大根の効果的な保存方法は?長期保存のコツを伝授

冬野菜の代表といえば大根。冷蔵・冷凍・常温の一般的な保存方法・期間や土付き・大量に収穫した大根の保存方法についてご紹介します。また、大根の葉っぱの保存方法や長期保存できるおすすめのレシピも伝授。大根を長くおいしく保ちましょう。


出典:PAKUTASO
冬野菜の代表「大根」。安く売っているとついつい買ってしまいますよね。でも時間が経つごとにどんどんしなびて水分がなくなり、「新鮮なままもっと長く保存できれば…」と思ったことはありませんか?そこで、大根の鮮度を保ったまま長持ちさせる保存方法をご紹介します!土付きの大根や、家庭で大量に収穫した大根を保存する方法も解説していますよ。

大根の保存方法、これだけは!

出典:Pixabay
大根にはさまざまな保存方法がありますが、新鮮な状態を長続きさせるために次の2点を守りましょう。

・立てて保存する
・葉っぱは切り落とす

なぜ立てるのかというと、畑にいたときと同じ姿勢にしてあげることで保存期間が延びるから。また、葉っぱがついたままだと、徐々に大根の栄養を吸い上げてしまうので、あらかじめ別々にしておきます。

まずは基本!大根の保存方法と保存期間

出典:Pixabay

冷蔵庫で保存

冷蔵庫に大根を入れておくと、約10日程度保存できます。葉っぱは切り落としておきましょう。新聞紙の真ん中に大根を置き、くるくるっと包んだら、冷蔵庫の中で立てて保存します。

冷凍保存

冷凍庫では約1カ月保存できます。皮をむいてから食べやすい大きさにカットし、すぐに調理できる状態にしておきます。ファスナー付きの袋(ジップロックがおすすめ)に入れ、空気を抜いて保存しましょう。

常温保存

大根を常温保存すると、冬なら約1カ月、夏なら約5日保存できます。冬の大根は冷蔵保存よりも常温保存のほうが長持ちするんです!新聞紙でくるみ、風通しのよい場所に立てて保存します。

土付き&収穫した大量の大根はどう保存する?

出典:PAKUTASO

土付きの大根は新聞紙にくるんで冷蔵庫

「土は洗い流すべき?」と迷ったら、「洗わずにそのまま」保存してください!土は大根を温度変化、湿度変化から守ってくれます。新聞紙でくるんだら、土で周囲が汚れないように袋に入れて冷蔵庫へ。

大量の大根は土の中や雪の下に埋める

土の中に保存する

「大根がありすぎる!」「このままだとゴミに!」「とにかく保存期間を延ばしたい!」そんなときは土の中に埋めて保存しましょう!大根を縦にできる深さまで穴を掘ったら、葉を切った大根を入れ、土をかぶせます。このとき大根同士が重ならないようにしてください。

 

雪の下に保存する(雪下野菜)

出典:PIXTA
雪の下でも大根を保存できます!雪の下は温度が一定で凍らず、適度な水分もあるため、昔から雪国ではニンジンや大根をこの方法で保存してきました。甘みが凝縮されておいしい「雪下野菜」「越冬野菜」として出回っていますよ。

捨てるなんてもったいない!大根の葉っぱの保存方法

出典:PAKUTASO

大根の葉っぱは栄養たっぷり

実は、白い部分より葉っぱのほうが栄養豊富です。大根の葉っぱも捨てずに料理して活用しましょう!スーパーの大根は、葉つきのままだと保存期間が短くなるので切り落とされていますが、道の駅や直売所では葉っぱつきの大根が買えます。

大根の葉っぱの保存方法

大根の葉っぱは塩ゆでしてから、しっかり水気を絞り、保存容器(タッパー状のもの)かファスナー付きの袋に入れて保存します。冷凍もOKですが、味や食感がイマイチになるので、できれば冷蔵で!

大根の葉っぱはどれくらい保存できる?

冷蔵庫で3日、冷凍庫で1カ月です。白い部分よりも鮮度の落ちが早いので、葉っぱつき大根を手に入れたら、まずは葉っぱから食べることをおすすめします。

悪くなっている大根のサイン



出典:Pixabay
・匂いが強い
・変色している
・ふにゃふにゃとやわらかい
・中に穴が開いている(「ス」が入っている)

こんな大根には注意!特に匂いが変わったり、変色していたりするときは、危険度が強いサインです。中の穴あきに関しては、栽培段階の水分不足でできるものなので、悪いところだけを取り除いて料理しましょう。

大根を加工して保存!簡単レシピ

出典:PAKUTASO

漬物

冷蔵庫で1週間ほど日持ちします。ひと口大に切った大根を保存容器かチャックつきの袋に入れ、塩、砂糖、酢、酒と一緒に寝かせるだけ。作っておけばすぐに使えて便利です!

切り干し大根

切り干し大根は、その名の通り大根をベランダや庭で干して作ります。専用の干し網があると、虫や風の心配を減らせますよ。切らずに1本そのまま干す「1本干し」もできます。

大根の葉っぱとちりめんじゃこの炒め物

湯がいた大根の葉を細かく切り、ごま油でじゃこと一緒に炒めます。「あと1品」というときに役立つかんたんレシピです。

切り干し大根や漬物に便利な調理グッズ

切り干し大根に

ITEM
羽子板型切干突 05010
あると便利な、切り干し大根を作るときの道具です。ちょっと太めにスライスされた切り干し大根ができます!かみ応えがあり、食感を楽しめる仕上がりです。

・参考価格:1,690~4,050円前後

大根を干すときはこれ!

ITEM
パール金属 ひもの H-45
切り干し大根を干すときはこれ!切り干し大根だけでなく、魚の干物、ジャーキー、乾燥フルーツなどが作れます。中が3段になっているので大量に作れて、細かい網目が虫を通しません。

・参考価格:610~1,300円前後

梅干を干すのに活躍してくれました。
1.5キロくらいの量だったらこの3段でいけます。




漬け物作りに

ITEM
森修焼 つけもの三昧
大根の漬け物作りにおすすめな容器です。陶器なので、漬物や干物の臭いが移りにくいですよ。ぬか漬けも一夜漬けも自由自在!

・参考価格:6,800~7,340円前後

色、型ともに清潔感、機能性に優れていて何よりおしゃれ。毎朝、冷蔵庫から取り出して良い感じに漬かった野菜で朝ごはんをいただく楽しさがいや増す。




大根は冷蔵・常温保存がおすすめ

大根はあまり冷凍に向いていません。できれば冷蔵か、常温で保存しましょう。葉っぱも冷凍より冷蔵保存のほうがおいしく食べられますよ。漬け物や切り干し大根にすれば、毎日のおかずに便利です!保存料理もぜひ試してみてくださいね。

編集部おすすめ記事


関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード