【徹底比較】プロもオススメ、除草・防草シート5選!

おすすめ防草シート・除草シートの価格や効果を徹底比較!雑草対策は砂利・防草砂もセットで効果大!耐用年数や敷き方、施工の単価(費用)も解説。庭に人気の砂利・シートピンも紹介。防草シートは「ザバーン 240」や「エコナル」など



「抜いても抜いても雑草が……」いくらやっても終わらない除草作業、本当に大変ですよね。そんなあなたの味方、『防草シート』はご存知ですか?なんと被せておくだけで雑草が生えるのを防いでくれるという優れもの。中でも5つの優秀な商品を使い方を交えて紹介します。これを使って雑草との戦いに終止符を打ちましょう!併用すると効果のある、砂利や砂の撒き方も要チェックです。

防草シート・除草シートおすすめ5選!効果と価格を徹底比較!

まずは人気の5ブランド「ザバーン240」「エコナル」「アグリシート」「ザバーン350G」「シンセイ」の性能比較を見てみましょう!各ワードは表に続いて説明します。

【強害雑草】強害雑草とは、特に光合成効率が高く、少ない日の光でもグングン育つ雑草のこと。強害雑草でもしっかり防げるかというのが一つのポイントです。

【遮光率】遮光率とは、シートの下に漏れ出す光の量をどれだけ減らせるかというもの。これがいかに高いかが除草効果において重要なのですが、シンセイのシート以外は全て99%以上と、非常に高いです。さすが人気の防草シートですね。

【駐車場砂利下】駐車場砂利下に敷く場合は、車両の重さで破れない強度が必要です。エコナルはコスパがよく性能は高いですが、強度でザバーンに劣り、駐車場下には向きません。

それでは、各商品について詳しく見ていきましょう!

不動の一番人気ブランド『ザバーン240』

0.64mm厚の太く編み込まれた不織布繊維が雑草をしっかりガード。透水性にも優れており、デュポン社独自の4層構造が植物に必要な水や空気、肥料のみを通します。ポリプロピレン製の繊維は加工もしやすく、ハサミなどで簡単に切れるので初心者にもおすすめの商品です。サイズも豊富で、砂利でもむき出しでも対応してくれる、万能型のシートです。

デュポンザバーン240 1m×30m
ITEM
デュポンザバーン240 1m×30m
[強害雑草]◎
[遮光率]99%以上
[駐車場砂利下]◎
[厚み]0.64mm
[㎡単価]380円~
本当に草が生えなくて夏はすごく楽になりました。

防草シートは他にもいろいろな製品がありますが、
耐久性を考えると結局ザバーン240を買うのが一番コストパフォーマンスがいいと思い
この商品に決めました。
出典:アマゾン

機能性とコスパで選ぶなら『エコナル』

ザバーンと同じく不織布を使用していますが、製法と素材が異なり、こちらはタバコなどの火を近づけても燃えにくい作りになっています。サラサラとした表面には枯れ葉などが付きにくくなっているので、むき出しはもちろん、砂利下やウッドデッキの軒下にも利用できます。㎡当たり250円からとコスパにも優れており、広い範囲をカバーしたい方にもおすすめです。

防草シート 1m×50m
ITEM
防草シート 1m×50m
[強害雑草]◎
[遮光率]99%以上
[駐車場砂利下]×
[厚み]0.5mm
[㎡単価]250円~
敷地内の空き地へ施行予定です。 ホームセンター等をいろいろと見ましたが、耐久性に不安があり、 インターネットで評判の良いこの商品を決めました。 今回は固定ピンも付いていて助かりました。追加購入を予定しています。 出典:うるおいの里

水耕や畦道のぬかるみ防止に最適『アグリシート』

即効透水性加工という特殊な加工を施されており、泥跳ねやぬかるみができにくい構造。耐久性と保湿性にも優れており、地温を安定させる効果もあるので、ビニールハウスや露の多い地域の水耕や畦道のぬかるみ防止にも利用できます。ポリプロピレンの繊維は滑りにくくなっているので、作業がしやすいのも利点です。

アグリシート 黒100m×50cm
ITEM
アグリシート 黒100m×50cm
[強害雑草]〇
[遮光率]99%以上
[駐車場砂利下]―
[厚み]0.4mm
[㎡単価]140円~
砂利下用に使いました。良かったです。また機会があればお願いしたいです。 出典:アマゾン

耐久性と強害雑草対策をさらに強化『ザバーン350G』

350Gは従来と同じく4層スパンボンド不織布を採用しています。強壮雑草に対する貫通抵抗力も15%強化されており、より耐久力も強化されました。砂利の沈殿を防ぐ効果もあり、ワダチや路盤の変形を防ぐ効果もあります。

デュポンザバーン 350G(緑) 1m×30m
ITEM
デュポンザバーン 350G(緑) 1m×30m
[強害雑草]◎
[遮光率]99%以上
[駐車場砂利下]◎
[厚み]0.8mm
[㎡単価]790円~
ウッドデッキ下の防草シート用
思ったより厚みがありました。 出典:楽天


 

注目のお安い防草シート、家庭用の防草シートはここからです!


安さで選ぶなら『シンセイ』

耐久年数や遮光率は他の商品に劣りますが、コスト面に優れているのでお手軽に利用できます。浸水性の面でも空気を良く通し、雑草の発育を抑えてくれるので、砂利下や家庭菜園の利用におすすめです。

シンセイ 防草シート1m×100m
ITEM
シンセイ 防草シート1m×100m
[強害雑草]△
[遮光率]95%以上
[駐車場砂利下]―
[厚み]―
[㎡単価]120円~
コスパが良く、とても良い買い物でした。
画面写真ではわかりにくいですが、不織布のシートと違って、ビニールレジャーシート的な質感です。
縦に黒いラインが入っています。

不織布のものよりちょっと安いっぽい感じがするかな?と思ったのですが、
逆に雨水もすんなり通し、表面もすぐに乾くので、なかなか良いです。 出典:アマゾン

家庭用ならお手頃サイズの『ストレージスタイル』

1m×10mのお手頃サイズで使いやすく、庭先のちょっとした雑草対策にぴったりです。不織布なので、カットしやすくほつれにくい、おすすめの防草シートです。

ストレージスタイル 園芸用防草シート 1mx10m
ITEM
ストレージスタイル 園芸用防草シート 1mx10m
▼サイズ:1m×10m 重量:1.24kg
▼価格:2,100円前後
▼グリーンとブラウンの2色
▼3m/5mタイプもあります
とても扱いやすく、厚地なので完璧に雑草を抑え切れる素材です。切り口も好きなようにカットでき複雑な場所には最適です。今後も大いに手助けをして頂ける大親友です。砂利無し施工にも安心して使用できコスト削減。 出典:Amazon

除草シート・防草シートの施工単価(費用)・耐用年数は?

施工単価(費用)

除草シート・防草シートの施工単価(費用)は施工業者によって異なり、面積だけでなく、土壌条件によっても異なります。まずは、いくつかの業者に見積りを出してもらうのが良いでしょう。

施工単価(費用)の一例として、MKプランニングの施工事例(32平米)では

 

工事内容 数量 単価 金額
 ①除草剤散布  1式  10,000円  10,000円
 ②草刈り  1式  4,000円  4,000円
 ③同上処分費  1式  2,500円  2,500円
 ④整地  32㎡  250円  8,000円
 ⑤残土処分費  1式  7,500円  7,500円
 ⑥防草シート敷き  32㎡  500円  16,000円
 ⑦砂利敷き  32㎡  1,000円  32,000円
合計 80,000円

出典:MKプランニング

となっています。除草剤散布や草刈り、整地ができると、施工費用が節約できますね!場合によってはシートの販売店が施工工事まで一括でやってくれることもありますよ!では次に、DIYで除草シート・防草シートを施工する場合の敷き方を見ていきましょう!

耐用年数

一般的なポリプロピレンの防草シートの耐用年数は曝露施工で4-5年。ニードルパンチ加工がされている場合は8年以上で持ちます。砂利下では紫外線による経年劣化が抑えられ、より長く効果を発揮します。

一番人気のザバーン240Gは耐久性も業界トップクラスで、PPながら曝露施工でも13年程度の耐用年数です。さらに強化された350Gは、15年相当の劣化後でも240Gと同程度の引張り強度という最強ぶり。砂利とのセットで半永久的に効果を発揮し続けます。

除草シート・防草シートの敷き方・シートピン

DIY施工方法・敷き方解説

出典:ザバーンエコナル

 

STEP1.まずは雑草処理からスタート

雑草の処理をするのとしないのとでは、その後に大きな違いがあります。特に強害雑草は顕著で、万全を期すには根まで処理する必要があります。手間を減らしたい時は、雑草が少ない冬場に敷くのがオススメです。

【強害雑草の例】
セイタカアワダチソウ、スギナ、メヒシバ、ヤブガラシ、クズ、ススキ、チガヤ、ハマスゲなど

 

STEP2. 地面を平らに整地しましょう

地面が平らでないと、そこから光や種子の侵入を許してしまいます。

 

STEP3. 隙間なく除草シートを敷きましょう

もったいなく感じるかもしれませんが、シートの継ぎ目は最低10cmは重なるようにしましょう。このとき、接着剤や粘着テープでの貼り付けるのを忘れないようにしましょう。

 

STEP4. 除草シートはシートピンで止めます

風でめくれてしまっては元も子もないので、できるだけピンは打ち込むようにしましょう。打ち込んだ隙間から雑草が生えないように粘着シートでの目張りもお忘れなく。以下にオススメのピンを紹介しておきます。

 

おすすめシートピン

長さ15cm、直径5mmの長細い釘になっています。硬い地面にも刺さりやすく、力の弱い人でも打ち込みやすいのが特徴です。回収用リングもついていて、抜くのも簡単。150本入りというと若干多く感じるかもしれませんが、シートを風に飛ばされないよう、多めに使うのが定番です。金属製でないので腐食もしにくく、長く使えるのも魅力的です。

高儀 シート押さえピン 150本入り
ITEM
高儀 シート押さえピン 150本入り
▼長さ 15cm
▼直径 5mm
刈っても除草剤を散布しても 直ぐに生えてくる雑草にウンザリしている時に この商品に出会いました。この夏に汗を流しながら、防草シートを張っても 根強く 生えて来るのだろうと 半信半疑でシートに金槌
最初は...。
で ペチペチ と打っていきましたが 途中で そんなに力を入れずとも 打てる事に気付き アット言う間にシート張りが終了でき ました。 出典:Amazon

砂利+防草シートの最強コンビ!庭の雑草に効果絶大!

■防草シートを効果的に使うには砂利が必要?


砂利やバークチップなどと防草シートを組み合わせることで、除草最強コンビが完成します。防草シートの劣化を防いで長持ちさせたい方、むき出しで敷くより見た目がおしゃれにしたい方は要チェックです。


砂利の選び方

景観目的の砂利選びは、10mm以下の2分砂利、3分砂利を使用することが多いです。多くは、1.5cm程度の白砂利であれば、人が歩くにも歩きやすく、砂利の粒に厚みがないため、地面に均しやすいメリットがあります。

5平米以上の大きさに敷き詰める場合は、5cm以上の大きさの白砂利でもいいでしょう。歩行には適しませんが、景観としては圧倒的な重厚感をもたらします。あるいは、3cm程度の同じ白砂利と混ぜて、アクセントとして魅せるのもテクニックです。

砂利の目安量

厚さの目安


出典:アイリスオーヤマ 防犯防草砂利
地面からの厚みは、3~5㎝が目安です。隙間から地面が見えないように敷き詰め、光を遮光することがポイントです。小さな玉砂利などは2~3㎝、大きな砂利だと3~5㎝ほどが目安です。

量の目安

1平米あたり60~80kgが目安の量です。厚さ5㎝の場合は1平米あたり80kgが目安と言われています。

庭敷き用の砂利 おすすめ7選!【人気順】

1.白砂利|人気NO1 和風の家におすすめ

不動の一番人気の砂利!白い砂利・白玉砂利は庭や玄関に高級感や清潔感を演出してくれます。和風・洋風のどちらの雰囲気にも合うのでオススメです。価格も比較的安価であることも人気の理由です。

白玉石 25mm 20kg
ITEM
白玉石 25mm 20kg
パールホワイトの天然白大理石を一つ一つハンドメイドで作成しているというこだわりの商品です。比較的、重量もあるので、砂利が風で飛び散ることもなく、小さなお子様のいる家庭でも安心してご利用いただけます。余った際には鉢植えの底や水槽のレイアウトとしても活用できるので、無駄になることもありません。こちらの商品2つで1平米の庭1つが補えるので、庭の大きさに合わせて利用しましょう。
コスパ良し!石の大きさ良し!ただ、解ってはいましたが、さすがに重いので、運ぶのは、大変でした。 出典:アマゾン

2.ピンクチップ|人気上昇中 洋風の家におすすめ

ピンクチップは近年人気の砂利です。理由は、価格が安価ということと、色味と形が洋風の住宅、庭にマッチしやすいということが挙げられます。

ピンクチップ18〜22mm/20kg
ITEM
ピンクチップ18〜22mm/20kg
淡い桜色が特徴のピンクチップ。レンガやタイルとの相性が良く、赤玉砂利と並んで西洋風の庭作りに活用したい商品です。黒や白色の砂利とブレンドすることでも違った雰囲気を演出することができます。

3.伊勢砂利|レンガ造りの家におすすめ

伊勢砂利も比較的様々な場所で使用されます。落ち着いた色味で和風の住宅での使用が多いですが、若干の茶色味があるのでレンガを使用している庭にも違和感がありません。

伊勢玉砂利
ITEM
伊勢玉砂利
こちらの商品は赤、白、青の三色のブレンドです。カラフルでありながら落ち着いた色調が上品な印象を与えます。園芸用や敷砂利としてはもちろん、防犯として玄関の周りに敷き詰めたり、水槽の底に敷き詰めといった使い方もできます。
黄色でとても綺麗な石でした。量はたっぷりはいっていたので、満足です。また機会があれば利用したいのでよろしくお願いいたします。 出典:Amazon

4.五色砂利|鮮やかな色が庭を華やかに演出

和風な印象になります。数種類の色が混ざった砂利です。非常に色鮮やかで庭を華やかに演出してくれます。雨に濡れるとより色合いがきれいに出てきます。

五色砂利 3分(7-12mm)100kg
ITEM
五色砂利 3分(7-12mm)100kg
こちらの商品は赤、白、青の三色のブレンドです。カラフルでありながら落ち着いた色調が上品な印象を与えます。園芸用や敷砂利としてはもちろん、防犯として玄関の周りに敷き詰めたり、水槽の底に敷き詰めといった使い方もできます。
子供の砂遊び用に購入しました。砂だと風で飛んだり始末が悪いのでこちらを購入。思った以上に大粒でしたが、一生懸命遊んでいます。 出典:Amazon

5.大磯砂利|品のある色みで和風建築にぴったり

複数の色味が入った砂利です。落ち着いた色合いなので景観にインパクトを与え過ぎないので庭づくりがしやすいです。水で濡れると色味が濃くなりますが、ガラッと印象が変わるほどでもありません。

大磯砂利
ITEM
大磯砂利
青く素朴な色彩が特徴的です。直径9mmと大振りなので、厚みのある上品な和風の庭園作りやベランダにおすすめです。粒の大きさも揃えてあるので使いやすい点も魅力的です。
このサイズの石を探していました。思い通りでとても気に入りました。
近所のホームセンターなどを探しましたがなかなか無くて困っていたところで
助かりました。
おまけまでいただいて感謝です。
出典:楽天

6.赤玉砂利|安さとどんな家ともマッチする色合いが人気

こちらは近年人気の砂利になります。理由は、価格が安価ということと、色味と形が洋風の住宅、庭にもマッチしやすいということが挙げられます。

大理石の赤玉砂利 カエデ 約6~10mm 20kg
ITEM
大理石の赤玉砂利 カエデ 約6~10mm 20kg
粒が細かいので、水槽の底砂利としても便利な商品です。6mm~10mmのものを加工しており、やや尖った形のものも含まれています。レンガや木目調はもちろん、他の種類との混合もおすすめです。
駐車場に植え込まれていた玉竜を抜いて砂利敷きにしました。ホームセンターには良い砂利がなく探していたところ、こちらの商品を見つけ購入させてもらいました。色もサイズも質感も最高です! 出典:楽天

7.青玉砂利|安さとどんな家ともマッチする色合いが人気

こちらは近年人気の砂利になります。理由は、価格が安価ということと、色味と形が洋風の住宅、庭にもマッチしやすいということが挙げられます。

アイスブルースプレッド/直径約1.5cm/30kg
ITEM
アイスブルースプレッド/直径約1.5cm/30kg
袋を開けたときには白っぽくなっていますが、水に浸すと徐々に青くなります。大きめの粒なので、少し厚めに敷き詰めるのがおすすめです。淡い青色は見る目にも優しく、庭に明るいアクセントを入れたいときにも活躍してくれます。
先日やっと袋開けて見ました。大体想像通りの色でイイデスね。
敷き詰めるのが楽しみです。
出典:楽天


砂利についてさらに詳しくはこちらの記事をチェック!


草刈り作業にさよならを

適切な使い方をすればしばらく雑草の姿を見なくて済むようになる除草シート。薬も使わない、時流に合ったエコロジーな商品でもあります。一度設置してしまえば簡単なお手入れだけで済むのも魅力的。手作業で嫌気がさしている方は、是非一度使ってみてくださいね。

紹介されたアイテム

デュポンザバーン240 1m×30m

デュポンザバーン240 1m×30m

¥12,312 税込

防草シート 1m×50m

防草シート 1m×50m

¥5,500 税込

アグリシート 黒100m×50cm

アグリシート 黒100m×50cm

¥8,020 税込

デュポンザバーン 350G(緑) 1m×30m

デュポンザバーン 350G(緑) 1m×30m

¥23,976 税込

シンセイ 防草シート1m×100m

シンセイ 防草シート1m×100m

¥6,998 税込

ストレージスタイル 園芸用防草シート 1mx10m

ストレージスタイル 園芸用防草シート 1mx10m

¥4,980 税込

高儀 シート押さえピン 150本入り

高儀 シート押さえピン 150本入り

¥2,803 税込

白玉石 25mm 20kg

白玉石 25mm 20kg

¥2,696 税込

ピンクチップ18〜22mm/20kg

ピンクチップ18〜22mm/20kg

¥2,100 税込

伊勢玉砂利

伊勢玉砂利

¥45,300 税込

五色砂利 3分(7-12mm)100kg

五色砂利 3分(7-12mm)100kg

¥11,375 税込

大磯砂利

大磯砂利

¥2,786 税込

大理石の赤玉砂利 カエデ 約6~10mm 20kg

大理石の赤玉砂利 カエデ 約6~10mm 20kg

¥2,462 税込

アイスブルースプレッド/直径約1.5cm/30kg

アイスブルースプレッド/直径約1.5cm/30kg

¥3,218 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード