【自動車のプロが推薦!】2019年最新!おすすめバッテリー充電器12選

バッテリー充電器とは、車やバイクなどのバッテリーを充電する機器のこと。今回は「オートバックス」のおすすめ商品や、マキタやソーラーパネルで充電できる商品をご紹介。充電器のつなぎ方など、基本的な使い方もお教えします。


バッテリー充電している

出典:PIXTA
車で出掛けようとしたら、エンジンがかからない!そんな困ったエンジントラブルの原因で一番多いのは、バッテリー上がりです。そんなバッテリー上がりを防ぐ頼もしいグッズ「バッテリー充電器」を、今回ご紹介いたします。ライトを付けっぱなしにしていたわけでもないのに、バッテリーが上がってしまう原因や詳しい使い方、おすすめ商品などを解説します!

カー用品のプロに聞いてきました!

オートバックス店舗
出典:株式会社オートバックスセブン
今回はカー用品店最大手のチェーンで、「オートバックス」グループ店舗のフランチャイズ本部である「株式会社オートバックスセブン」に聞き取り取材!カー用品中心の部署・カーライフ商品部の内山さんにバッテリー充電器について教えてもらいました。
オートバックスはカー用品をはじめ車検・整備、車両買取など、カーライフをトータルでサポートしてくれる車のプロ。各地の幹線道路沿いを中心に店舗展開しており、国内593もの店舗(2019年5月末現在)出店をしています。無料安全点検も実施されおり、お店ではプロのアドバイスを元に商品選びもできるので、車持ちとしては頼りになる存在ですね!

ネットショップも驚きの10万点以上の商品を掲載しており、話題のアイテムや知らなかったアイテムに出会えるおすすめサイトです。
後ほど、内山さんおすすめのバッテリー充電器もご紹介します♪

クルマのことならオートバックス、でお馴染み!

・株式会社オートバックスセブン
企業URL:https://www.autobacs.com/

10万点以上の商品を掲載

・オートバックスのネットショップ
ショップURL:https://www.autobacs.com/shop/c/c

車用バッテリー充電器があれば急なトラブルも安心!

バッテリー充電器はどんなときに必要?

実は車載用のバッテリーは、車を使わなくても徐々に放電してしまいます。それでも、車の使用頻度が高いと車自体に発電装置がついており、車を走らせることによってバッテリーを充電してくれます。ですが週末だけ、または夜しか使わないといった車の使用頻度が低い場合には、充電している時間より放電している時間の方が長くなってしまうため、徐々に充電器が消耗しバッテリー上がりの原因になることも。

オートバックスセブン カーライフ商品部 内山さん
「実は車をよく使う方のほうがバッテリーが充電されるため、バッテリー充電をする頻度は少なくても大丈夫なんです。車の使用頻度が低い人は使用前にバッテリー充電をするのがおすすめです。」

バッテリー充電の頻度はどれくらい?

バッテリー充電の頻度は前途したとおり車の使用状況によって変わるので一概には決められません。ただし、バッテリーは充電することによってコンディションを良好に保てるので、3~4カ月から半年に一度は補充電することをメーカーが推奨しています。

オートバックスセブン カーライフ商品部 内山さん
「暑い時期や寒い時期などもバッテリーが消耗するので、季節の変わり目に充電するのが良いですよ。」

バッテリーが上がってしまったときの対処法

バッテリーあがる
出店:写真AC
では、バッテリーが上がってしまったら、どうなるのでしょうか?車は一度バッテリーが上がってしまうと充電切れの状態になり、エンジンを始動したときセルモーター(エンジンを始動させるモーター)が回らない、あるいは回しても力なくカチカチという音だけ聞こえる、という状況になってしまいます。そうなると(1)ロードサービスを呼ぶか、(2)ジャンプスターターを使わなければ、車は動かせません。実はバッテリー充電器は、家庭用の電源からしか電源がとれないため、出先でバッテリーが上がってしまった時には使用できません。バッテリー充電は、切れる前に充電をすることが大切でなんです!

オートバックスセブン カーライフ商品部 内山さん
「ジャンプスターターは、モバイルバッテリーよりも一回り大きい程度で、カメラやスマートフォンの充電にも使用できるため、用心のために持っておくと便利な製品です。」

バッテリー充電器の仕組み

バッテリー充電器は家庭用電源100Vの電源を使用して充電し、一般的家庭12Vに変換して車のバッテリー充電をしてくれる装置。そのうえで車によってバッテリーの大小が変わったり、電流の多い少ないなどの違いがあります。過充電・過電流・ショート等を防ぐ保護回路で、安全機能つきの製品もあるので、安心して使用できます。

オートバックスセブン カーライフ商品部 内山さん
「バッテリー充電器の使い方はそんなに難しくありません。付属の説明書さえ読めば、初めて使う方でも簡単に扱えます。」

何が決め手?バッテリー充電器の選び方

選ぶ
出典:写真AC

どうやって選ぶ?選び方のポイント

基本は自分の車にどんなバッテリーが使われているか確認すること。例えば、アイドリングストップ車は専用のバッテリーがついているため、充電の仕方を少し変えないと充電をしてくれません。ほかにも普通車の12Vと、バスやトラックは24Vでは電圧が違うため、24Vに対応した専用の充電器を使う必要があります。また、大きさが違うと容量が大きくなる傾向になるので、充電するのに大きい電気を流さないと時間がかかってしまう場合や、少しずつ電流を流さないとうまく充電できないオートバイなどに使用するコンパクトなタイプもあり。

オートバックスセブン カーライフ商品部 内山さん
「大事なのは乗ってる車にどんなバッテリーが使われているか確認すること!車種によって違いがあるので、分からなければ乗っている車の説明書で確認をしてみましょう。」

バッテリーの買い替え時期はいつ?

昔は「バッテリーの調子が悪い!?」など兆候を感じ取れましたが、最近のバッテリーは性能が高くバッテリーが上がる直前まで性能の低下が感じ取りにくいため、見た目や使い勝手で判断できない場合も。バッテリ―の状態は普段の使い方によって変わるので、何かあったときのことを考えると不安になりますよね。そこでおすすめするのが、プロにバッテリー点検をしてもらうこと!
普段ある程度車に乗る人は、夏の暑いときや冬の寒いときなどのバッテリーの性能が落ちやすい時期の前に点検するのがおすすめ!出先でトラブルにならないように、遠出をする前や季節の変わり目の点検もおすすめです。

オートバックスセブン カーライフ商品部 内山さん
「最近の車はバッテリーの寿命の兆候が分かりづらくなっているので、定期的にバッテリー点検を受けることがおすすめです!オートバックスでは無料バッテリー点検もあり、バッテリーのテスターで今のバッテリーの状態を知ることが出来ます。」

バッテリー充電器のほかに必要なものは?

基本的に製品の中に最低限必要なものはバッテリー充電器と合わせて付属しているので、特にほかに購入するものはありません。製品を買う前にセット内容をよく確認しましょう。

購入は、ネット通販などで行える!ヤフオクならお手頃価格で購入できる場合も!?

車用バッテリー充電器はカー用品店やホームセンター、ネット通販で購入できます。安く手に入れるなら、ヤフオクをはじめとしたオークションサイトの中古品もおすすめですよ。

オートバックスおすすめ!バッテリー充電器4選

No.1738 12Vバッテリー専用充電器 ACE CHARGER

オートバックスのオンラインサイトでチェック!
ITEM
No.1738 12Vバッテリー専用充電器 ACE CHARGER
・出力電流:10A(最大)
・消費電力:200VA
・サイズ:幅223×奥行174×高さ130mm
・重量:1.25kg
・充電ケーブル長:1.8m
・電源コード長:1.8m

オートバックスのおすすめポイント

バイク以外の車用バッテリー充電器。軽自動車から使用できて、農業機器にも対応可能な製品です。スイッチング電源の採用により、バッテリーターミナルを外さず充電できます!充電クリップ逆接続時の警告ランプなど、各種保護回路を搭載した安全設計になっています。

No.2704 12Vバッテリー専用充電器 ECO CHARGER

ITEM
No.2704 12Vバッテリー専用充電器 ECO CHARGER
・入力電圧:AC100V 50/60Hz
・出力電圧:DC14.7V(普通充電時最大)
      DC15.7V(iSモード充電時最大)
・出力電流(最大):8A
・消費電力:145W
・充電できるバッテリー電圧:DC12V
・サイズ:幅223×奥行174×高さ130mm
・重量:1.25kg

トラクタのバッテリーが弱くなっていたのとハイブリッド車にも使えそうなので買いました。接続して開始ボタンだけでも良いですが、時間を短くしたいなら、電流を0.8Aから2.0Aに上げるだけです。軽いので持ち運びもらくですね。ケーブルが本体の後で巻けるのは良いアイデアですね。


オートバックスのおすすめポイント

12Vでも24Vでも対応可能な、バッテリー充電器。自動で12Vと24V認識して充電をしてくれます。バイクやアイドリングストップ車、農業機器など車全般に対応できる、名前の通りオールマイティな仕様になっています。色々な車種を乗っている人にはこちらの製品がおすすめです!

No.2701 オールマイティ全自動充電器

オートバックスのオンラインサイトでチェック!
ITEM
No.2701 オールマイティ全自動充電器
・入力電圧:AC100V 50/60Hz
・出力電圧:12V/DC14.8V、24VV/DC29.4V
・消費電力:12V/252W(セルスタート 405W)、24V/504W(セルスタート 810W)
・サイズ:幅176×奥行280×高さ164mm
・重量:2.4kg
・充電ケーブル長:1.8m
・電源コード長:1.8m

価格が手頃で、敏速な商品発送を受けまして感謝・商品はとても使いやすくて便利です。 私は、農業用トラクターのバッテリー等の充電に使っております。 バッテリーも長持ち・春作業に安心  良い商品の提供に感謝致しております。


オートバックスのおすすめポイント

24Vにも対応している、高性能なこちらの製品。細かい設定が必要なく、最適な電流で充電をしてくれる4段階自動充電制御なので、簡単な選択をするだけで自動で充電をしっかりしてくれます。少し高額ですが、しっかりした作りになっています。

セルスター DRC-200

ITEM
CELLSTAR DRC-200
・入力電圧:AC100V 50Hz/60Hz
・バッテリー適合電圧:DC12V
・サイズ:幅74×奥行45×高さ144mm
・重量:435g
・充電出力コード:1.8m
・電源コード長:1.8m

オートバックスのおすすめポイント

一番コンパクトなタイプのバッテリー充電器。オートバイや軽自動車など、小さめのバッテリーを搭載したものに対応した製品です。軽量・コンパクトボディで使いやすく、12Vバッテリー専用のチャージャーで低価格の商品です。

ほかにもまだある!編集部のおすすめ4選
マキタやバイクに使えるバッテリー充電器も

大人気!マキタ18Vの車用充電器

作業工具でおなじみ、マキタの車用バッテリー充電器です。充電器に内蔵された冷却ファンがバッテリ-を効率良く冷却します。バッテリーの使用状態に応じて、バッテリーが長持ちするように最適な充電を行ってくれるのもポイント。
ITEM
マキタ 充電器 DC18SD
・入力電圧:単相100V
・入力容量:125VA
・出力電圧:直流7.2-18V
・出力電流:直流2.6A
・サイズ:225×105×55mm
・重量:730g

急速充電モデルと違い、ファンが無いので静かに充電できます。充電時間が長いとはいえ、空バッテリーの状態から充電することはほとんどありませんので、短時間で充電できます。アマチュアが家庭で利用するには、静かさ優先という選択肢もありだと思います。


太陽光でバッテリーを充電!トラクターにも

AC100V電源ではなく、ソーラーパネルの太陽光エネルギーで電力を作ります。リーズナブルな価格も魅力的!たまにしか使わないトラクターや自家用車のバッテリーあがり対策に最適な製品です。
ITEM
ソーラーバッテリー充電器 SB-300
・動作電圧:15.5V
・動作電流:30mA
・動作電圧:15.5V 
・充電できるバッテリー電圧:DC12V
・サイズ:幅168×奥行98×高さ11mm
・重量:140g

この商品を見たとき私が20年前に購入した充電器と同じなのには驚きでした、ちょうど新車を購入したときに充電器
取り付けてバッテリ-は8年持ちました、いつも車を車検、点検したときに見てもらっていました、まだバッテリ-は使用できる状態でしたが、交換しました。今回は別の車ですがやはり同じぐらいバッテリ-が長持ちしました、今度は充電器が駄目になったので同じものを購入、バッテリ-は取り替え後4年目ですが充電器を取り付けバッテリ-の検査をしましたが電気が全てつきバッテリ-がOKの確認ができこれで安心、後バッテリ-が何年持つか楽しみです。
星5つ(*^o^*)。


 防水・防塩害のソーラーパネルバッテリー充電器

防水・防塩!太陽光を電気に変換するソーラーパネルタイプのバッテリー充電器です。電源がない環境はもちろん、水しぶきがかかる船、雨の日に屋外でも使用できますよ。一般的な充電器では対応できない環境でも使えるので、農業・アウトドア向きです!12Vバッテリーを採用している車・特殊車両・バイクなどに。
ITEM
CLESEED クレシード SC-460 ソーラーバッテリー充電器
・12V専用 DC12V
・最大出力 7W 最大出力電流 467mA
・本体ケーブル長さ 2.9m

今回はトラックに接続しました。24Vなので2個購入して接続してます。車輌や建機や機械の所有が多くて、バッテリーの充電を頻繁にしてましたが、2~3年前にこのソーラーを購入してから一度もバッテリーがあがらなくなりました。 今回で10個目を購入した事になります。これで全てのバッテリーに接続完了です。 とても便利ですよ。


アイドリングストップ車、ハイブリッド車にも対応のバッテリー充電器

バッテリー容量に応じて、充電出力を2A、6A、10A、12A、15Aの5パターンから選択できます。二輪車、小型乗用車におすすめな6Vと12Vタイプもあります。パルス充電方式なので、バッテリーの寿命が延びるのも魅力的。
ITEM
オメガプロ 全自動バッテリー充電器 OP-BC02
・適合バッテリー電圧:DC6V/DC12V
・適合バッテリー容量:6V 4~12Ah(10時間率)12V 8~80Ah(6時間率)

バッテリーも7年目になり電圧はあるけど比重が黄色と赤の間、いつまで乗るかわからない車のバッテリーを交換するのも微妙で家族の車5台あるしアイドリングストップやハイブリッド車対応も決めてです メンテナンスモードで充電してみて古いバッテリーも復活!これからは半年に1度充電しようと思う


バッテリー切れの救世主!おすすめジャンプスターター

バッテリーが上がってしまった時に、簡単にエンジンをかける事ができる便利アイテム、ジャンプスターター。
ここでは、オートバックス内山さんおすすめのジャンプスターターをご紹介!!

カシムラ KD-151

オートバックスのオンラインサイトでチェック!
ITEM
カシムラ KD-151

国産メーカーなので、安心して購入致しました。非常時に備え有れば憂いなしです。


オートバックスのおすすめポイント

DC12V専用、バイクや車にコンパクトでありながら、スマートホンやカメラなどの充電やLEDも内蔵されたパワフルに使える多機能ジャンプスターターです。

ベロフ JSC402

こちらの製品は、店舗の「オートバックス」で購入できます。
べロフ バッテリー充電器
出典:オートバックスセブン

オートバックスのおすすめポイント

オートバックス専売商品。12V のバイクから5000㏄までのガソリン車のジャンプスタートに使え、ディーゼル車でも2000㏄ まで対応可能なこちらの製品。こちらもスマートホンやタブレットの充電にも。スマートホンなら4~5回のフル充電ができますよ!

バッテリー充電器の使い方|つなぎ方や注意点

バッテリー充電をしている
出典:PIXTA

Step1. 赤いクリップをバッテリーのプラス端子と接続する

まずは赤いクリップ(※1)をバッテリーのプラス端子に接続します。このとき、電源は入れずに行ってください。耕運機のような小さいバッテリーはクリップが接続しにくいこともあります。その場合は丸端子で接続する方法もあるので、覚えておくと◎

Step2. 黒いクリップを車体シャーシと接続する

黒いほうのクリップ(※1)をマイナス端子に接続します。

※1 繋ぎ方のポイント!

クリップの色は製品によって異なる場合もありますので、使用前にどの色をプラス端子とマイナス端子にそれぞれ繋ぐのか、しっかりと確認するようにしてください!

Step3. 電源プラグを100Vコンセントに入れる

電源プラグを100Vコンセントに挿します。クリップが赤黒逆に接続されていると過熱、発火、爆発の危険があるため、間違っていないかチェックしてから行いましょう。

Step4. 充電するバッテリーの容量を確認し、充電電流を設定する

充電するバッテリーの容量を確認し、充電電流(アンペア数)を設定します。説明書を見ると「充電電流0.8Aはスクーター向け」「1.5Aはバイク向け」「3.0Aは自動車向け」といった記載があります。この記載を参考に設定しましょう。

Step5. 充電を始める

バッテリー充電する
出典:PIXTA
いよいよ充電開始です。クリップが本体から離れないよう注意してください。

Step6. 充電を終了する

充電量が90%を越えたら完了です。電源プラグをコンセントから抜き、黒クリップ、赤クリップの順に外します。

バッテリー充電器Q&A|農機の充電は?自作できる?

軽トラック
出典:写真AC

農機のバッテリー充電は?

農業で大活躍の軽トラックやトラクター。過酷な環境で使用するものなので、バッテリーには大きな負荷がかかります。年に数回しか使用しないトラクターのような農業機械は、バッテリーあがりのリスクも高い!そんなときこそ車用バッテリー充電器があれば、簡単に充電が行えて安心です。中には太陽光で動くタイプもありますので、屋外でのトラブルに備えて持っておくと安心です!

自作はできるの?

編集部が調べた結果、パソコンのアダプターを使用してバッテリー充電器を自作するサイトなども存在しています。ですが、電源アダプターの出力電圧と車のバッテリーの電圧が違うと、過充電でバッテリー故障の原因になることもあるので、注意が必要。機械に知識がある人なら挑戦してみてもいいかもしれません。

車に一台!バッテリー充電器を常備しよう

トラクター
出典:写真AC
購入から数年経過したバッテリーは、性能が下がっている場合も。車なら対応可能なJAFなどのロードサービスも、農機のトラブルなどはレスキューサービス対応外なので、いざというときのために「自分」で備えておきましょう。一台は車用バッテリー充電器を持っておくと安心して作業できますよ。

この記事に関連するタグ

関連する記事

バッテリー充電している
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

AGRI PICK 編集部
AGRI PICK 編集部

AGRI PICKの運営・編集スタッフ。農業者や家庭菜園・ガーデニングを楽しむ方に向けて、栽培のコツや便利な農作業グッズなどのお役立ち情報を配信しています。これから農業を始めたい・学びたい方に向けた、栽培の基礎知識や、農業の求人・就農に関する情報も。