神棚の設置の向きや方角、お供えの位置や飾り方は?

神道の神様を祀る神棚。どの方角にどっち向きで設置して、お供えはどう配置するのか、神棚を処分する時はどうすればいいのか、などなど、神棚にまつわる疑問にお答えします。お札を祀る位置、雲やしめ縄などの飾り方なども併せてご紹介。


出典:写真AC
神棚を祀るには決まりごとやマナーがあります。一番大切なのは神様を敬う気持ちですから、条件が許さない場合など、絶対にこの通りでなければならない、ということはありません。でもまずは基本的なことを抑えておきましょう。

神棚とは何か?その始まりは?

出典:Pixabay

神棚とは?

神棚とは、物の名称としては、神様のお神札を祀る「お宮」とお宮を置くための「棚板」を合わせたもののことを言います。ただし、お宮自体や、小型のお神札(おふだ)立てを「神棚」と呼ぶこともあります。
神棚の持つ意味は、神様を家の中にお迎えして小さな神社を作ること。家族を見守ってくださる神様の存在を感じやすいように形にして、お参りするためのものです。

神棚の始まりは?

神棚の生まれた時期

神棚の起源には諸説あるのですが、家の中に神棚を祀るようになったのは江戸中期という説が有力です。

 

伊勢への憧憬と御師の存在

出典:Pixabay
江戸時代、神宮・神社には御師(おし)と呼ばれる人たちがいました。御師は依頼に応じて代理で祈祷を行う祈祷師で、参詣者のための宿泊や案内をする下級の神職でもありました。
伊勢神宮への集団参詣「お蔭参り(おかげまいり)」が流行した江戸時代、人々は一度でいいから伊勢に行きたいと望んだといいます。伊勢神宮の御師(伊勢神宮のみ「おんし」)は全国に派遣され、伊勢神宮のお神札を配布しながら布教しました。お神札を家でも祀れるように、御師は「大神宮棚(だいじんぐうだな)」を発案し、これが神棚の始まりであるとされているのです。

時代が下り、神棚はだんだん豪華になっていき、現在よく見る宮形のものも用いられるようになりました。

神棚にはどういうものがある?

宮形の神棚

出典:写真AC
神棚というと、お宮をかたどった「宮形」のものを思い浮かべる方が多いのでは。一般的なのは伊勢神宮の御社殿(ごしゃでん)を模した神明造。
宮型には、屋根に茅葺(かやぶき)や檜皮葺(ひかわぶき)を用いたものや総ひのきの高級なものもあります。
お宮には、お神札を納める扉が1つのものと3つのものがあります。これをそれぞれ「一社造(いっしゃづくり)」、「三社造(さんしゃづくり)」と呼びます。

納める札が多い場合の「五社造」や「七社造」もありますが、一般的なのは一社造と三社造です。宮形だけでなく、モダンな神棚やコンパクトな神棚も一社造か三社造であることがほとんどです。
伊勢神宮『社殿の建築』

一社造と三社造のお神札の祀り方

出典:イラストAC

お神札の種類

お神札は、天、地、心の神様を祀るのが基本です。天は日本の総氏神である天照大御神(伊勢神宮)の神宮大麻(天照皇大神宮)。地は地域の神様(氏神)、心は崇敬神社です。崇敬神社とは、地縁、血縁にとらわれず自分の崇敬する神社のこと。ですが、必ずしも三社のお神札をそろえなくてはいけないということではなく、例えば神宮大麻だけでも構いません。

 

一社造にお神札を祀る

納めるお神札が一社だけの場合や、家のスペースがない場合の神棚が一社造。一社造に三社のお神札を納める時は、手前から神宮大麻、氏神、崇敬神社の順に重ねます。
ITEM
鳥居付き お札立て
三社のお神札を納めることができます。しめ縄付きの鳥居を模した神棚は、小さいながらも本格的な雰囲気があります。

・サイズ:約13×16.2×11cm
・材質:白松

毎日神社に行くような感じでお参りしています。
部屋にも強調せず置けて。
インテリアを壊さないのも素晴らしいです!


三社造にお神札を祀る

最も一般的なのが三社造です。中央に神宮大麻、向かって右に氏神、左に崇敬神社のお神札を納めます。御神座の順位は中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。そのほかの神社でいただいたお神札は崇敬神社の後ろに納めます。厄除や祈願のお札などはお宮の横に立てかけます。
ITEM
神棚の里 簡易神棚
三社のお神札を並べて収められる簡易神棚です。背板はお宮を模した形になっています。前面には鳥居と狛犬の焼き印入り。

・サイズ:36.4×21.4×3cm
・材質:東濃ひのき

マンション用には場所を取らず、神棚を設置できるのでとても良いです。
やはり、神棚があるのと無いのでは、なんとなく気持ちの問題ですが気持ち的に良い。
ヒノキの良い香りがして霊験新たかな感じで気に入りました。


厄除けの札などを祀る

厄除けの札や、ご祈祷で受けた白木の護摩札などは、お宮の隣に並べて祀ります。

 

お正月様を祀る

宮城県のみの習慣として、お神札のほかに「お正月様」という5柱の御神像(大年神、大國主神、五穀豊穣、事代主神、竈神)を祀り、1年間家族を守っていただくというものがあります。この場合、大年神、大國主神、五穀豊穣、事代主神は神棚の後ろ(または神棚の前)に貼り、竈神は台所に貼ります。

箱宮

北海道や東北、北陸地方に多いのが、屋根のない箱型の「箱宮」です。囲炉裏のすすでお宮が汚れないようにガラス戸を付けたのが始まりと言われています。
ITEM
神棚 ガラス宮
ガラスの中にお宮が納められている三社式の箱宮です。神具はスライド式の棚かガラスの中にお供えします。

・サイズ:60.5×41×32.5cm
・材質:ヒバ材、化粧合板

新しい神棚を祀る時は

出典:写真AC
神棚を設置する時期は特に決まっていません。年末年始に神社からお神札をいただいたタイミングや家の新築、子どもの誕生といった記念日など思い立った日ならいつでも構いません。お日柄が気になるようなら大安を選びます。
神棚を新調する時、新たに神棚を設置する時は、神社に「神棚奉斎(かみだなほうさい)」をお願いするといいでしょう。神様が神棚に鎮まっていただき、家族を見守ってくださるようにお祓い、ご祈祷をしてもらうものです。方法としては2通りあります。

1. お宮や神具を神社に持ち込む

お宮や棚板、神具一式を神社に持ち込んでお祓いをしてもらいます。神社によっては、お祓いを済ませた神具を販売しているところもあります。
あらかじめ電話などで神社に連絡をして、日取りを決めてから持ち込むようにしましょう。
お祓いのための初穂料は神社によって異なりますが、大体5,000円くらいからです。

2. 神主さんに来ていただく

祝詞を読む神主
出典:写真AC
神棚を設置してから、近くの神社にお願いして神主さんを自宅にお招きします。できるだけ家族全員がそろう日を申し込むようにするようにするといいでしょう。当日必要なものは神社から指示があります。
奉書紙、果物、酒、榊(さかき)、塩、米などが必要になることが多いようです。
この場合、初穂料は大体30,000円くらいからが目安。

1、2のいずれの場合も、お祓いは20~30分程度です。

一戸建て住宅におすすめの神棚

スペースのある家におすすめの神棚を紹介します。お宮の屋根には、通し屋根と屋根違いがありますが、どちらを選んでも意味の違いはありません。屋根違いは、お神札を納める内陣が区切られていて、1枚ずつ納めます。通し屋根は区切りがないので3枚並べて収めることになります。

豪華に見える屋根違いのお宮

ITEM
神棚の里 屋根違い三社 なごみ
豪華な印象のある屋根違いの三社式。お神札は、屋根裏部分のふたを外して入れます。基本的な神具もそろっているので、ほかに購入が必要なのは榊だけ。壁に掛けるときは、棚板が必要です。

・サイズ:59.5×39×20cm
・材質:東濃ひのき
・セット:神具7点、神鏡

大きめのお神札も祀れる通し屋根のお宮

ITEM
通し屋根三社
ご神木の里として知られる岐阜県中津川市付近の東濃ひのきを使用した瀟洒なお宮。三社式です。縦32cmの大きめのお神札も納められるので、家のスペースが許せばこれくらいのサイズのものがおすすめです。

・サイズ:68×52×31cm
・材質:東濃ひのき

非常に良い神棚です。神宮神楽札が収まる神棚は、なかなか有りません。檜の材質も良く、造りも丁寧です。唯一の難点は金具がプラスチック製であること。しかし、もし真鍮製ならこの値段の数倍するかも。。。


マンションなどにおすすめのモダンな神棚

壁に掛けて使えるシンプルな箱宮

ITEM
いしばし商店 和モダン神棚セット 羽衣
すっきりしたモダンな箱宮。欄間で和のテイストは残しながらも、洋間にも合うシンプルさを兼ね備えています。背面に壁取付金具付き。神具や雲の字も付属していて、新たに神棚を設置する場合に便利です。

・サイズ:45×37.5×15cm
・材質:ひのき、一部合板
・セット:神具7点、神鏡、榊造花、雲の字(紙)

いかにも神棚していなくて、すっきりして良いと思います。価格もお安いと感じました。


リビングに合うおしゃれな神棚はこちらにも。

神棚の祀り方

出典:イラストAC

神棚を祀る位置や方角、向きは?

どの部屋が最適?

神棚は、家族の集まるリビングや床の間のある部屋に祀りましょう。日々、家族の幸せをお祈りする場所ですから、誰も使わない部屋に設置しないようにしましょう。神様は穢れを嫌うので、トイレの近く、クローゼットの中は避けます。また、神棚の下をくぐることのないように。廊下やドアなどの出入り口の上も不敬になるので注意。

ワンルームの場合は、神様に足を向けて寝る位置にならないように気を付けます。

 

祀る位置と方角

出典:Photo Collections
大人の目線より高い位置に祀ります。2階建て以上なら最上階がベスト。ただし、集合住宅や会社の場合、リビングが1階にある場合などは、部屋の中の上の方に祀り、天井には「雲」や「天」の字を貼って「ここが最上です」と示します。

方角は、お神札が東、南、東南のいずれかのほうを向くように設置します。太陽の神様、天照御大神の威光を感じるように、太陽が昇る東か陽の光が強く降り注ぐ南がいいとされているのです。

ただし、どうしても住環境の関係で東や南向きに設置するのが難しい場合は、方角にこだわらずに清浄な場所に祀るようにします。

 

神棚と仏壇を祀る場合

神棚と仏壇は同じ部屋に設置しても大丈夫です。次の2点だけは確認しておきましょう。
・神棚を仏壇より一段高いところか家の中心に近い位置に祀る。神棚の方が仏壇より上位とされているからです。
・神棚と仏壇を向かい合わせに置かない。お参りするときにお尻を向けないためです。

供え物の種類や配置は?

出典:写真AC

お供えするものと配置

神棚にお供えするものは、神饌(しんせん)または供物(くもつ)と言います。神饌の基本は米、塩、水。できれば毎朝新しいものに取り替えます。それが難しい場合は、水だけ毎朝替えて、あとは1日と15日に替えるなど、自分なりにできる範囲で大丈夫です。

毎月1日、15日と氏神様の祭礼日や新嘗祭、お正月にはさらにお神酒や果物、野菜などもお供えするといいでしょう。季節ごとの初物も、神様にお供えしたあとに食べるようにします。

神饌は、最初に米を中央に、次に塩、さらに水の順に供えます。位置は水が向かって左、塩が右になります。酒も供える時は、米、酒、塩、水の順に、米を中央、酒を米の左、塩を米の右、水を酒の左の順に並べていきますが、スペースが狭い場合は二列、三列にしても構いません。場所に余裕があれば酒は一対で供えるとより丁寧です。

 

お神酒(おみき)も忘れずに

お米で作られるお酒はお供えものの中でも重要で、祭祀には必ず供えるものです。
神棚にはできれば毎日お酒を供えるのが理想ですが、無理な場合には毎月1日と15日だけでも供えるといいでしょう。あれば瓶子(へいし)を使って、ふたを外した状態で供えます。ない場合は、カップ酒やパック酒をそのまま置いても大丈夫です。地方によっては、お神酒の代わりに焼酎やワインを使う場合もあります。

神棚に祀る神具は?

神棚にはどんな神具が必要でしょうか。最初からすべてをそろえず、少しずつ増やしても構いません。

 

神鏡

神具の中でいちばん重要。三種の神器の1つ、八咫鏡(やたのかがみ)を模したものです。神様の依代(神様が宿る)で、お宮の中央に祀ります。

ITEM
滝田商店 神鏡
・サイズ:4.5×8×8.5×3cm
・材質:アンチモニー合金製ニッケルメッキ仕上げ(鋳造鏡)、木製(スプルス材)台付き

神棚と一緒に購入しました。繊細なつくりには、お見事です。鏡の輝も最高です。


折敷(おしき)/三方

神饌を載せる台です。神棚を汚すのを防ぐことができます。必ず必要なものではないので、スペースに余裕があるときは使うといいでしょう。折敷、三方のいずれも同じ役割です。三方は、銅の穴がなく、さらに継ぎ目のない方を神前に向けます。
ITEM
やまこう 木曽ひのき 長折敷
サイズ:六寸=18.3×8.5×2.2cm(ほかに、八寸、一尺のものあり)
材質:木曽ひのき

ITEM
神棚の里 総吉野桧三宝 5号(神具三宝)
・サイズ:15.6×15.6×12cm
・材質:吉野ひのき

毎年、年末になると三宝(三方)ってどこに売ってるんだろ?と思いながらも市販の鏡餅に付いている組み立ての三方を使っておりました。
アマゾンでみつけ、このお正月に早速飾ってみました。同じ鏡餅が豪華に見えました。やっぱり木のぬくもりっていいです。毎年使えるので
とても良いと思います。


水器/水玉

水をお供えする器。古くは椀(まり)とも呼ばれていました。ふたが付いているので、中身を入れたらふたを取って祀ります。
ITEM
伊勢宮 土器 水玉 (水器)
・サイズ:直径4.5cm
・材質:陶器製

瓶子(へいし)

酒をお供えするふた付きの器。一対セットで置きます。水器同様、中身を入れたらふたを取って。
ITEM
小林陶芸 瓶子
・サイズ:5×5×8cm
・材質:陶磁器

平瓮(ひらか)/高月

平瓮は皿(かわらけ)とも呼ばれます。米や塩を供えるための器。いずれかを一対供えます。平瓮と高月を1つずつ使ってもいいのですが、その場合は高さのある高月に米を入れます。
ITEM
伊勢宮 土器 皿 (かわらけ)
・サイズ:直径7.5cm
・材質:陶器製

大きさ、見た目、価格共によかったです。
特別養護老人ホームにおける、元日の行事で使用しました。


ITEM
伊勢宮 土器 高杯 (高月)
・サイズ:直径7.5cm
・材質:陶器製

榊立/玉垣

榊の葉を立てるための神具。一対セットで神棚の左右に祀ります。玉垣は陶磁器の榊立てに付ける垣。水紋が付くのを防ぐほか、品格がアップします。
ITEM
神棚の里 モダン神具 メイプル榊立て 一対
・サイズ:3.6×9cm
・材質:無垢メイプル、ガラス管

神棚が狭いのであまり大きくない榊立てを探していました。これは正に望んでいたサイズのものでした。デザインも落ち着いていて実に良い塩梅で神棚を祭ってくれています。

瓶自体は薄い試験管のようなガラス製ですので毎日の取り扱いは慎重になります。また他のレビュアーさんが書かれているとおりもう少し気をつけて送ってもらえると良いですね。


ITEM
伊勢宮 榊立用玉垣
・サイズ: 10.5×10.5×11cm
・材質:木曽ひのき

神棚を新調したので購入しました。桧造りの立派な商品で満足しています。


しめ縄、雲板など、場所が許すなら祀りたいもの

しめ縄

漢字では注連縄、七五三縄と書きます。神聖な場所であることを示すためのもの。奉書や半紙で作った紙垂(しで)をはさみ込んで飾ります。お宮の前または上に、太い方を向かって右にして設置。ただし、地方によっては細い方を右にする場合も。しめ縄には、片方が太い大根しめ縄と、太さが均一な牛蒡しめ縄があります。
ITEM
神棚用 しめ縄2尺
・サイズ:長さ=約50cm、根本太さ=4.5cm
・材質:稲藁等製

ITEM
しめ縄 1尺一本〆
・サイズ:長さ=約30cm、径=1cm
・材質:藁製

神棚に置く鳥居と一緒に購入しました。このサイズの物は中々見つけられないので、助かります。
今後もこちらでお世話になろうと思います。


雲、雲板

マンションなどで最上階に神棚が祀ることできないときに使用するもの。雲や天の文字を天井に貼るか、雲板を神棚の上部に設置することで「この上には何もありません」という意味になります。
ITEM
削り出し 雲
・サイズ:13×15×1cm
・材質:ひのき
・付属品:両面テープ片3個

とても良いです!厚みも質感も、お値段以上です。檜の香りも良く、お薦めします。


ITEM
神棚の里 雲板セット
・サイズ:63×7.4cm
・材質:ひのき

この雲板を付けることによって、神棚により神々しい雰囲気が出てきました。良い商品だと思います。



真榊

五色の布の先に榊を立てて使います。真榊は御神体の意味も持つと言われています。三種の神器である勾玉、鏡、剣の模型を掛けてあるので、神棚の向かって左には剣を掛けたもの、右には勾玉と鏡を掛けたものを祀ります。
ITEM
滝田商店 木製真榊丸台(豆)
・サイズ:台径=5.3cm、高さ=約30cm
・材質:本体=木製

Amazonで手に入るもので木製なのはこちらだけではないでしょうか。
とてもしっかりしていて素晴らしいです。神棚がとても厳かで立派になりました。


神前幕(神棚幕)、御簾

神棚の上、雲板を付けている場合はその内側に貼ります。神棚幕は厳かな雰囲気になり、御簾は神聖な場所との結界の意味も持ちます。
ITEM
神具 神前幕・神幕(巴紋)
・サイズ:48×22cm(15号)
・材質:巴紋入り、京染め、ちりめん仕上げ

ITEM
仏縁堂 箱宮の神棚用 お御簾
・サイズ:40×10.3cm

金幣(きんぺい)

守り刀として、悪いことを断ち切ってくれます。棒の先に金銀の紙垂がはさんであり、お宮の扉と神鏡の間に飾ります。
ITEM
やまこう 金幣 一本立
・サイズ:高さ10.5cm

鳥居

鳥は古来、神様を表すとされています。鳥居は神様の聖域と人間の俗界との間の境界線。神様に穢れがないように、お宮の手前に設置します。
ITEM
神棚の里 神棚用鳥居 招福鳥居
・サイズ:19.5×16×3cm
・材質:松

鳥居が倒れたら失礼にあたると危惧しておりましたが底面に両面テープが貼ってあり、その配慮にびっくり致しました。触りもとても滑らかで素晴らしく造られたお品です。


狛犬、神狐

神社の入り口に置かれて、神様を護る狛犬。通常は神鏡の前に、阿吽の一対で祀ります。神棚でも神社同様に、口を開いている「阿」が右、口を閉じている「吽」を左に設置します。
お稲荷様の使いである神狐(しんこ)は願いごとによって色を選んで祀ります。大願成就なら白神狐、健康、活力なら朱神狐、金運・商売繁盛なら金神狐。まずは白神狐を一対、スペースがあったら朱や金を増やすようにします。
ITEM
伊勢宮 狛犬
・サイズ:高さ=約15cm
・材質:陶器製

神棚のお参り作法

出典:写真AC
神棚にはできれば朝と夜の1日2回お参りするのが基本。朝は家族の健康や幸せを願い、夜は1日の終わりに無事過ごせたことを感謝します。忙しい日常、毎日2回のお参りが難しい場合は、1日1回心を込めてお参りすれば大丈夫です。忘れたりお参りできなかったりした時は、その次にお参りした時に謝り、感謝をします。

お参りの服装

神棚も神社と同じです。できれば身支度を整えて手と口をすすいでからお参りします。でも、パジャマのままだからといってお参りをパスするよりは、服装にこだわらず手を合わせるようにしましょう。
朝は着替えて出掛ける前に、夜は帰宅後汚れを落としたあとなどのタイミングに習慣づけてしまえば常に整った服を着た状態になるのでいいかもしれません。

お参りの作法

神社と同じように「二拝二拍手一拝」を行います。2回お辞儀をして2回柏手を打って祈り、最後にもう1回お辞儀をする方法です。

丁寧に行うなら、二拝してから「神棚拝詞」を唱え、二拝二拍手一拝をします。

 

神棚拝詞

此の神床に坐します 掛けまくも畏き天照大御神産土大神等の大前を 拝み奉りて恐み恐みも白さく

大神等の広き厚き御恵を辱み奉り

高き尊き神教の随に 直き正しき真心以て 誠の道に違う事なく

負い持つ業に励ましめ給い

家門高く身健やかに世のため人のために尽くさしめ給えと 恐み恐みも白す

(このかむどこにまします かけまくもかしこきあまてらすおおみかみ うぶすなのおおかみたちのおおまえを おろがみまつりてかしこみかしこみももうさく

おおかみたちのひろきあつきみめぐみをかたじけなみまつり

たかきとうときみおしえのまにまに なおきただしきまごころもちて まことのみちにたがうことなく

おいもつわざにはげましめたまい

いえかどたかくみすこやかに よのためひとのためにつくさしめたまえと かしこみかしこみももうす)

毎日のお参りのほかにも、お祝いがあるときなどは、神様にその喜びや感謝を伝えるようにしましょう。

神棚の手入れと処分方法

出典:写真AC
神棚は気が付いたときには簡単に掃除をします。お供えの水と榊の水はできるだけ毎日取り換えて、棚やお宮はほこりがたまらないように時々はたきやきれいなふきんで掃除します。掃除をする前には神様に一声掛けましょう。
本格的な掃除は年2回、神社で大祓(おおはらえ)を行う6月と12月にします。

神棚の大掃除

Step1. 身を清める

ひとつまみの塩を手にもみ込んで水洗いします。手を拭く時は新しいタオルか使い捨てのペーパータオルで。口も水ですすぎます。

 

Step2. お宮と神具を下ろす

下ろしたものを直接床に置いてはいけません。奉書紙や和紙、新しい白い布などの上に置きます。

 

Step3. お神札をお宮から取り出す

この時、口に半紙をくわえるといいとされています。神様の仮の姿であるお神札に息が掛からないようにするためです。

 

Step4. お宮と神具のほこりを取る

はたきを使うときは、家の掃除に使うものとは別のものを。神具のほこりは新しいふきんや雑巾で乾拭きします。特に神鏡はきれいに磨き上げます。

 

Step5. 棚板を拭く

白木の板や塗装した板は水拭きをせず乾拭きした方がいいでしょう。

 

Step6. お宮を元の場所に戻す

お神札を納め、お宮と神具を元に戻します。

神棚の取り替えと処分

お神札

お神札は1年に一度神社に返納します。1年を無事に過ごせたことを感謝するお礼参りをして、新しいお神札をいただきます。

 

お宮

お宮は毎年取り替える必要はないので、引っ越しのタイミングや汚れてきた時などに取り替えます。伊勢神宮の式年遷宮(20年に1度の社殿を建て替える祭典)に合わせて取り替える家もあるようです。
家を取り壊すことになったり、引っ越しをするなどで神棚を処分する必要が出てきたときは、氏神神社に連絡をして神主さんに「御霊抜き(みたまぬき)」をお願いします。何らかの理由でそれが難しい時には、塩を掛けて清めてからごみに出します。

神様とともにある暮らしを!

出典:写真AC
ここでご紹介した神棚の祀り方は基本的なルールですが、すべてこの通りにしなくてもいいのです。大切なのは神様を敬い感謝する気持ち。神棚の設置をためらっている人なら、まずはお神札を祀って、少しずつお神札立てや神具をそろえていってみては?神様を身近に感じて心穏やかな日々を過ごしましょう。

編集部おすすめ記事


関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

UNIZON
UNIZON

ガーデニングや料理、DIYの取材、執筆経験が私生活でのレベルアップにつながっていかないのが悩みの種。 所属会社のユニゾンは、Webやペーパーメディアの企画立案から制作まで行っています。