地がある場所の中から設置する箇所を決め、取り付けベース(土台のようなもの)を付属のネジで天井または壁に取り付けます。
Step.5 取り付けベースに本体をはめます。最後に動作確認をすると安心です。

火災警報Q&A|止め方・誤作動・電池交換など

火災警報器の電池交換 「火災警報器を設置後、誤報が鳴ってしまったら?」「止め方はどうするの?」よくある疑問の解決方法を紹介します。警報が鳴ったら、まずは火元を確認しましょう!これが第一です。火が出ていたら、すぐに建物の外に出て119番を!

誤作動はどんなときに起こるの?

火災が起きていなくても、こんなときに誤作動が起こることもあります。

・警報器の中に虫やホコリが入った
・調理時の煙を感知した
・湯気や煙、殺虫スプレー、燻煙式殺虫剤に反応した
・結露ができた

火災警報器の止め方は?

火災警報器の故障アラームはどう止める?
出典:写真AC
火災ではないことをしっかり確認後、警報を止めたい場合は、引きひもを引くか、警報停止ボタンを押します。それでも警報がなり続けている場合は、窓を開ける、掃除機で虫やホコリを吸い取るなどして、原因を取り除いてください。

故障警報が鳴ったら?

警報器自体の故障を検査して、音でお知らせしてくれる火災警報器もあります。

例えば、パナソニックの火災警報器は約1時間ごとに自動故障診断を行い、故障していたら「ピッピッピッ、故障です。」と鳴ります。このときは警報停止ボタンを押すか、引きひもを引いて止めて故障原因を調べます。故障が解決していないと、24時間以内にまた鳴ってしまうので、その場合は本体自体の取り替えが必要かもしれません。

電池の交換方法は?

電池が切れて火災を検知してくれなかったら、警報器を設置した意味がありません。電池切れを自動でお知らせしてくれる火災警報器もありますが、必ず定期的に点検してください。電池切れが疑われる場合は、取り付けベースから本体をはずし、電池カバーを開け、新しい電池に交換しましょう。

また、火災警報器には本体寿命があり、本体寿命と電池寿命が同じ年数のことも。この場合は電池だけ取り替えるのではなく、本体の交換も一緒にしましょう。購入時に取り付け年月を記入するのも、本体寿命を把握するためです。

火災警報器は交換が必要なの?

火災警報器には本体寿命が存在します。本体寿命はおおよそ10年前後です。取り付けの際には必ず年月を本体に記入しておき、いつ買ったのか分からなくなってしまわないようにしましょう。本体寿命が切れると大切な家族の命を守れなくなるため、きちんと交換時期を把握しておく必要があります。

人気!パナソニックのおすすめ火災警報器


編集部イチオシ!
「パナソニック けむり当番 SHK38455」

パナソニック けむり当番 SHK38455

Point.1 作動状態や感度を、自動試験・補正してくれる

約1時間に1回、動作状態を自動的に試験してくれる「自動試験機能」付きで、汚れなどによる感度変化も自動で補正!交換目安である10年間、検知の性能を維持してくれるので誤報も少なく安心です。

 

Point.2 火災発生はもちろん、故障、電池切れも音声と光でお知らせ!

聞き取りやすい0.3~4.0kHzの周波数帯で、警報と光と共に日本語で異常を知らせてくれます。機器本体に何かあったときも「故障です」「電池切れです」という風に、何の警報かをわかりやすくお知らせしてくれるので、慌てることなく素早く適切な対応ができます。
ITEM
パナソニック けむり当番 SHK38455
大きく見やすい赤いランプも音声に合わせて光るので、万が一音が聞き取りにくくても異常に気付きやすい!部屋に設置した時に目立ちにくいスリムなデザイン。

・電池寿命、本体交換目安:約10年

けむり当番 SHK38455の口コミ・評判は?

いままで使っていた9Vリチウムバッテリーより遙かに小さなバッテリーで10年間使えるとのこと。
十分です。
電池の補充も安価な気がします。
お勧めです。(出典:Amazon

前の警報機が期限切れなので付け替え用に購入した。手軽に取り換えられるのと電池の脱着が簡単(出典:Amazon

取り付けが簡単です、この警報機が作動しないことがベストです。
音声での案内があり扱いやすい製品です。(出典:Amazon

取り付けの簡単さや、鳴った原因を音声で知らせてくれる安心仕様が好評です。初めて火災警報器を自分で設置する方や、ひとり暮らしの方でも安心ですね。

人気の薄型タイプ!熱を感知する熱式

ITEM
パナソニック ねつ当番 SHK38155
熱に反応して鳴るタイプです。横から見ても気になりにくい薄型で、インテリアの雰囲気を壊さず、陰ながらしっかりと家族の安全を守ります。

・電池寿命、本体交換目安:約10年

ガス会社のリース契約をやめて節約の為に購入しました。

レビューを見ると煙感知は誤作動があるみたいな事が書かれていたので熱感知にしました。

取り付けは簡単ですが裏蓋の外し方の説明がよくわからなくて開けるのに最初、四苦八苦しましたが開けることが出来たら簡単でした。

ボタンを押すと正常ですって流れるなので大丈夫そうです。
電池は10年持つらしいので国産メーカで低価格なのでコスパは最強だと思います。


ホーチキなど、その他メーカーのおすすめ火災警報器

ホーチキ

煙式・無線連動型

ITEM
ホーチキ SS-2LRA-10HCP
煙に反応するタイプで、最大15台まで連動させることができ、親器、子器の区別もなく、それぞれが相互通信してくれます。お得な3個セットもおすすめです。

・電池寿命、本体交換目安:約10年

熱式

ITEM
ホーチキ SS-FL-10HCPA
電池セット済みなので、スタートらくらく!部屋の環境を学習して誤感知を減らす、業界初の機能も搭載しています。

・電池寿命、本体交換目安:約10年

設置から約11年で家じゅうの警報器が鳴り出し、「10年で交換」との注記もあったので、量販店でさがしましたが、同仕様のものがなく、アマゾンで発見、購入しました。セット中に日本語でアナウンスが流れます。単なる「ピー」などの音じゃないので ホットします。日々進歩しるなあ とおもいました。


ニッタン(NITTAN)


煙式

ITEM
ニッタン けむタンちゃん10 KRG-1D-X
家電製品の音と勘違いしにくいブザー音が特徴。汚れなどによる感度変化も補正してくれます。警報停止時などに押すボタンも大きく、操作がしやすいです。

・電池寿命、本体交換目安:約10年

熱式

ITEM
ニッタン ねつタンちゃん10 CRG-1D-X
昨日は、煙式の「けむタンちゃん」とほぼ一緒ですが、表示灯がリング式なので、どの角度からも異常がわかりやすい独自のデザイン。

・電池寿命、本体交換目安:約10年

ダイニングキッチンに熱感知器が欲しくて探していて見つけました。
ねつタンちゃん10はとても気にいっています。
あってはならないのですが、キッチン火災にきっと役立つと思います。


新コスモス電機

煙式・一酸化炭素検知付き複合型

ITEM
新コスモス電機 SC-285E
火災と一酸化炭素のランプがスライド点灯して、それぞれの危険をお知らせしてくれる複合型です。火災をさらに早期発見でき、一酸化炭素中毒も防止可能!

・電池寿命、本体交換目安:約5年

都市ガス

熱式・一酸化炭素、ガス検知付き複合型

ITEM
ヤザキ 火災警報器複合型 YP-776
火災、ガス漏れ、一酸化炭素全てを監視!ランプと聞き取りやすい日本語音声で、何の異常かなどをわかりやすく知らせてくれます。壁に引っ掛けるだけなので、取り付けも簡単。

・本体交換目安:約5年

火災警報器で命を守ろう!

火災から身を守るには、火災警報器を設置することはもちろんですが、本体寿命が来る前に交換することも大切。電池の寿命と本体の寿命が同じものなら管理しやすいですよ。火災警報器は日々進化しており、どんどん使いやすくなっています。余裕をもって交換し、あなたの暮らしを守りましょう!

編集部おすすめ記事


関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード