0歳の赤ちゃんでも使える虫除け!おすすめ5選!

吊り下げタイプやスプレー、蚊取り線香など、お部屋用の虫除けは赤ちゃんがいても使える物が多いですが、直接塗るタイプとなると、いつから使えるのか、肌に影響はないのか、不安になる部分は多く、また使えるアイテムも限られていますよね。そこで今回は、赤ちゃんでも使えるおすすめの虫除けを紹介します。


出典:写真AC
小さな子どもの「虫除け」は本当に悩みの種。特に赤ちゃんともなると、使える月齢が限られたり、成分の安全性が気になったり……と悩みは尽きませんよね。そこで今回は、オーガニックから話題の新成分配合のアイテムまで、0歳でも使える虫除けを厳選して紹介します!

虫刺されってそんなに心配すること?

出典:写真AC
大人にとっては「かゆくて不快」な程度の虫刺されですが、体温が比較的高く、汗もかきやすい子供は、大人以上に虫に刺されやすいうえに、驚くほど赤く腫れたりします。日本脳炎などの病気に感染が心配されるほか、かきこわして「とびひ」になったり、近年ではジカ熱(ジカウイルス感染症)やデング熱などに感染する可能性も。安心して外遊びを楽しむためにも、上手に虫除けを取り入れたいですよね。

オーガニック?話題の新成分?赤ちゃんの虫除けで気を付けたいこと

出典:写真AC
赤ちゃんの虫除けを選ぶとき、特に注意すべきなのが「有効成分」。主に日本では、古くから使われてきた「ディート」、2015年から日本でも登場した「イカリジン」、そして天然由来の成分を使ったアイテムが販売されています。まずはそれぞれのメリット、デメリットなど、特徴をチェックしてみてください。

カバー範囲の広い「ディート」。でも使用量に注意

日本で最もメジャーな虫除け剤といっても過言ではない「ディート」。50年ほど使われてきた中で、重篤(じゅうとく)な副作用は報告されておらず、安全性はお墨付きなほか、蚊、ノミ、トコジラミ、イエダニ、サシバエ、ツツガムシ、マダニ、ブユ、アブと、有効な虫の種類が多いのが魅力。ただし、使用年齢に制限があり、6カ月未満は使用不可、6カ月以上2歳未満は1日1回、2歳以上12歳未満は1日1~3回とされています。

日本に登場したばかりの「イカリジン」が話題

出典:PIXTA
蚊、マダニ、ブユ、アブなど、ディートに続いて有効な虫の種類が多く、年齢による使用制限がないのが、2015年から日本でも使用が承認された成分「イカリジン」です。ディートと違い、生地を傷めることがないので、ストッキングなど、服の上から使うことができるのも特徴。虫除け特有の臭いがないほか、回数を気にせず、塗り直しができるのがメリットです。

→「イカリジン」の詳細を知りたい人はコチラもチェック
フマキラー 新虫よけ成分「イカリジン」って?:https://fumakilla.jp/icaridin/

ノンケミカルにこだわりたい人は天然由来成分のアイテムを

デリケートな赤ちゃんの肌に塗るものだからこそ、多少高価でも、素材にこだわったナチュラルな虫除けを使いたい!という人もいるはず。虫が嫌う香りをブレンドした天然由来のアイテムは、オーガニック素材を使用するなど、お肌に優しいアイテムが多いのが特徴です。ただし、3歳以上など使用年齢に制限のあるアロマオイルもあるので、手作りする場合などは特に注意が必要。また、商品によって虫除けの効果に差があるのが難点。

虫除けの使い分けや、塗り方にもひと工夫を

出典:写真AC
虫除け成分を吸い込まないように、スプレーやミストタイプは大人の手に噴霧(ふんむ)してから赤ちゃんの肌に塗るようにするのがベター。クリームやジェルタイプのアイテムを選ぶのも一つの手です。顔の周りや手には塗らないようにするのもポイント。また、使用後はしっかり洗い流すのもお忘れなく。使用制限のあるディートを使ったアイテムは、ここぞというときに使用するなど、成分によって使い分けるのも効果的ですね。

新生児からOK!|話題の新成分や、人気の日焼け止め兼用アイテムも

イカリジン配合、塗りやすいジェルタイプ

ITEM
KINCHO お肌の虫よけ プレシャワーDF ジェル 無香料
「イカリジン」配合のジェルタイプ。無香料なので、香りの好き嫌いもなく、必要に感じただけ塗り直しができるのが魅力です。ストッキングなど、服の上からでも使用可能。片手で開閉できるワンタッチキャップ。

・虫除けの有効成分:イカリジン
・小児の使用制限:なし
・内容量:60g

子供と公園で遊ぶ際に虫除けが必須です。
スプレー式も良いのですが、子供の場合目に入ったりするのが気になり、その点ジェルだと安心です。
サイズもコンパクトでカバンに入れっぱなしで大変便利です。


イカリジンを高濃度に配合!服にも吹きかけやすいミストタイプ

ITEM
フマキラー 天使のスキンベープミスト プレミアム
有効成分「イカリジン」の濃度を15%まで高め、効果有効時間が長いのに、妊婦や年齢などの制限もなく、誰でも使えます。薬剤を直接肌につけることに抵抗のある人にもおすすめできる、優しい処方。舞い散りの少ないミストタイプで、保育園などで塗り直しのできない場合は服にも吹きかけておけるのが魅力です。

・虫除けの有効成分:イカリジン
・小児の使用制限:なし
・内容量:60ml

子供(7ヶ月)がいるので、イカリジンの虫除けを初めて使ってみました。子供でも回数制限なく使えるのでいいです。抱っこしたりするので大人もこれを使ってます。夕方の散歩前には必ず付けます。おかげで今年は一度も刺されてません。においは臭いわけではありませんが、シュッと出した瞬間ツーンとしてむせます。


日焼け止め効果も!紫外線吸収剤&ディート不使用のスプレー

ITEM
アロベビー アウトドアスプレー
99%以上天然由来成分使用の人気アイテムです。オレンジ果実水などの虫の嫌がる天然の香りを配合。純国産で世界的なオーガニックの基準をクリアした処方で、新生児から使える数少ないアイテム。忙しいお出かけ準備にうれしい、SPF15のUV効果もあり。

・虫除けの有効成分:オレンジ果実水ほか
・小児の使用制限:なし
・内容量:110ml

安心して使えます。
0歳児の肌にたっぷり使っても肌荒れなし。蚊にも刺されなかったし 香りも好きです


生後6カ月以上|ここぞというときに使いたい!ディート使用のアイテム


人気の国内ベビーブランドのジェルタイプ

ITEM
ピジョン 虫よけ ジェルタイプ
適量が手に取りやすく、塗りやすいジェルタイプは、赤ちゃんが吸い込む心配もないのが魅力。アルコール(エタノール)フリー、パラべンフリー、無着色、無香料のほか、片手で開閉できる一体型のキャップも好評。

・有効成分:ディート(濃度7.0%)
・小児の使用制限:6カ月~2歳未満=1日1回、2歳〜12歳未満1日1〜3回
・内容量:50g

効果はあったようです。
宿泊学習に持って行かせるのにスプレータイプは禁止だったので近くのドラッグストアに探しに行きましたが売っておらず、こちらで購入しました。
塗った部分は虫に刺されなかったと言っていたので効果はあったようです。


特殊な処方に注目!塗りやすいクリームタイプ

ITEM
ユッカ スキンプロテクター
有効成分ディートをクリーム状のカプセルに包み込むことに成功した新商品。時間をかけて少しずつ揮発させることで、肌に直接触れにくく、デリケートな肌でも使えるほか、長時間効果が続きます。虫除け効果を維持するためのアルコール不使用。

・虫除けの有効成分:ディート(カプセルに包む処方)
・小児の使用制限:6カ月〜2歳未満=1日1回、2歳〜12歳未満1日1~3回
・内容量:60g

低刺激、保湿効果あり
色が黒くて、O型、蚊や虫に刺されやすくて困っていました。これを使ってから、刺されにくくなったような気がします。低刺激で保湿してくれるので、乾燥肌や肌の弱い人にお勧めします。


リングやシールタイプの虫除けもおすすめ

赤ちゃんは肌のトラブルを起こすことも多いので、どうしても直接虫除けを塗布できない場合も。そんな時は、虫除けリングやシールタイプの虫除けパッチなども販売されています。もちろん、肌に塗るタイプとの併用もおすすめ。

→アイテムの詳細はコチラからチェックを!

さらに蚊帳なども併用して、嫌な虫さされから赤ちゃんを守って

出典:PIXTA
部屋に入る際の防虫対策はもちろん、ベビーショップなどには、ベビーカーに取り付けるタイプの日よけ兼用蚊帳や、室内用の吊り下げタイプなど、肌に塗る虫除け以外にも多彩なアイテムが市販されています。それぞれのメリットデメリットを把握して、うまく併用するなど、柔軟な対策が取れるとベスト。我が子の肌タイプなども見極めながら、選んでみてくださいね!

編集部おすすめ記事


この記事に関連するタグ

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TOMO

わが家のDIY担当で、趣味はプランター菜園ほか多数。最近の楽しみは、子どもと一緒に菜園の収穫をすること。