マキタ・リョービ以外にも!おすすめレシプロソー【15選】

レシプロソーとは、さまざまな材料を切断する電動ノコギリのこと。マキタやリョービが人気ですが、パナソニックや日立などからも使いやすい商品が販売されています。今回はレシプロソーの使い方やセーバーソーとの比較、替刃のおすすめ商品も紹介します。


狭い場所や壁の窓開けに使えるレシプロソーに興味はありませんか?レシプロソーはその名の通り、刃(ブレード)を前後に動かすことで素材を切断する電動工具です。この記事ではDIYにも使いやすい、おすすめのレシプロソーを大型と小型に分けてご紹介していきます。一緒に用意しておくと便利な替刃もご紹介するので、今お使いのものに装着できるものをお探しの方にもおすすめです。

レシプロソーとは?

レシプロソーは、木材や金属などといったさまざまな素材を切断できる電動工具です。切断する材料によって刃(ブレード)を交換する替刃式で、木材から金属、プラスチックまで幅広く対応できます。

セーバーソーとレシプロソーは違うもの?

セーバーソーとレシプロソー、見た目は一緒なのになぜ名前が違うの?と疑問に思う方もいるかもしれません。実はセーバーソーとレシプロソーは、メーカーによって名称が違うだけで、同じ電動工具なんです。ちなみに、日立工機では「セーバーソー」、マキタでは「レシプロソー」と呼ばれています。海外ではレシプロソーが一般的で、ブレードの動きの反復運動(reciprocating)から、レシプロソーと名付けられました。

ジグソーとの違いを比較

ジグソーは、刃を上下させて材料を切断する電動工具。曲線やくり抜き作業に適しています。レシプロソーはコンパクトで取り回しがしやすく、ノコギリ感覚で使えます。ジグソーが入らない狭い場所や丸パイプの切断など使用範囲が広いのが特徴です。

レシプロソーの特徴は?

レシプロソーはさまざまな角度から切断できるよう、本体に反動を受けるための小さなべースが付いています。それにより、金属パイプや丸太などの切りにくいものでも切断しやすいのが特徴で、小型機であれば、屋内の幅広い場所に対応することができます。

レシプロソーの機能とは?

マルチポジションスイッチ

レシプロソーの多くは幅広い場所で使えるよう、マルチポジションスイッチを採用しています。それにより、力の要る作業はパドルスイッチ、高いところや狭い場所にはトリガースイッチと使い分けることができます。また、無段変速機能が付いているものであれば、トリガーを握る強さによってスピードをコントロールすることもできます。

 

トリガースイッチ

トリガースイッチは高い場所や狭い場所などでの切断時に使用するスイッチです。トリガーのすぐ近くにはロックボタンが設けられており、ほかのスイッチを使う際はロックを掛けておくことで安全に使用することができます。

 

パドルスイッチ

パドルスイッチは本体をしっかりと固定したり、精度を高めて使用したい時に使うスイッチです。こちらもすぐそばにロックが設けられているので、使わない際は動かないようにしておくことができます。

ストローク幅で切断スピードが変わる

レシプロソーのストローク幅とは、ブレードが往復する際の長さのことです。ブレードをより幅広く動かすことによって、レシプロソーはより早く、分厚いものを切断できるようになっています。ストローク幅が10mm前後の短めのものであれば、使用する際は手鋸のように前後に動かすことで切断しやすくなります。

小型と大型のレシプロソーの違いは?

重量2kg以下、ストローク幅10mm程度のものであれば、剪定や枝落とし、構造材の切断や窓抜きが主な用途となります。小型のものは片手で持てるのがメリットなので、もう片方の手で素材を固定したり、何かにつかまりながら作業することができます。対して、18V以上ある大型機の場合はより多くの素材に対応することができます。

レシプロソーの使い方(用途)について

さまざまな素材を切断できるレシプロソーですが、レシプロソー独自の使い方としては先端に紙やすりやワイヤブラシなどを装着し、素材の研磨などをすることができます。電動による強力な研磨で、素材をきれいに面取りしたい場合などに使用しましょう。

 

安全に電動工具を使うためのポイント!


【大型】レシプロソーのおすすめ商品を紹介【8選】

まずは、幅広い素材に対応できる大型のレシプロソーをご紹介していきます。


1. 圧倒的スタミナ!|パナソニック(Panasonic)EZ45A1X-H 充電レシプロソー

ITEM
EZ45A1X-H
一回の充電で、従来機の約4.8倍もの作業をこなせる作業能力に特化したモデルです。電池を替えるだけで、14.4Vと18Vに使い分けが可能。電池寿命までの作業量も、従来機に比べ約7.5倍とかなりあるので、長く使えるものをお求めの方に最適です。

・ストローク幅:28mm
・ストローク数:14.4V/0~2,250-1(回/分)、18V/0~2,800-1(回/分)
・切断能力:235mm(木材)
・サイズ:460×210×87mm
・重量:3.4kg

剪定ばさみで切れない太さになったものを今まではのこぎりで切っていたが、これを購入してから超便利になりました。


2. コンパクトボディ+ハイパワー|マキタ(Makita)充電式レシプロソー 18V JR188DZK

ITEM
JR188DZK
モーターを縦配置にすることで、18Vのハイパワーながら取り回しのしやすさと高い切断能力を実現。握りやすい「最適グリップ形状」は、さまざまな作業姿勢でも優れた操作性を発揮します。差し込むだけの工具レス仕様で素早いブレード装着が可能。

・ストローク幅:20mm
・ストローク数:0~3,000-1(回/分)
・切断能力:255mm(木材)
・サイズ:316×81×220mm
・重量:2.8kg

立ち木の伐採用に購入。根元で直径15cmの木を2本伐採。生木の伐採はてこずりましたが何とかできました。片手で使用できるのが良いです。音は思っていたより静かで住宅地で使用しても問題ないです。直径10cm以下の枝切りはすごく楽に切れます。15cmクラスはさすがに時間と体力が必要です。


3.低振動で安全・高精度な作業が可能|BOSCH(ボッシュ) バッテリーセーバーソー GSA18VLICH

ITEM
GSA18VLICH
振動を打ち消す振動低減機構により、安全かつ高精度な作業をサポート。過放電・過負荷・オーバーヒートからバッテリーを守る、特許取得のECP機能で長時間の使用も安心です。片手で使えるバランスのよさも魅力。

・ストローク幅:21mm
・ストローク数:0~3,050-1(回/分)
・切断能力:200mm(木材)
・サイズ:400×204×78mm
・重量:2.78kg

高所や室内等での解体作業に向いてます
使用する状況にも寄りますが
短め&厚目の刃が使いやすいです


4. パワフル&スピーディー|高儀 EARTH MAN 18Vセーバーソー DN-180LiA

ITEM
DN-180LiA
18V2.0Ahの大容量バッテリーを搭載。2×4材なら1充電あたり約70本もの切断作業が可能です。さらにブレードのベースを4段階で調整できるので刃部全体を有効に使え、ブレードも長持ち。スイッチの引き具合でストローク数を調整できる無段階変速機能で、うっかり切り過ぎることもありません。

・ストローク幅:21mm
・ストローク数:0~2,400-1(回/分)
・切断能力:90mm(木材)
・サイズ:370×75×170mm
・重量:1.95kg

他の商品と迷いに迷って高儀を選びました。
購入決定のポイントは,本体と予備の電池を購入しても2万円という価格。
これまではチェンソーメインだった庭木の作業も,このセーバーソーでかなりの作業を担ってくれそうです。
切れ味も使い心地も抜群で、購入してすぐに相棒に格上げです。


5.金属パイプも楽々切断|ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER)コードレスレシプロソー 18V EXR18

ITEM
EXR18
18Vリチウムイオンバッテリーを採用した充電式レシプロソー。1.53kgの軽量設計ながら、直径約6cmの金属パイプも切断できるパワフルさで、粗大ごみの解体や壁の切り抜きも楽々こなせます。

・ストローク幅:22mm
・ストローク数:0~3,200-1(回/分)
・切断能力:90mm(木材)
・サイズ:365×80×160mm
・重量:1.53kg

庭の木の枝用に購入。使いやすくバッテリーも他の機種と共通で一気に庭仕事ができます。


6. 大規模な解体作業に!|ヒルティ(HILTI)コード式レシプロソー WSR 900-PE 3095632

ITEM
WSR900-PE 3095632
パワフルな900Wモーターを搭載したレシプロソー。大規模な解体作業や石材の切断時にも十分なパワーを発揮するスマートパワー機能により、高い切断性能を持続します。コード式なので充電切れを気にすることなく、長時間の作業が可能です。

・ストローク幅:32mm
・ストローク数:0~2,700-1(回/分)
・サイズ:442x88x211mm
・重量:3.5kg

7.チェンジレバーで切断方法をワンタッチ切替!|日立工機 電子セーバーソー AC100V  CR13VBY2

ITEM
CR13VBY2
特許取得の低振動システムにより、安全性と作業精度がアップ。チェンジレバーを切り替えれば、スムーズなストレート切断と作業効率の良いスイング切断が選べます。ブレードは上下を反転させて取り付けることができ、床上や壁際の作業も楽々。

・ストローク幅:32mm
・ストローク数:0~3,000-1(回/分)
・切断能力:120mm(木材)
・サイズ:442x88x211mm
・重量:4.5kg

丈夫です。解体作業で使用してますが、手荒く使用しても大丈夫。パワーもあり、安くて良い買物でした。


8. 振動を4割削減!|makita(マキタ) レシプロソー JR3070CT

ITEM
JR3070CT
アンチバイブレーションテクノロジーを搭載することで、無負荷時の振動を約4割削減しました。切粉や水滴などの侵入を防ぐことで先端メカの耐久度を向上させています。

・ストローク幅:32mm
・ストローク数:0~2,800-1(回/分)
・切断能力:120mm
・サイズ:485×99×181mm
・重量:4.4kg

刃がワンタッチで交換出来るし使いやすいです!
お気に入りです!


【小型】おすすめのレシプロソーはこちら【7選】

続いては、持ち歩きに便利な小型のレシプロソーをご紹介していきます。

1. 堅実な作りが光る!|makita(マキタ)充電式レシプロソー 18V 3.0Ah JR184DRF

ITEM
JR184DRF
トリガースイッチとパドルスイッチで、狭い場所や力を要する場所での作業に最適な充電式レシプロソー。上向きの作業がしやすいコンパクトボディで、どのような場所でも取り回しのしやすい点が最大の魅力です。本体には高輝度のLEDライトと六角レンチ用のスペースが設けられており、手堅く使えるものをお探しの方におすすめです。

・ストローク幅:13mm
・ストローク数:0~3,000-1(回/分)
・最大切断能力:50mm(木材)
・サイズ:220×98×81mm
・重量:1.6kg

主に山で孟宗竹を処理する目的で購入。
最初は使用中刃が竹につかまり抜けることがあったけど、切り方のコツをつかめばどんどん切り倒していける。
竹に対しては上から切るより、刃を垂直に近い形で横から切ると詰まる感じは減る。

パドルスイッチがあるため、片手でレシプロソーを保持しつつ作業ができるのが良い。
片手持ちをするには首周りが太いが女性には厳しいか。


2. 壁際や隅に最適!|RYOBI(リョービ) 小型レシプロソー RJK-120 619400A

ITEM
RJK-120
メカ部とモーター部の重量バランスを見直すことで操作性と安全性の両方を改善しました。こちらも材料に合わせて切断スピードを調整できるバリアブルスイッチを搭載しており、特に壁際や隅などの無理な姿勢を強いられがちな場所で能力を発揮するモデルです。

・ストローク幅:10mm
・ストローク数:0~5,000-1(回/分)
・切断能力:55mm(木材)
・サイズ:320×70×103mm
・重量:1.2kg

3. 振動を4割削減!|makita(マキタ) レシプロソー JR101DZ

ITEM
JR101DZ
こちらは上記のJR184DRFをさらにコンパクトにしたモデル。機能性はそのままに本体を軽量化し、リチウムイオンバッテリーを搭載しました。メモリ効果がないことから新たに継ぎ足し充電が可能となり、自己放電を減少させることで長期保存した際にも満充電に近い状態で使用できるようになっています。

・ストローク幅:13mm
・ストローク数:0~3,300-1(回/分)
・切断能力:50mm(木材)
・サイズ:355×63×146mm
・重量:1.1kg

2階から一人で下せないタンスを分解。付属の刃を使用したがパワーも十分。先に買ったドリルのバッテリーが使えるので経済的だった。


4. 刃の使い分けに最適!|日立工機 10.8V コードレスセーバソー CR10DL-LCSK

ITEM
CR10DL-LCSK
無段変速機能によって材料に合わせた切断速度を設定することができます。工具なしでブレードを交換できるツールレス仕様の製品なので、様々な刃を使い分けたい方に最適です。

・ストローク幅:13mm
・ストローク数:0~2,700-1(回/分)
・切断能力:50mm(木材)
・サイズ:349×207mm
・重量:約1.2kg

5. ハイパワーモデル!|SK11 充電式レシプロソー SRS-144V-RLP

ITEM
SRS-144V-RLP
4極モーター搭載のハイパワーモデル。こちらも無段階調整機能が付いており、モーター電圧も14.4Vと高いことから、さまざまな材料に対応することができます。また、ガード部は可動式となっており、ブレードを長く使える作りになっています。

・ストローク幅:15mm
・ストローク数:0~3,400-1(回/分)
・サイズ:290×60×185mm
・重量:1.28kg

6. 幅広い素材に対応!|日立工機 コードレスミニソー FCJ10DL

ITEM
FCJ10DL
種類が豊富なジグソー用ブレードに対応しており、木材はもちろん、鋼材やステンレスなど幅広い素材に対応可能。ブレードの交換についても工具の不要なツールレス仕様となっているので、その場に合わせたものを素早く交換することができます。

・ストローク幅:13mm
・ストローク数:0~2,700-1(回/分)
・切断能力:50mm(木材)
・サイズ:345×60×207mm
・重量:1.2kg

7.用途別に替えられる3種のブレード付き|高儀 EARTH MAN 14.4V DN-110Li

ITEM
DN-110Li
片手で使える軽量コンパクトタイプ。木工用・塩ビ用・鉄鋼用の3種のブレード付きで、さまざまな材料に対応できます。コードレスでバッテリーの持ちもよく、庭木の剪定など日常使いにおすすめの一台です。

・ストローク幅:13mm
・ストローク数:0~2,300-1(回/分)
・切断能力:55mm(木材)
・サイズ:360×65×190mm
・重量:1.3kg

替え刃おすすめ【3選】


1. 木材から鋼材まで使える高耐久の替え刃|makita(マキタ)レシプロソー A-20731 No.23B

ITEM
A-20731 No.23B
解体作業から各種鋼材の切断まで幅広く対応できる高耐久の替え刃。5枚入りなので一つあると長く使用できます。

・内容:5枚入り

2. 穴開け作業に最適!|Z ソー レシプロ替刃木工用 210 P3.0 20100

ITEM
210 P3.0 20100
刃がしなる作りになっているので、丸のこでは難しい場所にも対応できるのが魅力。窓開け専用刃なので、穴開けをすることもできます。

ヘッジトリマーで切れない枝はノコで切るしかありません。枝切り用チェーンソーも持っているのですが、チェーンソーは刃の研磨をマメに行う必要があるのに対して、電動レシプロソーにこの刃を付けると驚くほどスパスパ切れます♪ しかも刃の摩耗を感じることなく、作業後の手入れが不要なのが有り難いです。木工用、枝切り用、竹切り用など多種多様の刃が揃っています。多分、OEMで著名メーカーに納めているのでしょうね。

3. リフォームや解体作業に!|レシプロソー ブレード S922AF F150-24

ITEM
S922AF F150-24
リフォームや解体作業に最適のコンパクトタイプ。折れにくく、焼け付きにくい長寿命ブレードで金属やステンレス、チャンネルなどの切断に使用できます。

・内容:5枚入り

超大型犬用の犬舎を解体するのに使いました。
ステンレスのビス・格子・板・鉄板をかなり切りましたがまだ切れます。


レシプロソーは替刃も用意しておくのがおすすめ!

さまざまな素材に対応できるレシプロソー。使い方によっては研磨や窓開けなどにも使用できる便利な工具です。替刃も一緒に用意しておけば、より広範な用途に使用できるので、ぜひ検討してみてください。

編集部おすすめ記事


この記事に関連するタグ

関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

cocoa2250
cocoa2250

AGRI PICK専属ライター。農業やDIYを好きな全ての方に向けて厳選したグッズ情報やテクニックをご紹介しています。最近の趣味は日帰り登山。お休みの度に少しずつ登山用品をお部屋に増やしています。