おすすめ卓上フライス盤5選|メーカー・価格・性能を一目で比較!

おすすめの卓上フライス盤5選。プロクソンやホーザン、コスモサカイなど人気の卓上フライス盤を紹介。メーカー・仕様・価格が一目でわかる比較表で、自分の欲しいフライス盤が一目でわかる!さらに、中古商品のオークションの価格相場や自作でCNC化をしているブログの紹介など、フライス盤の気になる情報も。


卓上フライス盤とは?

フライス盤とは、木材や金属等の素材を削り取り成型する切削工具で、卓上フライス盤はその小型版。
構造はボール盤に似ていますが、縦に穴を開けるボール盤に対して、フライス盤は横方向。素材に溝を掘ったり、面出し、R加工するための工具です。
ビットの種類によって様々な形状に加工が可能で、エンドミルと呼ばれる横方向に削り取っていくビットや、面取り用ビット、穴あけドリル等、用途に応じて使い分けが可能です。

DIYでの使いどころは?

DIYでは、金属を使ったバイクパーツの自作や、木工の面取り等が主な使いどころになります。

手動で動かす扱いの難しさから、DIYにおける最終兵器とも呼ばれるハイレベルな工具です。

卓上フライス盤の動きと使い方


DYIから業務用まで!おすすめの卓上フライス盤6選

1. 小型でもハイスペックな入門機|プロクソン No.27120

ITEM
プロクソン マイクロフライステーブル MF70 No.27120
卓上フライス盤の中でも小型で、手軽にフライス加工ができる一品。小物の加工に必要十分な機能を備えながら、定価43,000円(税別)と激安で、金属加工デビューにもってこいのモデルです。

・回転数(回/分):3,500~17,000rpm


2. 小物の加工にマルチに対応|プロクソン No.27000

[
ITEM
プロクソン フライスマシン No.27000
プロクソン卓上フライス盤シリーズの決定版といえるモデルです。フライス加工はもちろん、斜めの穴空けなど、かゆい所に手が届くマルチな機能も魅力的!

・回転数(回/分):1,200~6,000rpm

3. フライス盤とボール盤のハイブリッドモデル|ホーザン K-28

ITEM
ホーザン(HOZAN) 卓上フライス盤 K-280
フライス加工はもちろん、ボール盤としての機能も併せ持つ、一挙両得のお得なモデル。粉塵カバーが付いているのも嬉しいポイントです。高い精度を要求される基盤の自作にもおすすめ!

・回転数(回/分):1,200~6,000rpm

今まで使っていたボール盤はなんだったんだっていう程静かで正確です。非常に細かい造作の必要があるため色々調べてこのボール盤にしましたが買った良かったと思います。HOZANの青い色もお気に入りです。テーブルも同じHOZAN製で揃えました。


4. プラスチックの加工にはこれ!|東洋アソシエイツ LittleMilling 1

ITEM
東洋アソシエイツ ミニフライス盤 LittleMilling 1
ビットの回転速度を低回転から調節できるので、溶けやすいプラスチックの加工も安心!クイル(モーターの上下)をより細かく調整できる独自機構搭載で、より高精度の加工を実現します。

・回転数(回/分):100~2,000rpm

5. 最強トルクの強い味方|サンケン 卓上フライス盤

ITEM
サンケン 電動ツール 卓上フライス盤
脅威の3/4馬力モーター搭載。硬い金属もなんのその。強度が必要なバイクパーツの自作にもってこいの最強モデルです。

・回転数(回/分):300~2,900rpm

6. 業務用の本格仕様|コスモ FK500

ITEM
コスモ 卓上フライス盤 FK500
連続使用に耐えうる高耐性モーターを採用した業務用卓上フライス盤。185kgと業務用ならではの重量級ですが、その分本体がぶれず、硬い素材の加工も安心です。

・回転数(回/分):90~2,150rpm(50Hz時)

スペック比較表【メーカー・性能・価格】

No. 商品名 回転数(回/分) チャック径 スライド寸法(横) スライド寸法(縦) 定格使用時間 参考価格
1 プロクソン No.27120 3,500~17,000rpm 2.35/3mm(エンドミル専用) 66mm 23mm 15分 30,000円前後
2 プロクソン No.27000 1,200~6,000rpm 6mm(エンドミル専用) 70mm 40mm 30分 55,000円前後
3 ホーザン K-280 1,200~6,000rpm 6mm(エンドミル)/1~10mm(ドリルビット) 140mm 110mm(前70mm、後40mm) 30分 80,000円前後
4 東洋アソシエイツ LittleMilling 1 100~2,000rpm 1~10mm 180mm 130mm 110,000円前後
5 サンケン 卓上フライス盤 300~2,900rpm ~24mm 228mm 100mm 140,000円前後
6 コスモ FK500 90~2,150rpm(50Hz時) ~24mm 150mm 400mm 420,000円前後

オークションには掘り出し物の中古品も!いくらぐらい安く買える?



出典:写真AC
卓上フライス盤は、小型といってもそこそこ大きく、使いたい場面も限られているので、状態の良い品がよくオークションに出品されています。
安く卓上フライス盤を手に入れようと狙っている方は、オークションでもお買い得品をチェックしてみましょう!

ヤフオクの平均落札価格と注意点

卓上ボール盤全体で見ると、平均落札価格は約28,500円と新品の平均価格よりもかなり安く落札されています。
「プロクソン フライスマシン No.27000」を例にすると、平均して約33,000円で落札されているので、新品の通販価格より15,000円以上安くなっているので狙い目ですね!
ただし、卓上フライス盤は小型でも10kg以上になる物もあり、送料がかさむので、あらかじめ送料のチェックも忘れずに。

CNCに魔改造する玄人も

確かにフライス盤で金属も切り出せるけど、精度を出すのが難しいし面倒くさい…。そんな事を思った一部の玄人達が、卓上フライス盤をCNC化する魔改造が話題になっています。
CNCとは「コンピューター数値制御」の事で、簡単にいえばコンピュータに加工したい形を入力すれば、機械が自動で動いて加工してくれる優れものです。最近は個人向けCNCフライスも安くなってきましたが、より高い精度を、より使い易さを求めるあくなき執念によって、自作する玄人は後を絶ちません。
そんな玄人達の技術の結晶を一部ご紹介します。

予算も技術も桁違い!

鳥型ラジコンからプログラミングまで、幅広く製作されている自作工房様のブログです。
材料選びの時点から素人には理解不能な単語が並び、時に自作、時に鉄工所にパーツの外注まで行って1年がかりで完成した超大作だそうです。

→自作CNCフライスの製作記|自作工房:https://jisaku-koubou.com/archives/1902

手軽な魔改造を目指して

CNC自作自体が困難ですが、それでも極力手軽に行おうというカワハラ雑記様のブログ。
まだ設計段階のようですが、ベースにするフライス盤が卓上ではない本格的なフライス盤という所から、すでに素人に真似できない代物が完成する事が予想できます。
まだ設計段階で、完成は来年を予定しているようなので、同時進行で製作したい方はぜひに。

→自作CNCフライスの作り方 – 本体の設計編|カワハラ雑記:http://kawahara-zakki.com/self-made-cnc-design/

売っていない物は卓上フライス盤で自作を!

出典:PIXTA
DIYで「こういう部品が欲しい!」という時や「壊れてしまった部品が売っていない……」という時に威力を発揮するのが卓上フライス盤です。
金切りのこやリューターでも代用できますが、加工精度と作業効率は絶対的に卓上フライス盤が上です。
安い工具とはいえませんが、DIYの理想実現に強い味方となるのは間違いないので、ぜひ一念発起して導入してみてはいかがでしょうか?

編集部おすすめ記事


紹介されたアイテム

プロクソン マイクロフライステーブル M…
サイトを見る
プロクソン フライスマシン No.270…
ホーザン(HOZAN) 卓上フライス盤…
東洋アソシエイツ ミニフライス盤 Lit…
サイトを見る
サンケン 電動ツール 卓上フライス盤
サイトを見る
コスモ 卓上フライス盤 FK500

RELATED TAGS関連するタグ

FEATURES特集

特集をもっと見る

RECOMMENDSおすすめ

SERIALIZATION連載

  • となりのヤサイさん
  • 季節の花束
  • タケイファーム
  • のら日誌
  • 栽培レッスン
  • 農業漂流記

育て方・病害虫を一発検索