庭づくりのデザイン方法 | おすすめ実例集やソフト紹介も|農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン[AGRI PICK]

庭づくりのデザイン方法 | おすすめ実例集やソフト紹介も

庭づくりのデザインってどうやってやればいいの?デザインの仕方をステップ式に解説します。狭い庭や北向きの庭など、お悩み別の解決ポイントや、DIYのヒントも。さらに、写真や画像たっぷりのおすすめ実例集や、シミュレーションソフト・アプリも紹介します。


理想の庭づくり!庭デザインの仕方を知ろう

出典:PIXTA
四季の花々が咲き乱れる庭、子どもたちやペットと思いっきり遊べる庭、新鮮な野菜が採れる家庭菜園…。ぼんやりとしたイメージはあっても、実際に作るとなるとどうしたらいいか悩ましいですね。なんとなくパッチワークのように庭づくりをしてしまっていませんか?庭づくりのデザインの仕方を知って、夢の庭を実現させましょう。

庭デザインの流れ

庭のデザインは大まかに以下のような流れで行います。Stepごとに詳しくみていきましょう。

Step1. 自分の庭を調べる
Step2. イメージを膨らませる
Step3. コンセプト・イメージを決定する
Step4. 全体の配置図を描く
Step5. 植生の計画図を描く

1. 自分の庭を調べ、見つめなおそう

出典:写真AC
庭づくりをする、となったらまずは自分の庭をよく知ることから始めましょう。知っているつもりでも、意外にあいまいだったりするものです。実際に長さを測ったりしながら、現況図(現在の様子を描いた図)を作りましょう。「配置図を作ろう」のコーナーで紹介するソフトやアプリを使うと良いでしょう。

押さえておきたいポイント

形・広さ・動かせないもの

当然広さや形(正方形か長方形かL字かなど)は測って図にします。さらに、塀や水栓、室外機などの動かせない構造物、大きな木などを描きこみます。

 

方角・日当たり

植物にとって日当たりはとても重要。太陽の方向は描きこみましょう。また、他の建物や塀などで陰になる場所なども描きこんでおきます。

 

直植えにする場合には、その場所の土の特性についても知っておきましょう。植物によって、酸性の土壌を好むものとアルカリ性の土壌を好むものに分かれます。また、水はけも重要。水はけが悪い場合には土壌を改良したり、敷石や砂利を敷くといった対処が必要になります。


2. おしゃれな庭づくりの実例を見てイメージを膨らませる

出典:写真AC
次に、いろいろな庭を見てイメージを膨らませましょう。こんな庭がいいな、と思える庭が見つかると庭づくりがますます楽しくなります。

写真・画像いっぱいの実例集

画像いっぱいの実例集はとっても参考になります。写真だけでなく、工夫されているポイントや図面などが載っているものも。

 

『手間いらずのらくちんガーデン 成功実例』

ガーデンデザインのプロが作った実例を紹介する本。手間がかからない庭をテーマに、愛好だけではなく植物の例も挙げられています。
手間いらずのらくちんガーデン 成功実例
ITEM
手間いらずのらくちんガーデン 成功実例
・参考価格:1,400円前後

『100万円以下のガーデンデザイン成功実例50』

庭の実例が一気に50も見られる本。こちらはむしろ手をかけて楽しみたい人向け。
ITEM
100万円以下のガーデンデザイン成功実例50
・参考価格:
 中古 1,000円前後
 新品 15,200円前後

この本を読むと、素敵なお庭というのは予算の大小ではないのだなーとつくづく感じます。
デザイナーのセンスと施主の庭への愛情があれば、これだけ素敵なお庭が実現できるんですね。

個人的にはモダンな和のお庭の事例が気に入りました。

お庭の植物や通風などを取り入れながら、エコな暮らしを希望されている方も多いと思います。
お金はかけれないが、ライフスタイルにこだわりをもち、お庭仕事に手間暇はいとわない方には
役に立つアイデアが充実した本です。



 

『スペースガーデニング 庭デザイン施工例』

800件以上の施工例が載っているサイト。庭の植物というよりは、外構(エクステリア)の参考になります。

スペースガーデニング:https://www.s-gardening.com/sekou.php/list/design2

実際に行ってみる

また、実際に庭園や植物園に行ってみましょう。写真だけではわからない奥行き感や居心地、植物の香りなどを知ることができます。三溪園の日本庭園や横浜イングリッシュガーデンの英国式庭園など、さまざまな素敵な庭園があるのでぜひ探していってみましょう。

おすすめの植物園はこちら


3. コンセプトを決めよう

出典:Pixabay
庭づくりの夢が広がってきたかと思います。ただ、「あれもやりたい」「これもやりたい」と詰め込みすぎると、なんだか雑然としたまとまりのない庭になってしまいます。まずは、どんな庭を作りたいのか、コンセプトイメージを決めましょう。大きく、目的とデザインタイプを押さえます。

目的

おおまかに庭の目的を考えます。観賞をメインにするのであれば、家の中から視線が通りやすくする、花中心の植栽にするといった配置が必要になります。ほかにも、家庭菜園をしたいのか、BBQをしたいのか、ペットと楽しみたいのかなどなど人によってお庭の目的は違います。メインの目的を決めることで、その後の配置が決まっていきます。

デザインタイプ

全体のデザインイメージを決めておきましょう。そうすることで植物、エクステリアに一体感がでます。イメージしにくい場合は、いくつかのメジャーなタイプから、「これに似た感じ」と決めるとよいでしょう。以下のタイプが一般的です。

 

和風

出典:Pixabay
日本庭園の要素を取り入れた和風の庭。石や苔、木、水といった自然の要素を取り入れることで落ち着いた佇まいに。紅葉やヒメシャラなどの落葉広葉樹が非常によくあいます。あた、完全な和風だけでなく、工業的な新しい要素を取り入れた和モダンも人気です。

 

英国風

出典:PIXTA
イギリス式庭園の要素を取り入れた庭はイングリッシュガーデンとも呼ばれます。特徴は現実の野や森のような自然感。高低差を生かした配置や、古びたレンガなどを利用すると雰囲気がでやすいです。

 

ナチュラル

出典:PIXTA
ナチュラルガーデンは特に北欧風をいう場合が多く、シンプルながらも温かみがあるデザインです。特徴的なのは白く塗った木のエクステリアや小物の活用、枕木やアンティークレンガなど古びたものを生かしている点です。

 

シンプルモダン

出典:PIXTA
現代的で工業的なデザイン。樹木と芝生などで構成されたシンプルなものが多いです。敷石などを多く取り入れ、あまり手入れをしなくても、きれいな状態を比較的保ちやすいことが特徴です。

 

家庭菜園・ポタジェ

果樹や野菜、ハーブなどを植えこんだ家庭菜園。特にフランス式のものはポタジェといい、花壇のように囲われた畑部分と、土を露出しない通路部分という実用的なデザインが特徴です。

押さえておきたい、予算と手間

ほかにこの時点で把握しておきたいのが、メンテナンスにどれくらいの手間をかけるかと、庭づくりの予算。忙しくて庭のメンテナンスに手間をかけられないのであれば、植物を植える代わりにウッドデッキや敷石のスペースを増やし、手間のかかりにくい植栽にしたほうが良いでしょう。また、予算もこの時点で決めておくと、後々の決定をしやすくなります。

4. 配置図を書こう(1)配置図を描くためのツール

コンセプトが決まったら、いよいよデザイン。庭の配置図を描きましょう。まずは平面図を作ります。さらに横から見た目線の図(パース図)も作るとより具体的にイメージできます。配置図を描くためのツールや、配置を考える際のポイントなどを知りましょう。

手書きでもいいですが、ソフトを使って書くと簡単に正確な寸法で作れます。また、3Dで作れば平面図とパース図が同時にできるといった利点もあります。庭の配置図を作る助けになるソフト・アプリを紹介します。

3Dが作れる初心者用フリーソフト『Google skechp』

家具や植物など、パーツが豊富な3DCADソフト。平面図を描いて立体に立ち上げると3Dモデルも。ブラウザで使えるためすぐに始められます。SketchUp用に植栽データを提供しているサイトも。

SketchUp:http://www.sketchup.com/

ガーデンプラット(植栽データ提供):https://www.garden-plat.net/sp/index.php?action=public_static&path=mygarden.html

 

オフィスライクに外構平面図が楽々作れる『Edraw』

有料ソフトですが、お試し版があります。マイクロソフトのパワーポイントやエクセルのような使い心地なので、オフィス製品に慣れている人には使いやすいかも。平面図のみです。

庭園設計ソフト – 素敵な庭園設計図を作成しよう:https://www.edrawsoft.com/jp/garden-design-software.php

 

庭デザインに特化した無料アプリ『庭師 ガーデニングアプリ』

庭デザイン専用アプリ。少し操作がしにくいのが難ですが、植物の種類が多く、平面図上で植物の名前まで自動で入力されます。

庭師 ガーデニングアプリ(Android):https://android.app-liv.jp/001073213/

ダウンロードなし!ブラウザで使える庭シミュレーター『庭チューン』

ダウンロード不要、ブラウザですぐに使えるのが魅力。また、操作もわかりやすく、10分ほどで以下のようなレイアウトを作成できました。ただ、使えるパーツの数が少なく、特に植物の種類は少なめ。どちらかというと、ウッドデッキや花壇など、エクステリアの配置を考えるのに向いていそう。

庭チューン(PC専用):http://freshsite.jp/garden_tune/

5. 配置図を描こう(2)全体の配置と植栽

ではいよいよ配置をしていきます。配置の流れとポイントを紹介します。

全体の配置

Step1. ゾーンに分ける

まず大まかに何に使うゾーンか分けます。例えばここは子どもたちが遊ぶところ、ここは野菜を育てるところ、というようにです。狭い場合は分けなくても構いません。

 

Step2. 動線(通路)を考える

庭は人が使い、手入れをするもの。人が動く動線を考えておくのが使いやすい庭のデザインのコツです。人が動く線を配置図に描き込みましょう。敷石や枕木を敷くならそれも描きこみましょう。

 

Step3. 視線をチェック

ざっくりと配置を考えたら一度立ち止まり、視線を意識してみましょう。考えるのは外からの視線と、内からの視線。外からの視線は生け垣や塀などでカットするとくつろぎやすくなります。また、例えば窓からどう見えるか、ベンチを置くならそこからどう見えるかなど、内側からの目線も考えましょう。

 

Step4. 目隠しフェンス・ベンチ・ライトなどエクステリアを配置

くつろぐ中心となるベンチやテーブルセットなどの大きなエクステリアを配置してみましょう。また、夜も庭を楽しめるようにライトを取り入れるのもいいですね。

植栽デザインのポイント

出典:写真AC

高さ

基本的には高いものを度奥に、低いものは手前に置くことで奥行きがでます。そのため、背の高い木から位置を決めていきます。日本の庭は広くないことが多いので、まずは一本シンボルツリーとなる木と位置を決め、それに合わせるように中低木を配置するとよいでしょう。

 

日当たり

調べた日当たりをもとに、日当たりが良いところを好む植物、日陰を好む植物など場所にあわせて植物を配置します。

 

色の組み合わせ

特に花を中心とした庭の場合、色の組み合わせが重要です。初心者におすすめなのは同色で揃えるパターン。色の濃いものは奥に、薄いものは手前にしてグラデーションを付けると奥行きがでます。ワンポイント別の色の花を加えても。

実際に作るには?

出典:Pixabay
デザインができたら後は実際に作るための段取りです。自分でDIYで行うか、造園業者に頼むか、もしくは二つを組み合わせるか。予算やかけられる手間にで決めましょう。せっかく自分の庭づくりなので、一部だけでも手作りしてみると楽しいですよ。

手作り・DIYの庭づくり

AGRI PICKではさまざまなDIYでの庭づくりのヒントを提供しています。やってみれば意外とできるもの、ぜひ挑戦してみてください。

敷石や砂利についてはこちら



ウッドデッキについてはこちら



パーゴラについてはこちら


造園業者に依頼する場合は?費用は?

費用は庭の状態や場所、作りたいイメージによって大きく変わります。まずは作った配置図をもって2か所以上の業者さんに見積もりを取ってみましょう。また、上記で紹介した本は費用も載っているため、費用の参考にもなります。

お悩み環境別のポイントアイデア

出典:写真AC
そもそも土地の向きや形が悪い、とお悩みではありませんか?よくあるお悩み別に、解決のポイントを紹介します。狭くたって北向きだって庭はできます!

北側にある庭

北側の庭で心配なのは日当たりでしょうか?日陰や半日陰を好む植物もたくさんあります。また、建物側から太陽が入るので花が建物側に咲きやすく、眺める庭に向いています。


狭い庭・細長い庭

狭い庭の場合、無理に多くの要素を詰め込もうとせず、敷石やウッドでスペースとして利用できる幅を残しつつ、一角に植物をまとめて植える形式がおすすめ。世話もしやすく、おしゃれにまとまります。

マンションの専用庭

マンション専用庭の場合は、目隠しをしっかりしましょう。ただ、囲ったフェンスが大きく見えると圧迫感が出てしまうため、フェンスの手前にコニファーなどを配置してやるとよいでしょう。

ガーデニング初心者でも、理想の庭を現実に!

出典:Pixabay
いかがでしたか?「大変!」と思われた方もいたかもしれません。でも、理想の庭は生活をとても豊かにしてくれるもの。時間をかけて取り組む価値はあります。また、他のお庭を調べたり、配置を考えたり、植物を調べたり。ひとつひとつそれ自体が楽しいものです。ぜひあなたの理想の庭をデザインし、実現させてください。

紹介されたアイテム

手間いらずのらくちんガーデン 成功実例

手間いらずのらくちんガーデン 成功実例

編集部おすすめ記事


関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード