【おすすめナッター7選】サイズから探せる適合表付き!

薄い板を留めたいならナッターが活躍!ナッターとは?リベッターとの違いは?といった基本から、使い方、おすすめナッターをご紹介します。本格的ナッターがなくても使える「ちょっとナッター」からアストロなどの人気ナッター、本格的な電気工具のナッターまで!


ナッターとはどんな工具?

アストロプロダクツ AP ハンドナッター 「車をカスタムするために、ナンバープレートの位置を変えたい」「自転車にドリンクホルダーをセットしたい」「家庭菜園の柵にプレートを取り付けたい」という時に便利なのが「ナッター」です。
ナンバープレートや表札をセットするためには、ネジ穴が必要になります。ナッターを使えば、薄い板に、もとはなかったネジ穴をほんの数分で作ることができるのです。

仕組み

ナッターを使うためには、ネジ穴の元になる「ナット」と呼ばれる金属が必要になります。1度覚えてしまえばとても簡単に使用できます。そのナットを先端に取り付けて、ナッターのハンドルをギュッと握るだけ。

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

リベッターとの違いは?



ナッターは薄い板にネジ穴を作るための工具ですが、リベッターは板同士を簡単に結合(固定)することができる工具です。ナッターとリベッターは形状が似ていますが、性能は全く異なるので購入の際には十分に注意しましょう。

おすすめナッター7選をご紹介!

人気

1. ナッターなしで使えて便利 | ロブスターの「ちょっとナッター」

ITEM
ロブスター ちょっとナッター HNC06R
メガネレンチと六角棒レンチがあれば、ナッターが無くても、簡単にネジ穴が作れる「ちょっとナッター」。ナッター本体を買うのはもったいないと考えている方におすすめです。

・ナット径:M6
・参考価格:1,000~1,690円前後

手動

2. ワンタッチで強力にかしめる | TRUSCO ハンドナッター

TRUSCO ハンドナッター THN456
ITEM
TRUSCO ハンドナッター THN456
タップ立てが難しい薄板や裏側に手の入らない箇所でも、ワンタッチで強力にナットをかしめることができます。4mm、5mm、6mmのマンドレルが付いているので、ネジ穴の大きさに合わせて調整ができます。ステンレスナットおよびスチールの6mmは使用できないので、注意しましょう。

・サイズ:W72×H270mm
・重量:605g
・ナット径:M4、M5、M6
・参考価格:3,280~5,670円前後
¥3,000ちょっとで、本体がダイキャストでできている本格ナッターを手に入れることができてラッキーでした。
もちろん使い勝手もばっちりです。 出典:Amazon

3. リーズナブルな価格が特徴!アストロプロダクツ ハンドナッター

アストロプロダクツ ハンドナッター
ITEM
アストロプロダクツ ハンドナッター
リーズナブルな価格ながらも使いやすい、アストロプロダクツのロングセラー。ナット径がM3~M6まで用意されているので、小さなネジ穴から大きなネジ穴まで幅広く対応できます。

・サイズ:W85×H255mm
・重量:650g
・ナット径:M3、M4、M5、M6×各10
・参考価格:2,050円前後
ネジ穴が腐蝕したためナッターで復旧しました。思った以上に強度もあり良いです。 出典:楽天市場

4. コンパクトながら鋼性も!STRAIGHT ハンドナッター

STRAIGHT ハンドナッター 12-1262
ITEM
STRAIGHT ハンドナッター 12-1262
コンパクトながら最大M8までのナットをかしめることができます。専用レンチ付きでお買い得!

・サイズ:H300mm
・重量:650g
・ナット径:M3、M4、M5、M6、M8
・参考価格:5,600円前後

安価ながらも、納得できる程度の剛性を備えており、操作感も好く、満足しています。 出典:Amazon

5. M8、M10系にも対応。キットタイプで持ち運び便利!POP 手動式ナットツール

ITEM
POP 手動式ナットツール MN10A-L
手動ツールで、M4~M10までのナットが締結可能です。キットタイプなので、携帯に便利で常備工具としても最適です。

・サイズ:W279mm
・重量:640g
・ナット径:M6、M8、M10
・参考価格:23,840円~26,500円前後

6. リベッターとナッターの一台二役|STRAIGHT リベッター&ナッターセット スイベルヘッドタイプ

STRAIGHT リベッター&ナッターセット スイベルヘッドタイプ 12-755
ITEM
STRAIGHT リベッター&ナッターセット スイベルヘッドタイプ 12-755
リベッターとナッターの2つの機能を併せ持ちながら、4,000円台といったうれしい商品。ヘッドが回転するので、使用場所も広がります。付属のケースにすっきりと収納できるので、持ち運びや保管にも便利。

・ナット径:M3、M4、M5、M6
・参考価格:4,980円前後
早速窓の外のアルミ製の面格子の補修に使ってみました。ヘッドのスイベル機能を使って楽々作業出来ました!しっかりしたつくりだし、ナッターも付属して、ケース付きで、大満足です! 出典:楽天市場

電動

7. スイッチを引くだけでネジ穴が作れる!ロブテックス 電気ナッター

ロブテックス 電気ナッター EN410
ITEM
ロブテックス 電気ナッター EN410
手動ナッターだと、ナットを取り付けるために何度かハンドルを握らなければいけませんが、電気ナッターはスイッチを引くだけで簡単にナットを取り付けることができます!細身で握りやすく、バランスの良いハンドルが特徴。

・サイズ:H240mm
・重量:2.5kg
・ナット径:M4、M5、M6、M8、M10
・参考価格:135,350~193,340円前後

適応サイズ表

商品名 サイズ 重量 ナット径 参考価格
 1. ロブスター ちょっとナッター  M4、M5、M6  1,000~1,690円前後
 2. TRUSCO THN456  W72×H270mm  605g  M4、M5、M6  3,280~5,670円前後
 3. アストロプロダクツ  W85×H255mm  1.1kg  M3、M4、M5、M6  3,020円前後
 4. STRAIGHT 12-1262  H300mm  650g  M3、M4、M5、M6、M8  5,600円前後
 5. POP MN10AL  W279mm  640g  M6、M8、M10  23,840~26,500円前後
 6. STRAIGHT 12-755  M3、M4、M5、M6  4,980円前後
 7. ロブテックス EN410  H240mm  2.5kg  M4、M5、M6、M8、M10  135,350~193,340円前後

ナッターの使い方

ナッターの使い方をステップ式でご紹介!

Step1. ネジを取り付ける対象物に、ドリルを使って下穴を開けます。下穴とは、正しい位置や角度でナットを取り付けるための手がかりとなる穴のことです。
Step2. ナッターに付属のマンドレルを取り付けます。目的のネジサイズに合わせて、随時マンドレルを取り替えましょう。
Step3. マンドレルにストッパーを入れます。
Step4. ナットをマンドレルに回して入れ、ストッパーに当たるまで差し込みます。
Step5. ナッターに取り付けたナットを穴に挿し込みます。
Step6. ゆっくりとハンドルを握ると、ナットが対象物を挟み込みます。
Step7. ハンドルを開いた状態に戻したら、マンドレルを回してナッターを対象物から離しましょう。
Step8. 何も無かったところにネジ穴が完成します。

外し方は?

取り外しの正規の方法はないため、個々人の外しやすい方法を見つけるしかないようです。取り付けたナットを電動ドリルで潰すか、ナットの裏側を削り取るなどの方法が考えられます。

ナッターでDIYや改造を楽しもう!

出典:写真AC
何も無いところにネジ穴を作れるナッター。DIYを趣味としている方や、車や自転車をカスタムするのが好きな方におすすめです。3,000円台のリーズナブルなナッターもあるので、まずは1つ購入し、使い心地を試してみてはいかがでしょうか?

紹介されたアイテム

アストロプロダクツ ハンドナッター

アストロプロダクツ ハンドナッター

STRAIGHT リベッター&ナッターセット スイベルヘッドタイプ 12-755

STRAIGHT リベッター&ナッターセット スイベルヘッドタイプ 12-755

ロブテックス 電気ナッター EN410

ロブテックス 電気ナッター EN410

編集部おすすめ記事


この記事に関連するタグ

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

Nana
Nana

AGRI PICK編集部でライター業務を担当しています。プロ農家~家庭菜園初心者さんまで、幅広い方々に読んでもらえる記事を発信していきます!