フロアジャッキ 耐荷重別【10選】使い方や選び方のポイントも紹介!

軽トラやトラクターのメンテナンスではジャッキアップが必要になるケースがあります。フロアジャッキがあれば車体の持ち上げも簡単。2t用、3t用など種類もいろいろあります。今回は、国産メーカーをはじめ農家おすすめメーカー商品をご紹介!便利なアイテムも登場します!


出典:PIXTA
タイヤ交換や簡単な車のメンテナンスを自宅でするには、「レバーを動かすだけ」で重い車をラクラク持ち上げられる、頼もしいフロアジャッキを用意しましょう!フロアジャッキの使い方、選ぶ時に見るべきポイントをしっかり解説します!おすすめのフロアジャッキ10選と、ジャッキオイルやタイヤ止め用のスタンドなど、フロアジャッキと併せて持っておくべきアイテムも紹介。

フロアジャッキとは?

フロアジャッキとは、油圧やネジの力で重いものを持ち上げる工具のことです。「ガレージジャッキ」とも呼ばれます。自動車整備工場のようなリフトがない一般家庭でも、簡単に自動車やトラクターなどを持ち上げることができます。とっても重い車が、レバーを動かすだけでスイスイ上がっていくのは気持ちいいですよ!

フロアジャッキの使い方・注意点は?

フロアジャッキの使い方に注意しないと、ジャッキアップ中に車が落ちてきて、大事故につながる……なんてことも十分に考えられます。傾斜地を避け、必ず平坦で固い地面の上に置いて使用してください。タイヤ止めとジャッキスタンドでしっかり固定することも忘れずに。

フロアジャッキの他に用意するもの

タイヤ止め

車のタイヤが動かないよう固定する道具です。

 

ジャッキスタンド

ジャッキアップ中の車と地面の間にはさむ支えです。

使い方

Step1. 平坦かつ固い地面の上で作業しましょう。まずは車両が動かないよう、タイヤ止めを行います。
Step2. ジャッキポイントにサドルを当て、フロアジャッキのレバーを上下に動かし、ジャッキアップします。
Step3. ジャッキアップしたら、必ずジャッキスタンドで車を支えます。スタンドの高さはジャッキアップした車体に合わせて調整しましょう。
Step4. 作業が終わったら、フロアジャッキがきちんとした位置にあるか確認してからジャッキスタンドを外し、ゆっくりとジャッキダウンします。必ず周囲の安全を確認して行ってください。

フロアジャッキの使い方を動画でチェック!


フロアジャッキはどんな場面で使うもの?

用途は主に車のタイヤ交換、整備です。オイル交換、トラクター駆動部へのグリスアップ、修理全般に威力を発揮します。

フロアジャッキ・選び方のポイントは?

出典:写真AC
フロアジャッキ選びのポイントは2つ。「重量」と「最高位・最低位の高さ」です!ここで言う重量とは、ジャッキアップしたい物の重さです。最高位・最低位とは、ジャッキの高さのこと。最低位が低ければ車高の低い車や農機を簡単に持ち上げることができます。最高位が高ければ、車両の下も広々とするため、効率よく作業できますよ。
車の重さは、一般的な軽トラで約700~800kgくらい。農業トラクターの場合、小型なら1,000kg前後、キャビン付きの大型だと2,000kg以上になる場合もあります。

【耐荷重別】おすすめのフロアジャッキ10選

最大荷重2t のフロアジャッキ

1. 本体重量約10kgのポータブルタイプのフロアジャッキ

ITEM
エマーソン ニューレイトンフロアジャッキ
小型、普通乗用車に適したフロアジャッキです。リーズナブルな価格も魅力で、コスパを重視する方におすすめです。

・最低位:133mm
・最高位:387mm
・最大荷重:2t
・重量:約10kg

ヴォクシー用に購入しました しっかり上がるし、安定感もあります! 



 

2. エアーの力でジャッキアップ!

ITEM
低床エアージャッキ
エアーと手動兼用のフロアジャッキです。2tまで対応可能。最低位は98mm、最高位は505mmと幅広いですよ!

・最低位:98mm
・最高位:505mm
・最大荷重:2t
・重量:58kg

後方から前方の車軸をジャッキアップするのにエアージャッキが必要で購入しました。何の問題もなくスムーズに作業ができ、今後も重宝しそうです。発送も早く良い買い物でした。 


最大荷重3t おすすめのフロアジャッキ

3. コスパよし!日本製フロアジャッキ

ITEM
大橋産業 油圧式フロアジャッキ
最大荷重が3t以上あるので、ほとんどの乗用車に使用できます。ミニバンやセダン、SUVなどにもおすすめ。日本製ながら低価格で入手できるフロアジャッキです!

・最低位:140mm
・最高位:430mm
・最大荷重:3t
・重量:17.7kg


 

4. 車高が高くても使える!最高位530mm

ITEM
メルテック フロアージャッキ
車高の高い車もジャッキアップできる製品です。いろいろな車両に対応しているので、家族みんなの車に使えそう!

・最低位:148mm
・最高位:530mm
・最大荷重:3t
・重量:19.3kg

価格の割にしっかりした商品で、得な買い物だったと満足しています。



 

5. サビに強い!アルミ製フロアジャッキ

ITEM
ガレージジャッキ デュアルポンプ式
ローダウン車に使える最低位95mmのジャッキです。サビに強いアルミ製!デュアルポンプを採用しており、スムーズな動作が可能です。

・最低位:95mm
・最高位:485mm
・最大荷重:3t
・重量:26kg

見た目がよかったので買いました。
早速、組み立ててみましたが、レバーがなかなか奥まで入りませんでしたが
やっとのことで入りました。
デュアルポンプなので、ジャッキアップがスムーズな操作感でした。
付属のゴムパッドがもう少し厚みがあれば申し分ありませんでした。



 

6. カラーも選べる!最低位80mm

ITEM
油圧式ガレージジャッキ デュアルポンプ
キャスター付きなので、持ち上げずに転がして移動できます!ローダウン車におすすめな最低位80mmです。色はブラックとブルーから選べますよ。

・最低位:80mm
・最高位:505mm
・最大荷重:3t
・重量:31kg

最大荷重3.25~3.5t おすすめのフロアジャッキ

7. 最高位542mm!安定感抜群のアルカン・フロアジャッキ

ITEM
アルカン ガレージジャッキ
重量車両OK!ワンボックスやセダン、ハイエースクラスもジャッキアップできるパワフルさが特徴です。最低位89mm、最高位542mmと幅が広いですよ。

・最低位:89mm
・最高位:542mm
・最大荷重:3.25t
・重量:47kg

SUVのタイヤ交換に買いました。買って良かった。作業がめちゃ楽になりました。デザインも良くて、凄く気に入りました。ショップの対応も親切で安心して買い物が出来ました。



 

8. 最低位75mm対応!ローダウンの車両にぴったり

ITEM
Duty Japan® ローダウンガレージジャッキ 3.5t
最大荷重3.5t!最低位が低く、重い車、ローダウンの車におすすめです。3.5tモデルにしては購入しやすい価格も◎。

・最低位:75mm
・最高位:500mm
・最大荷重:3.5t
・重量:34kg

1.5インチローダウンのハイエースワゴンで問題なくタイヤ交換できました。


最大荷重4t おすすめのフロアジャッキ

9. ローダウン対応のフロアジャッキ

ITEM
Duty Japan® ローダウンガレージジャッキ 4.0t
超パワフル!4tまで対応の、とても頼れるガレージジャッキです。最低位も65mmとかなり低く、いろいろな車種に使えます。

・最低位:65mm
・最高位:500mm
・最大荷重:4t

最大荷重5t おすすめのフロアジャッキ

10. 文句なしのパワー!

ITEM
長崎フロアジャッキ
高額ではありますが、驚異の5t対応!これだけパワーがあれば、もう車種を気にしなくてOK!?エアーと手動兼用、最低位108mmです。

・最低位:108mm
・最高位:560mm
・最大荷重:3t
・重量:94kg

ジャッキアップ時の必須アイテム【5選】

ジャッキ本体だけではなく、合わせて使うアイテムも用意しましょう!特に、ジャッキスタンドやタイヤ止め用のスタンドは、安全のために絶対持っておきたい必須アイテム。オイルも定期的に交換しましょう。

1. サイド掛け用アタッチメント|ジャッキポイントを傷から守る

ITEM
メルテック ジャッキアタッチメント サイド専用
サイドからジャッキアップするときの必需品!ジャッキポイントを傷つけないゴム製アタッチメントです。メルテック製フロアジャッキ7種類に対応しています。

・サイズ:直径50×高さ37mm

今まではアタッチメントを付けず、そのままジャッキアップしていたため
ジャッキアップ部分の出っ張りがつぶれていましたが、
これを付ければもう安心です。
もっと早く買えば良かった。


2. ジャッキスタンド|車体を支える必須アイテム

ITEM
エマーソン ジャッキスタンド 3t 2個セット
ジャッキアップした状態をキープし、3tまで対応のスタンドです。260、290、320、350、380、405mmの6段階の調整が可能。車を傷つけないためのガード付き!

・最大質量:3t
・最低/最高位:260mm/405mm
・サイズ:幅200×奥行185×高さ257mm
・重さ: 2.8kg(1個)
・内容:スタンド×2、ラバーパッド×2

30年前にも購入しており、今回購入した物と仕様が全く同じ。それだけ完成された製品です。


3. ジャッキ専用オイル|オイル漏れの補充に

ITEM
大自工業 ジャッキ用オイル
ジャッキオイルは定期的に交換して、安全・スムーズに動く状態を保ちましょう。200ml入りの専用オイルです。

・容量:200ml

4. タイヤ止め|ジャッキアップした反対側の車輪を固定

ITEM
タイヤストッパー2個組
ジャッキアップの際はこちらのようなストッパーでタイヤ止めを行い、車体が動き出すのを防ぎましょう。へたりにくい強靭設計です。

・サイズ:幅7.6×奥行12.5×高さ6.1cm

5. スロープ|車体のかさ上げでローダウン車に対応

ITEM
ローダウン車 カースロープ
「フロアジャッキがローダウン車に使えなくて困っている!」そんな人は、こちらのスロープにタイヤを載せ、車体をかさ上げする方法を試してみてはいかが?既存のジャッキがそのまま使えるかもしれませんよ!

・耐重量:5t

とても軽く持ち運びにも便利です。下回りの作業に重宝してします。 


ジャッキアームが上がらない!勝手に下がる!原因は?

出典:PIXTA 37027031
フロアジャッキのアームが上がらない、もしくは勝手に下がってしまう……。その原因、エアの噛み込みかもしれません。ジャッキのエア抜き作業を試してみましょう。
ジャッキオイルの交換で解決することもあります。交換の目安は1年に1度です。オイル交換時に気を付けたいのが、安全弁。生産工場出荷時に安全弁調整がされているので、いじってしまうと大変危険です。安全性機能が失われ、使えなくなってしまうこともあるので、絶対にいじらないよう覚えておきましょう。

自動車付属のジャッキではダメ?フロアジャッキのメリットとは?

出典:PIXTA
フロアジャッキを購入した人の多くが、「自動車に付いていたジャッキより使いやすい!」と感動します。では、自動車付属のジャッキと、フロアジャッキはどこが違うのでしょうか?
自動車に付属しているジャッキは「パンタグラフジャッキ」と呼ばれ、タイヤ交換時に、タイヤを一輪ずつ持ち上げるものです。つまり、1台分のタイヤを交換したいなら、4回のジャッキアップが必要になります。対するフロアジャッキは、車体を前半分、後ろ半分一気に持ち上げることができます。つまり2回のジャッキアップ作業で完結するので、より効率的なんです。

フロアジャッキは安全第一!正しく使用しよう

出典:写真AC
車やトラクターの整備に活躍するフロアジャッキをご紹介してきました。油圧でスイスイ簡単に持ち上がる、頼もしい道具です。だからといって、過信は禁物!絶対にフロアジャッキだけで車体の下に潜らず、スタンドを併用しましょう。また、オイル補充をはじめとしたメンテナンスも大切です。正しい使用方法で安全第一の作業を行ってくださいね。

編集部おすすめ記事


関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう